<   2009年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

クブズは放っておいて、

ここ最近怒涛更新続きますが、
お付き合いくださいますれば幸いです。
下にものすご~くスクロールが必要です。スミマセン。


カラスに追われてへとへとで家にたどり着いたと思われる
クブズはそのままに、気持ちのいい朝に
今日はいつもより長めの放牧のサラーミーさん。
e0066474_141377.jpg


遠くからみると、強い日光に白い靴下が目立ちます。
e0066474_1431110.jpg


おいしそうに食べているその遠く後ろでは、
e0066474_1435863.jpg


まるで白い肥料袋がおちているがごとくに
(こちらではそういう肥料袋があってよく砂漠をふわふわ飛んでいる)
見えますが、木陰にいるのは、熟睡中の相方さま。
e0066474_146238.jpg


だらんだらん食べながら歩き回っていたサラーミー、
e0066474_14929.jpg


ふと何かにびっくりして警戒します。
e0066474_150155.jpg


見つけたのは、「横になったいったんもめん」ーならず
飛んできた肥料袋ーならず
爆睡中の相方さま。
e0066474_1513714.jpg


相方さまにここまで連れてきてもらって
木陰に入った相方さまを見ているはずなのに、
食べることに夢中でぐるぐる歩き回っているうちに
すっかりその存在を忘れていたらしく、

むむ。。あやしい。。
e0066474_1523037.jpg


しばしうろうろしながら、いったんもめんを観察しているうちに
ようやくそれがなんなのか思い出した様子のサラーミーを見ていたら
家に戻ったはずのクブズが舞い戻ってきました。
e0066474_1535685.jpg


で、寝ている相方さまの頭をずかずか登って、
e0066474_155652.jpg

e0066474_1552946.jpg


私の足まで来たクブズに、
「クブズさん、ちょっとそれは失礼じゃないかしら」と言ったら
”なんのこと?顔”されました。
e0066474_1564022.jpg


みんながそろったところで、サラーミーも寄ってきて
e0066474_1572287.jpg


ねーそろそろ帰ろう~。
e0066474_1575773.jpg


暑くなってきたので帰ることに。
いつもだったら8時くらいが限界ですが
今朝は9時近くまでいれました。
気温は30度近くても、湿度が低いので日陰は気持ちがいいくらい。
でも、これ以上いると、帰りの砂が熱くて歩けなくなります。
e0066474_215964.jpg



(なが~いおまけ)

サラーミー放牧中に、雨が降った後に出てくる砂漠の花を発見。
e0066474_281090.jpg

e0066474_284241.jpg

e0066474_291462.jpg


朝は、あちこちで忙しそうなふんころがしに出会います。
e0066474_2114929.jpg



朝が気持ちいいと、だいたい夕方も気持ちがいい。
というわけで、本日もきのこ狩り。
e0066474_213055.jpg


今シーズン一番大きいのを発見。
e0066474_214460.jpg


大きいきのこ発見に目がとびでちゃいます。
e0066474_21671.jpg
e0066474_21543100.jpg


帰ってきて出迎えてくれたにゃんにゃんに収穫を報告。
e0066474_2172694.jpg


「にゃんにゃんさん、一言」と気分はマイクを持った記者。
にゃ「。。。ノーコメントで」
e0066474_2193491.jpg


サラーミーさんは興味津々でした。
e0066474_220883.jpg


長い記事、おつきあいありがとうございました。
by hanamomoact | 2009-04-25 02:22 | サラーミー

クブズの災難デー


今朝、サラーミー、クブズ、相方さま、私の二人と一頭と一羽で
(数えの単位が違って書くのがめんどくさい)
サラーミーの放牧場でだらだらしていたら、
日本ではよく見るけれど、この辺ではあまり見ない鳥が
そばまで来てました

それは、からす。
e0066474_048515.jpg


極々まれに砂漠を散歩していて出会うこともありますが、
私の中でカラスといったら、都会にいるイメージがあって、
砂漠にカラスってなんだかミスマッチに
見えてしかたないんですが、
これがけっこうかわいい。
つがいなのか、ずっと二羽で一緒。
e0066474_0512560.jpg


