改めまして、お久しぶりですー。


ブログを再開しようと思ってからかなり経ってしまいましたが、
いざ、更新しようと思って投稿画面を開いたら、
この更新していない間に、投稿画面がすんごく進化していて、
グンと使いやすくなっているけど、新しいことに適応するのに
何かと時間のかかるお年ゴロ、若干アタフタしてしまいました
(「若干」というところに悪あがきが垣間見えル)。

まずはひとつお知らせを。
ブログから離れていた間、ずっとツイッターに日々のこと載せていたんですが、
いつかはブログに戻りたいと思いつつ、でもコレと言ったタイミングがなく
なんとなく時が流れていました。
そういう思いが強くなってきたちょうどそのタイミングで、
エキサイトブログさんから連絡をいただき、
「プラチナブロガー」というのに選んでいただくことになりました。

プラチナブロガーというのは、エキサイトさんがピックアップした
ブログを紹介するページでして、→プラチナブロガー
e0066474_01102064.png


選んでいただいたのは光栄だけど、ページを見たら、
なんだかこのブログでいいんだろかと、申し訳ないような気持ちになるような、
ブログのラインナップ。

でも、このタイミングで選んでいただいたので、ありがたくお受けして、
これを機会にブログの更新を再開しようと、そう思えたというわけです。


というお知らせでございました。


ここから長いヨ。

昨日は久しぶりに、けっこうな量の雨が降りました。
ここでは定番ですが、
「アレ、空気が黄色くなって来た?(風はまだないけど
離れたところではすでに砂が舞って、全体が黄色っぽくなる)」
「ア、風吹いて来たよ」
と言って数分後(時にはそれほどかからないうちに)、
ゴわー(できれば大きな文字にしたいぐらい)という凄まじい音とともに
暴風が吹き、それが収まるか収まらないかくらいのタイミングで
運が良ければ雨が降ります。

昨日はまもなく、猫たちのご飯時間だなと、準備し始めたくらいの
夕方ちょっと前ほどに、それが始まり、
玄関前に「そろそろですかー」と集合し始めていたおネコさまたちは
慌てて散り散りに。

たまたまドアの側にいて、アタフタしていたぴんさんは、
最近体を壊して回復中の身ということもあって、そのまま家の中へ避難させ、
ご飯食べながら、相方さまと雨を鑑賞。
e0066474_20302863.jpg
e0066474_21492441.jpg


ーと、当たり前のように書いていますが、
ツイッターを見ていない方は「ぴん?ダレですのん?」ではないかと思われます。

このブログ更新のなかった間に、増えたのですヨ。
「増えた」って一言で済ませるのはどーなの、ってくらい増えました。
e0066474_02430997.jpg
で、よく「何匹いるの?」と、ツイッターとか、ネコ飯買いに行く度
レジのお姉さんとか、後ろに並んでいる人に聞かれるわけですが、
あえて数えたことなかったのです。
で、この際なので、数えてみました。

神様のところへ先にいってしまったと、はっきりわかっている仔以外
(つまりは、長いこと帰ってこない仔含め)数えたところ、

(にゃんにゃん)、パッチ、ちょび、(あねご)、いっちゃん、
(にーちゃん)、さんちゃん、しーちゃん、ごーちゃん、ろくちゃん、
ななちゃん、はっちゃん、(きゅーちゃん)、じゅっちゃん、あんてなちゃん、
アリフちゃん、ばーちゃん、とめちゃん、げんちゃん、(きーちゃん)、
つーちゃん、さばちゃん、(ひーちゃん)、あび、たまちゃん、タタ、ビビ、
おかあちゃん、シャーロット、ウィリアム、ジョージ、(チャールズ)、
のんちゃん、みけ、とんちゃん、かんちゃん、ちゃちゃ、ミニ、
レディー、(フワフワ)、アン、ドゥー、(トゥワロ)、
ちびどぅー、ジジ、タンゴ、どん、ブルー、
ピン、マミー、ちーちゃん、もどき、ちび子、
アジン、ドゥバァ、トゥリー、ふく、ふー、くー、
・・・で、多分、忘れている仔はいないかと思われる、多分・・で、

59デシタ。(デシタ。って書いてから「あ、あの仔忘れてた」って
何回書き足したことか)

「とにかくさ、一度帰っておいでよ。もしくは元気にやってるか
困ってることないかくらいは教えてよ」という仔は()なので、
実質、今、日々顔を合わせているおネコさまは、それ以外の数になります。
15の話」は途中で止まっていますが、15どころでなくなってしまいました。
ネコ、おそるべし。

そんな猫事情は、またおいおい書いていく(ハズ)
ことにして、今日は、ティーニー、タイニーと出かけた、
今朝の雨後の砂漠の散歩の様子を。

ところどころ乾いてまだらになった砂漠。
e0066474_00580803.jpg





幸い夕方前に降ったので、降った後に日は沈み、すぐに乾燥するはことなく、
植物たちは「ラッキー」と思っていたに違いなく。
e0066474_02260310.jpg

