ザーヘルが生まれたその日のお話:その1。

久しぶりのしりーず物、「字」多いです。


10月23日の朝、いつものごとく、相方さまサーメル一家を庭に呼びに行きました。
しばらくすると、これまたいつものごとく、サーメルは庭にやってきたのですが、
それ以降が続きません。相方さまもなかなか戻ってこない。
もしや生まれちゃったんじゃ・・と思ってやきもきして
待っていると、しばらくして
「なんか様子がおかしいよ」と家に入ってきました。

サーメルたちの場所は、家族が増えるたびに増築増築を重ねていったので
非常にややこしいできになっているのですが、
中でも一番狭い場所にダマーニがとどまったきり、
呼んでも出てこないというのです。

こりゃえらいこっちゃ、お産がはじまったに違いないっ!-と
カメラとビデオを首にぶらさげて、一日中待機することもあるかと
水ももって、まだ日中はえらく暑いので帽子をかぶり、
携帯をもって私はダマーニのもとへ、
朝食もそこそこ飛んでいきました。

サーメルは、父サーメルッぷり大発揮で
私に攻撃してきて落ち着かないので庭に、
アミールは、母ダマーニの傍を離れないので
いっしょの場所にいることに、
そして相方さまは仕事にでかけることに、
それぞれ配置がきまったのが朝7時半。


さて、行ってみるとたしかにダマーニ、
狭いところを行ったり来たりしています。
e0066474_12512694.jpg

この時間にこの様子は明らかにおかしい。
でもこの狭い場所を行ったり来たりする事は
子供の頃からのダマーニの趣味(?)なので
さして特別な行為には見えなかったのですが、
座って目の前を行ったり来たりするダマーニをじーっとみていると、
尻尾が妙に上がっていることに気がつきました。
e0066474_16121120.jpg



用足しをするときには尻尾があがるのですが、
行ったり来たりしている長い間、
特に用足しをするわけでもないのに、しっぽがあがりっぱなし。

でもよくみていると、ずっと上がっているわけではなくて、
短い時間ですが、時にパタッと尻尾がおりていることもあります。
たいがいその間は行ったり来たりをやめて、
普段どおりによく食べています。
e0066474_12524323.jpg


いったいなんだろう。。と思ってさらに見ていると、
尻尾があがって歩いている間、
ときどきうんちがぽろぽろっと少量なのですが
お尻からおちるのです。

そのときは今ひとつよくわからなかったのですが、
おそらく陣痛がはじまっていて、お腹が押されるので
その刺激でうんちがぽろぽろ落ちたのだと思います。
人間同様、陣痛は休みなく続くわけではないので、
陣痛がない間は良く食べて、体力をつけていたというところでしょうか。

時には座ってみたり、でもちょっとすると
また尻尾をあげてうろうろ歩いてみたり。
e0066474_1553295.jpg
e0066474_1554468.jpg





母がこうして落ち着かない間、アミールは
その狭い場所からでてこない母からほとんど離れることなく、
傍にいました。
e0066474_12562546.jpg


このお産進行中、ダマーニはどういうわけかアミールをよく舐めました。
e0066474_12573953.jpg


いまだザーヘルもそうですが、赤ちゃんガゼルは自分で用足しをしません。
おそらく野生動物の知恵で、一人前に逃げられるようになるまで
子供の痕跡を残さないためかと思うのですが、
母が舐めてくれるまで待っていて、
おしっこもうんちも母がすべて飲んで食べてしまいます。
e0066474_12584789.jpg


もう気分は「赤ちゃんの母」なのか、
なぜかアミールの下にもぐって舐めるダマーニ。
さすがにおしっこはしませんでしたが、
このまんざらでもないアミールの顔。
e0066474_130733.jpg


それとも、「甘えられるのはこれで最後よ」と母は言いたかったのか。
母にこんなこともしてもらって、
e0066474_15452029.jpg

数時間後にはこんな幸せな時間二度とやってこなくなり、
アミール兄ちゃん人生初の試練がまっているなどと夢にも思わず、
嬉しそうで溶けそうなアミール。
e0066474_15462113.jpg


「おかぁちゃん、見て!ぼくちんこんなこともできるんだよ」
e0066474_15471033.jpg



と、こんな時間が4時間ほど過ぎてやや中だるみ(?)のお昼近くになったころ、
日差しの強さに、真夏じゃなくってよかったよ~、ラマダン中でもできなかったな~、
あーこれでまたシミがいっぱいできちゃうよな~などとそんなことをつらつら
思いながら外をみれば、ラクダも昼寝中。アミールもダマーニも
眠そうで、こりゃまだかな・・と思いながらなんだか私も眠くなり、ぼーっとしながら
ダマーニを見ていました。すると、座ったままなんだかお腹に力をいれるようにして、
体が何度か持ち上がるように動きました。尻尾も同時ぐっと上に上がります。
e0066474_1548942.jpg