しかも、ずーっとなにやらしゃべっている二羽。
e0066474_052795.jpg


カラスって、すごく賢いし、この「真っ黒」ってところがきれいで
魅力的な鳥なので、クブズがカラスだったらおもしろかったかも・・・
などとちらっと思ったんですが、


けっこー大きくて、
e0066474_0531034.jpg


これが家の中をばっさばさ飛んで、相方さまに恋敵アタックをすると思うと、
クブズがカラスじゃなくってなによりーと思い直しました・・。

でも、飛んでる姿に、
大きくて迫力あるな~などと見とれていたら、
e0066474_0481935.jpg


あら、大変。
e0066474_0562260.jpg


カラスにびっくりして飛び出したクブズを、
カラスが追いかけ始めちゃいました。
e0066474_0572391.jpg


はじめは、写真を撮っていた私と、けたけた笑って見ていた相方さま。
しかし、なにやら大きなカラスが2羽でチームワークよく
クブズを執拗に追いかけはじめ、必死で飛び回るクブズを見ていて
不安になった私たち。
e0066474_0594348.jpg


相方さま「銃もってないよ!」
ーい、いやもってなくていいよ、そんなもんっ。

相方さまは慌てて家にもどってクブズを呼び、
私は砂丘の高いところに登ってクブズを呼び、
クブズは必死に逃げ回りながら、私たちのところに
近づいてくるんですが、カラスが容赦なく追いかけてくるので
なかなか降りてこれない。
いや、けっこう本気でまずいかも・・とドキドキしながらも
できることといったら、クブズを呼ぶことしかなかったんですが
なんとかクブズ逃げ切りました。
カラスが離れていくと、ぜーぜーいいながら私のところに戻ってきたクブズ。
その後は、慌てて家に飛び帰っていきました。

実は、この日このカラスの前にすずめに追い掛け回されて
一度ぜーぜーいっていたクブズ。
ここのところ、愛の巣に篭って運動不足だったので、
今日はくたくたじゃないかと思います。
e0066474_135464.jpg



(おまけ)
しばらくして近くで鳩を発見。
e0066474_1153878.jpg


え?クブズ鳩に近づけたの?友達になれたの?
カラスショックで、鳩本能目覚めたの?
と思ってびっくりしたら、
似た配色の違う鳩でした。
相方さまも遠くから見ていて、クブズだと思ったそうです。
一瞬、「あ、これでクブズ鳩として我が家を出ていっちゃうのかな」と
思ったんですが、それが割りと「これでよかった、クブズ幸せになれる」と
ほっとした気持ちだった自分になんだかちょっと安心しました。
by hanamomoact | 2009-04-25 01:19 | クブズ

タイニーの挑戦。


そういうわけで、今朝もそれはそれはすがすがしい朝でした。
e0066474_215276.jpg


こういう日は、朝陽が昇る瞬間に空が金色になります。
e0066474_073399.jpg


リードをはずしてもらい、「待て」と言われている最中、
e0066474_08193.jpg



てぃに~、たいに~こっち向いて~と
呼ばれてよそ見してたら
e0066474_084655.jpg


「よしっ」と言われて、ちょっと慌ててスタート。
e0066474_095133.jpg




ふと遠くを見たら、気球が浮いていました。
きっと最高のご来光見れたよね~などといいながら
見ていたら、
e0066474_0104825.jpg



タイニーさん、気球発見っ。
e0066474_0112646.jpg



怪しい空飛ぶ物体発見に、だーっしゅ!!
e0066474_01294.jpg



ティーニーさんは、わけかわらず、でもとりあえずダーッシュ!
e0066474_0122821.jpg




結局気球は捕まらなかったようで(当たり前だが)
しばらくすると、お散歩終着点一番高い砂丘に
戻ってきました。
e0066474_0135558.jpg



後から追いついた相方さまに
「見失っちゃったよ~」と報告。
e0066474_0143469.jpg



タイニー、ほらあそこだよ。ーと言われて気球発見も、
「諦めが肝心」が座右の銘のタイニーさん、
すっかり気球追跡への熱は冷めちゃってました。
e0066474_0152754.jpg



