<   2010年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

あいさつ回りのその続き。


屋内での対面を済ませた後は外へ。

まず出たところでサラーミーにご挨拶。
普段、眠い時間に私が現れても動くことのないサラーミーが、
ブヒヒヒヒと声出しながら寄ってきてくれたのは
なかなかにうれしくって、思わず、ぎゅいっと抱擁。
e0066474_15571756.jpg


その様子を、切れるんじゃない?ってくらい
尻尾振って見ていた
ティー二ー、タイニーも、えらい歓迎振りで大興奮。
e0066474_15113254.jpg


その歓迎、ありがたかったんですが、
興奮のあまりか、何故か追いかけっこが始まったふたりを、
これまた何故かつかまえようとして変に手を出してしまい、
久しぶりに派手に突き指。あわてて治療。どたばたです。


久しぶり(って言ったって、たかだか1週間弱ですが)に会って
一番様子が変わったのがワディーヤでした。
e0066474_160964.jpg


最初は緊張しているのか
おそるおそる、
e0066474_1604297.jpg


べろり~ん。
e0066474_1612334.jpg


でもなんだかえらく甘えん坊になっていて、
e0066474_161586.jpg

e0066474_1624851.jpg

e0066474_163577.jpg



思わず、これまたぎゅいっと抱擁。
やっぱり大きい動物っていいな~。
e0066474_1634157.jpg



らくだちんたちも、私がいない間に2頭生まれ、
現在子らくだ14頭。
e0066474_16152132.jpg
e0066474_1615189.jpg



このシーズンも、らくだ幼稚園、かなり楽しめそうな予感です。
e0066474_16162272.jpg

e0066474_16164460.jpg




e0066474_16171012.jpg

e0066474_16172712.jpg

e0066474_16174755.jpg




そんなこんなでみんなへのご挨拶周りを終えて朝食。
e0066474_1619422.jpg


その後朝寝。
ク「ちょっと、久しぶりに会ったのに、もう寝ちゃうんですか?」
e0066474_16201142.jpg



にゃんにゃんは、どーやらお忙しいシーズンらしく、
夜になっても全く顔をみせませんでしたが、
明け方傷だらけで戻ってきて、布団の中にもぐってきました。
ちなみに、いまだ外寝室(?)で寝ています。
今朝はけっこー寒くて気温8度。
e0066474_16233562.jpg


これでよーやく全員に対面。
そんなこんなでここでのこんな生活再開です。
by hanamomoact | 2010-01-30 16:35 | 家族

まずやること。


1週間もない日本滞在を終えて、帰宅。
荷を解くより何よりしなくてはならないことがあります。

それは、
みんなに「ただいま戻りました」のご挨拶。


まずものすごい勢いで出迎えてくれたのはこちら。
e0066474_2115403.jpg


クブズは、怒っている時も含め、何かに興奮している時は
「くっくるくっくー」といいながら、クルクル回転するんですが、
久しぶりの対面に、そのスピードいつもの3倍。
くっくるくっくークルクル、くっくるっくっくークルクル
それが笑っちゃうほどに早い。
見ているこっちが目が回りそうなほどに早い。
でもって、「はいはい、わかった、わかったってー」とあしらいたくなるほどに
うるさい。落ち着きとりもどすまで、かなり時間かかったクブズさん。
うるさいけど、笑っちゃうけど、ちょっとうれしい歓迎でした。
e0066474_21244577.jpg


クブズのお出迎えが一番最初でしたが、
クブズがどんだけ偉そうで、
どんだけ「自称家長」であっても、
我が家の長は、やっぱりサーメル(相方さま容認済み)。

ってことでサーメルさんにご挨拶したんですが、
なぜかなにやらよそよそしい。
そういえば、こんなことや、
(2006年4月のお話
e0066474_21513430.jpg



こんなこともあったな~。
(2006年11月のお話
e0066474_21521351.jpg





君の頭からは私はすぐに抹消されてしまうんかいな。
e0066474_21441179.jpg


で、しばしこんな時間を(キッチンで)過ごし、
e0066474_2147718.jpg


e0066474_21464854.jpg


そーいや、私の生活はこんなんでしたーと
ちょっとリハビリ。
でもって「こんな生活」の勘が戻りつつあるなか、
この後も他の家族メンバーへ挨拶回りに行きました。

ちょっと用事があるので、続きはまた後ほど。

e0066474_2242583.jpg

by hanamomoact | 2010-01-29 22:08 | 家族

ご報告ありがとうございます。


カレンダー到着の報告が、メールやコメントで続々
届いておりまして、あ~ようやく皆さんのお手元に
ほんとに届いているんだな~、と実感。
とてもうれしいです!

