カテゴリ:ペティペティ( 25 )

ブログを再開したいなと。


長いことブログをお休みしていましたが、
後ほどまた書きますが、機会あって、
再開することとなりました。

お休みしている間にも、沢山のコメントをありがとうございました。
お返事できず、本当に心苦しいです。
ブログは、お返事は必ずすると決めていたので、
それができないことの自己嫌悪で、コメント欄しばらく開けないでおりましたです。

クブズのことも、ツイッター更新が危うくなった時も、
こうして気にかけてくださる方がいて、感謝の気持ちでいっぱいです。

かなり長いこと空いちゃったので、
どんな風にやっていたのかとか、何から始めようかとか、
ツイッターと、どんな風に合わせて使っていこうかなとか、まだまとまっていなくて、
本格始動までには、もう少し時間かかりそうですが、
再開した際は、また、どうぞ、よろしくー!デス

(よろしくー!のご挨拶がペティさんのこの写真ってどうなの。ですが、目の前にいたので、これで失礼。)

e0066474_14032681.jpg


by hanamomoact | 2016-07-14 13:42 | ペティペティ

今日のペティさん。

というタイトルで、昨日載せる予定だったんですが、
眠くなっちゃって断念。
ということで、本当は「昨日のペティさん」になります。


今年は、過去最速で、ヒーターを出しました。
誰がうれしいって、あびがいちばん喜んでいるんですが。
あびは、暑がりで寒がり。他のネコたちに笑われるんじゃないかってくらい
お坊ちゃんです。
e0066474_15474726.jpg


あびがヒーターの前にいるようになったので、
ペティもこちらへ移動。
でも、どこへ行っても、常にこのびみょ〜な、
ペティにとっては、多分「シアワセ」な距離を保持。
私はこの関係を「昭和初期の夫婦」と呼んでいるんですが、
e0066474_1549258.jpg


くっつき過ぎず、でも「わかりあってますよ」みたいな距離。
(昭和初期の夫婦がそうだったかどうかは、勝手な私のイメージ)
e0066474_15535531.jpg




がしかし、しばらくしたら、あびさんとちゅーしたくなっちゃって、
昭和初期の妻にしては、積極的にアピール(しっぽアゲアゲで)
e0066474_15505811.jpg


がしかし、あびさん、まったくもって反応してくれないもんだから、
e0066474_15511676.jpg



ペティさん、伸びしてごまかしてみる。
e0066474_15532935.jpg



朝晩は冷えますが、日が昇ってくると、暑すぎず、寒すぎずで
気持ちがよい。
ってことで、外へでかけました。
e0066474_15551234.jpg


以前も書きましたが、家の中では、あびにぴったりのペティですが、
外へ行くと、割と形勢逆転で、ペティはマイペースに自分の好きな事をして、
あびがその周りをなんとな〜く、うろうろするーということが多い。
e0066474_15554761.jpg

e0066474_15563728.jpg

e0066474_1556461.jpg


まぁ、「あびさん大好き」には変わりないんですけど。
e0066474_161348.jpg


あびが移動した方へ、なんとなく自分も行って、
そこで穴を掘ってみたりして。
e0066474_1604328.jpg

e0066474_1612140.jpg


が、あびが飽きて行ってしまい、
ペティ、超えられない壁をひしと感じる。
e0066474_162342.jpg

e0066474_162449.jpg



が、そこは、凹み知らずのスーパーポジティブ乙女のペティ、
「ま、いっか」と穴掘り再開。
e0066474_1631747.jpg


しかも、ひとりじゃなんとなくつまらなくなっちゃったので、
ちょっと離れていた所で見学していた、みんなところへ行ってみる。
e0066474_1641498.jpg