気球みてたら、あら、ガゼル発見。
といっても、この写真じゃ小さすぎて
どこにいるか至極わかりにくいですが。
e0066474_0181289.jpg



この後、遠くまで行っちゃって
何かに夢中でなかなかもどってこなかったふたり。
追いてっちゃうよ~と言われて大慌て。
e0066474_0194624.jpg

by hanamomoact | 2009-04-25 00:36 | ティーニー・タイニー

青い

ここ数日、冬に戻ったような鮮やかな景色が多くて、
朝陽の昇る、お隣の国オマーンの山の稜線もはっきり。
e0066474_21223992.jpg


気温もぐっと下がって(朝だけだけど)、
お散歩が楽しい。
e0066474_21233437.jpg


ぺたぺたくっついてもお互い暑くないし。
e0066474_21314656.jpg


なによりもこういう日は空が青くてうれしくなります。
e0066474_21325096.jpg
e0066474_21322844.jpg


空が青い日は、砂漠の砂の色も鮮やかで、
朝陽があたると風紋が浮き出て見えるので、
e0066474_2134040.jpg



じーっと見ているとくらっくらしてきます・・。
e0066474_2134336.jpg

by hanamomoact | 2009-04-24 21:39 | 砂漠

ご近所さん。

サラーミーさん、柵から頭を出して
何をじーっと見ているかといいますと、
e0066474_2124797.jpg



夕方になるとお散歩で前を通る、
お馬さんたち。
e0066474_215356.jpg



最初の頃は通るたびにサラーミー大興奮で
まだ姿も見えないうちからそわそわしはじめて、
見ればひひひーんと声出して走り回ったものですが、
しばらくするとこんな風に見送るだけになり、

どもども~(足掻きながら)
e0066474_2162491.jpg


今では、「ほら、サラーミー、お友達通ってるよ!」と
言ったって、「いいです。今忙しいので」と食べることに夢中で
まったくもって無反応となりました。つまらん。


お馬さんが通る時と、らくだちんたちが通る時、
サラーミーの反応は全然違います。
e0066474_219284.jpg



この反応の違いに、ちゃんとらくだと馬と区別がつくんだな~と
変なことで感心。まー人間だって人間とお猿さんの区別は
間違いなくできるので、こんな疑問、馬やらくだにしてみれば
おかしなこといいますね~てなもんだと思いますが。
e0066474_2134444.jpg

by hanamomoact | 2009-04-23 02:28 | サラーミー

ワクワクドキドキハラハラキュンキュン

ここ数日で、ダマーニのお腹、遠目で見てもわかるくらい
動くようになりました。
e0066474_23524046.jpg



これから数ヵ月後、サーメル一家はまたダイナミックに変化していくことになります。

おねーちゃんハディーヤは、マラークが生後1ヶ月を迎えた頃から、
上のお兄ちゃんたち同様、母から突き放されるようになり、
今は一人でいる姿を見る機会が増えています。
これはみんなに起こることだとわかっていながら、
見ているほうは、なかなかに切ない。
e0066474_004196.jpg


まだこんなにぴとぴとくっついている次女マラークですが、
当然、このマラークにも同じ試練は待っています。
e0066474_021523.jpg

e0066474_025282.jpg


こう見えてもけっこう厳しい母ナノデス。
e0066474_095675.jpg



そんなことは思ってもみないマラーク、
ときどきとっくに卒業したはずのおっぱいを
飲みたくなっちゃったりしてます。
e0066474_061122.jpg



いまのうちに、いっぱい甘えておかなくちゃね、マラーク。
e0066474_0113954.jpg



元気な胎動を見るたびに、
赤ちゃん元気なんだ~と新しい命にワクワクしてみたり、
何度も書いていますが、前回のお産が大変だっただけに、
いよいよお産近づいてきたなぁと思うと、ドキドキしたりハラハラしたり、
は~マラークも間もなく自立か~道考えてあげないといけないなぁと切なくなったり。
そんなわけで、まだ2ヶ月もお産までにはある予定ですが
いろんな思いで毎日を過ごすことになりそうです。
あ、名前も考えなくっちゃいけないんでした。
サーメル、ダマーニ、アミール、ザーヘル、ハディーヤ、マラーク・・・
それぞれに思いをいっぱいこめて名づけてみたんですが、
そろそろネタ切れになりそーです。
by hanamomoact | 2009-04-21 00:21 | サーメル一家