ちゃんと到着しているかの確認もあって
メールやブログは覗いているんですが、
ただいまちょっと立て込んでおりまして
個々にお返事する時間が持てません。
お返事遅くなります。ごめんなさい。
by hanamomoact | 2010-01-18 23:27 | 思いつき企画

大変お待たせいたしました。



「相方さまプレゼンツ、思いつき企画、
すったもんだを乗り越えて年越しちゃったよカレンダー」
ようやく完成です。
温かい目で待ってくださった皆さん、ありがとうございました。





e0066474_0155411.jpg




カレンダー送り先が日本の方は本日日本国内から郵送が完了しました。
また、UAE国内、およびその他の国が送り先になっている方は
数日後に郵送が完了する予定です(物はできてますので
後は私が郵便局行く時間を作るだけ)。


以前書いたスッタモンダの話を友達が不憫に思い、
なんと、出張にたまたまこちらに来ていたご主人に
運び屋をお願いしてくれました。
ここから送ったら、着くのは(というか無事に着けば)
1月はとうに超えてしまうと思っていたので、
もう感謝しても仕切れません。

日本では、空港から宅急便で次の日には
実家に到着。母やら妹が郵送に必要な物を入手
必要な作業をてきぱきとチームワーク良くこなし、
ひじょーにスムーズに本日発送となりました。
このストレスフリーの事の運びが、いままでの
スッタモンダのせいもあって、まるで私には
魔法のようです。

ランプの精(お友達、そして、家族のみんな)、
ありがとう!!



絵のカレンダーは見ていただくと、「ん?」と思う箇所が
いくつも出てくることと思います。
色の塗り忘れとか、色間違えちゃったのかなとか、
もしかしたら、私が気がつかないだけで
誰か忘れちゃって抜けているのもあるかもしれません。
そんな「間違い探し」的なところも、
た、楽しんでいただければっ!


ちなみに、カレンダー作りは、最後の最後までスッタモンダに
事欠かず、そんなこんなのお話は、興味のある方は、下の
「その後のスッタモンダ」をクリックすると
お読みいただけるようになっております。



(ちょっとだけカレンダーの解説)

メインの写真カレンダー、誰がだれだか
わかりにくいので、一部を解説。

表紙のこれはサーメル。
e0066474_2351415.jpg



これは、サーメルがまだ子供の頃。
e0066474_2352327.jpg



これは次男坊ザーヘルの寝姿。
e0066474_23522958.jpg




これは、長男坊アミールと次男坊ザーヘル。
大量に撮った過去の写真の中
二人の性格がとてもよく出ていて
私一番のお気に入りです。
e0066474_23525052.jpg




これは、ダマーニと、クブズが小さかった頃。
カレンダーは色が暗く、ちょっとクブズが
つぶれていますが。
e0066474_23531689.jpg



これは長女ハディーヤと次女マラーク。
e0066474_235499.jpg




裏表紙は、サーメルとダマーニ。
相方さま一番のお気に入りの写真です。
e0066474_2354402.jpg




普段コメントをいただいている方や、クイズに参加してくれた
お友達には、本当は一言メッセージを添えて
お送りしたかったんですが、バタバタと日本に
送り出してしまったので、叶いませんでした。
なので、そっけなくカレンダーだけ届きます。すんません。


もしお手数でなければ、お手元に届いた旨、
メールやコメントで教えていただけると幸いです。
褒められると育つ子ですが、でも、次の参考に
させていただきたいので、ご意見があれば、
添えてくださるとウレシイです。

企画参加の皆さん、ありがとうございましたー!!

その後のスッタモンダ
by hanamomoact | 2010-01-17 00:19 | 思いつき企画

ゆうやけこやけ。


ここしばらく、夕焼けがとてもきれいな日が続き
そんな時間をダマーニたちと過ごすのが
ここ最近の私の楽しみ。
e0066474_0361351.jpg


e0066474_0364290.jpg


e0066474_0372077.jpg


今日もみんなで夕焼けを楽しみながら、
ダマーニに、「デイツ食べる?」と聞いたら
「いらない」っとおっしゃる。なのに、
その後しばらくして傍に来て、デイツの木の幹の間を
ふがふがやりながら、ちらちらこちらを見るダマーニ。

なんだ、やっぱり食べたいんじゃーん。
しょうがない、幹の間のデイツを探す振りして
ポケットの中からデイツを出して、
あたかも今見つけましたって顔して
「じゃじゃーん」と差し出したら

ふんふん。
e0066474_0483017.jpg


そうそう、これが欲しかったのヨ。
e0066474_049581.jpg


それさっき拒否したデイツなんですけど。
e0066474_0532626.jpg


「見てない振り」とか「寝てる振り」とか
すぐ見破るのに、時々隙があったりして、
そんなところがこれまたチャーミングなダマーニさんです。
by hanamomoact | 2010-01-15 00:59 | サーメル一家

