<   2008年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

七変化。

雪耳なしガゼル→かろうじて雪サーメル→頭に突起物のついたふわふわうさぎ
と、変化を遂げていき、
きのうの夕方には
妖精ちっくな姿に変わったと思ったら、
e0066474_1040516.jpg


今朝には、しぼんだ鷹みたいになってました。
e0066474_10404563.jpg



妹さま。
「雪降ったけど、溶けちゃったんだってって言えば
いいんじゃないのーそんな子供に気つかわんでも」と言って、
とりあえずしょぼい雪ガゼルウサギを作って冷凍したそんな私に反し、
「ちゃんとした雪だるまつくってあげておいたら?」と
孫思いのじーちゃんばーちゃんが言うので、
作ったよ。
e0066474_10435764.jpg


雨まじりのミゾレが降るので傘差しながらの、雪だるま作り。
e0066474_1044788.jpg
冷凍、しておきました。





あ、そうそう角つけた雪ガゼル見た相方さまに
「うさぎ、かわいいねー」ってほめられました。
by hanamomoact | 2008-01-23 10:50 | 日本でのこと

さらに銀。

昨夜のうちには降り止んでしまった雪、
朝はピーカンのお天気でしたが、
なんとか寝坊した私をまっていてくれまして、
カーテン開けたら、
e0066474_1057327.jpg
眩しっ。


昨日の蛙もこんなんになってました。
e0066474_110020.jpg
ち、ちべたい・・



え~また降ったの~ずるーいという
先日のお天気予報の裏切りにがっかりした
関東近辺お住まいのみなさんに、

いいだろ~。
e0066474_105944.jpg
e0066474_10591011.jpg
e0066474_10591738.jpg
e0066474_10592440.jpg




でも、すごい勢いで溶け始め、
木の上からははらはらと雪が落ちています。
午後あたりから、どろどろべちゃべちゃ間違いなし。
e0066474_111945.jpg



「山を下りられなくなると困るから」と
山の下に車を置いてきたので、
今朝は歩いて山くだり。
いってらっしゃ~い。
e0066474_1124967.jpg

by hanamomoact | 2008-01-22 11:04 | 日本でのこと

変身。


朝作った雪サーメルは、午前中のうちに
ゆっくり前のめりになり、鼻水やら汗やらよだれやらを
だらだら垂らして、徐々に小さくなっていたので、
あ~早いな~と思っていたんですが、

が!

また降りましたですよ。
e0066474_021156.jpg


ぱらぱら降ってもつもるほどじゃないかな~などと
思っていたんですが、ところがどっこい
降ること、降ること。
e0066474_03575.jpg


テラスの隅っこで、小さくなっていた雪サーメルは
気づいたら、降る雪をかぶって
ふわふわのうさぎみたいになっていました。
e0066474_043329.jpg


よく見たら、頭あたり、突起物がいっぱいで
おかしなことになっていますが、
かわいいうさぎちゃんってことで。
e0066474_051342.jpg

by hanamomoact | 2008-01-22 00:08 | 日本でのこと

はなと、ももの大好きな雪。

朝起きたらまっちろでした。
e0066474_10594454.jpg


e0066474_1181830.jpg


こんな温暖気候のここで、雪降ろしを体験。
って言ったって、ネットに積もった雪ですが。
e0066474_1103545.jpg
まるで働いているかのように見えますが、
実は9割以上母が降ろし、最期のちっとだけ。
e0066474_11142100.jpg