クブズのライバル。

お馴染みさんはタイトルから想像つくかと思いますが、
クブズと相方さまのお話です。
下にずら~っと長いです。


どれだけクブズが私に恋しちゃっているかは
昨日ご紹介しましたが、
そうなると、相方さまはクブズにとって恋のライバル。
毎日毎日ふたりでもめてます。

♪けんかをやめてーふたりをとめてー♪の竹内まりやな気分の私ですが、
当人たちはけっこう大変。
クブズと私の愛の巣の場所があるのが、
家のまんなかにあるリビング。
なので相方さまは、部屋移動するたびいちいち
クブズアタックを受けなければなりません。

家の外に出ようとリビングに足を踏み入れると、
さっそくクブズの追い出し攻撃開始。
玄関までしつこくおいかけて
うきーっ!
e0066474_1485364.jpg


クブズさん必死なんだけど笑っちゃいます。
e0066474_1494046.jpg


しっかり出て行くまで確認作業中。
相方さまがこの一家の大黒柱だというのに。
e0066474_1503322.jpg


追い出してやったといわんばかりに
鳩胸はってますが、
相方さまは外に出たくて出て行ったのだよ、クブズ。
e0066474_1514262.jpg



相方さまを追い出してほっとしたのもつかの間、
クブズさん、なにやらくっくるくっくーと何かにむかって
威嚇しています。なにをやっているんだ?と思って
覗きにいったら、さきほどのきのこでした。
e0066474_1545160.jpg


いばって威嚇はするものの、怖くて近寄れず
遠くからえらそうなクブズ。
ーとふとここで気がつきます。
相方さまには向かっていけるのに、きのこには向かっていけないの?
クブズの中で、相方さまはきのこより下?

ってことで、しょせんクブズの攻撃はたいしたことなく
怪我もしないのですが、いちいちつつかれて
ちょっと辟易している相方さまは、クブズ撃退法を考案。
e0066474_1554226.jpg


これがなかなか効果ありで、近寄ることのできないクブズ。
e0066474_1561516.jpg

e0066474_1572672.jpg


うーぬ・・
e0066474_1581416.jpg


うりうりうり~とうれしそうな相方さま。
e0066474_1584871.jpg


じーっと考え込むクブズに、
e0066474_215415.jpg

このあと相方さまはきのこを動かして脅かしてみせたら、

ものすごいびびり度。
ブレ写真なのが残念デスが。
e0066474_225138.jpg


下がだめなら上に・・・と手法を変えてみたクブズ、
e0066474_242426.jpg


と、そこで勢いできのこをつついてみて
「あれ?自分、何を怖がっていたんだ?」と悟り、
e0066474_25434.jpg



反撃開始ーっ!
e0066474_264350.jpg


そんなもん見せても怖くなーいっ!
e0066474_272641.jpg


ちっ、この作戦、ものの5分ともたなかったな・・と
きのこを手に敗北の相方さま。
e0066474_285275.jpg


で、結局やっぱりいちいち攻撃をうけています。
e0066474_211538.jpg


足でも一番どこが弱いか知っていて
ピンポイントで攻撃のクブズさん。
e0066474_2112686.jpg


警備員もしくは軍隊さながらの歩き方。
えらそうです。
e0066474_2123866.jpg


そして出て行ったことを確認・・・
e0066474_214161.jpg


ーのはずが、予定に反して戻ってきた相方さまに、
e0066474_215931.jpg


うっきーっ!!
e0066474_215522.jpg


必死のクブズさんですが、
本気になれば相方さまにかなうはずもなく
敢え無く口チャック攻撃。
e0066474_2175813.jpg


それでもへこたれず羽でばしばし叩くので、
e0066474_219264.jpg


宙ぶらりんの刑。
*よい子はまねしちゃだめだよ*
e0066474_2225386.jpg


相方さま、
「ねー、ブログに悪魔の相方さまって書いてよ」と悪魔顔で
おっしゃったので、書かせていただきます。

極悪人あいかたさま。
*もう一度。よい子はまねしちゃだめよー!*
e0066474_2204100.jpg



今日も私がサラーミーと放牧場ですごしている間、
せっせと集めていたらしく、なんだか小枝の量、増えてました・・。
e0066474_2241979.jpg

by hanamomoact | 2009-04-17 02:36 | クブズ

そして収穫。

昨日、砂漠のきのこが出始めたと書きましたが、
今日、お天気もおだやか、相方さまは病気療養で仕事がお休み
明日は週末、そんな好条件がそろったので
さっそくきのこ狩りにいってきました(どこかに間違いがありますが)。
e0066474_115580.jpg