注目願望あるペティさん、さんちゃんの前で
こんなことするもんで、若干困惑気味のさんちゃんです。
e0066474_166922.jpg


ドアのところへ行ったので「もういいの?帰る?」と行ったら、
「そんなわけないじゃん」と言われました。
e0066474_168163.jpg


この日は、ばーちゃんが庭にいて、
e0066474_169119.jpg


ペティが穴掘ってたら、何してんの?と覗きにやってきました。
e0066474_16111413.jpg



それ見た、ペティさん、
e0066474_1611474.jpg



以前も、つーちゃんに、延々と穴掘りの仕方をお披露目したんですが、
ペティ「穴掘りの仕方、教えようか?」
e0066474_16134249.jpg


やな予感したばーちゃん「けっこーです〜!」
e0066474_16134163.jpg



ぺ「ほんとに、いいの?今なら丁寧に手取り足取り教えますよ」
e0066474_16144481.jpg



その後、しばらく庭を行ったり来たりしていたら、
またもや、ばーちゃんに遭遇。
e0066474_1616694.jpg


遊び相手がみつかったとばかりに、駆け寄っていき、
e0066474_1617627.jpg


ぺ「ね、何して遊ぶ?追いかけっこする?」
e0066474_16181980.jpg



ってちょっと誘ってみたんですが、
e0066474_16193292.jpg


ばーちゃん、ちょっと考えた後、
e0066474_16192273.jpg


行っちゃったので、
ペティ「なんだ、遊ばないの〜?ばーちゃん〜」
e0066474_1620487.jpg



と、目の前で、どてっ。と転がるばーちゃん。
e0066474_1622468.jpg

e0066474_1621233.jpg



ばーちゃんって、以前書きましたが、名前を呼ばれると
すぐ転がっちゃう、一風変わったくせがあるんですが、

ペティに呼ばれて、つい転がっちゃったってこと??
e0066474_16252074.jpg


目の前でコロコロやるばーちゃんに、なんだかよくわからないけど、
とりあえず様子を見に近寄ってみることにしたんですが、
e0066474_16263348.jpg


デカウサギに近寄られ、ちょっとびびった
小柄なばーちゃんに、「ヤメて!」と強めに言われ
ちぇーっと去って行くペティさんでした。
e0066474_16314538.jpg


その後は、穴掘りスイッチが入り、一心不乱。
e0066474_1633272.jpg


こちらは、穴掘っで出て来た砂を伸ばしている所。
通称「雑巾がけ」(私だけが呼んでるんですが)。
e0066474_1634213.jpg



おお、掘ってる、掘ってる。と思ってみていたら、
e0066474_16343396.jpg


突然、そのまま、伸びたペティさん。
e0066474_16352666.jpg


イヤイヤイヤイヤ、ペティさん、休憩まだ早いんじゃない?
穴、サイズ合ってないって。
e0066474_16371419.jpg


なんかきゅーくつそうなんですけど・・と思って、
笑うの必死にこらえながら見ていたら、
e0066474_16374160.jpg


やっぱり、きゅーくつだったらしい。
e0066474_163855.jpg


拡大作業中。
e0066474_16383616.jpg


でも、めんどくさくなっちゃったのか、満足なのか、
結局こんな感じで作業終了。
e0066474_17134439.jpg



んで、眠くなっちゃったもんだから、
e0066474_1714613.jpg



ハイ、本日撤収〜。
e0066474_16414767.jpg


半ボケのまま、連れ去られる。
e0066474_16421589.jpg

e0066474_164237100.jpg




(おまけ)
結局あびはそのままどこかへ遊びに行き、
かなり経ってから帰宅。
再会(?)で、ウレシイペティさん。

ぺ「あびさん、あの後、どこへ行ってたの?」
e0066474_16455646.jpg


ぺ「楽しかった?なにかおもしろいことあった?」
あ「・・別に。」
e0066474_1647721.jpg



ぺ「あびさん、どこ行くの?またおでかけ?」
e0066474_16475040.jpg


あ「うるさい」
e0066474_16481039.jpg

e0066474_16484954.jpg


ぺ「えー、そんなこと言わないで〜、どこ行くの?
ついていってもいい〜っ?」
e0066474_16495776.jpg

e0066474_16501321.jpg


・・あび、スルー。
e0066474_1650592.jpg


でも、そんなことでメゲナイペティ、
ぺ「ついていってもいい?」
あ「ダメ」
e0066474_16513529.jpg


結局、ペティを置いて、別の部屋に行ってしまったあび。

でも、例によって、超絶めげず、こりず、あきらめずのペティさん。
切なくなるにはまったく及びません。

e0066474_1653810.jpg

by hanamomoact | 2014-11-14 17:07 | ペティペティ

ぺてぃの恋の戦術。

今日は外で穴掘り作業したペティ。
e0066474_1454653.jpg



こちら、ツイッターに載せた
「一生懸命穴掘ってたら、あびが覗きに来て、
ペティさん、ちゅーをおねだりしたら、まんまともらえたもんだから
穴掘りはりきっちゃいました」というお話で、
そちら読んで下さった方もいらっしゃるかと思うのですが、
e0066474_146352.jpg

