クブズが教えてくれたこと。


記憶というのはなかなかイジワルなもので、
例えば10年×24時間、
一緒にいたそのほとんどが何といって特別なことのない、穏やかな時間であっても、
二度と会えない時を迎えると、それに比べたらほんのごくわずかな時間、
たとえそれが一緒にいた1パーセントも満たない時間の出来事であっても、
寂しい思いさせちゃったなとか、辛い思いさせちゃったなとか、
そんな後悔や辛かったことの記憶の方が、全てを差し置いて前へ前へと出てくるのだなと、今までの経験から知りました。
ならばその時が来た時は、それに負けないように、なんとなく流れてしまう普通の日々を、もっと積極的に意識してココロに留めておこう。
何かきっかけがあったわけではないけれど、ここ数週間はそんなことを考えていました。

でも、「一度きりの人生だから楽しく」とか、「大事に」とか、「丁寧に」とか、
そういうことはすぐ飽きちゃって気持ちが長続きしない私なので、
そんな大仰なことじゃなく、あびが椅子でのびのび寝てるとか、
ペティが忙しそうに部屋を行き来しているとか、
クブズがお気に入りの場所で毛づくろいしてるとか、
ガゼルたちが好きな葉を選んで食べているとか、
ティーニータイニーが居心地いい所見つけて昼寝してるとか、
マッサージ受けてるサラーミーが気持ち良さそうだとか、
さんちゃんが呼ばれて嬉しそうに走ってくるとか、
ちょびがひとり砂漠で何かに夢中になってるとか、
相方さまと今日あったこと話しながら夕ご飯食べてるとか

そんな、何にも特別じゃない、毎日繰り返しある、目には入っていても気持ちに留めておこうとわざわざ思わない、でも振り返る時が来た時「あの時間って、幸せだったね」と思うであろうことを、
その時その時、今までより少し意識して、ココロにとどめておく、そんな簡単な作業程度の話です。

朝クブズの部屋を開けて「おはよう」と言う。寝る時間になったら「部屋に行く?」と聞いて手に乗っていくか聞いてみる。
そんなわが家では日々当たり前のことも、ここ数週間は、ただのルーチン作業にならないようにと、なんとなくそんなことを思いながらでした。

それが今の私にとっては、大きな救いになっています。
あんな風に過ごした時間、クブズけっこう嬉しそうだったなとちゃんと思い出せる。
たまたまだったのか、虫の知らせというやつなのか。
ま、こういうことには、殊鈍感な私なので、前者だと思いますが。

やらねばならぬことに追われ淡々と過ごしているようで、
ことあるごとに、なるほど、まだ気持ちに余裕はないのだなと自分で思ったりしてますが、
でもそうしている間にも、そんななんてことのない、
でも意識して愛しく思っておかないと、後で辛い記憶に押しつぶされちゃうような時間は目の前で過ぎていて、
クブズのことはクブズのこと、でも他の家族とのそんな時間を流してしまわないようにせねばと、
只今気持ちの軌道修正、試み中です。

e0066474_5422276.jpg


e0066474_5272155.jpg


e0066474_5275596.jpg



e0066474_565355.jpg


e0066474_565970.jpg





e0066474_5412110.jpg



改めまして、ブログやツイッターへ温かいメッセージ、
本当にありがとうございます。
ひとりひとりにお返事を書くのはちょっと難しそうですが、
クブズがこんな風に思われていたこと、とてもうれしいです。
by hanamomoact | 2015-10-24 05:51 | クブズ


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

その他のジャンル

ブログパーツ