昨日載せた写真のように、真っ白なボールが砂漠の上に
転がっているように生えているものもあれば、
こんな風に身を砂の中に隠しているものもあります。
e0066474_132641.jpg

e0066474_141682.jpg


砂漠できのこ狩りしようと思っている方へ。
きのこって色々種類があるのでどうぞご注意くださいませ。
(左食べられないきのこ。右食べられるきのこ)
e0066474_12957.jpg



もうけっこう車が入っていて、あちこち回ったタイヤの跡が
あったんですが、それでも割と数見つかりました。
なにせ、我が家のすずきくんは、きのこ狩りにおいては
ドアがない」という他の車にはない大きな利点があります。

足元がみやすい!(写真右下丸いのがきのこ)
e0066474_182454.jpg


他の人が見逃したと思われるきのこ
いっぱいゲットしました。
ちなみに、探しなれてくると、こんなんでも
車が動いている最中であってもみつけられます。
さてどこにあるかわかるでしょうか。
e0066474_110489.jpg


今日は私のきのこレーダーがよく働いて
相方さま以上に発見。
だいたいきのこ探しとなると、お互い微妙にライバル心をもって
探すことになるんですが、今日は私大活躍だったので、
みつけるたびに「はなももさんすごいねー」と
褒められちょっと得意に。

しかーし、調子にのったところで痛恨のミス。
遠くからもよくわかる、砂漠の上に乗る白い半球に
「あったー!」と指差したら、相方さまが
「あれは絶対に違う」といいます。
確かに近づいてみたら、きのことしてはかなり不自然。
e0066474_112746.jpg


持ち上げてみたら・・
e0066474_1151012.jpg

なんだかよくわからないけれど
ボールの半分のようなプラスチックの物体でした。
く~やられたー。
どう考えても誰かが故意に置いたとしか思えないシチュエーション。
うぬ。きのこ探し人にひっかけで置いていったんじゃないかと推測。
くやしいので、さらにもっときのこっぽくしておいて置きました。ひひひ。
相方さまに「なんで違うってすぐわかったの?」と聞いたら
「だって、近くに車のタイヤの跡があるじゃん。
あれがもしきのこだったら、ぜったい見つかって採られてるはずと思ったから」
・・・君は探偵ですか。
相方さま領域に届くにはまだまだの私です。

で、本日の収穫。
e0066474_1184190.jpg


やっぱりきのこはなんか怖いクブズさんです。
e0066474_119684.jpg

by hanamomoact | 2009-04-17 01:32 | UAE生活

敢えて、物申ーす!

久しぶりにやらかした怒涛の更新、〆はやはりサーメル一家のお話で。

最近日本では「草食系男子」とやらがはやりなんだそーで。
なんだ、その草食系男子とは・・と
やはり草食系に囲まれて生活している私としては
聞き流せないじゃ、あーりませんか。

いろいろネットで調べてみたら
要は、たとえ真夜中に二人っきりになったとしても
女の子が絶対に心配することのない
男の子(要約しすぎ?でもそんな感じ)ということらしい。

恋愛に積極的じゃなくって、がつがつがうがうと異性を
求めることがないんだそーで。
これが転じて、今ではいわば軟弱な男の子が
「草食系男子」と呼ばれているようで、
どこかのサイトには「草食系男子はこれを見て
男らしさを学ぼう!」とか、
ニュースでは先日負けた柔道で監督が
「男どもはみんな草食系男子だ!」
と嘆いたとかありました。



・・・ちょっとまてーい!
肉食と草食動物をイメージで当てはめたのは
よくわかる。わかるが納得いかんですたい(ここは漢っぽく似非鹿児島弁で)!

