ってことで、「げんき」。

「げんき」の続きです。

姐御の育児を見て、出産後約1ヶ月間は、1週間毎に育児場所を
変更することを知ったんですが、やはりトメちゃんも1週間すると
仔を連れて安全な場所に移動していました。

一度どこへ行ったのかわからくなったんですが、
職人さんが使う車の中で発見。
でも車は使うのでと職人さんがトメちゃん一家を移動した先は
「サラーミ小屋、通称、動物様食品小屋」。


もともとは、主にサラーミーの干し草を保管するために作った場所
だったんですが、ティーニータイニーのごはん、サーメル達のごはん、
そしてサラーミーが学校へ行って不在中に猫が増え、
猫缶も置かれるようになりました。
e0066474_2036549.jpg

夏は暑さでそれらがダメになってしまうので、エアコンが使えるように
なっています。


今は兄さん姉さんになってしまった猫ズも、かつてはみんないつも一緒で、
e0066474_21404775.jpg


ここで10匹そろってご飯を食べたものですが、
e0066474_2141386.jpg

e0066474_21405440.jpg



みんな大人になって、食べ物も、いる場所も、猫関係も、
それぞれ好き嫌いが出てバラバラになってしまい
みんなが一同に揃うということはもうありません。

この頃は楽しかったのにな〜。
e0066474_2143994.jpg


大人になるってつまらんのー。


って話がずれましたが、
エアコンがあるといってもプレハブ小屋なので、そんなに冷える
わけじゃないんですが、それでも50℃届く外よりはずっとまし。
ご飯もすぐそばにあるし、育児場所としてはいうことないじゃん!と
思ったんですが、やはり1週間後にはまた外へ移動していました。

