どうしちゃったのーっ


先日コメント欄にちろっと書いたのですが、
どーいうわけか、自分のブログを開くのが大変です。
エキサイトさんの不具合もあったようですが、
それとはまた関係なく、どうもおかしい。

ログインしてお返事を書こうとすると
途中で止まって、ぜんぜん前にすすみません。
今日は記事更新の画面までいきついたので、
申し訳ありませんが、一気にここにお返事書かせて下さい〜。
読み難くってすんません!


>11/03/16 3:46 リオママさん
この震災で、メディアのあり方は普段以上に色々問われることと
なりましたね〜。
日本からお友達が来たのですが、そのときに日本の新聞や
雑誌を持って来てくれました。
ここで見るニュースは、新聞やインターネットになりますが、
インターネットは特に、フォントもそんなに他のニュースと
大差なく、文字そのものを読んで考える事ができますが、
あの紙面の黒く異様に大きい文字で「放射能」とか
「爆発」とか、「隠蔽」とか書かれているのを見たら、
心理的な圧迫は相当な物じゃないかと思いました。
「なるほど、これを見たら気持ちはパニックになるかも」と
買い占めに走ったり、被災地から距離はあるのに避難する人の気持ちが
ちょっと分かった気がします。

AERAにおいてはひどいもんで、表紙もパニックを煽っているとしか
思えないものだと思いましたが、後日謝罪がありましたね〜。
そのAERAの中で野田秀樹さんがメデァイアの煽った記事のひどさを
コラムに書いていてちょっと皮肉だなと思って笑っちゃったんですが、
昨日だったかのニュースで、野田さんAERAの内容に反発して
連載降りたとありましたっけ。
今、チェーンメールや「知り合いの知り合いが言った」みたいな
ものがあふれ帰っていますが、いかにそれらに振り回されずに
必要な情報を冷静に読む事ができるか、とても試されているように
思います。

あ!ユーストリームの話、お友達のブログで知ったのですが、
彼の働きがあって今私がこうして日本で何が起こっているのか
わかるのか、すごいな!と思ってユーストリーム見てました。


>ぱるさん
お気持ちすごくよくわかります。
私は地震発生してからしばらくはインターネットに被り着いて
情報集めてましたが、ちょっと待ったと、一時全部切りました。
ぱるさんのおっしゃる通り、自分が被災したわけではないのに
これを見続けていたらなんか心が折れちゃいそうで。
なんかね、なにかホッとするものを見たくて、
ユーチューブでお笑いとか見たんですが、見てる事に
罪悪感持ったりして、ちょっと尋常じゃない心理状態だなと
思いましたです。

娘ちゃんの一言、大きいですねー。子供ってすごい。
大人は「怖くなるから、気持ちが沈むから見たくない」と思っても
何かそれを口に出しちゃいけないようなそんな気持ちになりますが、
子供はめっさすとれーと。困ったり解決できない事は、意外と
子供に聞いてみるのがいいのかもと思いましたです。

動物たちへの支援も徐々に進んでいるようですが、
人間次第の彼らの命、どうかできるだけ沢山の救いがありますようにと
思わずにいられません。


>norikorokorovさん
うれしいお言葉、ありがとう〜でございます!
実質何が自分に被害があったわけではないのに
普通に生活をすることを努めなければならないという
しんどい気持ち、きっと今国内でも国外でも
沢山の人が経験しているんでしょうね〜。

些細な事ですが、普通にブログを続ける事も躊躇してしまうのも
きっと私だけじゃないだろうなと思っています。
まだまだまだまだ日常が日常になるにはずっと時間はかかりそうですが、
そんな先の事を見つめてどんよりしててもしょうがないですもんね。
今この瞬間楽しい事は素直に楽しく笑って
踏ん張っていく力にしたいです。
原発の問題とか、停電とかで、
直接の地震の被害がないところも混乱で
大変だと聞いています。どうぞお気をつけて!


>ととこさん
チョビの渾身の応援メッセージ、お役に立ててうれしいです 笑。
この日は、もっとやって、もっとやってとリクエストされて
くたくたで昼寝がっつりしてました 笑。
決定的瞬間が撮れるその秘密を伝授いたしましょう。
でも、伝授されても実行はけっこう難しいですよ。
決定的瞬間が撮れる秘密、それは・・
「暇人だから(キッパリ)。」

ずーっとくっついて見ていれば、なにかしら
やらかしてくれると言うわけです。
これらはカメラにおさまった極一部、もし今以上に
カメラ持ったまま彼らにぴったりくっついたら
決定的瞬間だらけの写真が撮れると思います 笑。

今できること、まずは自分からと思っていても、
それをずーっと思い続ける事、意識していることって
実のところけっこうしんどかったり難しかったりしますが(私だけ?)、
時にはまったく震災のことは全く忘れて時を楽しむ事だって
ありだと思います。それに罪悪感を感じる事なく、
また心機一転、自分の心を健康に保っておく、
ーそれだって実のところ「自分のできること」だと思います。
直接被害にあっていない人たちまでが心折れちゃったら
誰が本当に大変な思いをして今がんばっている人を
支えるんだって話ですもんね!


