日本からお友達が遊びに来てくれていました。 その4(「動物たちと」篇)

お友達は日本に帰ってしまったので、タイトルを過去形に変更。
そして、一気にどっといったので、本日長いデス!

お友達が遊びに来てくれると聞いて、相方さまと私、
興味津々だったのがぺてぃぺてぃの反応でした。
というのも、ぺてぃがわが家にやって来てから、訪ねて来たお客さんに
ちらっと会う事はあっても、泊まりのお客さんと過ごすのは今回が初体験。
わたしたち、ウサギはぺてぃしか知らないので、
ウサギとはナンゾやというのがよくわからず、
果たして、知らない人にはものすごく警戒して出てこないのか、
それとも、人の区別をつけることなく、人間に慣れているという事で、
わたしたちと接するような反応を見せるのか。


で、初日の夜にご対面。
e0066474_18122457.jpg



逃げてしまうということはなかったですが、
微妙な距離をもっての警戒心。
e0066474_18121631.jpg



大好きなあびが来たら、もう気持ちはすっかりそっち。
e0066474_1813548.jpg

e0066474_1813529.jpg


その後も、お友達徐々に近づいて見るも
ぺてぃ「・・な、なんですか」
e0066474_181648100.jpg



ほ〜、なるほど。ちゃんと人を区別できるのだな〜、と
新発見。

って思ったんですが、よく考えたら、基本ネコの事は
怖がる事なく、どのネコにもひょこひょこ近づいていったりするんですが、
でも、あびは別格。
ちゃんと見分けがついているわけで、なら人間にだって同じなのか。

さて、ここから約10日の滞在で距離は縮まるのか。。と
思ったんですが、もともと怖いもの知らずのぺてぃさん、

警戒心より、好奇心の方が徐々に勝っていきました。
e0066474_1826051.jpg


e0066474_182809.jpg

e0066474_18281258.jpg


後半はすっかり、お友達は家族の一員。
e0066474_18292024.jpg

e0066474_1830484.jpg



ならば、撫でてもらうのも気持ちいい。
e0066474_18322528.jpg



で、そうなってくると、今度は自分から様子伺いにいってみたりする。
e0066474_18333244.jpg

e0066474_18332934.jpg


これは日本に帰る前日。
ぺ「もう帰っちゃうの?」
e0066474_18374669.jpg


ぺ「もう少しいたらいいのに」
e0066474_1837631.jpg



せっかく心開いたというのに、残念なぺてぃさん。
e0066474_18394983.jpg




その日の夜。次の日は早朝3時半出発で帰ってしまいます。
e0066474_18423430.jpg


お友達のまわりをうろうろ。
e0066474_18431411.jpg


でもって、飛び跳ねていったと思ったら、
e0066474_18435783.jpg



そばで寝てみる。
e0066474_184721100.jpg


ぺてぃさんらしいお見送りでした。



次の動物家族メンバーはサラーミーさん。

久しぶり〜。
e0066474_18551661.jpg


久しぶりのご対面に、ちょっとだけ「ん?」の顔はしますが、
でも人参もってきたら、だれでもお友達♡のサラーミーさん。

さ「ニンジンは?ニンジンは?ニンジンは?」
e0066474_18574622.jpg


お友達はなかなかの馬の乗り手なので、今度はサラーミーに乗って
砂漠行けたらよいね〜。
e0066474_1859888.jpg






次に、こちらは、らくだちんたちとお友達。
e0066474_193261.jpg


もうすっかりわが家のことは知り尽くしているお友達、
私がついて歩くという事はなく、好きな時に、好きなだけ
ラクダとかヤギとかヒツジとかウシに会いに行っていたので、
写真があんまりないんですが、

出発前日の朝。
みなさんお食事中のところにごあいさつ。
e0066474_1941363.jpg


ご飯中に、おじゃましまーす。
e0066474_1951447.jpg



触ってもらったらくだちん、うれしくって、
ラ「いいのよ、続けて、続けて。」
e0066474_198591.jpg

e0066474_1994014.jpg



三度の飯より撫でられるのがスキ。
e0066474_1910769.jpg



なのは、お隣も同じで、
隣ラ「わたしも。」ともーれつアピール。
e0066474_1911193.jpg


友「いいんだけど、ご飯、食べた方がいいんじゃない?」
e0066474_19114948.jpg


って、ご飯とってあげてみたんだけど、
e0066474_1912422.jpg

e0066474_1913752.jpg


まったく見向きもせず、ひたすら
ラ「触って、触って〜」とうっとり。
e0066474_19134185.jpg


撫でて欲しくて仕方なく、ご飯ほったらかしでお友達の歩く所に
ついてきたお二人。
e0066474_19152553.jpg



ラ「明日も来てくれるんでしょ?また撫でてくれるんでしょ?でしょ?でしょ?」
友「えーっと、それはですねぇ・・・」
e0066474_191703.jpg


次に撫でてもらえるのは、いつだろうね〜。




そして、ガゼルチーム。

ガゼルチームと過ごす機会、今回あまりなかったんですが、
一度だけ、一緒に砂漠散歩。
実は、これも相方さまと私、みんなの反応にとても興味がありました。
なにせ、今まで一緒に散歩したのは私のみ。
相方さまは、「シープドック」みたいなお役目なので、
実質ずっと一緒に歩いているの私だけ。
そこへ突然見知らぬ人が入って来たら、どういう反応をするのか。