でも、ちょっとやったら飽きちゃって
e0066474_1121993.jpg


雪っていったら、やっぱりこれでしょ~。
e0066474_1125530.jpg


作っているのを見た母、
「南天の実があるよ~目にしたら?」と。
ありがたい心遣い感謝します。

でも、これ、うさぎじゃないですからっ。
ガゼルです。ガゼルー。
見ようによっては、ティー二ーにも見えるけど。

で、前記事に載せました、わさびさんが送ってくださった
むくろじの種をつけてみました。

あくと、どう?
ーと見せてみたら、
e0066474_115415.jpg
鼻をがぶっとやっちゃいました。
おいしそうに見えたそうです、サーメル。

e0066474_1161864.jpg
えへ。


サーメル一家を作ろうと思ったんですが、
寒いし、冷たいし、根気がなくてやめました。


e0066474_1173896.jpg


はなとももの上も真っ白。
e0066474_1175964.jpg



「はなとももの大好きな雪」。
まだ、「はなとももの大好きだった雪」とは
いえそうにありません。


(追記)
妹よ、そして母よ、これならどうでしょう。
e0066474_14221011.jpg
e0066474_14221971.jpg

by hanamomoact | 2008-01-21 11:17 | 日本でのこと

前記事の「ユキちゃん」

やる気(?)になったので、
HP本館の方に載せてみました。
by hanamomoact | 2008-01-19 10:59 | UAE生活

トトロからの贈り物。


郵便受けを覗いたら、
e0066474_15372725.jpg



トトロからこんなものが届きました。
e0066474_1538190.jpg


ーなんちて。
これ、トトロじゃなくって、わさびさん(すみません~)が
送ってくださった「むくろじ」という木の実。

わさびさんのブログではじめて、この「むくろじ」というものを
知ったのですが、写真を見て、
「いや~なんとも綺麗な木の実だなぁ」と
ちょっと検索してみたら、「無患子」と書いて
「子供が患わない」という縁起物で、
羽子板の羽の玉(?)の部分に使われた(る?)んだそうで、
いただいた実を板に当ててみたら
なるほど、いい音をたてて跳ねました。

外殻は、ガラス球のようで、半透明。
でも、ほおずきのように繊細ではなく、けっこう丈夫。
振ると、コロコロ音をたてます。
e0066474_16382991.jpg

e0066474_15532438.jpg

その半透明さは、自然の織り成すまさに芸術。
でも、私の写真ではその芸術度合いがぜんぜん伝わらないので、
ぜひ、わさびさんのところで堪能してください。


e0066474_15535264.jpg
おいしいもの?



トトロってととろじゃなくってトトロだったのですねー
というわけで、修正。
by hanamomoact | 2008-01-18 16:00 | 日本でのこと

冬のパチパチくん。


これ、普通のあくと。
e0066474_15321725.jpg


で、
「あくと~」と、化繊の入った服なんかで
ぎゅーっと抱きしめると、
e0066474_15325581.jpg
どわ~

で、ぱちぱちなって痛い抱擁。
by hanamomoact | 2008-01-18 15:34 | 日本でのこと

続々と送られてきたので

そのまんま続々と載せちゃいます。

雨が止んでみんなおおはしゃぎだと
書きましたが、中でもおかーちゃんが
一番はりきっていたそうで、
e0066474_14455081.jpg
e0066474_14455923.jpg


負けずに、末っ子もダーッシュ
e0066474_1446348.jpg



その末っ子は、なんだか凛々しくなってきましたが、
アミールが母にそっくりだったのに比べ、
ザーヘルは、父ちゃんサーメルのこの頃にあまりに似ていてびっくり。
e0066474_14493027.jpg


こういうことを、うれしそーにやらかすのも、
父譲り。
e0066474_1450890.jpg



「父・母は仲良くお食事、子供たちは両親の近くで、
次男は長男と遊びたくってちょっかいを出し、
それに長男はのっかりそう」そういう家族画です。
e0066474_15302247.jpg
あ~会いたくなっちゃったな~。
by hanamomoact | 2008-01-18 15:31 | UAE生活

「ユキちゃん」

ーというタイトルで長々と記事を書いたんですが、
書き終わったあと、ナニユエコノタイミングデ・・と
絶妙なタイミングで、PCが固まりました。
すべて白紙に。

力尽きました。

で、その記事で載せるはずだった
本日相方さまから届いた写真だけとりあえず。
e0066474_0263331.jpg
e0066474_0265886.jpg
e0066474_027893.jpg
e0066474_0271696.jpg
e0066474_0272463.jpg
e0066474_027326.jpg


記録的に続いた雨がようやく止んで、
今日はみんな大はしゃぎだったんだそうです。
by hanamomoact | 2008-01-18 00:28 | UAE生活

