「ほっ」と。キャンペーン

クブズが教えてくれたこと。


記憶というのはなかなかイジワルなもので、
例えば10年×24時間、
一緒にいたそのほとんどが何といって特別なことのない、穏やかな時間であっても、
二度と会えない時を迎えると、それに比べたらほんのごくわずかな時間、
たとえそれが一緒にいた1パーセントも満たない時間の出来事であっても、
寂しい思いさせちゃったなとか、辛い思いさせちゃったなとか、
そんな後悔や辛かったことの記憶の方が、全てを差し置いて前へ前へと出てくるのだなと、今までの経験から知りました。
ならばその時が来た時は、それに負けないように、なんとなく流れてしまう普通の日々を、もっと積極的に意識してココロに留めておこう。
何かきっかけがあったわけではないけれど、ここ数週間はそんなことを考えていました。

でも、「一度きりの人生だから楽しく」とか、「大事に」とか、「丁寧に」とか、
そういうことはすぐ飽きちゃって気持ちが長続きしない私なので、
そんな大仰なことじゃなく、あびが椅子でのびのび寝てるとか、
ペティが忙しそうに部屋を行き来しているとか、
クブズがお気に入りの場所で毛づくろいしてるとか、
ガゼルたちが好きな葉を選んで食べているとか、
ティーニータイニーが居心地いい所見つけて昼寝してるとか、
マッサージ受けてるサラーミーが気持ち良さそうだとか、
さんちゃんが呼ばれて嬉しそうに走ってくるとか、
ちょびがひとり砂漠で何かに夢中になってるとか、
相方さまと今日あったこと話しながら夕ご飯食べてるとか

そんな、何にも特別じゃない、毎日繰り返しある、目には入っていても気持ちに留めておこうとわざわざ思わない、でも振り返る時が来た時「あの時間って、幸せだったね」と思うであろうことを、
その時その時、今までより少し意識して、ココロにとどめておく、そんな簡単な作業程度の話です。

朝クブズの部屋を開けて「おはよう」と言う。寝る時間になったら「部屋に行く?」と聞いて手に乗っていくか聞いてみる。
そんなわが家では日々当たり前のことも、ここ数週間は、ただのルーチン作業にならないようにと、なんとなくそんなことを思いながらでした。

それが今の私にとっては、大きな救いになっています。
あんな風に過ごした時間、クブズけっこう嬉しそうだったなとちゃんと思い出せる。
たまたまだったのか、虫の知らせというやつなのか。
ま、こういうことには、殊鈍感な私なので、前者だと思いますが。

やらねばならぬことに追われ淡々と過ごしているようで、
ことあるごとに、なるほど、まだ気持ちに余裕はないのだなと自分で思ったりしてますが、
でもそうしている間にも、そんななんてことのない、
でも意識して愛しく思っておかないと、後で辛い記憶に押しつぶされちゃうような時間は目の前で過ぎていて、
クブズのことはクブズのこと、でも他の家族とのそんな時間を流してしまわないようにせねばと、
只今気持ちの軌道修正、試み中です。

e0066474_5422276.jpg


e0066474_5272155.jpg


e0066474_5275596.jpg



e0066474_565355.jpg


e0066474_565970.jpg





e0066474_5412110.jpg



改めまして、ブログやツイッターへ温かいメッセージ、
本当にありがとうございます。
ひとりひとりにお返事を書くのはちょっと難しそうですが、
クブズがこんな風に思われていたこと、とてもうれしいです。
by hanamomoact | 2015-10-24 05:51 | クブズ | Comments(56)
Commented by kimagure-dog at 2015-10-24 08:18
心よりクブズくんのご冥福をお祈り申し上げます。
いつかは訪れる事でも、実際に来ると・・・
一度もあったことないのに、とても身近に感じる鳩ちゃんでした。
みんなに愛されたクブズ、お空からみんなを見守っていますよ。
Commented by みなぼ~ at 2015-10-24 08:25 x
何気ない日常。。。それが大事なんですよね。
わたしも後悔しないように何気ない日々を心にとめて
過ごすように心がけよう。

