<   2008年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

あっというまに

8月ももう間もなく終わりですね~

本日ちらりと時間ができたので動画をひとつ更新。
最近ちょっと忙しくて相手にされないクブズ、
私がこもっている部屋に来ては
相方さまのPCのキーボードの上を行ったりきたりします。

音がちょっと小さいですが、
PC、ポンポンポンポン音をたてていて、
後で見たらたくさん画面がたちあがってました。
夢中になってキーボードを叩いて(?)いるので
呼んでみたら
「なに?呼んだ?」とクブズさん。


これでも相手にしてもらえないと、
私の使っているPCのところに来て
これみよがしにキーボードの上をタカタカ歩くので
見たこともないメッセージが出たりして
「あ~!クブズ、画面が、画面が~!!」と
毎度大騒ぎです。


では、またお休みに戻ります~。
残り少ないですが、引き続き楽しい夏を!
by hanamomoact | 2008-08-23 04:01 | クブズ

ちょっくらお休みいたします。

サーメルブログに続いちゃいますが、
8月いっぱい更新お休みいたします~

北半球のみなさんは暑い毎日がまだまだ続くことと思いますが、
ほら、ものは考えよう!
終わっちゃったら「冷たい麦茶がおいしい」とか
「冷やし中華がおいしい」(食べることばっかり?)とか、
他にも夏しかできないことはまた1年お預けなわけで、
来年も同じ夏がくるとは限らない。
「今しかないのだ」とそう思い込んで(?)
せっかくですので、暑い夏だからこそを
楽しんで元気にお過ごしくださいませ~。

また9月にお会いしましょう~。
(どうかネタがたまりすぎで大変なことにならないようにと、
平穏無事な(?)日常を祈り・・)
e0066474_17482191.jpg





では、また!

e0066474_1747476.jpg

by hanamomoact | 2008-08-11 17:59 | サーメル一家

「子山羊が我が家にやってきた」その6

さて、サーメル一家にクブズと、例によって四足だったり、
羽根が生えていたりする家族に
対面を果たした金さん銀さんですが、
残る四足家族、てぃーにーたいにー。
e0066474_1727970.jpg


実はこの子達が一番心配でした。
というのも、猟犬の血が入っているんじゃないかと思うほど(たぶん
入っていると思う)、すばやく動くものに目がない。
砂漠でガゼルを見たら、ダッシュで息が切れるまでおいかけていっちゃうし、
鳥が近くを飛ぼうもんなら、跳ねて飛んで走って捕まえようとするし。
ネズミやサンドフィッシュなんかが目の前を通ったときの
反応の早さにはびっくりします。

というわけで、子山羊達が今まで同様動き回ったら、
がーっと追いかけちゃうんじゃないかと
ドキドキ。

なので、まずはリードをつけてご対面。
e0066474_17281821.jpg


ティーニーはそれほどではありませんでしたが、
タイニーは興味津々。
e0066474_17285723.jpg



でもただならぬ雰囲気を感じたのか、
いままでとはうって変わって、固まったままだった金さん銀さん。
このあと、てぃーにー、たいにー順番に金さん銀さんに
近づいて匂いをかいで(それはそれはしつこいほどに)、
ふがふが舐めて確認儀式。
安心して子山羊たちを遊ばせるには
もうちょっと時間がかかりそうです。



というわけで、みんなと対面を果たしたころ
ちょうど気温も高くなってきたので
山羊仲間の待つみんなのところへ帰ることになりました。
e0066474_17321396.jpg
e0066474_17322996.jpg
e0066474_17324629.jpg
e0066474_17331132.jpg
e0066474_17333719.jpg

楽しい時間をありがとう~。



で、今度は子牛連れてきたいって言ったら、
それは無理って言われちゃいました。


完。
by hanamomoact | 2008-08-11 17:37 | ティーニー・タイニー

「子山羊が我が家にやってきた」その5

山羊って、以前ちらっと載せたことがありますが、
山に羊と書いて山羊って読むくらい、山登りが好きです。
ことに岩山。「え?どうやってそこまで登ったの?そしてどうやって
おりるの?」ってところをひょいひょい行ってしまいます。