とても静かで、相方さまのカンドゥーラの衣擦れの音がするくらい。
e0066474_00555543.jpg

すごい風とそれに続いた雨で、足跡のまったくない砂漠に
「一番乗りだね〜」と、新雪を歩いたような気持ちだったんですが、
e0066474_01441621.jpg
e0066474_00584924.jpg

ぜんぜん一番乗りじゃありませんでした。

ガゼルの足跡。
e0066474_01002416.jpg
e0066474_01020175.jpg


虫が穴を掘った跡。
e0066474_01013017.jpg

タイニーさんヨ・・・。
e0066474_01031573.jpg
e0066474_01014974.jpg
ネズミの穴。
e0066474_01304113.jpg


アリたちが行ったり来たりした跡。
e0066474_01024158.jpg


ネコの足跡(多分わが家のネコではない)。
e0066474_01310529.jpg


昨日の雨の後、私たちが暗いうちに起きて散歩に出かけるまでの間にも、
砂漠では、たくさんの命がにぎやかに行き交っていました。


まだ暗いうちに、いつもの折り返し地点についたので、
もう少し奥に行ってみる?と誘ったら、
「行くー」と乗ったのは、ティーニーだけで、
「ここにいるからいってらっしゃーい」と、タイニーと相方さま。
e0066474_01392361.jpg

私と一緒に来てみたものの、みんなが一緒じゃないと不安になるティーニー。
e0066474_01395677.jpg


振り返り、振り返り歩いていたら、タイニーが心変わりしてやってきたもんで、
めっちゃうれしいティーニー。
e0066474_01404500.jpg
e0066474_01405130.jpg
e0066474_01405950.jpg



まぁ、いいよ、いいんだけど、私の立場は。
e0066474_01410745.jpg

タイニーが、遠くへ行っちゃって不安なティーニー。
e0066474_01430014.jpg

来た!
e0066474_01461170.jpg
e0066474_01462021.jpg
e0066474_01463624.jpg
e0066474_01464928.jpg


どんだけ、うれしいのだ、ティーニーさんよ。
e0066474_01481330.jpg

こんだけ広いのだから、歩く場所はいっぱいあるのに、
このままカメラに激突。
e0066474_01482425.jpg
e0066474_01485702.jpg


今度はティーニーが、何かを見つけて遠出。
e0066474_01501553.jpg
e0066474_01502309.jpg

それをじっと見るタイニー。
e0066474_01503397.jpg

でも、タイニーはティーニーのように「心配」というよりは
「何見つけたんだろ、面白いものなら自分も行こう、とりあえず待とう」という
ちゃっかりな気持ち。


でも、帰って来たら、それはそれで、タイニーもテンションあがる。
e0066474_01504485.jpg
e0066474_01505409.jpg


久しぶりに長い散歩、楽しいね。
e0066474_01510668.jpg
e0066474_02164127.jpg

ちなみにこちら、少し前に獣医さんのところへいった時の、
大変わかりやすくテンション下がるティーニー。

e0066474_03062242.jpg

e0066474_03071221.jpg






二匹と一人楽しくやってる間も、さっきの砂丘から動こうとしない相方さまが、
気になる。
e0066474_02204156.jpg


太陽が昇って明るくはなってきたけど、曇っていて、
気温もそれほど高くならず、時々吹く風が気持ちよい。
e0066474_02242002.jpg
e0066474_02242971.jpg
e0066474_02243620.jpg


帰り道、ナゼだかよくわからないけど、
しばらく一列になって砂丘のてっぺん歩いていたわたしたち。
e0066474_02263695.jpg
e0066474_02264555.jpg


タイニー「みんな、ついてきてるー?」
e0066474_02265233.jpg
e0066474_02271621.jpg




まだまだ暑い日は続くけど、ながーい夏もまもなくピークを越えるから、
がんばろうね。
e0066474_02392224.jpg




先日、タイニーの胸に腫瘍のようなものを見つけ、
かなりショックを受けたわたしたち。
結果、脂肪の塊で、大きな病気ではなく一安心したんですが、
でも、いつかは別れが来る、そのいつかは確実に近づいている、
そう頭ではよくわかっていたつもりなのに、
それが急に現実味を帯びた瞬間でした。
もう数えるのも大変になってきた数の別れを経験して来て、
その「現実」が、どんなものかよくわかっているはずなのに、
想像できないことではないはずなのに、
やっぱりそのときにならないと、
本物の実感なんて湧かないもんだよなと、改めて。

ダマーニとゆっくり別れを迎えたとき、「夏は長いけど、
一年に「夏」が来る回数は一回で、一生の中、一緒に何回夏を過ごせるかな
と考えたら、両手におさまっちゃうくらいなんだな」と
思ったことを思い出しました。

あと、何回の夏を一緒に過ごせるんだろう。
「なんかさー、両手にぜんぜんおさまらないくらい、過ごせちゃったね。」って
そんなんだといいなー。
クブズとはそんな風になるんだろうと思っていたからなぁ。



by hanamomoact | 2016-08-07 03:25 | ティーニー・タイニー


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

その他のジャンル

ブログパーツ