今日の出会い。

そんなわけで(前記事の最後の方参照ください)、
今朝は砂漠にでかけたわけですが、「用事」というのは
キノコ狩り」でした。

2週間程前に雷雨があったので、これは期待できるのではないかと
でかけたんですが、まったくもってその気配無し。
年々収穫できる数が減り、ここ数年はほとんどみかけることがありません。
以前と違って人が入って来ているし、キャンプ目的で来て
ゴミいっぱい捨てて行く人いるし、キノコも生えなくなっちゃったのかも。。
と、ちょっとしょんぼりしながらぼんやり砂丘見てたら、


お?
e0066474_2302339.jpg


キラキラ光るサンドフィッシュ発見。

危険感じてするするっとまさに泳ぐように砂の中に潜っていく。
e0066474_23001.jpg

e0066474_2303821.jpg



・・つもりだったのが、どーやら下の砂が固まっていたらしく
上手に潜れず。
でも保護色状態なので、とりあえずじーっとしてみるサンドフィッシュ君。
e0066474_2312528.jpg


真ん中あたり。
足跡なかったらちょっと気がつかない。
e0066474_2325390.jpg


そ〜っと近寄って見ていたら、
e0066474_2331843.jpg



サンドフィッシュ&ワタシ『あ、バレた』。
e0066474_2335714.jpg



砂から慌てて出て来て移動し、
e0066474_235251.jpg

e0066474_2344261.jpg



適当な場所でダイブ!
e0066474_2351038.jpg


(拡大)
e0066474_2354240.jpg



あっという間に潜ってしまいました。
「あ、バレた」からこの間、1秒。
e0066474_2375118.jpg



講談社から出ている「アラマタ生物事典」に、
サンドフィッシュの写真を提供したので、その本が一冊
届いたんですが、そのアラマタ生物事典によると、
尖った顔、ウロコはあるけどすべすべの体、
手足を体につけてくねらせる動き、どれも砂の中にささっと
潜っていくのにもってこいなわけですが、
それに加えてすごいのは、キラキラしたウロコで覆われた皮膚は
「スベスベのガラスよりもずっと摩擦が小さくなるつくり」
なんだそうで、ウロコをつくっているケラチン取り出して
プラスチックをコーティングしたら、摩擦がとても少なくなったんだとか。


サンドフィッシュは大概砂丘の斜面でひなたぼっこしているんですが、
平らな場所だと砂地が硬くなっていることが多く、潜り難い。
でも砂丘の斜面は雨が降った後なんかでなければ
砂がやわらかいことが多く、一瞬で潜れてしまえるというわけ。

音にも敏感で、あ!と思った時はもう潜っていて、
相方さまはバイク運転しながらみつけて、飛び降りて
一気に掘って捕まえるんですが、
私は今だ成功したことがありません。


ってことで、サンドフィッシュ君の華麗なる泳ぎを堪能した後には
ガゼルに何匹も出会い、
e0066474_34615.jpg


キノコは見つからなかったけど、
曇って4月中旬にしては穏やかな気温だし、
なんだか楽しいなーって思っていたら、
ラクダちんご一行様に遭遇。
e0066474_362237.jpg




いつものごとく、きれ〜に列作っていたので、
その真ん前で座ってみたら、
ご一行様先頭固まる。
e0066474_374316.jpg


ラ「えー、もう、なになに〜」
e0066474_385317.jpg



でも、列解散の目的地は私のすぐ後ろだったので、
ちょっと固まった後、みんなバラバラと前進。
(しばらくここで過ごしたら、また一列になって家に帰ります)
e0066474_3104769.jpg


ちっ、つまらんの。と思って見送っていたら、
なんか肩にファーかけたみたいなラクダちんが近づいて来たので
e0066474_3114741.jpg


あらなんかゴージャス〜。ちょっと見せてー。とお願いしたら

「貧乏人にはみせないザマスっ!」と、見下ろされました。
e0066474_3122810.jpg



みなさんの通り道でそんなことしてたので、
さすがにちょっと邪魔かと思い(って言ったって、広いんだから
他にも通るところいっぱいあるんですけど)、
近くのちっちゃい砂丘に登って様子見てたら、
今度はとってもかわいこちゃんが来てくれて、
e0066474_3145040.jpg


あなたかわいいね〜。
e0066474_316410.jpg


首の毛がまたなんともいいよ〜。
e0066474_3164341.jpg


色具合も私好みだし、もっと近づいていっぱい写真撮ろう〜って
思ったら、

あたいも、あたいもーっ!
(イメージとしてはダミ声で)
e0066474_3173381.jpg


いや、もうそんな並ばれても。
いや、ウィンクされても〜。
e0066474_317369.jpg


あのー私としては、その後ろにいるかわいこちゃんを
撮りたいんですけど〜。と思ったんですが、
この向かって左から2番目のよしこちゃん(ひみつのアッコちゃんの
お友達のよしこちゃんに見えて仕方なかったので勝手に命名)が
e0066474_3222246.jpg


