増す怠け度。


窓際に立つ、ずぶ濡れのクブズさん。
e0066474_22383669.jpg



シャワー浴びたので、外行く?と誘っている私の顔を見ながら、
「暑いからどうしようかなー」と迷っているところ。
いや、暑いからこそささっと乾いていいと思うんですが、
エアコン効いた家の中が好きなクブズさん、
暑い外に立って誘っている私を放置して、この後
家の中に入っていきました。
でも濡れているので冷たい空気にさらされるのはイヤ。
なので、エアコンの上にとまって乾き待ちをするのがお約束。
そこだと、エアコンの風は直に当たらないし、
天井に近いので温かい空気がたまっているのでちょうどいいらしい。

でもそれだと乾くまでにけっこー時間かかります。
かなり時間経って、外側は乾いたように見えて、
中びしょびしょだったので、窓開けて、「行って来なよー」と
誘ったんですが、「一緒に行くなら行くけど」と窓際で
私の隣に立ったままぜんぜん外に出る気無し。
でも、暑いのです。クブズが乾くまで外でご一緒する気にならない暑さ。


ってことで、考えました。
e0066474_22523967.jpg


これなら部屋の冷気が流れてきて体はあつくならないし、
頭も日陰なので大丈夫。
唯一足先が日に焼けるのが難ですが、それは今更気にしてもってくらい
すでにこんがりなのでさしたる支障無し。

しかも両足あげると腹筋と股筋プルプルして
エクササイズにもなるという一石二鳥感!


なんだか楽しいらしく、左行ったり右行ったりのクブズさん。
e0066474_2257636.jpg

e0066474_22571947.jpg



で、時々毛繕い。
e0066474_22582065.jpg

e0066474_22584549.jpg



毛繕いしてる時って、どうして目、つぶっちゃうんだろう。
e0066474_22593896.jpg

e0066474_22594465.jpg



で、毛繕い飽きるとまた行ったり来たり。
e0066474_2302624.jpg

e0066474_2303293.jpg

e0066474_2303675.jpg

e0066474_2305092.jpg



で、そうしているうちにすっかり乾いて家の中に戻りました。
以前は真夏でも外に乾かしにでかけたクブズ。
暑くてもそれに辛抱強くつきあった私。
お互い年々要領よくなっていくよねー(っていうと聞こえがいいけど)。




さて、クブズのお父さん業のその後ですが、
子の顔を見る事叶わないのに、飲食そこそこに
巣にじっと留まっているクブズの姿も切なくなってきたので、
卵は撤去することに。
さて、今回はどんな反応だろうと思っていると、
なんだかソワソワと落ち着かない。抱卵の時期以外はいつも、
私が巣の近くに座ると飛んで来て、巣の中に入ってウーウー愛の唄を
歌いながら側にずっと居るんですが、卵撤去後、
他の部屋の高いところにとまったままちっとも巣に戻ってこないし、
私が近づくと飛んで離れてしまい、こんなことは初めて。

なんだったのかよくわかりませんが、そんな様子が2日間続きました。
突然卵なくなっちゃってショックだったのか?
ひとりになって気持ちの整理つけていたのか?
まぁ2日間ですっかり元のクブズさんに戻ったんですけれど。

(前回のようにこんなもん置いてみたんですが、
今回はぜんぜん見向きせず)
e0066474_23121566.jpg



ところで、このクブズが父ちゃんになっている間、
ちょっとした異変がありました。
常連さんはご存知かと思いますが、クブズと相方さまは
よくけんか(?)します。


ま、ケンカっていっても、最終的にはこういうことにはなるんですけど、

相「勝てると思ってんの?」
ク「チっ」
e0066474_015092.jpg


クブズの攻撃手段は、羽根でバシバシ叩くか、噛む。
妻の私には手(羽)をあげることはありませんが、
妻が自分の思うようにならなかったり、ちょっとした勘違いのすれ違いが
あったりすると、噛みまくります。
それも痛点あるところピンポイントで噛むのでけっこー痛いんですが、
e0066474_0174689.jpg


この父ちゃん期に入って2日目、いつものようにけんか腰で
相方さまに寄って来たクブズ。でもすごくやさしくくちばしが
当たるだけで、ちっとも痛くない。
私のところにもご機嫌斜めでやってきたのに、これまた
やさし〜くくちばしで触るだけ。
あれーどうしちゃったの〜?父ちゃん期は優しくなるの〜?などと
言っていたんですが、よく見ると、ご飯を食べようとして
何度も躊躇。なかなか口にいれられません。
こりゃなんかあったな、と思って、口をよーく見たら、
上くちばしの先が妙な事になってる。
e0066474_0204621.jpg

e0066474_0322037.jpg


動くので、小さいところにピントを合わせにくく、
なかなか写真が撮れなかったんですが、
よーくくちばし先を見ると、先の方に横に線が入っていて
右側端がその線に沿って割れています。
e0066474_030178.jpg


その、上くちばし先の横に入っている線は、
ちょうどくちばし下の先と同じ長さのところで、
その線の入り具合もまっすぐで、どうやらぶつかって
怪我をしたのとは様子が違う。
で、フト思い出したのが、随分前に見た上くちばしの先。
そーいや、こんなに長くなくて、先はうす〜い白いものが
ちっちゃくくっついていたなと。

ってことは、くちばしって爪みたいに伸びる物なの?
もしかして、それが本当は何かをつついたりして
自然に削れる物なのに、それができなくて、伸びすぎちゃって、
伸び過ぎた爪が中途半端に割れちゃったみたいなもんだから、
何かに触るとそれが痛いみたいな、そんな状態?

と「?」いっぱい。とりあえずインターネットで検索してみたんですが、
思いのほか情報がない。
見つかるのは、くちばしが折れちゃった鳩の介護で
「くちばしは再生しません」という話ばかり。

うーむ。どうする?爪切りとかで切っちゃう?
いやーでもなんか怖いよね〜と相方さまと話していたんですが、
私がちょっと外に出ている間に、結局このさきっぽを
爪でひっぱったらぽろっと取れたそうで、
外出先から帰って来たら、いつもどおり、がしがし噛まれました。

クブズさんとのおつきあいもけっこう長くなって来たんですが
コレ初体験。なんの知識もない私たちに育てられ、
クブズがここまで順調に育ってくれたのは幸運他ならず。


至らぬ家族で、ほんともーしわけないっす。
ですので、今後もひとつ健康でいていただけると
ありがたいです。
e0066474_1312532.jpg

by hanamomoact | 2013-06-18 01:34 | クブズ


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

その他のジャンル

ブログパーツ