今のダマーニ。

e0066474_213180.jpg

ここ3日、寝ていることが多いダマーニ。
今日はほとんど動くことなく、
たまに場所を移動する時、力なく歩く程度。
少し目を離した隙に見当たらなくなったので、どこへ行ったのかと思ったら、
日の燦々と当たる暑い所に立ちすくんで、
そのまま目をつぶっていました。
こんなこと今まで見たことなく、覚悟を決めないといけないのかなと
そう思わせる姿でした。

そのあとまたフラフラっと歩き、今、日陰に移動して寝ています。

好きな植物を持ってくると、立ち上がって食べにきたんですが、
匂いを嗅いだだけ、ちいさな葉を一枚だけ食べてまた座ってしまいました。

実は、ダマーニは歯か何か口の中にトラブルがあるようで、
少し前から時々ものが思うように食べられない時があります。

もしかしたらそれが原因で、
食べたい気持ちがあるなら、栄養のあるものを液体にして
口に入れたら元気になるかもしれないと思う気持ちもありますが、
捕まえてそういうことをすることは
不可能ではありませんが、イヌやネコと違って簡単なことではなく、
そのストレスは多大で、ダマーニの年齢を考えると、
そうすることの意味があるとはとても思えず、
私達ができることは、ダマーニがいごこちいい環境を作る、
それくらいしかありません。


ガゼルは薬をあげたり、なにか医療的介入をしたりがとても難しく、
それが歯がゆいことも、悔しく思う時もあります。


でも、それゆえ、こうして、年齢的なものなのか、それとも病気なのか、
何かの理由でうまく食べられなくなり、
やせ細って、徐々に力がなくなっていくダマーニの姿を
これが自然のことだと、ただ静かに受け入れるしかないことに、
生き方や逝き方を考えさせられています。
それは自分たちのこともそうだけれど、
これからイヤというほどこういうことに向き合わなくてはならない、
一緒に生活する動物たちのことも含めて。


相方さまにとってサーメルが特別だったように、
私にとってダマーニは誰よりも特別な存在です。
好きとか、愛しているとか、そういうものを超えた存在。
サーメルのお嫁さんに来てくれたのが、
驚くほどに聡明で、それでいてとてもお茶目で、
愛情いっぱい溢れたダマーニだったから、
ガゼルたちとの生活もこうしてやってこれました。

今まであったいろんなこと、思い出したらそりゃ泣けてきちゃうんですが、
私がダマーニに感謝の気持ちを込めてできることは、
泣くことでも、落ち込むことでも、焦ることでも、動揺することでもなく、
ダマーニがなにをしてほしいか、冷静に見極めて、
ダマーニがそうしているように、静かに今あるがままを受け入れることなんだと思っています。
「と、自分に言い聞かせています」が正しいのかもしれないケド。


たくさん見送ってきた動物たちに教えられて、ようやくそう思えるまでに辿りつきましたが、
でも、もっと早く、できることなら最初からこんな風に思える度量がほしかったなぁ。
スマンみんな。


ほんの少し前までは、一緒に砂漠散歩したダマーニ。
厳しいなぁと思った時が8月も何度かあって
砂漠散歩も間に合わないかもと思ったのですが持ち直したダマーニさん。
「あんなことブログに書いたけど、なんかめっちゃ元気に砂漠散歩してま〜す」とか
書けちゃう日が来てくれたらウレシイなー。


※外で携帯からにつき、文章とか改行とかおかしかったり
読みにくいとこあったらスンマセンです。
by hanamomoact | 2013-11-10 18:14 | サーメル一家


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

人気ジャンル

ブログパーツ