自己主張めちゃくちゃ強くって、
これまたダミ声で「撮って、撮って〜」って前へ前へ。
e0066474_322620.jpg



はいはい、よしこちゃんもかわいいよ〜。
e0066474_3234338.jpg


かわいいよ〜。
e0066474_3245410.jpg


いや、だからかわいいって〜。
e0066474_3244072.jpg


うーん、よしこちゃん、そろそろいいでしょうか。
って思ったら、
e0066474_3255868.jpg


隣にあのかわいいアッコちゃん(いつのまにかアッコちゃん)が来てて
おお〜、やっぱりなんか好みだわ〜。アッコちゃんもアップ撮らせてねって
近づこうとしたら
e0066474_325483.jpg


まさかのよしこちゃんのカットイン。
e0066474_3265359.jpg

e0066474_3273354.jpg


よ、よしこちゃん・・
e0066474_3275981.jpg


このアピールの押しの強さに、えーっと・・と思っていたところ、
アッコちゃんが後ろをまわって反対に来た。
e0066474_3292931.jpg


けど、やっぱり阻まれ、結局アッコちゃん撮影断念。
e0066474_329527.jpg


まぁおもしろかったからいいとしよう。
よしこちゃん、笑える朝をありがとう。
e0066474_331174.jpg



ってことで、帰路についたら他のご一行様に遭遇。
e0066474_332110.jpg



今度は随分黒いラクダちん多いな〜と思ってみていたら、
e0066474_3324520.jpg



ん?!
ちょっと見たことないタイプの顔のラクダちん発見。
e0066474_33315.jpg


足早に去って行ったので、その見たことない顔の様子が
うまく撮れなかったんですが、
なんか変わってる〜と思って見ていたら、
e0066474_3345365.jpg


なんと、毛がオシャレなことになってる!
e0066474_3344142.jpg

e0066474_3361692.jpg



その後ろから来たラクダちんたちも、上のアッコちゃんの
横顔を比べるとわかる人もいるかもしれませんが、
この辺りで見るふつーのラクダ(アッコちゃん)とはちょっと違い、
みなさん鼻の下が長くて上唇が垂れ下がったモフ〜ンな顔。
e0066474_338461.jpg


相方さまに聞いたら、この顔つきはスーダンのラクダ特有のものだそうで、
この辺りではものすごい賞金のラクダビューティーコンテストが
あるんですが、鼻の下がべろ〜んと垂れた、なんだか間抜けに
見えるこのモフ〜ン顔は、ビューティーコンテストでは評価が高いんだとか。
なるほど、最初に通った毛に模様が入ったラクダちん、
彼女はおっぱいもめちゃくちゃ立派だったし、
鼻の下もえらい長かったし、びゅーちーこんてすとに
出場したのね、きっと。
ってか、いったい何からそんな基準ができたのか、「価値」って
なんか不思議なモノです。

へーっと見とれているワタシをよそに、
皆さんは淡々と列解散の広場まで一列に並んで
去って行きました。
e0066474_345576.jpg



もうすっかりキノコのことはどこへやら、
色んな出会いにいやいや楽しかったねーと盛り上がっていたら、


おおっ?!
e0066474_3474794.jpg


もうここ何年も出会っていなかった大きなトカゲに遭遇!

逃げ足はやいはやい。
でもこの「すたこらさっさ」具合がちょっと笑える。
e0066474_348379.jpg


手は平泳ぎみたいにして走るのね。
e0066474_3485690.jpg

e0066474_350558.jpg


比較物がないのでわかりにくいですが、
全長50センチくらい。
e0066474_3495534.jpg


頭が黄色くて、しっぽの先は赤く、とても美しい。
しかし、隠れてるつもりのようなんですが、その相手の私たちから
丸見えなんですけど。
e0066474_3504082.jpg



かっこいいなー。
e0066474_3525399.jpg




望遠レンズで撮っているので近く見えますが、
相方さまによれば、近づくとしっぽで叩かれて
ひどく腫れるとかで、念のためけっこう距離とってます。
e0066474_354386.jpg


指は5本なのね。細くていろっぽい指。
e0066474_356543.jpg


どこそこ芸術。
e0066474_3575485.jpg



何年も前から姿も足跡もまったく見なくなり、
もしかしたらひっそり絶滅しちゃっててもう会えないんだろうかと
思っていたので、思いがけない遭遇が、とても嬉しい朝でした。
by hanamomoact | 2013-04-20 04:24


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

その他のジャンル

ブログパーツ