<   2006年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧

はひ~

e0066474_21234587.jpg
例年と違って、外で過ごす時間がかなり多く、
これを夏バテと呼ぶのねという状態のワタクシ。
先日は力をつけに、日本食レストランで
マグロやまかけ、大好きなお豆腐、レバニラ炒めを
がっつり食べてまいりました。

外にいる時間が長すぎて、これは元に戻ることが
ないんじゃないかと思うほど真っ黒に焼け焦げています。
どれくらい焼けているかといいますと、
日が沈んでやや暗くなったところで両手の甲をみると、
焼けない爪の部分だけが、ブラックライトを浴びたみたいに
白く浮かび上がるくらい黒い。(とてもわかりにくい説明。)

後先考えずに、というか考えてももうどうでも
いいやとなげやりで、お手入れなんぞしていませんので
間もなく大いに後悔することになるんだと思うのですが、
まだ7月末。これ以上どう焼けるんだろうと
ここまで来るとその恐怖も興味に変わってきます。
by hanamomoact | 2006-07-27 21:24 | サーメル・ダマーニ/はなもも

こんなに

e0066474_21221685.jpg
近いダマーニとの距離。

e0066474_21223482.jpg
そんなににこにこされちゃうとさ、
嬉しくなっちゃうよ~。

e0066474_21224620.jpg

by hanamomoact | 2006-07-27 21:23 | サーメル・ダマーニ/はなもも

これ、そこ、なに悪巧みしてんのぉー。

e0066474_2121113.jpg

by hanamomoact | 2006-07-27 21:21 | サーメル・ダマーニ/はなもも

ねぇ、ねぇ、

e0066474_21173344.jpg
なにしてんの?
種まきしてるの。

ふーん、これなぁに?
e0066474_21164915.jpg
種がはいってんの。

e0066474_2118021.jpg
これはなぁに?
鍬。

ふーん(気に入らんっ、ゴンッ)。
e0066474_2118197.jpg


ねぇ、もういいんじゃない?
ねぇ、終わりにして遊んでよ~。
e0066474_21183678.jpg


はい、じゃまじゃま。
e0066474_21185358.jpg


つまんない~。
e0066474_2119811.jpg


e0066474_21193739.jpg
つまんない~っ。


あと数日すると、ここにサーメルとダマーニの好物が
いっぱい芽を出す予定。
by hanamomoact | 2006-07-27 21:20 | サーメル・ダマーニ/はなもも

いぇ~いっ♪

e0066474_21144554.jpg
ひさびさ、相方さまに遊んでもらい
うれしくて仕方のないサーメル。
e0066474_2115325.jpg

by hanamomoact | 2006-07-27 21:15 | サーメル・ダマーニ/はなもも

「覚え書き」 序章。

最近UAEで、どこぞやのお金持ちが飼っていたトラが
訓練師を襲い、コントロールができなくなって
銃殺されたという出来事ありました。またちょっと前には
アメリカのテレビで、飼っていたトラだかライオンだかに
自分の娘をかみ殺されてしまったという父親のインタビューを
やっていました。そのトラだかライオンも殺されたそうです。
また日本ではないけれど、知人が雄の鹿を飼っていて、急に人間を
襲うようになったのでその知人が鹿を殺してしまったと言う話を
メールを下さった方から聞いたこともあります。

責めるは人間を襲った動物ではなくて、本来野生である動物を
飼うことの覚悟と準備をしていなかった当の人間のはずなのに、
本来の生き方とは違う生き方を強いているということから
目をそむけ、自分の手に負えない状態になったからと
殺してしまうー
そういう話を聞くたび、一番の犠牲者は動物だと、悲しいだけとは
また違うなんとも表現のしようのない気持ちになるのです。


ーというのが、今までの私のスタンス。
んが、なるほど、基本的な考え方はまったくかわらないけれど
準備や覚悟をしていず、動物の突然の反逆に見える行為に遭遇した時は
こんな風に衝撃的な思いだったにちがいないと、
パニックになる人間側の気持ちを理解するできごとに
でくわすことになりました。
心を痛めるレバノンーイスラエル問題しかり、
何事にも物事は一面だけでないものなのだよなと、改めて気づいたりして。
まぁそんなことは話の本筋じゃぜんぜんないんですが。

じゃぁ話の本筋はなんなのかということですが、前フリからもわかるように
我が家のことですから、二足歩行動物(人間)の話題のわけがないわけで、
じゃぁどの四足歩行の話かといいますと、
どの四足歩行よりも長い時間をともにしている
サーメルの話になります。
この話に題をつけるとしたら、「うちの子に限って・・!!」
これ以上私たちの気持ちを表す言葉はないんじゃないかと。
e0066474_2133575.jpg
野生動物を飼うということはこういうことなのかと今回
サーメルにがっつり教えられました。ですのでこの機会に
その経験を覚書として書いておこうかと思い立った次第でございます。