ここにいる家畜として飼われている山羊は普段砂漠(砂)の上ですが、
ときどき、屋根の上に乗っていたり、
小さい小さい子山羊でも、平気でちょっとした高さのブロックの上などは
登ったり降りたりしちゃうのです。


というわけで、我が家の階段は金さん銀さんの
格好の遊び場となりました。
e0066474_1710148.jpg
e0066474_17102634.jpg
e0066474_17103968.jpg
e0066474_17105796.jpg



それから、山羊って意外と人懐っこく、
なかでも銀さんはけっこうな甘えん坊です。
e0066474_17121651.jpg
e0066474_17123455.jpg



でも、懐っこいのは、哺乳瓶のミルクで育った子だけ。
まだ他にもたくさん子山羊・子羊がいますが、
母のおっぱいで育った子達はまったくそばによってきません。
以前紹介したミルクをあげていた二匹の子羊(山羊じゃなくて羊)は、
結局母のおっぱいが出るようになったので、途中から
母羊がおっぱいをあげるようになり、
ミルクはまったく飲まなくなったのですが、
それと同時に私たちと距離を持つようになりました。
母、しこんだな・・。


というわけで、楽しく遊び
e0066474_1715316.jpg


e0066474_17154952.jpg
磁石?



次なるは、ティーニータイニーのところへれっつごー!
e0066474_17165170.jpg



・・・おまたせしました、やっと次が最後です。
by hanamomoact | 2008-08-11 17:21 | UAE生活

「子山羊が我が家にやってきた」その4

子山羊達の訪問にくっくるくっくーが止まらないクブズさん、
しばらく離れたところで監視していたんですが、
ここで、トム・・・ならず相方さまの登場。
ジェリー・・・ならずクブズさん
「こんなところでくつろいでいる場合じゃないよ!」と慌てて飛んでいきます。
e0066474_1643130.jpg



で、頭にとまってくっくるくっくー。
e0066474_16434772.jpg



おかしなことになっていますが、
相方さまの手の上にいるのはクブズです。
そして、階段の上で激しく飛んでいるのは銀さんです。
e0066474_16443319.jpg



「乗ってみ」と金さんの背中を薦められたクブズ、
ちょっと抵抗してみたものの、
e0066474_16461757.jpg



あれ?意外と乗り心地いい?
e0066474_16465746.jpg



でも油断してたら尻尾で叩かれた。
e0066474_16474058.jpg



乗せてもらったのに、お礼も言わず
プンプンしてえらそうな裏番長でした。
e0066474_16511160.jpg


e0066474_16514181.jpg



e0066474_16521223.jpg



・・・あとちょっと続く。
by hanamomoact | 2008-08-11 16:54 | クブズ

「子山羊が我が家にやってきた」その3

番長サーメルとその一家との慌しいご対面を終え、
次なるは、隠れ番長クブズのところへ。


本当はお客さんの部屋なのに、
すっかり自分の部屋と決め込んでいる部屋の窓わくに立って
既に警戒態勢の隠れ番長。
e0066474_16143825.jpg



金さん、めっちゃ見られてますよ。
e0066474_16152720.jpg



クブズ、違うところを見ているように見えますが、
実はクブズは何かをみるときに、正面で見るときと、
顔を横に向けて見るときがあります(目が横についてるから?)。
というわけで、これ、銀さんに
「こっちにくるなよ」と、にらみきかせているところ。
e0066474_161737.jpg



って、くるなっていってんでしょ!
くっくるくっくー!
e0066474_1618938.jpg



く・くっくるくっくー、くっくるくっくー!!
e0066474_16191218.jpg
写真小さくて見難いですが、
クブズ、すごくいじわる顔をしています。

「よくわからないものは怖い」とか「近寄らないほうが無難」とか
そういう言葉が辞書には存在しない鳩のクブズさんは、
ぜんぜん物怖じいたしません。


まったく油断も隙もあったもんじゃないよ・・と
常に監視体制のクブズさん。
e0066474_16211480.jpg


とりあえず遠くから観察していたんですが、


・・・そしてまだつづく。
by hanamomoact | 2008-08-11 16:39 | クブズ

「子山羊が我が家にやってきた」その2

一気にいくといったら、一気にいきます。
さて続き。


番長はこのふたりがいったい何者なのかを確認するため、
適当に距離をおいて、金さん銀さんを観察したかったのですが、
e0066474_15525082.jpg



あ、目が合っちゃった。
e0066474_15531365.jpg


と思ったら、金さんが大接近。
e0066474_15533743.jpg


銀さんは、マイペースに見えて実は、
「君子危うきに近寄らず」といったところで、逃げるわけでもなく
近寄るわけでもなく、なんとなくサーメルと距離をとったまま過ごしましたが、
金さんはひじょーに積極的。「さすがオナゴは強いの~」と
相方さまは感心。
e0066474_15561580.jpg

