我が家今年の一大プロジェクトの経過。その3


この日2日目は、前日の経験から、かなり事情を察してきたみんな、
私がドアのところへ行くと「行けるの?行けるの?」と
集まって来てワクワク。
e0066474_19222953.jpg



外に出たいダマーニと、中に入りたいつーちゃん。
ダマーニさん、ぴったりドアにくっついて
「早く開けて、開けて」とせかすせかす。
e0066474_19235813.jpg



あのーそこにいるとドア開けられないんですけど〜。
e0066474_19242918.jpg



ダマーニ、開けちゃうよ?ぶつかるよ?
つーちゃん(開いた開いた〜♪)
e0066474_19251167.jpg



んじゃ、開けちゃいまーす。
e0066474_19265321.jpg



さらっとよけて、後ろを当たり前のように通り抜けて行くダマーニ。
こんなに至近距離を通ったら、がしっと抱きしめちゃえそうですが、
それをしないのが私とダマーニの長いこと交して来た約束。
興味のないフリして背中見せてますが、顔はニヤニヤしている私。
e0066474_1927273.jpg


相変わらずまだ完全な状況把握できていず、
さてどうしたものかと二の足を踏むみんなをさっさとおいて
出て行くダマーニ。
e0066474_19293255.jpg



昨日はドア出てまっすぐ行ったけど、今日はこっち行くんだって〜。
e0066474_1930573.jpg



んじゃ、みなさんで行きますか。
e0066474_19301162.jpg




ゾロゾロ、ガゼルご一行様〜。
e0066474_19305984.jpg

e0066474_19333473.jpg



向かった先は家の裏で、そこでおいしーもの見つけちゃったダマーニは
それに夢中。
e0066474_19381417.jpg



が、コドモたちはワタワタ状態で、
e0066474_1939595.jpg



そのままどこへ行くというのでもなく、とりあえず走って行く。
e0066474_19401495.jpg



♂が居る場合はわかりませんが、彼女達を見ていると、
集団で行動するものの、誰がリーダーというのはなく、
なんとなく誰かがそっちへ行くと、みんなもそれに着いて行きます。
なので、時に年長のハディーヤが先頭切ってみたり、
一番チビのアリーンが率先して前へ進んだり。


その後、食事に満足したダマーニも合流し、みんなが向かった先は、
e0066474_19432857.jpg



・・・また端。
e0066474_19443532.jpg



そして前日とまったくもって同じコースを
落ち着きなく走る。
e0066474_19453459.jpg


途中「ゴミ」となった哀れなSUZUKIちゃんに興味津々のサハーバ。
ま、こんなの見たことないもんね。
って昨日も通ったけど、ひたすら走って全然目に入ってなかったのね。
e0066474_19474311.jpg


で、またもやぐるっと半周して戻って来ちゃったみんな。
e0066474_1949194.jpg


でも入ろうかどうか迷っていると、
またまたティーニータイニーに顔合わせて最後まで威嚇したかーさんが
ワンワン吠えられ、
e0066474_19501620.jpg


慌てて走って来たもんだから、みんなも大慌てで逃げ帰る。
e0066474_19505564.jpg



ドア開けてからこれまで、約15分・・。
あのー、せっかく外で遊べるチャンスなのに、短過ぎやしませんかね〜。

とりあえず、また落ち着いたら出てくるんじゃないかということで
しばし待っていたら、まずはやっぱり先頭ダマー二、
e0066474_19524688.jpg


それについて、キョロキョロゾロゾロやってきた。
e0066474_19573088.jpg


2日目2回目にして、ようやく今までとは反対側に
行ってみる気になったみんな。
e0066474_19591186.jpg


砂丘の上からの眺め、どうですか、アティーヤさん。
e0066474_2002144.jpg



大概、なにかに夢中になっていて置いて行かれたりすると、
みんなその後の慌てっぷりは大変なんですが、
ダマーニは終始マイペースで、みんなが離れてしまっても
全然気にすることなく自分の好きなことにご執心。
e0066474_2023593.jpg


ま、若いもんについて(無意味に)ぐるぐる走り回るのも疲れるもんね〜、
うん、わかるわかるって言ったら

「失礼な!一緒にしないでっ」と軽やかな足取りでみんなところへ。
e0066474_20252676.jpg

e0066474_2025517.jpg

e0066474_20263436.jpg


でも、まだワタワタ状態の若きみんなは、
そのまままた(無意味に?)走り回りに去って行ったので、
e0066474_2027583.jpg


ダマーニはのんびり散歩を選択。
e0066474_20293552.jpg



ばーちゃんに途中遭遇、で、例によって
名前呼んじゃったもんで、転がる。
e0066474_20284414.jpg



若い子チームと一緒に砂漠を廻るのも楽しいんだけれど、
若くない同士(ダマーニは認めないだろうけど)、ダラダラすごす
この時間は至福なのデス。
e0066474_20435248.jpg

e0066474_20441538.jpg


そんなのんびりタイムを過ごしていたら、おそらく途中止まること無く
駆け抜けて一周してきたと思われる若いチームが帰宅。
e0066474_2033193.jpg


母発見で駆け寄り、
e0066474_20331911.jpg


ダ「おかえり〜」
e0066474_20334966.jpg


ダ「どうだった〜?」
e0066474_20344026.jpg



一周廻って来た様子を報告。
e0066474_20351718.jpg



で、みんな揃ったところで、帰ることに決まったらしい。
e0066474_20354537.jpg

e0066474_20354413.jpg



みんなが戻ったのでドアを閉め、砂漠で朝ご飯食べてゴロゴロしてたら、
e0066474_20454252.jpg



あの〜、もう一回出たいです〜。
e0066474_20591381.jpg



キリがないので、本日は終了です!



1日目、家に戻ったらドアが閉まってもう出られなかったという経験してるので、
2日目はもうちょっと「帰らない!」のゴネゴネがあるかと思ったんですが、
外には出たいが、家が好き。のみなさんあっさり帰宅で
こうしてまたもやなんだかドタバタの2日目を終えました。




だらだら記録で読んでる方全然おもしろくないと思うんですが、
そんな声おかまいなしに、コレまだ続いちゃいます〜(多分)。



e0066474_216722.jpg

by hanamomoact | 2013-11-13 21:07 | サーメル一家


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

人気ジャンル

ブログパーツ