我が家今年の一大プロジェクトの経過。その4

3日目。

よーやく全体の地図が頭に入り、この時間の意味を理解したようで
前日までのワタワタ感はぐんと減り、落ち着いたスタート。
e0066474_2313987.jpg


周り見る余裕なく、ひたすら走っていた今までと違って
色々なものが目に入るようになってきた。
e0066474_232934.jpg


さすがにガゼル集団に見慣れて来たティーニータイニーは
ワンワンいわなくなったけれど、目があっちゃったので
ちょっとあせって走ったりしても、
e0066474_2343133.jpg

e0066474_2341411.jpg



ドカドカと夢中で走り抜けて行った1日目と違って
「別に怖いことはない」と状況把握できたらしい。
e0066474_2372472.jpg


ダマーニも今回は威嚇することもなく、落ち着いた足取りで合流。
e0066474_2375725.jpg


ん?どしたのだ?マラーク。
e0066474_2391033.jpg



いままで慌てていたから気がつかなかったけど、
こんなところにおいしそーなもんがあるじゃんと、母以外、
3日目にして気づく。
e0066474_2402677.jpg

e0066474_2403830.jpg



こうなってくると、ちょっと砂漠散歩が楽しくなって来て、
今までみたいに短時間でさっさと自分たちで家に戻らないことも。
で、そろそろ人間様の都合で家に戻って欲しいですけど〜という
時間がやってきた時はどうするかというと、

相方さま、みんなが行く手をちょっと先回り。
e0066474_2432337.jpg


相「はいー、本日終了。帰りますよ〜」
e0066474_2433153.jpg



で、なんとなく相方さまがうしろからプレッシャーをかけ
家の方角へ向かいます。
e0066474_245062.jpg

e0066474_245880.jpg


んが、

まだ遊ぶー!!と逆走一名。
たいがいこれをやるのは、一番若いアリーンさん。
e0066474_2454112.jpg



帰らないもんねー!!のかっ飛び。
e0066474_246291.jpg


若者はエネルギー満タン。
e0066474_2473450.jpg



それ見て、んじゃもう少し。ってみんなもぞろぞろ元にもどっちゃったもんだから、
相方さままた先回りして、
e0066474_2475968.jpg


はいはい、帰る帰る!
e0066474_2482561.jpg

e0066474_2485431.jpg


が、悲しいのか嬉しいのか、そんな相方さまに誰もびびらず、
みなさん「どしたの?」の薄い反応。
e0066474_250242.jpg


しかし、この直後、ご近所さんのラクダの放牧が始まり、
ぞろぞろとラクダちんが来たもんで、

ひ〜っ。
e0066474_2505082.jpg


なんか来た、なんか来たー!
e0066474_2521872.jpg

e0066474_2521786.jpg


毎日遠目で見ているラクダがめちゃくちゃ近づいて来たもんで
みんな大慌てでこのまま一直線に帰宅。
いや〜、ラクダちん、ナイスタイミング。

この後も、もう何回か放牧タイムに出くわしているんですが、
いまだコドモたちは慣れず、いちいち驚いて走り帰ってくるんですが、
e0066474_16161744.jpg

e0066474_16163581.jpg

e0066474_16163811.jpg



やはりこの方は違った。

ダマーニさん、みんなから離れて1人お食事してたら
e0066474_2553257.jpg


ラクダチンご一行さま通過。
e0066474_256591.jpg


また走っていっちゃうかな、と思ってみてたら、

おかまいなしの食事続行。
e0066474_257272.jpg


まぁちょっと気になったりはするけど、
e0066474_2583629.jpg


1回の経験で、「通過するだけで、別にこっちに来る訳じゃないのね」と
呑み込んだらしい。
e0066474_259228.jpg

e0066474_301032.jpg






時々ごねる時もあるけれど、ある程度時間をすごすと満足するらしく、
後ろから「はい、ホームホーム〜」と言われてついてこられると
はーい、帰りま〜す。とスムーズに帰宅することが多い。
e0066474_335574.jpg



e0066474_310934.jpg


お迎えに出て来たさんちゃん。
e0066474_311106.jpg

e0066474_3111346.jpg



引率、というか後ろからみんなのお尻を押すのは相方さまの役目。
なので、相方さまが後ろを歩くと、みんなぞろぞろ前へ動き出す。
私は一緒に砂漠を歩くのが役目なので、一緒にいることが居心地
悪くならないよう、よほどのことが無い限り、
後ろからプレッシャーをかけることはないようにしています。

なんかガゼル飼いのペーターみたいになってる相方さま。
e0066474_3125162.jpg

e0066474_3133331.jpg

e0066474_314217.jpg


すぐ寄り道しちゃうので、
e0066474_3142475.jpg


相「ハイハイ、前進んで下さいー」
e0066474_315535.jpg



大概がこうしてのんびり帰ってくるんですが、
だだこねてる時は、タイミング見計らってちょっと小走り
してみたりすると、

うひー!帰ります〜!
e0066474_3173039.jpg



ドドドドーっとみんなが帰ってくるのを、
e0066474_3182316.jpg


待っている,(若くないもんチームの)ダマーニと私。
e0066474_3192528.jpg



でも、みなさんドアの前でピタッと足を止め
「どーする、これ入ったら今日はおしまいだよね・・」と思案中。
e0066474_342284.jpg



が、ここでまた遊びに行かれちゃうとめんどいので、
相方さま遠くからがんばってダッシュ。
あわわ〜キタキタ、うしろから来た〜。と思案中だったみなさん
お尻押されて帰宅。
e0066474_3213135.jpg

e0066474_3221676.jpg




広いところにみんな出るのはいいけど、
ホントに大丈夫だろうか。。とちょっとドキドキしていましたが、
今では、私たち人間様もみんなの行動が読めるようになり、
ガゼル様みんなも私たちの意図することを読めるようになりました。


黙々と(?)このシリーズ更新中。
ブログ読んで下さっている方置き去りにしてる感ありますが、
まだまだ続いちゃうヨ!


ポイ〜ン
e0066474_346288.jpg

by hanamomoact | 2013-11-14 03:44 | サーメル一家


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

その他のジャンル

ブログパーツ