すごくお母さん顔のトメちゃん。
e0066474_21575495.jpg



なんですが、暑い熱い外での育児に戻ってみたら、
この小屋の快適さに気付いたらしく、数日で小屋に子連れで出戻り。

積んである段ボールを上手に(?)破壊して
エアコンの風が直に当たらないなかなかよい寝床を作ったトメちゃん。
e0066474_21452798.jpg


しばらくはこの寝床か段ボールの中で育児していたんですが、
ほどなくして仔がけっこう動くようになりました。

お母さんに連れてこられた洗面器から外へ出ようと試みるも
この段差が怖くて躊躇中のきーちゃん。
e0066474_21564920.jpg



授乳も終わったし、洗面器狭いしで、外でくつろいでいた
母さんトメちゃんですが、動き回る仔が心配になり、
e0066474_21564436.jpg


なんだか見ていられなくって、
e0066474_220984.jpg


結局中に入ることに。
e0066474_2213874.jpg


「はーヤレヤレ」
e0066474_221307.jpg


おかーちゃんが側に来てくれてウレシイ仔ども。
e0066474_2225034.jpg
e0066474_22348100.jpg



心配性のおかーちゃんは、兄弟でこんな風に遊んでいても
e0066474_2253620.jpg

e0066474_2255472.jpg



やっぱりちょっと心配になる。
e0066474_2262359.jpg




おかーちゃんの周りが世界の全てだった仔たちも
しばらくしてモソモソと動き出しました。
e0066474_21484514.jpg


こうなってくると、かーちゃんは目が離せなくて大変です。

「ねぇ、落ちないでよ、こっちもどってらっしゃい」
e0066474_2282992.jpg


自分も上にあがりたくてもがくきーちゃんを
「危ないからのぼらなくていいの〜」となだめる母。
e0066474_22104788.jpg


まーそんな事言っても止まるわけがなく、かーちゃんの目を盗んで
いろいろやらかすわけです。

で、言わんこっちゃない落っこってみたり。
e0066474_221261.jpg



ま、そんなことくらいじゃメゲませんが。
e0066474_221469.jpg


ご飯もゆっくり食べていられないおかーちゃん。
ちょっとお疲れで放心状態・・。
e0066474_22145992.jpg


しかし、新米母さんトメちゃん、本当の試練はこれからなのだ。

この頃はまだこの高さを自分たちで超えて外に行くという
チャレンジ精神(?)は仔たちになく、
e0066474_22163829.jpg



こうして外を眺めるくらいだったんですが、
あれよあれよと言う間に乗り越えられるようになりました。
e0066474_2218852.jpg



こうなるとかーちゃんはさらに大変。だって外の世界は広い!
壁ないし、自由にどこでも行き放題。


外に出始めてすぐは、それでもまだ行動範囲は狭かったんですが、
そのうちどんどん広がって、なんだか私もちょっと心配でした。
動物って思うよりもずっといろんな能力優れてるし、
そんな心配無用じゃナイの〜とも思ったんですが
でもよく考えたら、チョビチョビが穴に落ちていたのもこれくらいだし、
にーちゃんが迷い込んで来たのもこれよりちょっと大きいくらいだったし、
多分動き回っているうちに迷子になりやすいお年頃に違いなく、
なんかやらかしそーだなーとハラハラしたわけです。

案の定、チョビが落ちていた穴にはまったげんちゃん。
いや、はまったっていうか、自分でダイブして、
穴の中でおしっこして、で、上見上げたら穴から出られないことに気がついて、
ピーピー泣いたんですけれど。

そんなわけで、母さんトメちゃんは、さらにご飯は
ゆっくり食べられなくなり、今まで以上にアタフタと忙しいことに。
でも仔たちはいたってマイペース。

ふたりで夢中になっているので、何をしているのかと思ったら、
e0066474_2244596.jpg


たてかけてあった板を間に、順番にお互い手を下から入れたり
ひっこめたり。
e0066474_055460.jpg

e0066474_0552755.jpg


なんだか楽しそうに長いことやってました。
e0066474_0562896.jpg


そのうちきーちゃんがぐるっと廻ってご対面〜。
e0066474_0572790.jpg



いやいやいや、きーちゃんこっちに来てるから
反対には誰もいないと思うんですけど。
げんちゃん、天然?
e0066474_0591441.jpg


って思ったら、きーちゃんも天然だった。
e0066474_102866.jpg


いつまでも遊んでいて戻ってこないので、心配で
迎えに来たトメちゃん。
おかあちゃんはおちおち昼寝もしていられません。
e0066474_114550.jpg



しかしこうやって考えると、まだ私たちとの距離がそれほど近くなく、
今みたいに猫フードももらっていなかった頃
一度に5匹をちゃんと育てあげた姐御ってやっぱりすごいなぁ。
(仔が迷子になったことは一度あったけどーそのお話はまたいつか)
e0066474_1204934.jpg



こんな風にのびのびと夢中になって遊べるのも、
お母さんがいつも守ってくれているっていう安心感が
あるからなんだよな〜きっと。
e0066474_2240153.jpg


なのに、そんな親の心仔知らずで、
一緒にお皿でご飯食べてたら、自分の取り分がなくなるのがイヤで
お母さんの頭に爪立てて「う〜」とか言っちゃう仔ども。
でもこんなことされたって、トメちゃんの熱心な子育ては変わりなく、
e0066474_155691.jpg


すげーな、母ちゃんの愛って。
e0066474_21583236.jpg




まーよくじゃれていて見ていて飽きない「げんき」ですが、
e0066474_191213.jpg

e0066474_1111243.jpg



そんなふたりを見てふと思ったのは、
チョビはお母さんが守ってくれるはずの時期にはぐれ、
こうやってきょうだいと遊び盛りの時に迷い、
なるほど、他の猫と上手にあそべないわけだなーと。
18匹中一番難しい性格なのはそのせいなのか?
先日なんて、アビに近寄っていって鼻を寄せるので
「めずらし〜」と思ってみてたら、いきなりアビの首をギュっと抱えて
「?!」と思った瞬間、アビにパンチして「シャー」って1人で怒り
去っていきました。たぶん3秒くらいの出来事。私もアビもあぜーん。
まぁチョビの過去を思えば、あの激しいツンデレももっと温かい目で
みてあげられそーだけど。

e0066474_111455.jpg





(おまけ)
きーちゃんは競輪選手みたいなパンツはいてます。
e0066474_1121457.jpg


ウッシーズのところに行ってから「げんき」に会うと、
指一本で撫でられるこの小ささがトテモ物足りない。
e0066474_1132019.jpg

by hanamomoact | 2012-07-29 02:09 |


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

その他のジャンル

ブログパーツ