ちなみに、ガゼルたちは人の区別がつきます。
相方さまや私のことはもちろんですが、いつも庭のことをやってくれる
職人さんのこともよくわかっていて、
突然違う職人さんが顔を出したりすると、ものすごい勢いで
走り逃げて行きます。

なので、最初はけっこうパニックかな〜と思っていたんですが、
警戒はしているものの、思いのほか、割とみなさん冷静。
e0066474_19334911.jpg


でも、殊に末っ子アマールと新人君アーイラは警戒心が強く、
プシっプシっと警戒音を出しながら、早足で前へ前へ行くもんだから、
それにつられて、みなさんも前へ前へで、最初は砂丘をのぼったりおりたり、
遠くまで歩いて行ったと思ったら、また戻って来てみたりで
ぐるぐる歩き回ったガゼルチームとわたしたち。
e0066474_19571229.jpg


が、そのうち、だんだん見慣れて来たのか落ち着いてきて、
特にマラークはけっこうリラックス。
e0066474_19391323.jpg


初日にしてこの距離は、ガゼルたちにしてみたら、
かなりのものなのです。
e0066474_19395662.jpg



他の仔たちはまだけっこう距離をあけていましたが、
ぜんぜんへっちゃらなマラーク。
e0066474_19414281.jpg



みんな先に行っちゃっても、動揺しないで側にいるマラークに、
ちょっとびっくり。
e0066474_19424224.jpg



マラークのもともとの冷静な性格もありますが、
それに加え、リヤーンの介護の経験があるからなのかも。
介護中、どさくさに紛れていっぱい触らせてくれたマラークも、
介護が終わったら、あっさり「なんでそんなに近くに来るんですか」
みたいな態度に戻ってしまいましたが、
あの人間(ワタシ)との距離感の経験は、マラークの
人格形成ならぬ、ガゼル格形成に大きな影響あったんじゃないかと。

始終落ち着いていたマラークさんでした。
e0066474_1957050.jpg



他のガゼルチームも、かなり近距離まで平気になったので、
これは次歩いたら、もう全然大丈夫なんじゃないの〜?と
言っていたんですが、今回はこれ1回しか機会なかったのが残念。
e0066474_19594598.jpg

e0066474_19593814.jpg




さて、いつも人が来ると、大概ネタ大いに提供してくれる
クブズさんですが、

初日は、相変わらず強気なご挨拶で、
e0066474_21384297.jpg

e0066474_21391299.jpg



最初は、頭に乗っておいてプンプン威張り、お友達をバシバシといい音たてて
羽根でたたき、いつものように威厳を保とうと思っていたクブズさんですが、
e0066474_2145453.jpg

e0066474_21463947.jpg


すぐつかまっちゃって、からかわれ、すっかり調子の狂うクブズさん。
e0066474_21461882.jpg


これは一筋縄ではイカナイ・・と思ったらしく、
この後、最後まで若干の距離を保っていたクブズ。
しかし、とりあえずエラそうにしておくことは
忘れませんでした(ソファーの上から掃除の監督)。
e0066474_2148811.jpg



オマケ話ですが、お友達の希望で、「ハンティングの展示会」というのに
行きました。
前回、つっこみどころ満載だった展示会。
かなり不安でしたが、さすがにあれから5年も経っていたので、
すごい進化していて、見所満載の展示会でした。

(日本ブースと、日本の鷹匠さん)
e0066474_2235766.jpg



前回同様、ファルコンさまが展示会場の中、
あちこちにいらっしゃったんですが、
e0066474_23112617.jpg


e0066474_22183782.jpg

e0066474_2312492.jpg


ぶるぶるっとやる直前のフワフワファルコン。
e0066474_22342548.jpg



このファルコンさまがお被りになってる頭のカバー。
「ブルガ」と呼ぶんですが、これを被る事で
余計な神経をつかわずに、心落ち着く事ができるファルコンさま。
e0066474_229195.jpg


これを売っているお店がありまして、ホンモノファルコン用のブルガも
ありますが、それをミニチュアにした、キーホルダーも種類いっぱい。
e0066474_22304157.jpg