草食動物の男子は、めっさ恋愛に積極的で、
好きな女を奪うためなら命落とすまで戦う男子もいるですたい!
大事な家族を守るため、逃げるばかりじゃなくて向かう男子もいるですたい!
e0066474_3272879.jpg



そんなわけで、そんな子作りにものすごく積極的な
草食男子代表サーメルはまもなく5児の父親です。
e0066474_329596.jpg


見よ、この安心しきった幸せな顔。
本物草食男子はきっちり男としてのお仕事しております。
e0066474_3315950.jpg


草食男子をなめんなよ。
e0066474_3413767.jpg




今日、はじめて胎動を確認。
胎動の様子やいろいろ鑑みて予定は6月末か7月頭か。
e0066474_329532.jpg


マラークも、まもなくお姉ちゃん。
e0066474_336094.jpg


マラークのお産ではダメかと思うほど
ダマーニは大変な思いをしました。
今度はどうか無事にお産になりますように。
今回はちょっと緊張します。
e0066474_337315.jpg



元気で、元気なあかちゃんをうむニャリね。
e0066474_343294.jpg

by hanamomoact | 2009-04-16 03:48 | サーメル一家

クブズの恋の行方。

ちょっと前に、クブズは私に恋をしていると書きましたが
今回はそんな恋の病にかかったクブズさんをご紹介。

私にはPC作業をするお決まりの場所があるんですが、
ここ最近、そこに座るとかならずクブズが隣にやってきます。
e0066474_23645.jpg


やってきて、ヴーヴーと恋の歌(聞こえはあんまりきれいじゃないんですけれど)を
歌いながら甘えます。
e0066474_2363786.jpg


で、目はとろんとろん(見た目はあんまりかわいくないんですけれど)
e0066474_2371859.jpg


どれ、お顔をこっちにみせてごらんーと
あげてみたんですが、
e0066474_2381092.jpg


ほへ~と目を閉じてしまう始末。
e0066474_31695.jpg


こうして頭を覆ってしまうと、
ヴーヴーいいながら、そのうち眠りについてしまいます。
e0066474_2394366.jpg


ぴったり寄り添って、
e0066474_2402492.jpg


時には何をやっているのか気になったりしながらも
e0066474_2405224.jpg


違う部屋にあるご飯を食べに行くこともできないほど
ぴったり。
最近は、夜でも私がここに座っている気配を感じると部屋から出てきて
寄り添います。
e0066474_2415581.jpg


鳥はとっくに寝ている時間ですよ、クブズさん。
e0066474_2423343.jpg


聞くところによると、鳩って絶対に浮気しない、
心移りしない、愛したら一筋なんだそうで、
こんな顔されて愛されちゃってますワタクシ。
e0066474_2444284.jpg


ところで、後ろに写っている小枝。
これ、クブズが最近外から集めてくるようになったもの。
e0066474_246720.jpg


サラーミーの放牧についてこないな~。どこでなにやってんだろうーと思って帰って来たら、
私にも気づかず、真剣な顔して小枝咥えて家に入っていくクブズに出会いました。
よくみたら、私とラブラブな場所に小枝がいっぱい。
私との愛の巣を作ろうと懸命なクブズがなんだか
愛しくなっちゃいました(なにかまちがっているような気もしないでもないですが)。

時々枝を拾いにいきたいそぶりをするので窓を開けておくんですが
一緒にいかないと落ち着かないらしく、
しょうがない、窓のところまで一緒にいって窓を開けて
クブズが出勤(小枝集め)するのを見送ります。
で、しばらく待っていると帰ってきて
e0066474_2513137.jpg


一緒に愛の巣まで移動します。
e0066474_2521091.jpg


時にはテーブルの上においてあった髪の毛をとめるピンを
運んできたりするクブズ。
それにしても、ただ運んでくるだけでちっとも巣の形にならない。
クブズ、センスないね~などと言っていたんですが、
今日、外で作業していたら、咥えた枝を家にもっていかず
私のところまで持ってきたクブズ。そのことを話したら、
・・・もしかして、運ぶのはオットの仕事、作るのは妻の仕事なんじゃ?と
相方さま。そうなんだろうか・・。


一生懸命小枝を運ぶクブズを見ていると、
クブズのために卵、産んであげられそうになくって
なんだか申し訳なくなってきます。
クブズのために、雌の鳩を連れてくるべきだという相方さま。
でも、本当にそれがクブズにとって幸せなのか
いろいろあってまだ迷っています。


クブズにとっては、何が一番幸せなんだろうね。
e0066474_2574616.jpg

by hanamomoact | 2009-04-16 03:05 | クブズ


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

その他のジャンル

ブログパーツ