娘たちの成長。


四足+羽根付き家族を、
「子どもたち」とか「孫たち」などと書くことはあるのですが、
人間の子供を持ったことがないので、そのホントノところの(?)感覚が
わからないのか、それとも、やっぱり人間と動物、どこかに
一線あってしかるべきと思っているからなのか、
その辺はちとよくわかりませんが、実のところ、「子供」という感情とは
ちょっと違うものを持っています。

ーってまじめに語るようなことでもない気もしますが、
余談に近いんですが、以前、実家のわんこを病院に
連れて行ったとき、「お母さんが・・」と私のことを獣医さんが
言ったときにはものすごい違和感でした。

まーそのあたりは機会があれば、またごにょごにょと
語ることにしまして、でも、そういう思いでいながらも、
やっぱりハディーヤやマラークの成長を見て、
なんともいえない感慨深い気持ちになるもんでして。
e0066474_3423791.jpg

e0066474_3414778.jpg





e0066474_343561.jpg

e0066474_342970.jpg




プププ、こんなにちんちくりんだったのに。
(左ハディーヤ、右マラーク)
e0066474_3435524.jpg


(左ハディーヤ)
e0066474_3443671.jpg



いつの間にか、3レディー。
e0066474_3452638.jpg



今日はその3レディーと夕焼けを見ながら
娘たちの成長に、なんとも胸キュンでありました。
e0066474_3462435.jpg

by hanamomoact | 2010-01-14 03:52 | サーメル一家

1年の成果、こんな感じです。



母のお友達が撮ってくれた私とサラーミーの写真が届きました。
e0066474_2308100.jpg




ほぼ毎日サラーミーには乗っているんですが、
いつもこんな感じで、ひとりと一頭、ぽっつーんと砂漠の中
歩いています。
e0066474_2304584.jpg



なので、なにはなくとも携帯電話は携帯。
だって、何かあってもだれーも通ってくれないので。
e0066474_23132100.jpg




写真で見ると、見ようによっては、
なんだか乗りこなしているようにも見えるんですが、
e0066474_2341272.jpg

e0066474_232642.jpg


毎回サラーミーと「帰る」「まだ帰らない」
「こっちに行く」「いーや、こっち」と、押問答。
おとといは、そんな押問答にぶちきれたサラーミーが
過去最高の爆走。落ちなくて幸いでした。いやはや。


それにしても、去年の今頃はようやく人に引かれることなく
馬に乗って歩いていたんじゃないかと思います。先生は、
「進歩具合は真ん中くらい」とちょっとおまけして言ってくれましたが、
「こんなんでなんとかなるのか?」とけっこー不安だったワタクシ。
とりあえず今のところはなんとかなっています。・・・多分。


(おまけ)
「サラーミーを探せ」難易度 0
e0066474_2361613.jpg

by hanamomoact | 2010-01-14 02:45 | サラーミー

孫へのお土産。


母が「孫たちに」と、お土産をもってきてくれました。
e0066474_4113564.jpg


・・・母への同情の声が聴こえてきそうな気もしますが。


早速クブズさんチェックが入ります。
ク「これは?」
ーそれは人参。サラーミーに。
e0066474_413593.jpg


ク「これは?」
ー柿の種。サーメル一家を代表してサーメルに。
e0066474_4133583.jpg


やっぱり一番気になるのは真ん中らしく、
ク「これは?」
ーそれは鳩のえさ。クブズにだよ。
e0066474_4143519.jpg


ふーん。
e0066474_4145712.jpg


ふーん。
e0066474_4152819.jpg


なにやら角度を色々変えて、
「鳩の食事」に見入っていました。
e0066474_4155611.jpg


クブズ興味示さず、まったくもってスルーだったのが、
写真右側、ティーニー、タイニーへ、「にぼし」。
それと、写真上、にゃんにゃんに「海の幸5つの味」。


さて、早速、それぞれにお土産を配布。
まずは、野良猫のはずなのに、ちゃっかりお土産をもらっちゃった
にゃんにゃん。車の上で昼寝しているのを発見。
もっていってみました。
e0066474_4172624.jpg


実は、にゃんにゃんに相方さまがキャットフードなるものを
買ってきたことがあるんですが、まったくもって興味をしめさず。
そんな経緯があるので、食べないかもな~と思っていたんですが、
e0066474_4182580.jpg

ー驚きのかぶりつきです。

1回ずつの量はそれほど食べないんですが、
時々「小腹がすいたんですけど~」と昼間ひょっこり姿を
見せる時があるので、そんなときに重宝しそうです。
おやつももらえる野良猫にゃんにゃん。