づづきまして~

家の中では暗いので外に持ち出して
撮ってミマシタ。
e0066474_114722.jpg


左は水差し、
右はデキャンタ。


今までお客さまお泊りのお部屋には
ポットを置いていたので、これからはこれで。
ところどころ細工の入った、
置くのも楽しくなりそうな、とても綺麗な形。
e0066474_1182056.jpg


デキャンタは、もともと下にオルゴールがついていたんだとか。
それはなくなっちゃっていたけれど、
我が家ではオリーブ油を入れるのに
大活躍しそうです。
e0066474_11112034.jpg



前記事左後方に見えるは、シャンパングラス。
なんですが、それがシャンパングラスだって知ったのは
お会計のときに「えーシャンパングラスは・・」と
お店のご主人に言われたとき。
思わず「え?これってシャンパングラスなんですかっ」と。
なにせ、こんなんでシャンパン飲むなんて生活したことないもんで。

銀縁。ガラスの細工がとてもきれい。
e0066474_1123541.jpg


で、何だと思っていたのかと言うと、アイスをいれるカップ(「シャンパングラス」
に比べたらなんとチープな響き。すまんね、シャンパングラス)。

で、なぜ「アイスをいれるカップ」に手が出ちゃったかといいますと、
じゃじゃーん。
e0066474_11241222.jpg




これも今回帰省時に入手した代物。
アイスクリームメーカー(手動)。

相方さまが抹茶アイスクリームにはまっていることは
前述しましたが、市販の粉で作ったのは
いまひとつの舌触り。
それじゃ、アイスクリームメーカーなんかで作ったらいいのかな~と
なんとなく検索していたら、
手動のアイスクリームメーカーがあることを発見。
持っている人の話なんかを読むと、もう10年とか15年使っているとか。
しかも簡単で、楽しい。
電動じゃないので、電圧の違いとか気にしなくていいし。

で、欲しい!と興奮したんですが、なんと残念なことに
これを作っていた会社が春に倒産しちゃって
もう作っていないんだとか。
なんで、どこかに売れ残りなんかはあるかもしれませんが
普通には手に入りにくいことが判明。
ちょっとがっかりしたんですが、
でも見つけちゃっいました。オークションで。
便利な時代やね~。

ちゃんと使えて、またできたアイスがおいしい!
そして作る段階が楽しい!
しかも至極簡単(これ大事。)!!

ーと「!」いっぱいのめっけもの。
箱なんかは黄ばんじゃってまして、
説明書の内容もちょっと「時の流れ」を感じるので
これもある意味アンティーク。


もうひとつ今回骨董屋さんでみつけたものがこれ。
e0066474_1150537.jpg
泡だて器(ハンドル式)。


ケーキを作ったり、お料理にこったりということがないので、
泡だて器にこんなのがあることを知らなかったのですが、
お店で見つけて「へ~こりゃ便利だね」と。

電動はコードをひっぱったりしなきゃいけないし、普段あまり使わないので
引き出しの奥に入っているということもあって
「めんどくさいな・・」という気になり(すごいなまけもの)、
必要のあるときは、普通の泡だて器を使っていたんですが(そのほうが
めんどくさいんじゃないかと言うことは重々承知の上で。)、
「電動と、中とって(?)これいいな~」と。

しかも、機能性に加えてちょっと心躍るデザインになっていて
まわしたときの音がこれまたよろしく
これも一目ぼれ。


上に出たアイスを作るときに泡だて器があると便利なのですが、
甥っ子には普通の泡だて器が大きくてなかなかやりにくく、
倉庫で見つけた私達が遊んだ「おままごと」の泡だて器を
使っていました(これがまたちょうどいい)。
e0066474_11511665.jpg
こんかい入手したこの泡だて器だったら、1歳半・4歳児でも簡単に使えるし
これまたくるくる楽しいので、おおいに活躍しそうです。
また一緒に「「どんびえ」しようね~。
by hanamomoact | 2008-01-16 11:56 | 日本でのこと


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る

検索

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

その他のジャンル

ブログパーツ