e0066474_14714100.jpg

e0066474_2175146.jpg



実は、これには続きがありました。

ペティさん、あびからちゅーもらって、張り切って
穴掘っていたんですが、途中穴掘りの角度を変え、
それをあびが見学。
e0066474_153515.jpg

e0066474_1531230.jpg



でも、何かに心奪われ、よそ見するあびに、
e0066474_1541952.jpg


ぺ「あびさーん、見てみて、コレ!」
e0066474_1542592.jpg



あ「何?」
e0066474_1542486.jpg


ぺ「ほら、ここ!ここ!」
e0066474_1562634.jpg


って覗き込んだあびをちらっと見たぺてぃ。
キラリと眼光。見ようによってはニヤリ。
e0066474_157966.jpg


今がチャーンス!と顔を伸ばして、
e0066474_1581167.jpg


届かないもんだから、飛んで、ちゅー♡
e0066474_159639.jpg


(拡大)
e0066474_1591725.jpg


や、ヤルなー。


照れてんのか、まんざらでもない顔のあびと、
しっぽ、これでもかって上げて「しちゃった♡」顔のぺてぃ。
e0066474_203914.jpg



でもって、そのまま、期待顔で待機のぺてぃさん。
e0066474_215462.jpg



お?
e0066474_23783.jpg


おぉ?
e0066474_254216.jpg


目をそらしたまんま、しょうがなくっぽく振る舞いながら。
e0066474_264935.jpg


(拡大)
ぺてぃさん、目がキラキラ乙女の目。
e0066474_264970.jpg



その後、恥じらい顔の伏し目になったぺてぃに
正面からあびさん。
e0066474_294947.jpg



あびさんよ、ぺてぃ溶けちゃうんじゃない?
e0066474_211398.jpg



なんだかよくわからないけど、大サービスのあびさんに、
うっとりのぺてぃでした。
e0066474_2115086.jpg

e0066474_2121326.jpg



なんであびが遠く見るのよ。
e0066474_2123735.jpg



こんなことあったらぺてぃさん、
穴掘りにも力がはいるってもんです。
e0066474_2142074.jpg



で、休憩は、ちょっと離れたところにいるあびのところへ行き、
e0066474_2343020.jpg


なぜかあびの前で横たわる。
e0066474_2353139.jpg


(まさかのお色気作戦?)
e0066474_2353859.jpg




(おまけ その1)
外へ出かけようと、ドア出たら、つーちゃんが待っていて、
e0066474_222191.jpg


ペ・つ『おはよー』。
e0066474_2223883.jpg



つーちゃんとは、ぺてぃが小さい時から気心知れた(?)仲。

つ「いってらっしゃい」
ぺ「いってきまーす」
って張り切ってでかけたけれど、
e0066474_2281697.jpg

e0066474_2283230.jpg


たそがれているつーちゃんが
e0066474_2293995.jpg



ちょっと気になってみるぺてぃさん。
(結局その後、遊びに行っちゃいましたが)
e0066474_2311084.jpg



(おまけその2)

こちらも一部ツイッターに載せたのですが、
ぺてぃが穴掘ってる途中に、なぜか、がばっとペティを抱きしめて
そして去って行ったあび。
e0066474_237872.jpg

e0066474_2373147.jpg


それをペティが追いかけて行っている間に、
つーちゃんが穴に興味を持って近づいてくると、
e0066474_2383038.jpg



慌てて戻って来て「ワタシ堀った穴見る?」とぺてぃさん。
e0066474_2395157.jpg


「ちょっと休憩している間に穴見ててもいいよ」と
言ったものの、何をどうしたらいいもんか固まっているつーちゃんに、
e0066474_2405289.jpg



休憩をさっさと切り上げ、
ぺ「いい?、ある程度掘ったら、この周りにたまった砂を
できるだけ外側にどかすわけ」。
e0066474_247084.jpg


ぺ「わかる?」
e0066474_2454816.jpg



ぺ「で、そしたら、もうちょっと中心に近づくのね」
e0066474_2482087.jpg


ぺ「で、中から外に向かって掘ると。」
e0066474_2482880.jpg


ぺ「ね?」
e0066474_2492138.jpg


ぺ「で、爪つかって、ガンガン掘るのがコツね。
でも、むやみに掘ってもだめなわけ。
あとガンガンっていったって、丁寧にね。」
e0066474_2511754.jpg


