夜が明けきる前に。

今年もラマダンがはじまりまして、すでに数日経っています。
ラマダンってなんぞやとかいうのは、
以前あったホームページにその様子を書いたりしたので
リンク貼っていたんですが、
そのホームページ、気付いたらなくなってまして(気付いたのは
なくなって1ヶ月くらい経ってから、しかも教えてくれたのは
弟だったというかわいそうなホームページ)、
ってことで、リンク切れたりしてますが、

ブログではちょろっとラマダンのこと触れています。



イスラム教は太陰暦(ヒジュラ暦)を使います。
それぞれの月に名前がついていて、9番目の月の名前が
「ラマダン」になります。
太陰暦なので、すこしずつずれていき
今年UAEではこの暑い夏がラマダンに当たりました。

ラマダン中はよく知られているように「断食」をします。
といっても、1ヶ月飲まず食わずというわけではなくて(当たり前だけど)
夜明けから日が沈むまでの間が断食時間。

なので夏は断食時間が長い。

夜明け前に食事と水分を摂っておくので
この時期は朝3時半起き。眠い!!
お腹すいたとか、喉渇いたとか、そういうのはないんですが、
この早起き生活のリズムをつかむのに毎度3日かかるので
ここ数日ボーッとしてました。
どうやら体がラマダンモードを受け入れたようで
今日は頭すっきりです。


夏だしそーいうわけでラマダン中ということもあって、
ティーニー、タイニーの散歩は食事をとった後
暑くなる前にと、真っ暗闇の中おでかけ。
薄暗いうちに往復地点に到着。
e0066474_2585958.jpg

e0066474_2591345.jpg


あんまりのんびりしないで家路につきます。
e0066474_2592298.jpg



時々寄り道しながらですが。
e0066474_2595812.jpg


この時期はサンドフィッシュ
e0066474_3122167.jpg


とても活発に砂丘の外に出てくるので
タイニーさんは大忙し。
e0066474_2593585.jpg


といっても足跡を追って掘るだけなので、サンドフィッシュが
出ることはまずないですが。
(「まず」ってことはゼロじゃないってことだけど)
e0066474_2594353.jpg



ちなみにこの時期、昼間の砂は歩いたら火傷しますが
夕方には裸足で歩けるくらいまで温度が下がります。
それがアスファルトと違ってすごいところ。
早朝には時に少しひんやりするくらいまで表面温度は
下がります。ただ穴を掘ると、中の砂はかなり温度が高い。
特に太陽側を向いている砂丘の斜面は
熱いくらいの砂が出てきます。


暑いけど、ふたりとも元気です。
北半球のワン仔たちがんばれ〜。
e0066474_2595018.jpg

e0066474_30357.jpg





長くなりますが、切るのめんどーなので続けちゃいます。
ここからは『ラマダンエピソード』。

4コマは、以前HPに載せたものです。
ブログに既出だったらスミマセン。


ラマダン中、自分の生活に余裕のある人は施しをすることが
イスラム教徒の義務になっています。
そのため「みんなが断食を無事遂行でき、その後の飲食を
迎えることができるように」と、あちこちで
断食明けの食事「イフタール」が準備されて振る舞われます。

そのためのお買い物の様子はこちらとか、こちら

我が家では近くにモスクを建て、夕方のお祈りの後、
そこで食事をとれるようにしてあるんですが、
始めた当初は30人くらいから始まったものの、今では噂が噂を呼び、
いったいどこから来るの〜?と思うんですが、
毎日80人〜100人のバングラデッシュやパキスタン、インドといった
ところから出稼ぎに来ている人たちがイフタールの為に集まって来ます。

奥さんの腕の見せ処よ!ってなもんですが、
ムリムリムリ〜!ダメ奥さん、毎日100人分の
お料理なんてムリ〜っ!

我が家ではお料理を作る職人さんが働いてくれているんですが、
彼も断食中なので味見することなく、
そして100人分、断食開け時間に合わせて
温かいお料理を準備する、しかもバラエティーに富んだメニュー
というすごいことをやってのけています。

お料理をモスクまで運ぶ準備中。
オレンジの入れ物はジュース。
e0066474_353494.jpg


鍋の大きさハンパ無し。
この後同じ大きさの鍋がもうひとつ乗っかりました。
左のでかい洗面器にはサラダてんこ盛りはいっているんだとか。
e0066474_351293.jpg



右端の職人さんが手にしている長い棒状のものは
デカしゃもじ。
「ガリバーにお料理お届け」みたいになってますけど。
e0066474_352372.jpg




今のところ毎日80人くらい集まっているそうですが、
これが後半になるにつれだんだん増えていきます。
ダメ奥さんでスミマセン。よろしくお願いします、職人さん。


余談ですが、今日の夕方、
「果物が足りない、サラダが足りない」と
集まった人から不満が出たと伝言が。

・・・オイ、コラ。

ふたりで、なんか久しぶりに「苦笑い」っていうのしちゃいました。
ラマダンカリ〜ム*。
*ラマダンの挨拶言葉。色んな意味が詰まっていますが
その中には「寛大に」みたいのも含まれています。



さて、生活ペースもつかめ体も慣れてきたんですが、
慣れたら慣れたで、10日間ほどすぎると
たいがいやらかすのが寝坊。
e0066474_323027.jpg


夏に水分足りないのはきつそうなので、寝坊しないように
しなくては。

といっても、ワタシ、「体によくないな」と思いながらも
普段摂る水分量がものすごく少ない。
なので「摂れる時に摂っておこう〜」と思ってよく飲むので
ラマダン中の方が普段より水分摂取ががぜん多くなります。

普段摂らないせいか、乾いた紙とか布に水をかけても
最初吸収しないのと同じなように(?)、
ラマダンはじまって数日はとにかくトイレが近い!
尋常じゃなく近い。えーまた〜?!ってくらい近い。
ミルク飲み人形?ってくらい近い。
夜も寝る時間短いっつうのに、2回もトイレで起きる。

なんですが、これも数日で体が上手に吸収するようになるのか
トイレに行く回数も今日は随分と落ち着いてきました。

ラマダンって断食するので厳かなイメージありますが、
実際はこんな感じで
e0066474_332617.jpg


夜中中起きて食べて飲んでーという人も多いんですが
我が家はそういうことすると日中の色々に支障を来すので
至って日常と同じ時間に、もしくはそれよりも早く就寝。
きょうび子供もびっくりの時間には寝静まってしまいます。

思えば去年のラマダンもけっこう暑い時期で、
あの時はリヤーンの介護もやりながらで、
よくやりこなしたなーと思うんですが、
暑かったとか喉渇いたのかとかぜんぜん思い出せません。
無我夢中ってすごいことです。



(おまけ)
毎年ラマダン始まったばかりの頃やっちゃいそうなこと。
e0066474_325533.jpg

by hanamomoact | 2012-07-24 04:21 | ティーニー・タイニー


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

その他のジャンル

ブログパーツ