クブズさんはみんなの心のあちこちにいたんですね。
そしてこれからも・・・
Commented at 2015-10-24 09:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by korokorohana at 2015-10-24 10:53 x
ホントにね。

その存在は消えて行くけど時の中に残ってて、私たちは彷徨っちゃうんですよね。

でもね、私も思うんです。
今残る命とこれから出逢う命に少しでも居心地のいい環境と、美味しいご飯。
そんなことしか出来ないけど、自分が穏やかで元気にいなきゃいけないと!
だから旅立った命にお願いするんです。『ありがとうね。見守っててね』って。
Commented by あきざる at 2015-10-24 11:11 x
素敵な文章でした(^∇^)
街中で怪我して弱ってたクブズを、
アメリカ人のお友達の軽めの一言で
はなももさんの家に来ることが決まった運命。
定期的に日常の瞬間を大事にしようとリセットしてきたはなももさんたちと一緒に過ごせたクブズは、きっと幸せだったと思います。
普通の鳩にはできそうにない家族も沢山できたし、天国ではそんな自分を自慢していることでしょう。
本を見ながら私もクブズのこと思っています( ´ ▽ ` )ノ
Commented at 2015-10-24 11:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by トリッコ at 2015-10-24 15:45 x
今回の記事、とてもとても心に沁みました。
一緒に暮らしてオカメインコのこと、人間のパートナーのこと、家族、友達、、、、
クブズさんのことはブログやTwitterで見ていて大好きでした。(もちろん他の動物たちも!)
クブズさん、愛されてるのひしひしと伝わってたから、世界中のブログ読者さんたちもクブズさんのこと大好きだったと思います。
あらためて、ありがとう。クブズさん。
Commented by もふもふミッフィー at 2015-10-24 23:18 x
何事もない普通の毎日が一番幸せな時間だったと言う事に、その大切な存在を失くして始めて心の底から実感するんですよね。
そこにいるのが当然で、当然過ぎて、気付かないまま過ごしてきた事が私にはずっと後悔として残ってます。

本当に、いつもの時間をちょっとだけ意識しながら過ごす事は、その時間がいかに素晴らしいかを気付かせてくれて、想い出の一ページにもなってくれそうですね。
大切な事に気付かせて下さってありがとうございました。

Commented at 2015-10-25 10:13
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-10-26 01:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mika-atori at 2015-10-27 07:48
家族の一員として、いえ、家族をもって生涯をおえるという幸福を、グブズさんが味わえたということは本当に素晴らしいことと思います。亡くなってしまうと、あの時自分がああすればよかったとか厳しい言葉をかけてしまったとか、後悔もしますが、それでも、愛し愛された経験の方が多いもの。どうか、グブズさんと共に生きた幸せを胸に、また前へ進んでいってくださいね。私も最愛の妹(犬)を昨年なくしたばかりです。新しく増えた家族がやんちゃすぎて悲しんでばかりいられなくなったのが救いですが、それでもなかなか立ち直れません。でも、それだけ愛情があったということだし、こんな悲しみを経験できるのはそれだけ愛した経験があったからなのだと、つらい気持ちでも味わうことにぬくもりさえ感じます。
きっとほかの家族さんたちもグブズさんがいないことに胸を痛めてるはず。でも、気持ちを共有できる家族がいることも幸せです。どうか、あまりお気落としのないように。
Commented by metothemoon at 2015-10-27 10:07
奇しくも、長女猫を24日に見送りました。
17才という年齢からすれば長生きしましたが、所帯をもち初めて迎えた待望の猫でしたから、覚悟はしてたものの喪失感はあります。
しかし、今ある命も変わりなく大切なので(4匹+預かり1匹)なるべく前を見ていきたいと思います。
存在感があっただけに一匹減るだけで家がガランとするのにいささか戸惑ってます。(^_^;)
お互いゆっくり慣れていきましょう。
Commented by germanmed at 2015-10-28 04:11
クブズ、はなももさんに助けてもらえて、よかったね。
卵は産んでもらえなかったけど、あとは何もかも貰えたハト生だったんじゃないかしら。きっと、最期の瞬間まで幸せだったと思います。
Commented at 2015-10-28 16:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tommy&joy at 2015-10-29 15:02 x
はなももさん、大変ご無沙汰しています。
クブズさんの記事を見て、クブズさんに会った事はないけれどとっても胸が痛くなりました。

