<   2005年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

至福の時間



e0066474_737280.jpg

by hanamomoact | 2005-10-24 07:37 | はなももあくと

UAEへ。

あくとの手術は家族に任せ、UAEに戻ることになりました。

以前から何度も書いていますが、住んでいる所には
電話回線がありませんで、でもってネットがとても不自由です。
なのでブログの更新はできません。というか
ブログを覗くことすらほとんどできず。
ーというわけで、これにて更新一時終了デス。

ももの別館も同じく一時終了。

コメント書いてくださったみなさん、覗いて下さったみなさん
ありがとうござました。
UAEに戻ったら、今度は本館の更新に励みたいと思います。


それでは、また、後日。




はな、またね。
e0066474_23523140.jpg


あくと、またね。手術、がんばれよー。
e0066474_23531183.jpg


病気しないで元気でいると約束してね
(日本に帰ってきてばっかりいると破産しちゃうからさー。)
e0066474_2354290.jpg


もも、もも、大好き、大好きだよ。
e0066474_23514497.jpg



e0066474_057453.jpg

by hanamomoact | 2005-10-24 00:03 | はなももあくと

これなんだ

e0066474_23404613.jpg

by hanamomoact | 2005-10-23 23:40 | はなももあくと

私信

ダイチャンオタンジョウビオメデトー
アマリニモ オイワイメッセージニハンノウガナイノデ ミンナシンパイシテイマス。

このケーキ、本館でも何度か登場したことがあります。
おいしいのです。
何か食べる理由が欲しいと(?)、本人不在のお誕生日ケーキを
注文してみました。
本人の代わりに、君の甥っ子がろうそくを消しておきましたので。
e0066474_21481377.jpg
・・・あ、これは君の甥っ子じゃなくって、はなですよ。長い間会ってないからね、念のため。



昨日から甥っ子に追い掛け回されているあくと。
「ほんと勘弁してほしいんだけど~。おねーちゃん、
なんとかして~っ」
e0066474_21562488.jpg

by hanamomoact | 2005-10-22 21:57

もそっとまともな写真がないの?

ーと相方さまよりリクエスト。
パン焼き写真もお気に入りなんだそうですが、
ちょっとフォローを。
e0066474_21321082.jpg

ーでもやっぱりパン焼きの写真のほうが
素に近いなー。
by hanamomoact | 2005-10-22 21:32 | 日本でのこと

アラブ流

インド料理にある「ナン」は草履虫型(?)ですが、
それを円くしたようなできのパンをアラブ諸国では食べます。
これ、ものすごくおいしいんです。

街では、かまどで何枚も何枚もそのパンを一日中
職人芸で焼いているパン屋さんがあって、そこで買うのが
私たちの日常です。

なんですが、時に砂漠の中の農場やらくだ牧場では、
そこで働いている人たちが自分たちでパンを焼いている所に
でくわしたりします。
小麦粉と水と塩で練ってそれを、熱々に熱した
ドラム缶の上にぺたぺた張ってパンが焼けるのを待ちます。

これを相方さまがワタシの実家に来たときに「みんなにごちそうしたいっ」と
張り切り、倉庫からドラム缶を持ち出してパン焼きをお披露目したのがこの写真。
とてもパンを焼いているとは思えない、いでたちですが。
e0066474_1444383.jpg


こちらはかまどを作ってみたりしたところ。
e0066474_1451749.jpg


このときの失敗(失敗じゃないじゃんっと相方さまからクレームがきそうですが・・)を
糧に、現在パン焼きの研究中。10キロほどの専用小麦がキッチンに置かれています。
庭にかまどを作るんだとえらい鼻息の荒い相方さま。
6・7年後くらいには物になっているかもしれませんので、
興味のある方はどうぞ食べにいらしてくださいー6・7年後に。
by hanamomoact | 2005-10-22 14:11 | UAE生活

われらがスター波田陽区、大ピンチ。

いやーコンテストは振り回されて、あくとは散々だったねーと
一段落した先日、一緒にベットに寝転がっていて
「このシェルティーにしてはでかい鼻も波田陽区そっくりなのよねん」と
じーっと顔を見つめていて
「ん?波田陽区超えて、ムーミンだよっ」とあくとの鼻面が
大きくなっていることにびっくり。
顔も変形しているしえらいこっちゃ、わ・我が家のスターが~っ。
e0066474_16592144.jpg