でも、ぜったいに、このサーメルより一段高いところから降りることはなく、
よく計算しているところも、幼いながらに、なかなかにオナゴです。


結局どうしていいかわからずただひたすら
様子を窺うしかない番長サーメル。
e0066474_16059.jpg
e0066474_1601842.jpg



でも、番長としての威厳は保っておかなくちゃ!-と
とりあえず、近くの枝を角でがりがりと、
「どうだ」とばかりにやってみせる。
e0066474_1612781.jpg



結局こんな具合で、短い時間の滞在だったこともあり、
残念ながら期待に反して、サーメル一家は誰とも
金さん銀さんと打ち解けることなく今回の訪問はおしまい。
e0066474_1625981.jpg



となれば、次はこのお方、
「隠れ番長クブズ」にご対面です。
e0066474_1672843.jpg



・・・まだまだつづく。
by hanamomoact | 2008-08-11 16:16 | サーメル一家

これが本編その1

予告に載せました
「子山羊が我が家にやってきた」(いつの間にか命名)本編。
一気にいきます。


相変わらず任務は続いておりまして、
毎日かわいこちゃんたちにミルクをあげているんですが、
相方さまが「どれか家に連れて行ってサーメルたちに会わせてみるか」と
言い出しました。

というわけで、今回は2匹を拉致。
サーメルたちのいる庭に入るのには、ちょっと複雑で
家の中を通らなければならず、
子山羊さん、これでもかってくらい、いやいや家の中に入れられます。
e0066474_15362877.jpg
やめてーっ




ついてきたものの、こんなところに連れてこられると
思わなかったよ・・と呆然の小山羊さんたち。
e0066474_153799.jpg


・・・いや私の方こそ、山羊が家の中に入る日が来るなんて
おもわなかったですよ、子山羊さん。



で、いよいよ我が家の番長(?)サーメルにご対面~。

だれ、キミ?
e0066474_1538075.jpg
ども。子山羊です。



ちなみに拉致してきた2匹は、双子。
茶色の方が女の子、灰色が男の子。
便宜上、茶色は金さん、灰色を銀さんと呼ぶことにします。
e0066474_15395128.jpg



いたってマイペースな金さん銀さんに、
e0066474_15401555.jpg


番長サーメル、どうしていいかわからず。
e0066474_1541476.jpg


サーメル一家ほかのメンバーにおいては、
ダッシュで自分たちの安全地帯(?)に逃げ込み、
ものすんごく遠くから「ぶびーっ」とお怒りの声をあげておりました。
e0066474_1542162.jpg



・・・つづく。
by hanamomoact | 2008-08-11 15:48 | サーメル一家

予告


今日は更新したいこといっぱいあったんですが、
久しぶりの本館更新に、あーでもないこーでもないと、
やたらとまどい、なんだかぐったり。
ということで、更新するはずだった内容の予告ってことで
ごまかしてみました。
e0066474_20225380.jpg

e0066474_2023842.jpg






e0066474_20232687.jpg






e0066474_2024453.jpg
e0066474_2024195.jpg



e0066474_20243565.jpg

by hanamomoact | 2008-08-08 20:37 | サーメル一家とクブズ

2008年8月8日

本館に、今日は888ってことで「ハハハ」、
なんでも笑い飛ばす日と勝手に記念日。
ーって書いたんですが、もしかしてーとちょっと検索してみたら
たくさんの人がおんなじこと考えていたらしい。
そりゃそうか~。
みなさんのハハハの一日はいかがでございましょうか。
e0066474_20195153.jpg

by hanamomoact | 2008-08-08 20:20 | サーメル一家


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

その他のジャンル

ブログパーツ