ぺ「って聞いてる?」
e0066474_2565050.jpg


つ(いや、そんなの教えてもらったところで役立たないし)
e0066474_2574432.jpg


その後も、ぺてぃさんの穴掘り講座は続き、
辛抱強く講座受けていたつーちゃんですが、
e0066474_2594570.jpg

e0066474_2594115.jpg



結局飽きて去って行きました。






(おまけその3)
そんな様子を遠くから見学のガゼルズ。
e0066474_3254.jpg




そして、そんなこんなの穴掘り作業、
何かと張り切り過ぎて疲れちゃったぺてぃ。
e0066474_323827.jpg

e0066474_331969.jpg



眠そうだし、暑くなって来たし、
さぁ、帰ろう。と強制撤収。
(自分で帰る時もあるけど、ダダこねる時はコレ)
e0066474_344194.jpg

e0066474_35543.jpg

by hanamomoact | 2014-10-26 03:21 | ペティペティ

ペティとあびの恋の物語。その2

その1の続き。
これでもかってくらい長いので、途中切ろうと思ったんですが、
一気にいっちゃうことにしました。
おヒマな時にどうぞ〜。


一度違う部屋に寝にいったものの、
外を見たら気になるネコが外を通ったらしく、
また玄関に舞い戻ってきたあび。

それ見たら、もううれしくって、
ぺてぃさん乙女だというのに丸見えですよ!ってくらい
またしっぽアゲアゲで

ぺ「あびさん、寝るのやめたの?また戻って来たの?
どうしたの?どこへいくの?」
e0066474_082653.jpg



色白だが色男のあび、眠いのと、外ネコが気になるのとで、
ぼーっとしながら定位置へ。
それを熱い視線で追うぺてぃさん。
e0066474_0171148.jpg


でもって、定位置につくのを確認すると、
そんなに見つめたら愛しのあびさん穴開いちゃいますよ。ってくらい
前のめりで見つめ、

ぺ(あびさ〜ん、あびさ〜ん、こっち向いてあびさ〜ん)と
念を送り続けるも、
あび全然気がつかない(フリ?)もんだから、
ペティさん、
e0066474_0174382.jpg



ひっくり返ってみた。
e0066474_2232652.jpg





ぺてぃは小さい頃から、誰かの気をとても引きたいとき、このドテっをやります。
約1年前に比べ、今ではすっかり迫力のある「ドテっ」になりました。

(約1年前)
e0066474_118538.jpg

e0066474_1191045.jpg



(そして今)
ぺ念(あびさ〜ん、あびさ〜ん、見て〜、見て〜)
e0066474_22324794.jpg




ぺ「あびさん、見てる?」
e0066474_22422092.jpg


いや、まだ気づいてないよ。

ぺ「んじゃ、もうちょっとこうしてよ」
e0066474_22431739.jpg



・・・あかん、ワタクシ笑いをおさえるのが大変なんですケド。
あび、早く気づいて。
e0066474_22421193.jpg



あび、ここでようやく気がつく。
e0066474_22504681.jpg


この時、写真には撮れなかったんですが、
中に人入ってんの?ってくらい、
動画に撮れなかったのが残念なくらい、
振り返ってみたら予想外の光景が目の前にあって
「これぞ二度見」をしたあび。

あ「・・・」
ぺ「あびさん見てる?」
e0066474_2253869.jpg


うーん、まぁ見てるって言えば見てる。


そして、あび、静かに目をつぶる(何が起こっているのか咀嚼中)。
e0066474_11105970.jpg


ぺてぃさん、あび、目をつぶっちゃったよ。


ぺ「え。」
e0066474_11114881.jpg


ぺ「でも、とりあえず見てもらえたからいっかー」
e0066474_1115079.jpg



はしゃぎ過ぎたのか、そのままちょっと休憩に入ったペティさん。
しばし流れる静かな時間。
e0066474_11151553.jpg



相方さま出勤時間。
いってきまーすって言ったって、まったくもって無反応のふたり。
ふたりとも、あれこれわがままにご飯を食べられるのも、
病気をしたら診てもらえるのも、誰のおかげだと思っているのだい。
(って多分これを読んだ私の母に「そのままそっくり自分に言いなさい」と
言われそうですが)
e0066474_11185575.jpg



