ペティとあびの恋の物語。その2

その1の続き。
これでもかってくらい長いので、途中切ろうと思ったんですが、
一気にいっちゃうことにしました。
おヒマな時にどうぞ〜。


一度違う部屋に寝にいったものの、
外を見たら気になるネコが外を通ったらしく、
また玄関に舞い戻ってきたあび。

それ見たら、もううれしくって、
ぺてぃさん乙女だというのに丸見えですよ!ってくらい
またしっぽアゲアゲで

ぺ「あびさん、寝るのやめたの?また戻って来たの?
どうしたの?どこへいくの?」
e0066474_082653.jpg



色白だが色男のあび、眠いのと、外ネコが気になるのとで、
ぼーっとしながら定位置へ。
それを熱い視線で追うぺてぃさん。
e0066474_0171148.jpg


でもって、定位置につくのを確認すると、
そんなに見つめたら愛しのあびさん穴開いちゃいますよ。ってくらい
前のめりで見つめ、

ぺ(あびさ〜ん、あびさ〜ん、こっち向いてあびさ〜ん)と
念を送り続けるも、
あび全然気がつかない(フリ?)もんだから、
ペティさん、
e0066474_0174382.jpg



ひっくり返ってみた。
e0066474_2232652.jpg





ぺてぃは小さい頃から、誰かの気をとても引きたいとき、このドテっをやります。
約1年前に比べ、今ではすっかり迫力のある「ドテっ」になりました。

(約1年前)
e0066474_118538.jpg

e0066474_1191045.jpg



(そして今)
ぺ念(あびさ〜ん、あびさ〜ん、見て〜、見て〜)
e0066474_22324794.jpg




ぺ「あびさん、見てる?」
e0066474_22422092.jpg


いや、まだ気づいてないよ。

ぺ「んじゃ、もうちょっとこうしてよ」
e0066474_22431739.jpg



・・・あかん、ワタクシ笑いをおさえるのが大変なんですケド。
あび、早く気づいて。
e0066474_22421193.jpg



あび、ここでようやく気がつく。
e0066474_22504681.jpg


この時、写真には撮れなかったんですが、
中に人入ってんの?ってくらい、
動画に撮れなかったのが残念なくらい、
振り返ってみたら予想外の光景が目の前にあって
「これぞ二度見」をしたあび。

あ「・・・」
ぺ「あびさん見てる?」
e0066474_2253869.jpg


うーん、まぁ見てるって言えば見てる。


そして、あび、静かに目をつぶる(何が起こっているのか咀嚼中)。
e0066474_11105970.jpg


ぺてぃさん、あび、目をつぶっちゃったよ。


ぺ「え。」
e0066474_11114881.jpg


ぺ「でも、とりあえず見てもらえたからいっかー」
e0066474_1115079.jpg



はしゃぎ過ぎたのか、そのままちょっと休憩に入ったペティさん。
しばし流れる静かな時間。
e0066474_11151553.jpg



相方さま出勤時間。
いってきまーすって言ったって、まったくもって無反応のふたり。
ふたりとも、あれこれわがままにご飯を食べられるのも、
病気をしたら診てもらえるのも、誰のおかげだと思っているのだい。
(って多分これを読んだ私の母に「そのままそっくり自分に言いなさい」と
言われそうですが)
e0066474_11185575.jpg