デキはとてもよくて、ホンモノと作りは同じです。
e0066474_22241185.jpg

これを、いつかクブズに被せてみたい(ニヤリ)と、
長いこと思っていたんですが、ついに決行することにしました。

ちなみに、色々ステキデザインがあったので、ホンモノも含め、
いくつか購入。
(多分また「相方さまプレゼンツ思いつき企画」でプレゼントになるかと)
e0066474_22244360.jpg


ホンモノは、ファルコンに被せる他、
地元っ子はこんな風に使ったりします。
e0066474_22424837.jpg


e0066474_222958.jpg



イメージとしてはこんなかっこいー感じになるハズ。
e0066474_22304893.jpg



だったんですが、

な、なんか笑える。。
e0066474_22365371.jpg



実際は、クブズさん、ファルコンや置物のように首がないので紐が締まらず、
被せてみても、ちょっと頭を振ると落ちてしまい、
きちんと被る事はできませんでした〜。
e0066474_22384065.jpg


それにしても、なんでクブズの場合笑っちゃうんだろう。。と思い
今写真を比較してみたんですが、
なるほど、ファルコンの場合、体の大きさに比して、
上のちょろりンの飾りが小さいんですが、キーホルダーは、
上のちょろリンが体に比して長い!なので、サンバの人みたいに見えるんだな。
(そう思って、もう一度クブズの写真をご覧下さい)

ちなみに、こちらはブルガ無くても落ち着いていた
ファルコンさん。
e0066474_22445439.jpg


ハトとはオーラがちがったっス。





残る動物家族は、ティーニータイニーなんですが、
そのお散歩話は、次回の続きに。
e0066474_23161549.jpg

e0066474_23154749.jpg

e0066474_2317897.jpg

e0066474_23163857.jpg

e0066474_23165550.jpg




動物家族たちとの話篇なんですが、ちょっと番外を。

以前はなぜか年に1度、3月頃にお会いしていたたわし君なんですが、
最近は、毎晩玄関前に置いてあるネコのご飯を食べにやってきます。
ネコたちのお皿に顔をつっこんで食べるんですが、
短い手足なので、顔というよりも、体も半分お皿にいれて
ご飯を食べているんですが、そのためお皿が傾き、食べ終わって
たわし君がお皿から体を出すと、カラ〜ンという音をたてるので、
「あ、来た」とすぐバレちゃいます。

毎回会うたわし君が、同じたわし君なのかどうかは、確認できていないんですが、
でも、以前は母子で来ていたり、サイズも大中小いろいろなので、
入れ替わりたち替わり、いろんなたわし君が来ていると思われます。

お友達滞在最後の夜、お食事中たわし君、ちょっと遊ばせていただきました。
この日は、2匹でお食事中だった〜と、連れて来たお友達。
e0066474_230984.jpg


こちらの濃い色のたわし君は大変活発であまり物怖じせず、
すぐに顔を出して移動。
e0066474_231568.jpg

e0066474_2313677.jpg


もう一匹の、やや色の薄いたわし君は、物音がちょっとでもすると
ひっこみ、なかなか顔を見せず。
e0066474_2323126.jpg



それぞれの性格なのか、年齢によるものなのか、
もしくは、お友達滞在中に、何回か遊ばせてもらったたわし君がいたので、
活発な方のたわし君は、同じたわし君で、経験値高かったのかも。


お友達、ちょっとつりあげてみる。
e0066474_2342734.jpg


ご、ゴメン。かわいすぎて笑ってしまった。
この後お礼いってお別れしたんですが、
その前にひとつやりたいことが。

若干いまさら感あるけど、「あまちゃん遊び」。
ウニ穫ったどーみたいな。
二人で、やろうやろう〜!と盛り上がったまではいいんですが、
e0066474_236447.jpg



お友達も私も、あまちゃん全然見てなくて、何をどーしたら
あまちゃんになるのかわからず、
結局、単なる、ザルに入ったウニ持ってる人みたいに
なっちゃいました。




(おまけ)
帰国前日、かなりごーいんにみんなが一枚の写真におさまったノデ。
e0066474_23235277.jpg


ついでのオマケ話。
チョビは、夕方にでかけて、朝、日が昇り、明るくなって来た頃に帰ってきます。
で、帰って来たら、ご飯をささっと食べて、自分の寝床に行き、
昼間ずーっと寝て(時々食べて)、で、また夕方に出て行きます。
なので、こんな写真を(かなり強引とは言え)撮れるとは思わず。
そのチョビが、お友達が出発の日、夜中3時半に家を出る事になっていたんですが、
とても珍しく3時頃に帰宅。
別に甘えるわけでもなく、挨拶するわけでもなく、いつものようにご飯食べて
寝床にいったちょびですが、ちょびなりの、「またね」の挨拶だったかなと。
その後お友達がでかけ、しばらくしたら、また外に遊びにでかけていきました。


(多分)つづく。
by hanamomoact | 2014-09-18 00:04 | 家族


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

その他のジャンル

ブログパーツ