昨日、これまたもももお世話になった病院に片道3時間かけて
いってまいりました。飛び入り診察だったので
待ったりいろいろでなんと出発から帰宅までに約11時間ダシタ。
結果歯の問題だったわけですが、来週手術なのですと。
「またUAEに帰ってきて日本にとんぼ返りすることになっても
なんだから、手術が終わってからこっちに戻ってきたら?」と相方さま。
毎度ワタシの出発前にいろいろことが起こるのよねー。
by hanamomoact | 2005-10-21 17:02 | はなももあくと

砂漠ってのは

水がぜんぜんないようで、実はゼロではないんですねー。
地下には水が流れていて、ところどころ生える木はそこから
水を吸い上げています(ちなみに我が家もその恩恵に預かっています)が、
そこからは地表に生きている生き物は当然摂取できませぬ。

砂漠で起こる朝晩の気温差が、早朝恵みの水を置いていきます。
それは草木の表面だったり、地表だったり。
そこから貴重な水を、砂漠の生き物は摂取するんだそうです。
e0066474_17324384.jpg
早朝はかなりの量の水が屋根から落ちてきます。


ちなみにガゼルは水がほとんどなくても生きていける体に出来ています。
が、水を飲むのは大好きです。あればけっこう飲むんですが、
でもなくても大丈夫なんだとか。
e0066474_1739123.jpg                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 サーメル、朝露で網に溜まった水を飲むの図。











これをみて、なるほど、自然界ではこうして微量の水を
生きる糧にしているのねーと。

e0066474_1734753.jpg

早朝の霧の中で。
by hanamomoact | 2005-10-19 17:48 | UAE生活

砂漠の芸術也

秋の芸術祭第3段

砂漠には生き物が存在しないようなイメージがありますが、
早朝の砂漠にはそりゃそりゃ沢山の生き物の足跡をみつけます。
っつうことで、ごくごく一部ではありますが、
そんな「跡」をご紹介。

本館でも何度か登場のサンドフィッシュくんの足跡。
えー相方さま曰く「これはちょっと時間の経ったものだから
つかまらないな」。
新鮮な足跡じゃぁないそうです。違いを私に聞かないでー。
e0066474_15202964.jpg


次。
e0066474_15212388.jpg
砂漠といえばさそり。
といっても、最近では「アパートにまたさそりがっ!」
とか「100円ショップで買った花瓶のなかにさそりがっ!!」
とか日本でも知名度アップのさそりさんですが。
さそりって昼間そうそう砂漠ではみないのです。
なにかの影に潜んでいることが多いので、
砂漠を闊歩している姿はあまりみかけません。


続きまして、これは芸術点の高いものですが、
e0066474_15221058.jpg
蛇の足跡。

でもって、これも蛇の足跡(蛇って足跡っていうのでしょうか?)。
e0066474_15224075.jpg


夜間の賑わいを思わせる足跡をみることもしばしば。
これ
e0066474_15213656.jpg
左は小さいねずみ、右上は爬虫類ーと思われるのですが、
まん中の足跡がなんなのか、いまだつかめず。

続いてこれ。
e0066474_1524283.jpg

e0066474_15232388.jpg
はじめ見たときはちょうど円になるように、このぽこぽこが
ありまして、周りに足跡もなく、まさに「ミステリーサークル」。
時々砂漠に浮いているこのぽこぽの謎に、わくわくしていたんですが、
わかってみればなんてことのない謎でした。
e0066474_15245197.jpg
偶然に我が家でその正体を発見。こやつが穴を掘って砂に埋まっていくと
あのぽこぽこができるのだと、何度もの実験にて解明(つまり埋まっていっては
掘り出し、埋まっていっては掘り出し・・)
写真はでかいですが、小指のつめよりも小さいです。
なんで軽すぎて、周りに足跡がつかなかったというわけ。

<おまけ>
こちらは植物による芸術。
e0066474_15262546.jpg

じーっと見てると何かに見えてくるんですケドモ、
それを言ったらヒンシュク買ったのでここでは内緒。
by hanamomoact | 2005-10-19 15:41 | UAE生活

サーメルが続いたので

こんどは、はなの番。
以前ももが子供の頃の写真を載せましたが、
これは、はな。
まさに小熊でした。
お風呂場にて。
e0066474_13124725.jpg


で、今。
同じくお風呂場にて。
e0066474_13131640.jpg

by hanamomoact | 2005-10-18 13:14 | はなももあくと


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

その他のジャンル

ブログパーツ