あれだけ動き回ったし、そろそろ朝寝の時間かなと思ったら、
本ウサギ、ぜんぜんそんな気なく、短時間の休憩はさんで、

ペ「あびさん♡そろそろ遊ぶ?」
あ「遊ばない」
e0066474_13443894.jpg


ぺ「そんなこと言わないで、ホラホラこっち〜」
あ「遊ばない」
e0066474_13452892.jpg


ぺ「じゃぁ、こっちから近づいちゃおっかなー」
あ「やめて」
e0066474_13461085.jpg


あ「それ以上近づいたら、一発いくよ」と言われ、
e0066474_13465332.jpg



ぺ「え〜、んじゃ(前は)やめとくー」
e0066474_13473827.jpg


で、後ろへ廻ってみたものの
e0066474_13525437.jpg


それでは物足りなかったらしく、
e0066474_13545653.jpg


やっぱり前に廻ってきて、
e0066474_1355885.jpg


ぺ「あびさーん見て〜!ついてきて〜!」
e0066474_1356159.jpg


ぺ「ってついてきてないし。」
e0066474_1357632.jpg


ぺ「あびさん、照れないで、ついてきて」
あ「照れてないから。」
e0066474_1358745.jpg



かなりの距離までつめたペティに、
はんにゃ顔で「そこまで」の無言のプレッシャー。
e0066474_14573439.jpg



でも、入ったスイッチがどーにもこーにも止まらないらしく、
また後ろへ行き、
e0066474_1531042.jpg


そばにはいたいので、とりあえず、
こんなところにはまってみてモソモソした後、
e0066474_1543662.jpg

e0066474_1543092.jpg


やっぱり、また戻って来て、
e0066474_1554577.jpg


ぺ「あーびさーん、見てー!!」
e0066474_1562447.jpg


ぺ「着いて来た?」
e0066474_1571769.jpg


いえ、残念ながら。


ぺ「・・・」
e0066474_158689.jpg



さすがにもう諦めるかなと思った私。まだまだぺてぃさんの
凹み知らず、粘りの強さをわかっていませんでした。

ぺ「あびさん、そんなにつれない態度とるなら」、
e0066474_1593110.jpg



ぺ「顔見ながらそばで寝ちゃう♡」
(しっぽレバーあげたまま)
e0066474_1511980.jpg


あ「・・別にいいけど」
e0066474_15114890.jpg



(もう少し下に続きます。休憩はさんでおつきあいください)
e0066474_15122538.jpg



寝ながら、熱いっていうか、暑(苦し)い視線を送り続けるペティ。
e0066474_1535034.jpg



ペティさん、もうそろそろ、今日はいいんじゃないの?

ペ「ちょっと、黙っていてください」
e0066474_15362619.jpg


あびの前ではこんなにかわいこちゃん振る舞ってますが、
私たちに対しては大変気が強く、
お気に召さないとすぐぶち切れ、
相方さまも私も、しょっちゅうペティに怒られています。


やはり不完全燃焼だったようで、
あびがぼんやりしているスキを見つけて近づこうと思ったものの、

あ「言ったよね、そこまでって」
e0066474_15401541.jpg


ぺ「は〜い」
e0066474_1540354.jpg


ぺ「っと見っせかっけて〜」
e0066474_15401528.jpg


って注意勧告を無視して、接近を試みたもんだから、
e0066474_15415920.jpg


あ「ハイ、お手つき!」
e0066474_15421265.jpg


ぺ「あ〜ん」
e0066474_1543134.jpg


ぺ(ウヒヒヒヒ)
e0066474_1543591.jpg


ペ「ついに相手にされちゃった♡」
e0066474_15515092.jpg



超絶前向き恋する乙女ペティ、お手つきパンチで
フルスロットル。

やっほーい!
e0066474_15524328.jpg


ぺ「あびさん、もう一回、もう一回〜」
e0066474_15542342.jpg


あ「ウルサイ」
e0066474_15545465.jpg


ぺ「あ〜ん」
e0066474_15555131.jpg



ウヒヒヒヒヒーっ。
e0066474_15554740.jpg


もう何度もこの繰り返し。

そのうち、くるっと向きを変え、毛繕いしはじめたので、
やっと満足?って思ったら、
e0066474_15574642.jpg



ドテっ。
e0066474_15573858.jpg



さすがに今度は二度見しなかったけど、
さて、これ、どーしたもんかとペティを見つめるあび。
そして、何か(何が?)が起こって欲しくてドキドキしている乙女ペティ。
e0066474_15584843.jpg



・・・トド?
e0066474_161574.jpg


そしてしばらく考えた結果、
e0066474_161720.jpg



あび、見なかったことにする。
e0066474_1614689.jpg



この後結局、落ちつかねーと思ったらしく、別の部屋に移動。
e0066474_1634683.jpg

e0066474_164275.jpg


ペティもさすがに眠くなったらしく、この後自分の部屋に戻って行きました。
朝と夜はペティさんのストーカー熱は上がるんですが、
昼間は眠いの優先らしく、割とあっさり自分の部屋へ戻って行きます。


ってわけで、ここ最近は、毎朝こんなコント恋の物語が
繰り広げられる、あびペティ劇場です。
e0066474_16183499.jpg



(おまけ)
相方さまはでかけちゃって、ちょびも外出中、
誰1人同じ言語を使わないのに、なぜかニギヤカな朝の玄関。
e0066474_16203389.jpg

by hanamomoact | 2014-09-24 16:47 | ペティペティ


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

その他のジャンル

ブログパーツ