実はおろおろするばかりだった私は、冷静に記録にとどめておこうと
思いが及ぶまでに時間がかかりました。
といっても、振り返れば、ことがはじまってから
記録しておこうと思いたつまで、ほんの数日のことなのですが、
カレンダーを見て過ごすことのない生活をしていると、混乱していたとはいえ、
それが昨日だったか、一昨日だったのか、こうも思い出せないものなのかと
ちょっと愕然といたします。。

ま、そんなことはどーでもいいのですが、
話は7月10日にさかのぼります。


前回の更新時にちらっと書きましたが、
わんこのティーニーとタイニーが我が家に来てから、
突然サーメルが幼児ガエリをしました。
e0066474_214467.jpg

ガゼルの幼児ガエリってなんぞやという話ですが、
サーメルが2・3ヶ月のまだちっちゃい頃は
ほとんどが外での生活でした。小さな囲いがサーメルの居場所だったのですが、
相方さまがでかけるたびに、また帰って来た気配を感じるたびに
ブぃーブぃーとよく呼びました。
大人になってからは、そうやって鳴くことは幼少時ほど頻繁では
なくなったのですが、
わんこたちが来てからは、驚くほどに激しくなりました。

ちょっと姿が見えなくなっただけで、通常のブぃーブぃーではなく
なんでしょう、この世の終わりですかいなーというくらい、聞いていても
切なくなるような、ばぁぁぁぁー(切ない?)という鳴き方をするのです。
またそれまでは、私がいなくてもそんなに気にする様子をみせなかった
サーメルが、相方さまを呼ぶほどでないにしても、私を呼ぶようになりました。
みんなそろっていないとサーメルは落ち着かないのです。
みんなそろって庭にいればどうやら安心するらしく、鳴くことはないのですが、
庭で草を食べる時は、ほとんどが相方さまの傍です。
e0066474_2142652.jpg

夜も一緒に家に入りたいと、家に戻ろうとする私たちに
くっついて離れません。
まぁそれを私たちはサーメルの幼児ガエリと呼んでいるわけですが、
それが、7月10日、ぴたっと止まります。まさに「ピタッ」。
前日まで激しかったのに、その日の朝は相方さまがでかけても鳴かず、
丸一日まったくうんでもすんでもぶぃでもないわけです。
それと同時にダマーニのお尻の匂いをかぐ様子を
見せるようになりました。

ダマーニのお尻の匂いを嗅ぐのは、以前から突然思い出したように時々
やったのですが、
e0066474_2144865.jpg
幼児ガエリ中はダマーニに見向きもしなかったサーメルでしたので、
幼児ガエリ終わったのかぁ、わんこたちの匂いとか生活ペースとか
慣れてきたんだねぇきっと、甘えなくなるとちょっと物足りないね~。
なんてのんきに言っていた私たちだったのですが、次の日、
びっくりするようなことが起こるのです。

夕方、いつものようにサーメルたちの囲いに連れて行った相方さまを追って、
私はあとから囲いに入りました。日はとっくに沈んでやや薄暗くなりはじめた
時間でした。ドアへ行くのが遠回りだったので、
塀を乗り越えながら「さ~める~だま~に~」と声をかけると、
サーメルがくるっと振り返ります。しかしその目が普通ではないのです。
あれ?と思った瞬間、サーメルは勢いよく砂丘に登ったかと思うと、
そのままの勢いで砂丘を下りながら、私めがけて突進してきました。
振り返った時点で目つきがぜんぜん違ったので、こりゃおかしいと
構えていたのが幸いし、サーメルの角を捕まえることができたので、
怪我はしませんでしたが、遊ぶときとは全然違う、敵対心丸出しのサーメルに
慌てて走り寄ってきた相方さま。サーメルの角をがっとつかむと、
私から離れたところに引きずっていって
「ダメっ!!」と大きな声を出しながら、手に持っていた小枝でピシッと
サーメルのお尻を叩きます。

ここまで大胆に敵視したようにサーメルが角で攻撃してきたのは
初めてでしたが、どうしたわけかサーメルの大好きな麦を持って、
お皿にいれようと歩いていると、突然つっかかってきたことが
以前実は何度かありました
この原因がどうしてもいまだつかめないでいるのですが、
相方さまは、「ここはびしっと厳しくしからないとダメ」と
すごい勢いでサーメルを怒ります。私はわんこならともかく、
果たしてガゼルにそれが効くのか、ちゃんと理解できるのか
恐怖心を与えるだけではないかと自信がなく、
そこまで厳しくできず、ちょっとだらしがないところがありました。

