にんげんだもの。

相田みつをさんのお話ではありません。
検索で引っかかって来ちゃった人、すみません。


最近、相方さまの仕事がなにやら忙しいこともあって、
onjiさんkotoriさんをあちこちお連れすることがなかなか叶わなかったんですが、
ある日、相方さまが
「明日のお昼ご飯はドバイで。場所はさぷら〜いず」と。

久しぶりに出ました、ブログ常連さんはご存知であろう
相方さまサプライズ企画。
一応軽いドレスコードがあるとかで、
ジーンズや短パンサンダルでは行けないそうなので、
onjiさんはカンドゥーラを着て、練習の成果大発揮で
自分で頭の布を巻き、おでかけ。
e0066474_1732345.jpg



まずは予約時間まで余裕があるってことで、
相方さまが他の用事住ませている間に時間つぶし。

この日、えらい砂嵐でなんだかどこそこ景色まっしろ
だったので、あんまりはっきり見えないんですが、
世界一高いビル、バルジュカ(ハ)リーファ。
e0066474_16541562.jpg



UAEに着いた日の空港からの道すがら、このビルを遠くに見て
「昇りたい〜?」と聞くと「昇りたくない〜」と
即答だったお二人。


んで、相方さまが用を済ませてお迎えに来たので
車に乗って移動すると、着いた場所は、このバルジュさんの
お足元。
なになに、サプライズって何〜?と思ったら、

ここでした。
e0066474_16551822.jpg

バルジュカ(ハ)リーファの、選択肢が2つしかないエレベーター。
地上か、123階か。


んで、一気に1分30秒ちょいで123階に到着。
e0066474_16551349.jpg

そこに「atmosphere(アトモスフィア)」というレストランがあって
そこがサプライズランチ場所でした。

「友達に眺めがいいよ〜って言われたから」って
眺めもそりゃいいでしょ、123階なら!ってでも
砂嵐で真っ白ぜんぜん見えないしっ!って
今回もつっこみどころ満載のサプライズ。

ほんとうにヒドイ砂嵐の日だったので
最初に座った窓から離れた席からは、何にも見えなかったんですが、
その後窓側に移動、
e0066474_16545381.jpg


よく見たら、足元にはおもちゃみたいな
景色が見えました。よく見ないとわからない
写真ですが。
e0066474_165425100.jpg



お料理、写真撮るのすっかり忘れちゃったんですが、
「あ、言っちゃった」って言われたけど
一応観光の参考にしていただくべくしてしょーじきな
感想いいますれば、
「ここにこのレストランしかないから入るけど」
そんな感じ。

多分思うに、場所代がけっこーかかるのではないかと。
そしてそんなところにもっそいすごいシェフとか呼んじゃったら
お料理代どえらいことになるんじゃないかと。
高級レストランとしてステータスは保ちたい。でも人にも来て欲しい、
そんなこと考えたりすると、このラインがギリギリか。。という
色んな思惑(?)があちこちに見え隠れするレストランでした。
e0066474_16563736.jpg


そんな感想で、察して下さい。

ちなみに、123階で降りて、階段で1階降りて122階に
レストランはあるんですが、展望台は124階。
でも展望台とレストランは、行き来も覗くことも
できない構造になっています。
展望台に行くには、予約制で約2200円(今日現在のレートで)
でもって、当日だと約8800円というナゾの料金設定。

(これは展望台じゃなくて、レストランを出た踊り場)
e0066474_1655082.jpg




レストランを出る時には、
「よく見える日に来たら、眺めはかなりおもしろそうだから、
今度誰か連れてくる時はお天気のいい日を選ばないとね〜」
などと言いながら、それなりに初体験を楽しんだんですが、
その時には思ってみなかった大きな落とし穴が。

一番気になっていたし、人からも一番聞かれたんですが、
「超高速エレベーターに乗った時の耳加減」
これ、思っていたよりもぜんぜん平気でした。
何かそういう作りになっているのかよくわかりませんが、
大して気になる程のものではなかったんです。

で、楽しく帰って来たんですが、その日の夜、
夕方くらいから急に頭痛が始まりました。
めったに頭痛のない私。いったいどーしちゃったのかと
思ったんですが、次の日も頭が痛い。
で、ふと思いついてonjiさんとkotoriさんに聞いてみたら、
お二人も痛い!んでもって、相方さまに聞いたら「すごく重い」。

なるほどー!どうやら頭痛の原因はあの高いレストランに行ったからと推測。
高いは、この場合値段じゃなくて標高のほうデスが。
いや、推測じゃなくて疑いの余地無し。
結局私が一番長く、4日程頭痛が続くことに。
驚きの体の反応でした。

飛行機じゃそういうことないのにね〜、
そういやヘリコプターも大丈夫だったのにと思ったんですが、
垂直に1分30秒程で400メートルナンボを
一気に昇るのは、やはり人間としていかがなものかと
そう体が言ってたってことでしょうか。

ま、こんな毎日じゃ、1分なにがしで400メートルに
体がびっくりしても無理ないわけですが。
e0066474_17221341.jpg


kotoriさんちも我が家と似たり寄ったりの生活だし。
かろうじて他の3人よりもビルに昇る機会が多い(?)
相方さまが一番症状軽かったわけですが、
結論、我ら4人、都会に弱過ぎ。

いやー、この頭痛はけっこうなインパクトでした。
ってことで、前言撤回。
「今度誰か連れてくるときは」などといいましたけれども、
「これが最初で最後の123階ということで」
ってことで、相方さまと合意です。
庶民はなもも、今後も地上を這って生きていきます。
もしくは、次回昇る時は訓練積んでからってことで
サプライズはやめていただこうと思います。
by hanamomoact | 2012-03-06 17:54 | UAE生活


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

人気ジャンル

ブログパーツ