報告してみた。

リヤーンのこと、まず誰に一番報告しなくちゃいけないって
そりゃマラークでして、

マラークさん、なんかボーッとしてたけど
e0066474_0161618.jpg


とりあえず報告。

「リヤーン、歩けるようになったんだって」


あん?
(微妙な表情の変化わかるでしょーか。耳が特に)
e0066474_0162897.jpg



「だから、リヤーンが歩けるようになったんだって〜」

話は聞いているが、今ひとつ意味を理解できないって顔。
e0066474_0164591.jpg



わかるよ、わかるその気持ち。
だって私もいまだもって全然実感沸かないもん。
でも、ほんとに歩いているんだってよ。


・・・。
e0066474_017553.jpg




なんだか私と同じような反応でしたが、
マラークちゃんとわかったかな〜。

ってことで、今ひとつ不安だったので、
もう一度しつこく報告してみる。
(何度報告したところで、その不安とやらは
解消されるのか?ってところはつっこみどころです。
言われる前に自己申告)


「マラーク、リヤーン、歩けるようになったんだよ。
なんだか信じられないね〜」
e0066474_0245465.jpg


若干さっきよりも柔らかい顔つきの所をみると
わかったかな。まーわかったということにしておこう。

何を思うか、話しが終わると遠くを見るマラーク。
e0066474_0251248.jpg



このあとしつこくおいかけて
「ねー、マラーク、マラークほんとうによくがんばったね。
あの時もしマラークが私がくっついているのを怖がって
おっぱいをあげてくれなかったら、
スキンシップとってくれなかったら、
リヤーンはここまでがんばれなかったと思う。
ありがと」と言ってみたんですが、

「はいはいわかった。わかったからついてこないでくれる?」と
軽くあしらわれました。

黒衣やってる時は、背中いっぱい撫でさせてくれたし
頭も撫でて〜って自分から来たりしたくせに、
黒衣お役目御免になった後触ってみようと近づいてみたら
「なになになに、もうダメだって」と
もとのマラークに戻りそっけないったらありゃしない。

他の仔たちも、私がリヤーンの足もってすぐそばを歩いたって
ぜんぜん平気だったのに、今では同じくらいの距離まで
近づくと、皆そそくさと去っていきます。

みんな、リヤーンの状況、よくわかっていたんだなー。


*ツイッターや下の記事にいただいたコメントを読んで
今ようやくじわりじわりとなんだか実感が沸き始めて
きました。みなさんが我が事のようにこんなに
気にかけて下さっていた事にどう感謝の気持ちを
伝えていいのかわかりません。
リヤーンが歩けた事よりも、それにちょっと胸熱くなって
泣けてしまいました。ありがとうございます。


(おまけ)
マラークに報告してる横で、なにやら賑やかな
アビとお友達のサバちゃん。
e0066474_024053.jpg



最近ではもうこんな状態でも
ガゼルチーム皆動じません。
e0066474_0233388.jpg



マ(早朝からうるさいんですけど・・)
e0066474_0243993.jpg

by hanamomoact | 2012-01-06 01:20 | リヤーン


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

その他のジャンル

ブログパーツ