カテゴリ:サーメル一家( 437 )

我が家今年の一大プロジェクトの経過。その2

1ヶ月ちょっと前、10月5日の話になりますが、
柵廻すのオッケー、ドアオッケー、ゴミとりあえずオッケー、で
準備ができたということで、この日が(砂漠へのドア)オープン記念日。

このプロジェクトが具体的になってから、察しのいいダマーニさん
私がこのドアの側に行く度着いて来て
「ドア開けないのですか?まだですか?」と聞くもんだから
毎回「もうちょっと待ってて」「あとちょっと待ってて」と
えらくプレッシャーだったんですが、ついに、

タラーン!
e0066474_1964364.jpg



まさかこのドアが開く日が来るなんて思いもせず、
何が起こっているのかよくわからず遠くから見ているみんなを置いて
記念すべき第一歩はダマー二。
e0066474_1994594.jpg



なんですが、実はダマーニは一度外に出たことがあります。
話は「プロジェクトの経過」からずれますが、
まだコドモたちがいず、サーメルとダマーニの若夫婦だけだった随分前、
その頃はガゼル用の広場もなく、庭の一部に柵を廻した中で過ごしていました。
私は日本にいて相方さまだけだったある日、
囲ってある場所のドアが開いていてそこから出、
さらに外に繋がっている塀のドアも開いていたのでそこからも出て、
ダマーニ本人も思いがけず、外(砂漠)に出ちゃいました。
その頃は当然外に柵があるわけではないので、完全に外。本当の外。

生まれたばかりで我が家に来たサーメルと違って、
我が家に来た時はダマーニはおそらく生後4、5ヶ月。
人間に育てられていたわけではないので、まさに野生動物。
我が家に来たばかりの時は、その時も私は日本にいたんですが、
3メートルくらいある高さの囲いからジャンプして逃げようと
体当たりしたんだそう。

以前書いたことがありますが、
時間を費やして場所に慣れ、私たちに慣れ、顔つきも穏やかになり
もうすっかり我が家の一員になっていたとはいえ、
サーメルと違って触ることも不可能なダマーニが、家の外に出たら
連れ戻す術はないわけで、しかも元居た場所に戻るまでには
まず庭に戻るドア、そこから今度は柵を廻してある所に入るドア、
その2つをクリアーしなければならず、
相方さまは、あぁもうダマーニはバイバイだなと思ったそうです。

でも、とりあえずサーメルと一緒に側まで行き、
「ダマーニこっちこっち」と呼んだら寄って来て、
自分からドアをくぐって庭に戻り、さらにそこから、
サーメルダマー二用に囲ってある場所に入り、無事に元居た
場所に戻ってきました。

その話を電話で聞いた時、そうか、ダマーニは我が家を
「我が家」と思ってくれているんだ、となんだかすごく嬉しかったのを
覚えています。


って、横道にずれましたが、そんなわけで、ダマーニさん的には
これが初ってわけじゃない外ではあるんですが、
あの時はほんの一瞬だったので、どーぞ、行ってらっしゃーいと
言われたのはこれが初めて。
e0066474_19515241.jpg


じゃぁ、行ってきまーす!
e0066474_19544956.jpg




その頃ようやく、「なんだなんだ?出られるの?出ていいの?」と
ぞろぞろおそるおそるかなり遅れてみんなも出て来た。
e0066474_19545379.jpg


もうすごいキョロキョロっぷりで、慌ててダマーニが
行った後を追う第一グループ。
e0066474_19555860.jpg


さらに遅れて、なにごとかと、出てみたもののしばしボーゼンの2グループ。
e0066474_1958030.jpg



も、慌てて追いかける。
e0066474_195843.jpg


かなり出遅れてたハディーヤさん。いそげ〜。
e0066474_1958313.jpg


で、まずみんなが向かった先は、
e0066474_19594828.jpg


「一番端」。

どこまで行けるかとにかく柵の所まで行き、柵づたいにひたすら
ぐる〜〜っと慌てて走る。
e0066474_2013188.jpg


e0066474_201924.jpg



いったい自分たちに何が起こっているのかわからず
やや混乱状態で柵づたいにひたすら走って行くコドモたちに反して、
「すべてわかってます」という顔で落ち着いて歩くダマーニさん。
e0066474_203178.jpg



