15の話 その3〜さんちゃん〜

次は1〜10の3のさんちゃん。
e0066474_15385519.jpg


姐御は庭で赤ちゃんを産んだので、姐御の仔は
庭で遊び始めるのも早かったのですが、
ビントは塀の外での出産だったので、
みんなが庭にやってくるようになるまでは
ちょっと時間を要しました。
なので、遠くから見るだけで、ビントの仔が何匹いて、
どんな仔猫なのかなかなかわからずにいたのですが、
そんな頃「チョーかわいい仔猫がいる」と相方さま。

聞けば白黒で額の割れ方がちょっと変わっているとのこと。
それと思われるのはこのさんちゃんしかいなかったのですが、
でも、目もぱっちりしてないし、模様もなんか微妙だし、
姐御の仔がアラブチックな雰囲気を持つのに反して
えらく日本的というかアジアン的というか
どこか間の抜けた感じで、これが相方さまのいう
「チョーかわいい猫」とはどうしても思えなかった私。
e0066474_1746547.jpg


相方さまのいう至極かわいい仔猫というのは
きっと他にいるんだな、まだ姿見せてないんだななどと
思っていたんですが、しばらくして、さんちゃんのことを
言っていたということが判明。なるほど、相方さまはこういう
アジアンな顔が好みなのかーと、私と結婚した理由をちょっと
垣間みた気がしたような、しないような。
e0066474_15505869.jpg



実はこのさんちゃん、
見た目も(私の中では)「なんか笑っちゃう」なんですが、
キャラもそーとー可笑しくて、
名前をつける前から、みおさんが
「この仔、絶対オカシイ。明石家さんまみたい」と
言っていた事から、
これまた迷わず、さんちゃんとなりました。
e0066474_15512216.jpg

e0066474_15511853.jpg



さんちゃんのキャラを一言でずばり言うならば
「KY」。
このKYって言葉、あんまり好きじゃなかったんですが、
この時ばかりは、なんつー便利な言葉と思った私。
さんちゃんは、まったくもって空気の読めない
真のKY猫。

例えば、小さい頃はみんなご飯を食べ終わるとなぜか
膝に乗って来たんですが、
誰かが先に乗っていると、遠慮して、とりあえず
空いているところに入ってくるのが他9匹。
が、さんちゃんは、誰がいようとも、どれだけ無理だとわかっても、
とりあえず、必ず一番上に、一番近くにやってくる。
e0066474_15532827.jpg


でも、自分が一番えらいとか、他を押し退けたいと
いうのとちょっと違い、
自分が行きたいから行くんです〜周りはぜんぜん見えてませーん
そういう感じ。
e0066474_15533375.jpg


で、適当に満足したら、またみんなを踏んづけて
降りていきます。


ご飯を食べ終わると、一斉に顔を拭き始める猫ズたちですが、
小さい頃はみんなでよく舐めあっていました。
大概優しく舐めてその姿は微笑ましいんですが、
さんちゃんは、ガバッと相手の頭を掴んでがしがし舐める。
とりあえず、相手もだまってやらせるわけですが、
どーなのそれ、相手はあんまりうれしくないんじゃない?って
思うほどにガッシリ頭を抱えるさんちゃん。

大きくなった今でもまだやったりしてますが。
e0066474_15584429.jpg







そんなマイペース、空気ぜんぜん読めないさんちゃんなので、
「怖がる」ということもあんまりしません。
サーメルに睨まれてもへっちゃら。
e0066474_1752237.jpg



ここ最近続いたガゼルチームのお産で、
母たちはみんなピリピリムード、猫が視界に入ると
すごい勢いで攻撃しました。


アティーヤをお産したばかりのハディーヤ
さんちゃんを発見。
e0066474_1685218.jpg


さ、さんちゃん、そのポールは途中から登れないと思うよ!
e0066474_1685672.jpg


案の定滑り落ち、ダッシュで逃げる。
e0066474_169194.jpg


すごい剣幕で怒るハディーヤ。
e0066474_16971.jpg



こういうことが何度か重なリ、チョビを含め他の猫達は
「ここは入ったらダメなんだな」というのを察して
近寄らなくなるわけです。
が、さんちゃんはまったくもって意に介さず。てか
意味がわかっていないのか?
ずかずか近寄り、しょっちゅう母たちに攻撃されてます。


こちらは先日リヤーンを抱いていた相方さまのところに来て
ぜんぜんリヤーンに気がつかず相方さまにすり寄り、
e0066474_16124064.jpg


膝に乗る〜と強引に乗って来て、
e0066474_16275783.jpg


え、今?!というタイミングで
リヤーンに気がつく。
e0066474_16281737.jpg


でもおかまいなし。
e0066474_16293084.jpg


このあと、母マラークにえらくまた怒られてましたけど。


そんなこんなで怖いもの知らずなので、
大変人懐っこい。人間にはとても気に入られるタイプ。
猫初体験に引きまくっていた甥っ子の事もすぐに
虜にしてしまいました。
e0066474_1641296.jpg

e0066474_164195.jpg



職人さんが庭仕事をしていると、大概猫達はちょっと遠巻きに
見るんですが、さんちゃんはぜんぜんへっちゃらでそばに寄り
追い払われてもすり寄って仕事の邪魔をしたりするので、
職人さんの間でも人気者。
もちろんその才能ぶりを(?)早々に
発見した相方さまの大のお気に入り猫となっています。
e0066474_1645192.jpg



そういうわけで、KY猫さんちゃんは、
猫仲間にも、人間にも「さんちゃんだし、しょーがないかー」と
そのKYぶりは受け入れられ、
なんだかんだいって、世の中うまく渡っていっているわけですが、
若干一名、それがどーしても受け入れられない者が。
e0066474_1631452.jpg


チョビチョビ。
さんちゃんとは真逆、空気読み過ぎのチョビは
この空気読まなすぎのさんちゃんが、たいへん嫌い。
苦手を通り越して嫌い。
さんちゃんが何をしたわけでもないのに、
出会った頃から、シャーシャーいって近寄らず、
さんちゃんは「?」だったわけですが、
さすがに「なんにもしてないやんけっ!!」と
チョビの態度にぶち切れたのか、最近はチョビを見ると
すごい勢いで追いかけるので、ますますチョビとさんちゃんの溝は
広がっています。

e0066474_17483226.jpg

・・・確かにこうしてよく見ると、
ちっちゃい頃かわいかったなーさんちゃん。


(おまけ)
さんちゃんのこととても好きな相方さまで、
e0066474_17573598.jpg


こういうところによく乗せるんですが、
(さんちゃんが強引に乗ってくるともいいますが)
e0066474_17582425.jpg



悪魔心がすぐ出て、
e0066474_1759219.jpg


こういうことを平気でします。
e0066474_17593262.jpg



転げ落ちるさんちゃん。
e0066474_180361.jpg



でも全然メゲズ(学ばず?)、相変わらず、
ずかずか登ってくるさんちゃん。
e0066474_17552513.jpg

e0066474_17554378.jpg


その純粋なマイペースっぷりは、時にちょっと見習いたくなります。

e0066474_1811510.jpg





・・・、まだ3/15か。先長いなー。
by hanamomoact | 2011-05-19 17:06 |


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

その他のジャンル

ブログパーツ