相方さまに叱られ、相方さまを見上げたまま
きっとガゼルを初めて見た人にもわかるんじゃないかと思うほどに、
それはそれは悲しい顔をみせるサーメル。
でも、その一喝が効いたのか、目が覚めたようにもとのサーメルに戻り、
その後寝るまでなにごともなかったかのごとく、みんなで楽しく
時間を過ごしました。
いったいなんだったんだろうね~、原因をさぐらないとねー
と言いながらも、まさかこんなのは序の口で、次の日はさらに
えらいことになるなんて思いもせずに、その日は就寝したのでした。

e0066474_2151616.jpg
食べちゃだめだっていうのに、新しい木の葉を
食べてへへーんと得意気なサーメル。
e0066474_2153121.jpg
とても穏やかな顔のサーメル。
両方とも10日に撮影。


7月12日

朝、相方さまが先にサーメルたちを庭に出します。私はといえば
先日のできごとなんぞすっかりあたまから抜け、
ティーニーとタイニーの散歩とご飯を終えて後から合流しました。

囲いのドアを開けて、相方さまからちょっと離れて草を食べていたサーメルに
「サーメル~おはよ~」と近づいていきます。
ーといきなりくるっと振り返ったかと思うと、そのままの勢いで
これまた突撃されたのです。
このときは距離も近く、全くの予想外のことに心も体も準備がなかったため、
その勢いを防ぎきれず、サーメルはそのまま私の足に激突、頭は私の足を強打。
幸い私の足の幅がサーメルの左右の角の間とさほどかわらなかったので、
膝頭はサーメルの頭にぶつかり、角は私の膝の左右をかすめていきました。
ただ先が内側に曲がった角にぴったりサイズでなかった私の足は、
無傷と言うわけにはいかず、膝左はかすり傷ですんだものの、
膝右側はかなり深く切れました。

深い傷はたまたま痛点のない場所だったのか、血も出ているのに
不思議と痛みがまったくなく、どちらかというと慌てて出した手に
角の先がぶつかり、そのときにできた小さい小さい傷のほうがひりひりと
痛かったのですが、でもそんな体の傷よりも、非常にありきたりの
セリフではありますが、心の傷のほうが大変大きく、大変痛かったので
ありました。
昨日に引き続き今日。それも私だけ。いったいどうしちゃったのか
悲しくて泣けてくるのです。

傷の手当てをして相方さまとふたりでサーメルたちのところに戻ると、
ちょっとよそよそしい感じをうけはしましたが、
近づいて、いつものごとく耳元や体にチュッとすると
まったくいつものサーメルです。混乱するばかりの私たちでした。


蛇足というか私信というか、のんたさん、キズパワーパッド、すごい。
よく効きました。日本から買ってきて結構経ちますが
やっと日の目をみたキズパワーパッドです。


さて、相方さまと緊急会議です。
当然会議議題は「いったい何がサーメルにおこったのか」。
この時点で考え付いたのは以下のことでした。
1、わんこのことで非常に精神不安定になっている
2、職人さんたちが屋根作業をするようになり、見えるところの
  人の往来が激しくて恐怖心で情緒不安定になっている
3、着ている物が悪かった

この3番目を説明いたしますと、前日の夕方、そしてこの日と
私は膝宛のあるズボンを履いていました。サーメルがまだ小さい頃、
膝をつけて遊んだときにできたズボンの穴に、実家の母が
つけてくれたものです。これがライオンの絵なんですね。
今思えば笑い話なわけですが、当の私たちは、そりゃそりゃ真剣です。
もしかしたらライオンの絵が気に入らなかったのかもしれないから
明日からライオンの膝宛がついたズボンはサーメルの前で
履かないようにしようなどと、本気で二人で考えたわけです。
いやほんと、今書きながらも笑っちゃうんですが。
e0066474_216387.jpg

膝の草食動物の天敵ライオン。













1のわんこについては、慣れてもらうしかありません。
2の可能性も考えて、職人さん達が働き始める時間には
囲いの中に戻すようにすることにしました。
サーメルがもし危険な行為をするようならやはり
厳しく叱らないとダメだと、ここに来てもまだ迷う私に相方さまは
らくだの例をとって説明します。

と、そんな会議中、サーメルが木の枝を角でがりがりやり始めました。
これ、角が生えてきて根元が痒いのか、それとも単に遊んでいるのか
よくやるのですが、木によっては折れてしまうので、
ダメ!と遠くからでも声をかければ、そろそろっと離れていきます。
それでも続けるようなら、「ダメだよ~」と
ちょっとお尻を押すと木から離れていくのです。