今は大丈夫じゃないと思いますが、時間が少しづつ癒してくれますように。

私は大事な大事な家族を亡くした時、動物は必ずいい所にいけるんだよって、絶対今幸せだよって夫にいわれ少しだけ前に進めた気がしました。

なんて言っていいかわからないですが、はなももさんの悲しみが少しづつ癒される事を祈っています。
Commented by max2tmk at 2015-10-31 17:39
ヒトと比べて動物の短い命に心さびしい思いをくりかえします・・・
グブズには笑わせてもらったり 元気にさせてもらったり、楽しい記憶が私の中にたくさんあります。
間違いなくグブズはいい人生だったことでしょう。グブズありがとう。
はなももさん、ゆっくりと元気になられること お祈りしています。
Commented by かおくり at 2015-11-02 16:25 x

出逢ったら永遠ではないことは わかっていても
悲しすぎます
どうか お力落としのにように…
心からお悔やみ申し上げます
Commented by 馬鈴薯 at 2015-11-04 21:10 x
Twitterでいつも拝見していました。元気に羽ばたくクブズさんにいつも微笑ませて頂きました。いつか必ず来る日だとは思っていてもやはりものすごく辛いですね・・・・・優しい飼い主様に育ててもらえて、幸せだったと思います。クブズさんきっと天国でも羽ばたいて、皆様を見守っていてくれていますね。心から感謝を伝いたいです。クブズさんありがとうございます。
Commented by 湘南まま at 2015-11-05 06:56 x
暫く。虫の知らせかな。
クブズの写真の連続で、ちょっと胸騒ぎ。
いっぱいいっぱい喜びや幸せを運んでくれたね。
はなももファミリーをいつまでも見守っていてくれるよ。
上手な言葉が見つからなくて・・・。
Commented at 2015-11-05 12:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-11-07 19:25
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by まめこ at 2015-11-11 23:31 x
東京で忙しなく朝から晩まで働いていますが、自身の飼い猫と、はなももさんのツイートで癒され、毎日を送っております。クブズさんのことを、想うと涙が出ます。でも、積み重ねた日々を忘れないし、それが宝物です。はなももさんが綴る日々が、私の忘れてはいけない大切な芯の部分を優しく守ってくれています。毎日心を擦り減らして仕事してますが、はなももさんの綴る日々は、私のお薬です。ありがとうございます。クブズさんを綴った文章も、ずっとこれからも何度も読み返すと思います。たくさんのかけがえのない幸せが溢れているので、しんどい自分を助けてもらえるから。一方的で申し訳ないですが、はなももさんにはありがとうの気持ちを伝えたいです。クブズさん、ありがとう。はなももさん、ありがとう。
Commented by haruki at 2015-11-13 16:54 x
hanamomoさん、本当にお久しぶりです。

今日、ブログを拝見して、グブズさんの訃報を知りました。

ダマーニさんのときのように、夕日が綺麗だったんですね。

グブズさんの羽ばたいている写真、美しいです。

ご冥福をお祈りします。
Commented by さほ at 2015-11-14 20:56 x
久々にブログをみてとてもショックです。。。
死はいきなり訪れるんですね。。。
当たり前の日課だったこと、これからポッカリした気分になること、よくわかります。。

まずはオーストラリアから大きなハグを xx
Commented by ヒゲ美人 at 2015-12-03 00:00 x
はなももさんはじめまして。

ひたすら仕事に追われる毎日の中、はなももさんのツイートで、偉大な自然と生命力溢れる愛らしい動物たちから、元気をいただけとても癒されて過ごしております。本当にありがとうございます。

クブズさんの急逝を知ったあの時は、思わず遠い日本からそっと手を合わせずにはいられませんでした…。
写真でしか存じ上げませんが、感情も表情も豊かなクブズさん。愛らしい姿が今も忘れられません。