なんだか混乱状態のコドモたちはみんな砂漠に生えている植物に目が行くまで
2日だったか3日だったかかかりましたが、
ダマーニは余裕でお食事。
e0066474_205697.jpg



ダマーニってやっぱすごいねと相方さまと感心。
e0066474_2054062.jpg



ぐる〜〜〜っと半周りくらいしたところで、みんなの足が止まり
何をしているかというと、
e0066474_2071873.jpg


ティーニー,タイニーたちとご対面。
e0066474_2075194.jpg


お互い遠くでみかけたことはあっても、こんな至近距離で
出会ったのは初めてでお互いびっくり。
見慣れない怪しい集団にワンワンいうティーニータイニーに、
焦って逃げるみんな。
でもって、最後までとりあえず相手に威嚇しておく強気の母ダマーニ。
e0066474_20144486.jpg


逃げろ〜。
e0066474_20163031.jpg

e0066474_20171410.jpg


威嚇はしておいたけど、慌てて逃げる母さん。
e0066474_20164252.jpg



で、この後コドモたちはその勢いのままぐるっと走った後、
ドアから入り家に戻ってきました。

が、ダマーニは「そこまで慌てなくても大丈夫じゃん」と余裕でまた散歩続行。
でも初日だし、みんなは戻っちゃったし、とりあえず今日は終了〜ってことで
ダマーニに帰るよと説明中の相方さま。
e0066474_20194983.jpg



で、ダマーニさんも帰宅。
e0066474_20221632.jpg

e0066474_20222773.jpg



何かあると「ここに来れば大丈夫」とみんながやってくる
ガゼルチーム安全地帯があるんですが、
そこに集合していたみんなと合流のダマーニ。
その後、なんだかしばらく呆然としてて、ダマーニ?どうしたの?といっても
夢うつつな顔に、終始冷静に見えたけど、
実は「アレ。ほんとに私外行ったの?」って思ってるのかもと
相方さまと笑っちゃいました。
e0066474_20274536.jpg


ドア開けて、記念すべきダマーニの第一歩からこれまで約25分。
ダマーニ以外、みんなも私たちもなんだかただ走り回って終わった
慌ただしい1日目終了。

砂漠に行けるようにしようと考えた時は、外に出た後、果たしてどうやって
みんなを回収しようか、みんな帰ってきたくなかったらどうしようかと
ちと心配だったんですが、杞憂に終わりました。
みんなにとって安心できる場所がココになっていたことがちょっとウレシイ。


落ち着いたらまた出たくなっちゃったみんな、ドアに大集合。
e0066474_2035592.jpg



「ねぇ、もう一回行きたいんですけどー」と猛烈アピール。
また行けるから大丈夫だって〜。
e0066474_20361980.jpg



こんな感じのダラダラ話ではありますが、ちと記録として残しておきたいので
このシリーズ(多分)しばし続きます。
by hanamomoact | 2013-11-12 20:46 | サーメル一家

我が家今年の一大プロジェクトの経過。その1


今年冬の我が家の一大プロジェクト
ガゼルたちが砂漠を散歩するようになってからかなり日が経ち、
みんなが初めて砂漠に出た時の様子などなど、もしかしてこのままお蔵入り、
記事にしないまま流れて行くかな〜と思ったんですが、
我が家にとってはけっこう大事な記録なので
やはり遡って書いておこうかと。



柵を廻しドアを付け・・と準備しているのと同時進行で
相方さまとふたり毎朝敷地内にあるゴミ拾いしました。
e0066474_23595622.jpg


広いところにぽつんぽつんとあるゴミは、
普段特に目立つゴミじゃない限り、意外と目に入らないもので、
これが「こんなんあったらめざとく見つけて食べるな・・」と思う
視点で探すと、まーあるある。ゴミけっこうあってびっくり。


毎朝1人につきこれくらいのゴミがみつかり、それを5日程。
e0066474_092956.jpg



もうさすがにないだろうと思っても、ゼロという日は
いまだにありません。
長いこと埋まっていた物が風で砂が移動して出て来たり、
風に乗って飛んで来たり。ガゼルたちと散歩すると、
帰る頃にはポケットがいっぱいになっています。