声をかけてもだめだったので、いつものようにお尻を押す為近づいていくと、
これまた急に振り返って戦闘態勢で向かってくるのです。
今度は私もがっつり心の準備していたので、角を掴むことができ、
思い切って厳しく叱りました。
このときはそれでサーメルが元に戻ったのです。なるほど
こういうのもときに必要なのかと思ったのですが、この方法が
効いたのはこのときが最初で最後となりました。

次の日日本からのお客様が我が家に来ることになりました。
残念ながら塀越しの対面です。かわいいといってもらいとても嬉しかった
私たちですが、お客様を見る目もどこかおかしいと相方さまも私も
思っていました。

ちなみにこうしてサーメルがなにか変化をしている間、
ダマーニはいたって普通。なんの変化もないように私たちの目には
そう見えました。でも実はそうではなく、この「我関せずヨン」の
顔をしていたダマーニの、目に見えない変化こそがサーメルの豹変に大きく
関係していたんだと、あとあとになってからわかることになります。
e0066474_217086.jpg
「私がなにか?」


サーメルとダマーニの一日は、早朝庭に出て、
天気が穏やかなときには午前中にもう一度庭に出て、
お昼は影で昼寝をし、3時頃起きてもそもそ食べたりうろうろしたり、
夕方5時半頃から暗くなるまで庭に出る・・というのが
通常です。
昼寝している時間に、私はちょこちょこ覗きに行き、
一緒にうとうとしてみたり、隣で本を読んでみたりしていました。

いつものように、寝ているところを驚かさないように声をかけながら
囲いに入っていき、座っているサーメルの横に腰掛けました。
すると間もなく緊張した面持ちでサーメルが立ち上がります。
眠いせいなのか、突進してくるような様子はみられませんが
なにかそわそわして、そろっと私から離れていきます。
ゆっくりおそるおそるサーメルに近づき、体にチュッとやってみるのですが
顔も体もまるで初対面の人に見せるような様子のサーメルに、
なんとも落ち込む思いで、なんだか一人、ぽろぽろ泣けてしまいました。
e0066474_2172026.jpg


次回へ続く・・。
by hanamomoact | 2006-07-27 21:13 | サーメル野生児週間

小粒薄味(色)がティーニー、大粒濃厚がタイニーです。

e0066474_20575922.jpg
タイニーが抱えているボールは
タイニーの宝物。


e0066474_20584216.jpg

e0066474_20585338.jpg



e0066474_20582311.jpg

by hanamomoact | 2006-07-27 21:02 | ティーニー・タイニー

前回の「これなんだ」続き。

中に鉄骨をいれて、閉じます。
e0066474_20515681.jpg

e0066474_20522183.jpg

・・・家の中にトーテンポール?

そして中にコンクリートを流し込んで一日置き、
ご開帳~。
e0066474_20523868.jpg

で、出てきたものは、
e0066474_20525688.jpg

・・・電信柱?

この電信柱様の柱、コンクリートを流し込む前に
こんな細工をしました。
e0066474_20531345.jpg

さて。いったいナンなんでしょう~。
完成してからのお楽しみ~って誰も
さして楽しみにしていないんじゃないかという
現実は、あまり見えない前向き派。


お楽しみにっ。

おまけ。
e0066474_20533269.jpg

これもなんだ。
by hanamomoact | 2006-07-27 20:54 | UAE生活

7月に入りまして、

e0066474_21255764.jpg



朝6時半には37度というやんなっちゃう夏をすごしています。
これでも今年は涼しめの夏。
しばらく更新できなかったストレスを発散するが如く
やたらに更新いたしました。

北半球の皆様、夏はいかがでございましょうか。
南半球にお住みの方でこのブログ見ている人はいるんでしょうか。
そんな淡い期待(?)も兼ねて、寒中お見舞い申し上げます。

暑中お見舞い企画、先日全て郵送を終えました。
遠くは遥かメキシコまでさぁ、ちゃんと着いてくれるでしょうか。
慣れないにゅープリンター使用で、数多く失敗作を
生み出しましたので、それらは身内に。
そんな愛のこもった失敗はがきも
間もなく着くかと思います。
e0066474_21262456.jpg

by hanamomoact | 2006-07-12 21:26 | 思いつき企画

この地平線の先は

e0066474_21245058.jpg
どの国の誰につながっているのかなぁ。
by hanamomoact | 2006-07-12 21:25 | サーメル・ダマーニ/はなもも


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る

検索

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

人気ジャンル

ブログパーツ