大切な家族がいなくなる喪失感は、本当におつらいと思いますが…
どうか、たくさんの家族(動物)さんたちとともに、これからも楽しくて柔らかな時間が過ごせますように☆彡
Commented by うめこ at 2015-12-06 02:20 x
クブズさんの訃報を知り、自分でも思いがけず涙が出てしまいました。遠い日本に住む全く関係のない私まで、涙が出て初めてコメントをしてしまうほど、はなももさんの文章から、はなももさんとクブズさんとの愛を、ブログを通して自然とわけてもらっていたのだなと気づきました。ありがとうございます。クブズさん、愛し愛されて幸せな一生だったと思います。
Commented at 2016-01-10 22:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-01-24 10:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-02-19 02:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-02-26 22:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-03-02 12:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-03-19 17:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-03-19 17:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Kaoru at 2016-03-22 04:30 x
はじめまして、私は台湾人です。今、日本で留学しています。はなももさんのブログを見て、とても面白いと思います!本当に特別な生活ですね(・ω・)これからも応援します~
Commented at 2016-04-11 14:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-04-19 00:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-04-19 00:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-05-10 01:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-05-10 01:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-05-10 01:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-05-10 01:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-06-13 01:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ゆあ at 2016-07-01 11:58 x
ボソボソと心の声を…
ツイッターよりブログ派の私…
こちらへお戻りを~と密かに思っています…。
Commented by なご。 at 2016-07-02 08:29 x
やはり、こちらにコメントしておいでの方がいらっしゃいましたね。
しばしTwitterを休憩中でいろいろお考えのことと思いますが…どの場所であれ「みなさん」のイキイキした姿を垣間見させていただきたいです。
一ヶ月ほどかけてホームページ?の方からこちらまで読破し、その間とても幸せな気持ちでした。
Commented at 2016-07-03 06:12
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ある at 2016-07-03 06:41 x
私もこちらへも(笑)
本当に素敵なお写真ばかりで毎日毎日楽しみでした。
会えなくなるのは残念すぎます。
ご当人にしか判らないご苦労も多々おありかと思います。
いつの日か是非ともまたお逢い出来ます様に!
Commented by くき at 2016-07-03 07:48 x
こんにちは。ツイッターであったこと、お気持ち察します。今日アップされてた写真を見たら涙ぐんでしまいました。ぜひどこかでまたお会いしたいです。
Commented at 2016-07-03 12:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-07-03 14:56
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by at 2016-07-03 16:48 x
ツイッターアカウントをもってないのですが、なぜか、はなももさんのツイッターがインターネットでみれて、本当毎日毎日楽しみでした。

もともとは、シャーロットちゃんの成長記録のサイトで、はなももさんの存在を知り、ブログとツイッターを楽しみにしてました(*^_^*)。

どんちゃんの、まるーい感じと、シャーロットちゃんの可愛らしさ、大きすぎるペティさん、最近は、ちび母さんの子供三匹の成長と、ちび母さんの母性を見るのがとても好きでした。

シャーロットちゃんの砂による人魚の写真、あれをクスっと笑えない感覚、虐待とかいい出す人がいる、こんな世の中、本当、おかしいですよね。


本当毎日毎日、楽しみでした。

新たな方法で、はなももさんのご家族の日々を、世界中の人に発信してくださいね(*^_^*)。
Commented by at 2016-07-03 16:48 x
ツイッターアカウントをもってないのですが、なぜか、はなももさんのツイッターがインターネットでみれて、本当毎日毎日楽しみでした。

もともとは、シャーロットちゃんの成長記録のサイトで、はなももさんの存在を知り、ブログとツイッターを楽しみにしてました(*^_^*)。

どんちゃんの、まるーい感じと、シャーロットちゃんの可愛らしさ、大きすぎるペティさん、最近は、ちび母さんの子供三匹の成長と、ちび母さんの母性を見るのがとても好きでした。

シャーロットちゃんの砂による人魚の写真、あれをクスっと笑えない感覚、虐待とかいい出す人がいる、こんな世の中、本当、おかしいですよね。


本当毎日毎日、楽しみでした。

新たな方法で、はなももさんのご家族の日々を、世界中の人に発信してくださいね(*^_^*)。
Commented by at 2016-07-03 16:48 x
ツイッターアカウントをもってないのですが、なぜか、はなももさんのツイッターがインターネットでみれて、本当毎日毎日楽しみでした。