あれだけ動き回ったし、そろそろ朝寝の時間かなと思ったら、
本ウサギ、ぜんぜんそんな気なく、短時間の休憩はさんで、

ペ「あびさん♡そろそろ遊ぶ?」
あ「遊ばない」
e0066474_13443894.jpg


ぺ「そんなこと言わないで、ホラホラこっち〜」
あ「遊ばない」
e0066474_13452892.jpg


ぺ「じゃぁ、こっちから近づいちゃおっかなー」
あ「やめて」
e0066474_13461085.jpg


あ「それ以上近づいたら、一発いくよ」と言われ、
e0066474_13465332.jpg



ぺ「え〜、んじゃ(前は)やめとくー」
e0066474_13473827.jpg


で、後ろへ廻ってみたものの
e0066474_13525437.jpg


それでは物足りなかったらしく、
e0066474_13545653.jpg


やっぱり前に廻ってきて、
e0066474_1355885.jpg


ぺ「あびさーん見て〜!ついてきて〜!」
e0066474_1356159.jpg


ぺ「ってついてきてないし。」
e0066474_1357632.jpg


ぺ「あびさん、照れないで、ついてきて」
あ「照れてないから。」
e0066474_1358745.jpg



かなりの距離までつめたペティに、
はんにゃ顔で「そこまで」の無言のプレッシャー。
e0066474_14573439.jpg



でも、入ったスイッチがどーにもこーにも止まらないらしく、
また後ろへ行き、
e0066474_1531042.jpg


そばにはいたいので、とりあえず、
こんなところにはまってみてモソモソした後、
e0066474_1543662.jpg

e0066474_1543092.jpg


やっぱり、また戻って来て、
e0066474_1554577.jpg


ぺ「あーびさーん、見てー!!」
e0066474_1562447.jpg


ぺ「着いて来た?」
e0066474_1571769.jpg


いえ、残念ながら。


ぺ「・・・」
e0066474_158689.jpg



さすがにもう諦めるかなと思った私。まだまだぺてぃさんの
凹み知らず、粘りの強さをわかっていませんでした。

ぺ「あびさん、そんなにつれない態度とるなら」、
e0066474_1593110.jpg



ぺ「顔見ながらそばで寝ちゃう♡」
(しっぽレバーあげたまま)
e0066474_1511980.jpg


あ「・・別にいいけど」
e0066474_15114890.jpg



(もう少し下に続きます。休憩はさんでおつきあいください)
e0066474_15122538.jpg



寝ながら、熱いっていうか、暑(苦し)い視線を送り続けるペティ。
e0066474_1535034.jpg



ペティさん、もうそろそろ、今日はいいんじゃないの?

ペ「ちょっと、黙っていてください」
e0066474_15362619.jpg


あびの前ではこんなにかわいこちゃん振る舞ってますが、
私たちに対しては大変気が強く、
お気に召さないとすぐぶち切れ、
相方さまも私も、しょっちゅうペティに怒られています。


やはり不完全燃焼だったようで、
あびがぼんやりしているスキを見つけて近づこうと思ったものの、

あ「言ったよね、そこまでって」
e0066474_15401541.jpg


ぺ「は〜い」
e0066474_1540354.jpg


ぺ「っと見っせかっけて〜」
e0066474_15401528.jpg


って注意勧告を無視して、接近を試みたもんだから、
e0066474_15415920.jpg


あ「ハイ、お手つき!」
e0066474_15421265.jpg


ぺ「あ〜ん」
e0066474_1543134.jpg


ぺ(ウヒヒヒヒ)
e0066474_1543591.jpg


ペ「ついに相手にされちゃった♡」
e0066474_15515092.jpg



超絶前向き恋する乙女ペティ、お手つきパンチで
フルスロットル。

やっほーい!
e0066474_15524328.jpg


ぺ「あびさん、もう一回、もう一回〜」
e0066474_15542342.jpg


あ「ウルサイ」
e0066474_15545465.jpg


ぺ「あ〜ん」
e0066474_15555131.jpg



ウヒヒヒヒヒーっ。
e0066474_15554740.jpg


もう何度もこの繰り返し。

そのうち、くるっと向きを変え、毛繕いしはじめたので、
やっと満足?って思ったら、
e0066474_15574642.jpg



ドテっ。
e0066474_15573858.jpg



さすがに今度は二度見しなかったけど、
さて、これ、どーしたもんかとペティを見つめるあび。
そして、何か(何が?)が起こって欲しくてドキドキしている乙女ペティ。
e0066474_15584843.jpg