なんでこういうモノに惹かれるのか。絶対おいしくないと思うんですが、
めざとく見つけてすぐ口に入れてしまうので、
ガゼルチームVS人間チームのゴミ争奪戦。

そういえば、サーメルも、草を食べている時はふつーに食べているのに
プラスチックなんかをみつけて口に入れた時は、チラッと私たちを見て
ダッシュで逃げました。なので「あ、なんかダメなもん口に入れた!」って
すぐバレたんですが、ダメだってものはどうも惹かれるのは
人間もガゼルも同じらしい。


チョビ「今日もたっぷりだね〜」
e0066474_09185.jpg


お、アビさん、ゴミみつけましたか。
e0066474_0565859.jpg


時には役に立つね〜。
e0066474_0572450.jpg


まぁ大方こんなことばっかりしてるんだけど。
e0066474_058092.jpg

e0066474_0583852.jpg






見つかるゴミは、レジ袋、タバコ、針金、お菓子のパッケージ
ティッシュ、紙袋、などなどが主なんですが、
時にちょっと変わった物も見つかって、
e0066474_012869.jpg


ウィスキーの瓶。




この国は、ホテルやレストランによってはバーがあったりアルコールを
置いていたりはしますが、個人でアルコール類を自由に買うことは
できないことになっています。
海外から来た人は申請をして許可を得て、決められた量だけ
極限られたアルコール販売をしているお店から購入することができます。

といっても、まぁ世の中抜け道というものはいくらでもあるもんでして、
おそらく、何かの抜け道でこのウィスキーを手に入れ、
でもって砂漠で飲み、持って帰るわけにいかない瓶を置いて行ったの
じゃないかと推測しますが(もしくは正規ルートで買って、単にゴミを置いていったか)、
けっこー新しくってびっくり。
ってことは最近我が家の裏で酒盛りしていた人がいたってことナノか??

こちらはハイネケンンビールの空き瓶てんこもり。
e0066474_018367.jpg


10年住んでいますが、割と行動範囲は限られるもんで、
この場所を通ることがなく今回発見でこれまたびっくり。
蓋のサビ加減とか見ると、そんなに前の物じゃない気もするので、
やはりこれも私たちのすぐそばで酒盛りしてたってことなんだろうか。
全然きづかんかったなぁ。