もともとは、シャーロットちゃんの成長記録のサイトで、はなももさんの存在を知り、ブログとツイッターを楽しみにしてました(*^_^*)。

どんちゃんの、まるーい感じと、シャーロットちゃんの可愛らしさ、大きすぎるペティさん、最近は、ちび母さんの子供三匹の成長と、ちび母さんの母性を見るのがとても好きでした。

シャーロットちゃんの砂による人魚の写真、あれをクスっと笑えない感覚、虐待とかいい出す人がいる、こんな世の中、本当、おかしいですよね。


本当毎日毎日、楽しみでした。

新たな方法で、はなももさんのご家族の日々を、世界中の人に発信してくださいね(*^_^*)。
Commented by nina at 2016-07-04 01:32 x
はなももさん!Twitterからのファンです。ぜひこちらにお戻りを。(できたらTwitterでもみんなの写真を見たいのですが)
待ってます。
Commented by 通りすがりではないのだ at 2016-07-04 03:44 x
心に大きな穴がぽっかり開いたまま。本当に今回ばかりは怒りが収まらない。なんでしょうね、毎日見ているわけでもないのに、悪意を向ける人(と言っても宜しいかと)に精査もろくにできないTwitter社の無慈悲かつ理不尽な対応。私は、はなももさんのTwitterを見る為だけの専用アカウントを作っていまして、どれだけの癒しを得てきたか。決して理屈や安っぽい感情論だけでは到底、ここまではこれなかったであろう試練の数々。癒しは勿論、多くのことも同時に学ばせていただきました。なので本当に本当にショックで・・・はなももさんは潔い方だからあのような判断をされましたし、私達もこの結果を受け入れなければならないし無理強いする権利もないのも承知で。でも本当に理不尽すぎるなぁ。いつからか「正直者がバカをみる」は人生の負け組みたいな論調、風潮。実にやるせない気持ち、憤り、葛藤。昼に仮眠した時、はなももさんがInstagramにやってきた夢を見ました。そして今、(日本時間では夜中)今度は新しくTwitterに再登録して戻ってきた夢を見て目が醒めました。きっと私にとってはなももさん一家はライフワークだったのだと改めて痛感させられました。されどTwitter、というはなももさん。そう、たかがTwitterだし、たかがネット。その「されど」という世界に翻弄される私達。少なくとも私は、はなももさん一家に翻弄(語弊ありますが、賛辞として使わせてもらいます)された一人の人間。これからもファンとして見守らせて下さい。でも、みんなに早く逢いたいなぁ・・・
Commented at 2016-07-04 11:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by なご。 at 2016-07-05 02:53 x
Twitter速報を拝見しました。
まさかと思いましたが、みなさんのお力はすごいですね。
感動をお伝えしたく、上記コメントを締めくくりに参りました。
嬉しい。


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る

最新のコメント

結末は…結末は…と申しま..
by なご。 at 19:54
はじめまして。ツイッター..
by ming at 19:57
始めまして、いつもはなも..
by cocoon at 22:06
ブログが有名になると、必..
by サムママ at 20:17
こんな所に住んでなに現実..
by kuso at 16:14
初めまして。このブログの..
by ちょびえ at 23:11
初めてコメントさせていた..
by Hari at 08:50
幻想的な砂漠の霧の写真に..
by ちょこちゃい at 21:24
hanamomoさん、言..
by Effy at 21:18
こんばんは。そちらでは夕..
by なご。 at 21:00
物語のような写真で、とて..
by えこう at 20:59
静かな絵本のような、写真..
by しょうちゃん at 20:55
別れは寂しいですね。 ..
by ヒース@nao at 12:45
お久しぶりです。 ブロ..
by suusuu at 22:48
すごした時間はたからもの..
by アンヨ at 02:22
キラキラ光る宝石の様な目..
by もふもふミッフィー at 12:27
ハディーヤさん空に昇られ..
by ささみ at 10:28
素敵な写真が一杯。 き..
by ちょこちゃい at 22:17
ハディーヤさんが天に召さ..
by たぬ at 19:27
はなももさんの綴る言葉に..
by やこ at 13:09

検索

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

ブログパーツ