・・・トド?
e0066474_161574.jpg


そしてしばらく考えた結果、
e0066474_161720.jpg



あび、見なかったことにする。
e0066474_1614689.jpg



この後結局、落ちつかねーと思ったらしく、別の部屋に移動。
e0066474_1634683.jpg

e0066474_164275.jpg


ペティもさすがに眠くなったらしく、この後自分の部屋に戻って行きました。
朝と夜はペティさんのストーカー熱は上がるんですが、
昼間は眠いの優先らしく、割とあっさり自分の部屋へ戻って行きます。


ってわけで、ここ最近は、毎朝こんなコント恋の物語が
繰り広げられる、あびペティ劇場です。
e0066474_16183499.jpg



(おまけ)
相方さまはでかけちゃって、ちょびも外出中、
誰1人同じ言語を使わないのに、なぜかニギヤカな朝の玄関。
e0066474_16203389.jpg

by hanamomoact | 2014-09-24 16:47 | ペティペティ

ペティとあびの恋の物語。その1

あびのこと大好きなペティ、もともとあびの追っかけには
余念がなかったんですが、ここ数日、どーしちゃったのってくらい
ペティの恋は燃え上がっています。

これ、ペティは何か外が気になって見ているように見えますが、
実は、自分の届かない所にあびが行ってしまい、とりあえず、
立ち上がって横目であびを見ているところ。
e0066474_0501661.jpg



どんだけ好きって、あびがどこかへ移動するもんなら、
ペ「あびさん、どこ行くの?ねーどこ行くの?」
e0066474_13739.jpg


おかまいなしにどんどん行ってしまうあびに、
ペ「あびさん、まって、まって〜」
e0066474_13638.jpg



で、外にいるネコを見に来たあびの後ろで待機。
e0066474_14613.jpg



その後、行っちゃったあびを影から見つめるペティ
みたいになってますが、みたいになってるっていうか、
マンマ、影から見つめていマス。
e0066474_142646.jpg


で、移動して行ったあびのまわりをウロウロ。
e0066474_172334.jpg

e0066474_174321.jpg


で、奥ゆかしく(?)ちょっと距離をもって自分も寝てみる。
e0066474_182094.jpg


そして、熱い視線は忘れない。
e0066474_184947.jpg


あびが動き出すと、
ぺ「あびさん、どこへ〜?♡」
e0066474_110509.jpg


で、先回りして
e0066474_1143963.jpg


足元にチュ♡
e0066474_1144598.jpg


あびが怒らないのをいいことに、
スキを見て、さらに、ぶっちゅー♡
e0066474_1131440.jpg



がしかし、クールなあびさん(のちほど書きますが、
正しくは「クールを装っているあびさん」)、飛び越えて行く。
e0066474_1163976.jpg

e0066474_1132996.jpg


ペ「・・・切ないワー。でもそんなあびさんがステキ♡」
e0066474_1125971.jpg



って見送っていたら、
気がかわったあびが帰って来たもんだから、
e0066474_1242384.jpg


ペ「あびさーん♡どうしたの?戻って来てくれたの?」
e0066474_1252753.jpg



ペ「ね、ね、今度はどこへいくの?」
e0066474_1265011.jpg


でもって、あびを追い越して、
e0066474_126449.jpg



先回りして、ちゅ♡
e0066474_1272977.jpg



行く所行く所じゃまされるもんだから、カプッとやったあびさん、
e0066474_1282450.jpg


あび的には「邪魔。」と言いたかったんですが、
見習いたい程に前向きなペティさん、あびが相手にしてくれたと、
うれしくって、大興奮。
その動き、早過ぎて、ぜんぜんカメラぜんぜん追いつかず。
e0066474_1295622.jpg


ペ「あびさん、こっち、こっち〜」
e0066474_1293793.jpg



がしかし、あびはまったくもって、ペティに興味示すことなく、
もくもくと自分の道へ行くもんだから、
ちょっとかたまるペティさん。
e0066474_1331483.jpg