ビール瓶はガゼルたちは口に入れることできないので
そのまま放置することに。

案の定、みんな発見時興味津々。
e0066474_0271018.jpg


ダマーニさん、釘付け。
e0066474_0274966.jpg



みんなも釘付け。
e0066474_0275566.jpg



別の日、みんなとはぐれたディーマがはまる。
e0066474_030974.jpg

e0066474_0302289.jpg



なにやらビール(瓶)にすっかり魅了されたディーマでしたが、
e0066474_030293.jpg


そこへ、そんなに離れていないところでご飯を食べていた
母、ダマーニがやってきて、
e0066474_031191.jpg



ダ「子供はダメよ」
e0066474_0315052.jpg


と、優しく諭したかと思いきや、
e0066474_034146.jpg


「ダメっていってるでしょーーっ」
e0066474_0351073.jpg


ダ「わかるわよねーーーー」
e0066474_0354512.jpg


デ「ちょっだけだし。ちゃんと限度わきまえてるし
記憶なくなるまで飲むなんてしないしー!」
e0066474_0374938.jpg


ダ「ダメって言ったらダメ!!」
e0066474_0383411.jpg


なかなかに厳しい母さんです。

なかなか聞かない娘を諭した後、また食事に戻るダマーニ。
が、そんなご機嫌イマヒトツのそこにアビさんいたもんで、
e0066474_0411377.jpg


ダ「・・そこでなにしてんの?」
e0066474_0414784.jpg


ア「えっと、いえ、あのー特にこれといってなにというわけでもぉ、、」
e0066474_042498.jpg



ダ「じゃま!!」
ア「スミマセン〜っ!!」
e0066474_0434868.jpg


邪魔者追い払って、ひとり悠々とお食事のダマーニ。
e0066474_0443888.jpg



ーをとばっちりうけて逃げて来たアビと見学。
e0066474_0452516.jpg


e0066474_045474.jpg




ダマーニは、砂漠に出ても若いみんなとは行動せず、
一人で好きな時間を過ごすことがほとんど。
e0066474_0505654.jpg


そこへ、こりない者一名。
e0066474_0514179.jpg


アビ、チャレンジャーだなぁ。それダマーニにやるの?
ガツンと叱られるんでないの?
e0066474_0521623.jpg


ア「ドーン!!!」
e0066474_0525370.jpg


ア「ドーンっ!!」
e0066474_0535417.jpg


ア「・・えっと、どーん。」
e0066474_0544099.jpg


ア「ぜんぜん相手にしてもらえませんでしたー」
e0066474_055940.jpg




ゴミの話に戻りますが、こんなどでかいゴミもあります
(こちらを覗いている耳のある白い生き物は違います)。
e0066474_022584.jpg



これは出所も経緯もよく知っていて、ものすごくへし折って書くと、
相方さまの弟が改造車で砂漠を走っていたら火を吹く大爆発を起こして
とりあえず我が家裏までひっぱってきたけどそのまま放置。
もう何年もこのままのかわいそうな赤いSUZUKIちゃん。
これはさすがに拾いきれないので、ガゼルたちが入れないように
柵をぐるっとまわすことにしました。


これはゴミじゃないけどお持ち帰り。
e0066474_0101873.jpg

by hanamomoact | 2013-11-12 01:07 | サーメル一家

朝散歩でちょっとウレシイ時。

ガゼルたちと砂漠散歩していて、

みんなに混じって歩いている時とか、
e0066474_19392175.jpg

e0066474_2010176.jpg

e0066474_19505566.jpg

e0066474_19512230.jpg

e0066474_19521083.jpg

e0066474_2020065.jpg


なんとなくみんなが後ろをついて歩いて来た時とか、
みんなとはぐれちゃった仔が、自分のところに慌てて走って来た時とか、
砂丘から突然顔を出した私に最初警戒して、じーっと見て
「なんだ」って誰かわかって、警戒を解かれた時とか、
なにかびびるものがあって、みんなで慌ててダッシュで走り逃げ
自分の方に向かって走って来た時とか、
そんな時は、ちょっとウレシイ。
e0066474_19515166.jpg



この日も、何に驚いたのか、みんなで慌てて走って来た。
e0066474_19344448.jpg


おーい、どうしたの〜?こっちこっち〜と
ニヤニヤしながら手を振ってみる。


あ、アレ?
e0066474_19354320.jpg

e0066474_19363390.jpg

e0066474_19364266.jpg

e0066474_1936479.jpg

e0066474_19364843.jpg

e0066474_19365926.jpg

e0066474_1937219.jpg

e0066474_19371494.jpg

e0066474_19371667.jpg



ものすごい勢いで駆け抜け、あっさり置いていかれました・・。
e0066474_19372876.jpg




別にみんなだけで自由に散歩してもいいんだけれど、
私たちが一緒に歩くことに慣れて欲しいのと、
拾っても拾っても毎日どこからか出てくるゴミを
めざとく見つけて食べちゃうので、みんなより早くゴミをみつけるという
意味もあって、てできるかぎりみんなと一緒に歩くんですが、
e0066474_19414165.jpg



(みんなは何か食べる物に夢中。私はゴミ探しに夢中)
e0066474_20163156.jpg

e0066474_20155141.jpg



なにかの拍子に走り出したら、
e0066474_19554341.jpg


当たり前だが全然おいつかない。
e0066474_1956660.jpg



霧の日なんて、あっという間にみえなくなっちゃいます。
e0066474_19595127.jpg

e0066474_200599.jpg



で、おーい、待ってよ〜と追いかけて行くので、
みんなとの散歩はかなりのいい運動。
タイニーの足がまだ完全ではないので、砂漠になかなか散歩にいけず、
その分ガゼルチームとの散歩で運動量補ってもらってます。
by hanamomoact | 2013-11-11 20:06 | サーメル一家