私は一気に目が覚めました。ダマーニのあまりの落ち着いた静かさに、
中だるみのように見えていましたが、実は確実にお産は進行していたのです。

最初は定かでなかったその動きがだんだん頻繁になっていきます。
そうしているうちに、いきむと同時になにか水が出てきました。
もしや破水(赤ちゃんや胎盤やその周りを囲む水を包んでいる膜が破れること)か?
と思っていると、どうやらおしっこが漏れているようす。
押す力もどんどん強くなり、おしっこの漏れる量もだんだん増えていきます。


一方アミールはなんのことかわかっているのかいないのか、
座っていきむ母ダマーニの目の前に座って、葉っぱを噛んでみたり
遊んでみたり。
e0066474_15484312.jpg


そうして座ってなんどかいきんだ後、立って歩き、
また座っていきみ・・と繰り返しているうち、
ダマーニは、ぱたっと座り込んで、目をつぶって眠ってしまいました。
e0066474_15492985.jpg



いよいよお産もラストスパートです。



人間もそうですが、お産の終盤、お母さんの体の準備もでき、
後は陣痛に合わせて赤ちゃんがぐんぐんおりてくる段階になると、
母は相当な体力を必要とします。その段階に入る直前、
いきなり陣痛が止んで、急に眠気が襲ってくることが往往にあります。
お産最後に必要な体力の為、体が休息をとるといわれているのですが
(なので、できるだけ緊張しないで、この瞬間眠気にまかせて寝てしまえるほうが
お産にはいいのでした。ーもし妊婦さんがご覧になっていたら、参考までに)、
まさにダマーニはそんな感じ。
e0066474_1550925.jpg


ものの5分、ギュッと目をつぶって熟睡したダマーニ。
そのあと、一気に強い陣痛がやってきました。
それと同時に、ついにザーヘルの一部がちろっと見え始めます。
e0066474_15505334.jpg



ちょっと余談。
このとき、さて、ビデオを撮るか、写真を撮るか
一人二役(?)にとても迷った私。で、あせるなーあせるなーと言い聞かせながら
冷静に考えるように勤めた結果、
一番大事なのは相方さまにその様子を報告することなのだっ!-と
任務を理解し、ビデオ中心に撮ることを決意。

なんですが、どういうわけかものすごい手が震え、
ビデオがなかなか上手に撮れないのです。
人間のお産はそれこそ数知れず見ているし、介助もしたし、
友達のお産でも、妹のお産にいたっては2回ともビデオ係りで、
アングルも考慮したりして楽しんでその係りを全うしたのに、
緊張なのか?感動なのか?いまだもってなんだったのかちっとも
よくわからないのですが、深呼吸しても、なにをしても手の震えがとまりません。
しかも最初は遠慮して、ちょっと離れたところでズームして撮っていたので、
あとで見ると、最初のほうはがたがた揺れて酔いそうな
そんな画像になっていました。


閑話休題

さて、そんなややパニック状態の私をよそに、
本人ダマーニは、物言わず声一つあげず、静かに
やってくる陣痛に合わせていきんでいました。
ザーヘルも、徐々に姿を見せてきます。
e0066474_1551552.jpg


ーと、長い間ダマーニの前で座っていたアミールが立ち上がり、
ダマーニのお尻の匂いをふがふがかぐと、それまで離れることなくずっと
傍にいたアミールが、すっとその場を去って広いほうへ一人でいってしまい、
姿を見せなくなりました。
その後、どこにいたのか、結局ザーヘルが生まれて立ち上がる頃になって
ようやく戻ってくるのですが、
私には、アミールがとりあえずここにいるべきじゃないんだと
そう思ったんじゃないかと思えて仕方ありません。


12時半近く、ぐっと大きな陣痛に合わせて、
膜に包まれたザーヘルのどこかの一部がポロンと出てきました。
e0066474_15524073.jpg


膜に包まれ水に浮いているのが、いったい体のどこの部分なのか確認しようと、
じーっと目をこらしてみたんですが、未知なる物体に
いったいどれがどうなっているのか皆目検討もつきませんでした。


続く。
by hanamomoact | 2007-11-15 16:20 | ザーヘルの誕生話


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

その他のジャンル

ブログパーツ