そして、あびが去って行くのを見送る乙女なペティ。
e0066474_134351.jpg



ここだけ見ると、なんだかちょっと切ない恋の物語になりそーなもんですが、
こんなことでは、まったくもってめげず、こりず、あきらめずのペティなので、
切ないというより、どーしても笑っちゃいます。


まったく相手にされなくても、そんなこと、
あびを見たらすぐ忘れちゃうペティさん。
しっぽ、これでもかってくらいアゲアゲ。
e0066474_148534.jpg


ペ「あびさん、そこで何してるんですか?」
あ「・・・(外のネコが気になっているので完全無視)」
e0066474_1492631.jpg


ぺ「あーびーさ〜ん」
e0066474_1501944.jpg


ペティさん、実は「あびのしっぽフェチ」
これまたいいチャンスとばかりに、フガフガ嗅ぐ。
e0066474_1512365.jpg


でもしっぽ遠くにいっちゃったので、お尻をフガフガ嗅ぐ。
e0066474_152823.jpg


あんまりしつこいもんだから、あび、気になって
「やめて」と言ってみるも、ぺてぃさんやめる気配ないもんだから、
e0066474_1542184.jpg


あ「ヤメてー!」
e0066474_1535558.jpg

e0066474_2154495.jpg




一応叱られたので、離れて・・、
e0066474_1552853.jpg



前にマワル。
e0066474_1554481.jpg


ぺ「ここだったらいいですか?♡」
e0066474_157285.jpg


がしかし、外ネコに心とらわれて、まったくもって動きがなく
まちくたびれて眠くなってきたペティ。
e0066474_1575529.jpg



寝て待つことにする。
e0066474_1582827.jpg



そのうち、外ネコが行っちゃって、あびも眠くなって
別部屋へ移動。
e0066474_205095.jpg

e0066474_21832.jpg


そこは「ウサギ禁止部屋」。最近は
そっち方面へあびが向かうとあきらめるようになり、
結局ひとり玄関でぽつーん。
e0066474_213398.jpg



がしかし、切なくなるにはおよびません。
本ウサギ、まったくもって凹んでいませんでしたので。


って話が次につづく。



(おまけ)
愛しのあびさんがいったいここで何をしていたのか
確認するペティ。
e0066474_8132493.jpg


ぺ「あびさん、ここから何みてたんだろ♡」
e0066474_815284.jpg


ぺ「あびさん・・♡」
e0066474_81545.jpg

by hanamomoact | 2014-09-20 02:23 | ペティペティ

そろそろ寝ようかと思って、


リビングルームの電気を消しに行ったら
めずらしく、ちょびのそばにいたペティ。
e0066474_4434448.jpg


なにやら高い所で考え中のぺてぃさんでしたが、
e0066474_443441.jpg




あびが起きて来たら、あびさん大好きのペティさん、
耳が「あび発見♡」
e0066474_4494084.jpg



この先暗い中動き回るので、写真まともに撮れなかったんですが、
ダッシュで駆け下りていきました。
e0066474_4492982.jpg

e0066474_4501129.jpg



では、おやすみなさい。
by hanamomoact | 2014-09-03 05:16 | ペティペティ

熟睡なう。

e0066474_16412651.jpg


e0066474_17241855.jpg

by hanamomoact | 2014-05-06 16:38 | ペティペティ

さらに、なう。

e0066474_13152623.jpg


無我夢中。
e0066474_13153471.jpg


e0066474_13154294.jpg



休憩挟んでの、
e0066474_13154664.jpg



再開。
e0066474_13155129.jpg



そろそろ帰ろうと言ってみたが
ぺ「いやです。」
e0066474_13154984.jpg

by hanamomoact | 2014-04-02 13:08 | ペティペティ

なう。

e0066474_12555939.jpg

by hanamomoact | 2014-04-02 12:52 | ペティペティ

◯△□



眠い時のペティさん。



丸。
e0066474_355221.jpg


三角。
e0066474_364388.jpg


四角。
e0066474_365431.jpg



(おまけ)
ペティは時々頭にチョウチョウがとまります。
e0066474_5215920.jpg


ほら
e0066474_522150.jpg

by hanamomoact | 2014-03-31 05:25 | ペティペティ


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

人気ジャンル

ブログパーツ