なふっ。なんだかスミマセン。


携帯から更新した前の記事、PCで見たら
文は読み難いし、写真はなんだかわからないしで
ヒドイ記事でした〜。

代表して(?)アティーヤがお詫び。

ども失礼いたしましたー。
e0066474_229816.jpg





(おまけ)
e0066474_2295396.jpg

e0066474_2295073.jpg


e0066474_2295493.jpg



お返事またのちほど〜
(最近このパターン多くてごめんなさいです)
by hanamomoact | 2013-11-11 02:32 | サーメル一家

今のダマーニ。

e0066474_213180.jpg

ここ3日、寝ていることが多いダマーニ。
今日はほとんど動くことなく、
たまに場所を移動する時、力なく歩く程度。
少し目を離した隙に見当たらなくなったので、どこへ行ったのかと思ったら、
日の燦々と当たる暑い所に立ちすくんで、
そのまま目をつぶっていました。
こんなこと今まで見たことなく、覚悟を決めないといけないのかなと
そう思わせる姿でした。

そのあとまたフラフラっと歩き、今、日陰に移動して寝ています。

好きな植物を持ってくると、立ち上がって食べにきたんですが、
匂いを嗅いだだけ、ちいさな葉を一枚だけ食べてまた座ってしまいました。

実は、ダマーニは歯か何か口の中にトラブルがあるようで、
少し前から時々ものが思うように食べられない時があります。

もしかしたらそれが原因で、
食べたい気持ちがあるなら、栄養のあるものを液体にして
口に入れたら元気になるかもしれないと思う気持ちもありますが、
捕まえてそういうことをすることは
不可能ではありませんが、イヌやネコと違って簡単なことではなく、
そのストレスは多大で、ダマーニの年齢を考えると、
そうすることの意味があるとはとても思えず、
私達ができることは、ダマーニがいごこちいい環境を作る、
それくらいしかありません。


ガゼルは薬をあげたり、なにか医療的介入をしたりがとても難しく、
それが歯がゆいことも、悔しく思う時もあります。


でも、それゆえ、こうして、年齢的なものなのか、それとも病気なのか、
何かの理由でうまく食べられなくなり、
やせ細って、徐々に力がなくなっていくダマーニの姿を
これが自然のことだと、ただ静かに受け入れるしかないことに、
生き方や逝き方を考えさせられています。
それは自分たちのこともそうだけれど、
これからイヤというほどこういうことに向き合わなくてはならない、
一緒に生活する動物たちのことも含めて。


相方さまにとってサーメルが特別だったように、
私にとってダマーニは誰よりも特別な存在です。
好きとか、愛しているとか、そういうものを超えた存在。
サーメルのお嫁さんに来てくれたのが、
驚くほどに聡明で、それでいてとてもお茶目で、
愛情いっぱい溢れたダマーニだったから、
ガゼルたちとの生活もこうしてやってこれました。

今まであったいろんなこと、思い出したらそりゃ泣けてきちゃうんですが、
私がダマーニに感謝の気持ちを込めてできることは、
泣くことでも、落ち込むことでも、焦ることでも、動揺することでもなく、
ダマーニがなにをしてほしいか、冷静に見極めて、
ダマーニがそうしているように、静かに今あるがままを受け入れることなんだと思っています。
「と、自分に言い聞かせています」が正しいのかもしれないケド。


たくさん見送ってきた動物たちに教えられて、ようやくそう思えるまでに辿りつきましたが、
でも、もっと早く、できることなら最初からこんな風に思える度量がほしかったなぁ。
スマンみんな。


ほんの少し前までは、一緒に砂漠散歩したダマーニ。
厳しいなぁと思った時が8月も何度かあって
砂漠散歩も間に合わないかもと思ったのですが持ち直したダマーニさん。
「あんなことブログに書いたけど、なんかめっちゃ元気に砂漠散歩してま〜す」とか
書けちゃう日が来てくれたらウレシイなー。


※外で携帯からにつき、文章とか改行とかおかしかったり
読みにくいとこあったらスンマセンです。
by hanamomoact | 2013-11-10 18:14 | サーメル一家