>りっぴさん
相変わらず一人遊びも黙々と楽しんでいるチョビです 笑。
友達みつけて、だーって走って行っても、誰にも相手にされず
スルーってことも多くて、切ないような、しかし笑っちゃうんですが 笑。

人間以上にこの状況を自分たちではどうにもできない
動物達がいっぱいいると思うと苦しくなります。
でもリッピさん始め、動物園の動物達をこよなく愛す人たちが
昔よりいっぱいいて強い輪がある今、動物園や水族館の動物達には
救いの手があちこちから伸びると思うと頼もしいです。
動物園の動物達に魅せられて写真を撮りブログに載せるのを
楽しみにしている人がブロガーさんには多いと聞きましたが、
そうやって考えると、ブログというツールの力も
すごいなと。

>11/03/16 21:25 はるちゃまんさん
チョビはなぜかでんぐり返しが好きでして、
物を投げたりすると、無意味にデングリ返ししながら
キャッチしたりします。

地震が起こる前、記事に書こうとして書きそびれた事が
あるんですが、地震のちょっと前に日本に帰ったとき
なんていうか、「日本はもうダメ」」とか
「まったく日本は」というなんつーか、マイナスな
事をよく耳にする(マスコミだけ?)けれど、
なぜか短期滞在の中、日本はぜんぜんいける、
すごい底力を持っていると妙に感じ、新幹線の中から
街中の写真を一枚撮りました。
特に何かあったわけでもなく、なぜそう思ったのか
よくわからないんですが、今は自分のその直感を信じたい気持ちです!


>11/03/17 7:37 鍵コメさん
この随分遅れた返事になってしまい、
なんといいますか、ちょっとずれたお返事になりますが、
全然変なコメントじゃないと思いますよー!

「常にプラスのことを」と思っていても
それって実はけっこう難しいと思うし、実のところ
本当の気持ちに反してプラス思考をと思うと、どこかで
負担になるときがあると思います。
マイナスことを思ったり、憤ったりすることも当然あるわけで。
ただそういう気持ちって飲み込まれやすいから、どこかで
ちゃんと踏ん張って、軌道修正しないといけないんでしょうけれど、
憤って、マイナス思考もして、でもって、もとに戻ってくる!
きっと闇雲にプラス思考より、鍵コメさんみたいに
怒ったり色々考えながらでもちゃんと軌道修正できる人は
強いと思います。
って、やっぱり書いてて、随分ずれたお返事になっちゃったなと
思いました。すんません〜笑。


>はるみさん
いただいたコメントに元気づけられます!
本当にこんな風にブログを続けていいんだろうかと
やっぱり迷ったりしょぼんとなってみたり、
日常を普通に過ごすってこんなに力のいることだったかなと
思う毎日ですが、こんな風にいただいたコメントに自分が
力づけられると、もしかしたら、自分が普通にブログを更新する事も
同じように誰かの力になれるかもしれないと思えます。
ありがとうございます!

>11/03/17 19:37 鍵コメさん
コメントありがとうございます〜。こんなときばっかりの
電話ですみません。
その後ご親戚等々連絡はどうですか。
あの時はきっとそんなこと言える雰囲気でなかったのだと
思うんですが、って私もなんか今大丈夫ですか的なことしか
言ってなかったし・・、なんとー二人目誕生していたとは!!
今更ですが、おめでとうございます〜!!
4人家族かー。我が家では、お父さん(?)の、ノーベル賞受賞は
まだかまだかと待っております 笑。

ほんと、みなさんにゆっくりお会いしたいです。いつか必ず〜。
歳を取らない化け物姉さんたちは、
きっとそのまんまですよね 笑。




ちょっと行かねばならないところがあるので、続きは後ほど。
またちゃんとブログが開ける事を祈ってっ。


(おまけ)
満員
e0066474_1625879.jpg


こんな写真一枚載せるにも
「いいのかな」なんて心にひっかかる。
極平均的な日本人思考の私がそうなのだから
多くの人がブログ更新にとまどっているんじゃないかと
思ったりします。
by hanamomoact | 2011-03-29 16:17 |


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

その他のジャンル

ブログパーツ