朝模様。


e0066474_4432971.jpg


ガゼルたちとの朝。毎朝いろんな色。
e0066474_4441194.jpg

e0066474_4451635.jpg

e0066474_4454339.jpg


e0066474_4462941.jpg

e0066474_4463692.jpg



e0066474_446343.jpg

e0066474_4461048.jpg


e0066474_4472393.jpg



ダマーニさん、朝陽にチュっ。
e0066474_4463049.jpg


e0066474_4464521.jpg


なにやら神々しいダマーニ。
e0066474_4464980.jpg


光に吸い込まれていく〜。
e0066474_4465595.jpg



いい笑顔でウレシイ。
e0066474_448087.jpg



コメントのお返事またのちほど〜。
by hanamomoact | 2013-11-03 04:51 | サーメル一家

雲のある空。




アティーヤ。
e0066474_325417.jpg

e0066474_32601.jpg


サハーバ。
e0066474_3262842.jpg

e0066474_3255754.jpg

e0066474_3271655.jpg



ダマーニ。
e0066474_3281845.jpg



あび。
e0066474_3244636.jpg


と、ばーちゃん。
e0066474_3253779.jpg

by hanamomoact | 2013-10-23 03:30 | サーメル一家

今朝のお月見。

以前書きました、我が家の一大(?)プロジェクト
少し前に完成しまして、ここのところ毎朝、ガゼルたちと砂漠散歩をしています。
e0066474_17233830.jpg

e0066474_17233921.jpg

e0066474_172345.jpg

e0066474_17231360.jpg


e0066474_1724328.jpg



そのお話はまた後ほど書くこととしまして、
こちらは今朝の様子。
e0066474_1756814.jpg



夜明け直前。
明るくなって来た左手。
e0066474_17272756.jpg


まだ月の明るい右手。
e0066474_17273274.jpg



ガゼルチーム、月の砂漠をお散歩タイム。
e0066474_17285695.jpg

e0066474_17292669.jpg

e0066474_17295181.jpg



月をバックに、ディーマとアリーン姉妹。
やんちゃな末っ子アリーンに押され気味のやさしいお姉ちゃん。
e0066474_1729225.jpg



実は、ディーマは少し前、イヤイヤもしや骨折か?!という
ハプニングがあり、しばらくの間引きこもり状態で
みんなとは別の場所で過ごす日々が続き、
もしかしたら砂漠へは出ることはできないかもと思う
けっこう大きな怪我だったんですが、
若さとディーマのがんばりで、無事完治。
みんなと砂漠に出る日に間に合いました。

よかったね。ディーマ(用足し中)。
e0066474_17344886.jpg



これまた、もしかしたら砂漠に出るのは間に合わないんじゃないかと
ヒヤヒヤさせたダマーニさんですが、
元気に砂漠散歩堪能してます。
e0066474_1736777.jpg



e0066474_1736314.jpg

e0066474_17372841.jpg




ダマーニのお月見。
e0066474_17375118.jpg



末っ子アリーンのお月見。
e0066474_1814323.jpg



そういえば、サーメルとダマーニの次男坊ザーヘルが
初めて月を見たとき、びっくりした顔してたっけな〜。
広い砂漠で今日の月、どこかで見てたかな。
ザーヘルはちょっと特別な仔だったので、なんだか思い出して
ちとしんみり。


そしてアリーンさんは、うさぎではないけど、
十五夜でもないけど、お月さま見て跳ねる(参照:わらべ歌「うさぎ」)。
e0066474_1755360.jpg



満月をたっぷり楽しんだ朝でした。
e0066474_1756814.jpg

e0066474_17381254.jpg



(おまけ)
早朝は肌寒いくらいに気温が下がってきて、
夏の間利用者のいなかった椅子は毎朝争奪戦。
今朝の早い者勝ち勝者3名。
e0066474_1810262.jpg

by hanamomoact | 2013-10-20 18:14 | サーメル一家

元気でございます〜。



ダマーニはじめ、四つ足も二つ足もみな元気にやっております。
なのですが、更新・お返事、もう少々お時間くださいませ。
ご心配おかけしてスミマセン、
そしてこんな風に気にかけていただいて、感謝感謝でございます。

e0066474_2032128.jpg

by hanamomoact | 2013-10-10 20:49 | サーメル一家

今日の空、


青かった〜。
e0066474_2361165.jpg

by hanamomoact | 2013-09-26 02:36 | サーメル一家


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

その他のジャンル

ブログパーツ