うまかったにゃりー。
e0066474_4411056.jpg



ごちそうさまにゃりね。
e0066474_4211530.jpg



今日はまぐろだったから、明日はかつおがいいにゃりね~。
e0066474_422420.jpg


ってことで、もうひと寝入り。
e0066474_4225816.jpg



次はサラーミーさん。
もらった人参は、普通のよくみる人参、日本産と
赤くて長い「きんとき人参」。
e0066474_4241778.jpg


さっそく「おんや、その魅力的なものはなんですか」と
寄ってきたサラーミー。
e0066474_425329.jpg


さぁ、どっちからいきましょか。
e0066474_426513.jpg


答えはこの下に続くんですが、さて、サラーミーは
どっちから食べたでしょうか~。

相方さまの予想は「普通の人参」。
さて・・・


おっ、動き出しました。
e0066474_4263933.jpg


e0066474_4272457.jpg

e0066474_4274756.jpg



ってことで、赤いきんとき人参でした~。
迷わずこちらを選んだのは、色なんでしょうか、においなんでしょうか。
e0066474_428297.jpg


こちらもにゃんにゃんに続きかぶりつきです。
e0066474_429633.jpg



お馬さんは人参丸ごとのイメージがありますが、実は
そうすると、喉の大事な部分を痛めたり、つまったりする
危険があるので、小さく切ってあげなくてはいけないんだそうです。
ということで、一噛みを楽しんだ後は
e0066474_4294314.jpg


どちらの人参も、おいしくいただきました。
e0066474_4303010.jpg



次はティーニータイニー。
て・た「今日は特別な日だっけ?おかしら付だよ」
ーすみませんね。いつも質素なお食事で。
e0066474_4313158.jpg


て・た「食べてもいい?」
写真撮るからもうちょっと待って。
e0066474_432124.jpg


たーべてーも、いーですかー!
e0066474_4325669.jpg


こちらももちろん例外なくかぶりつきです。
e0066474_4333083.jpg


余談ですが、ティーニーは小さいころから立って食べ、
タイニーは小さいころから寝たままで食べます。
好物を先に食べちゃうのがティーニー。
万遍なく好物を楽しみながら食べるのがタイニー。
e0066474_434752.jpg



最後はサーメルさん。
日本からたんまり持ってきてくれたお菓子は今
箱にてんこもりに入って置かれているんですが、
家に入ってくると、サーメルは必ず「柿の種」の袋を
ふんがふんがやって、
e0066474_434482.jpg


サ「見てないで、開けてください」(ボケ写真ですみません)
e0066474_4353430.jpg


一度にたくさん食べるとお腹壊すからね、
今日はとりあえずこれだけ。
e0066474_4362984.jpg


いっただっきまーす。
e0066474_437093.jpg



ってことで、孫たちそれぞれ、おいしくお土産いただきました。
ごちそうさま。
by hanamomoact | 2010-01-11 04:44 | 家族

テーマは「笑っちゃう」。


前記事にも書きましたが、年末年始、母とそのお友達2人が
遊びに来てくれました。

聞けば40年前ほど、たった1年間だけ職場が同じだった
仲間だそうで、それ以降、今に至るまで
たま~に何かの折に連絡をとりあうくらいの間柄だったそうですが
ひょんなことから、1年前ほどに旅行計画が持ち上がりました。

母は、昨年ちと色々大変だったのですが、それを支えてくれたのが
このお友達。感謝してもしきれないのですが、
存分に楽しんでもらってそのお礼になればと、
相方さまと私にとって、この旅行、ちょっと特別な意味を
持っていました。まーそんなこんなで色々計画を練ったのですが、
笑う門には福来る!いっぱい笑って福呼んで
しんどかった事吹き飛ばしてもらいましょうってことで、
その基本となるテーマは「笑っちゃう」に決定。


ってことで、まずは旅行出だしから一発目。
e0066474_34278.jpg

空港に、リムジンでお迎えしてみました。


空港を出て、車に向かう途中リムジンを見た3人が
「リムジンでお迎えに来る人がいるんだね~政府の要人?」などと
言っているのを耳にしながら笑いをこらえるの必死でした。
(政府の要人は一般駐車場にお迎えに来ないと思います)。


いやー、盛り上がった盛り上がった。
まず何に盛り上がったって、せっかくどどーんと広い車内なのに、
3人とも、ドア開けてすぐの一番後ろのせっまーいスペースに
ぎゅーぎゅーで座ったこと。
気持ち分からないわけじゃないけど、のっけから大笑い。
しかも「だって、途中誰かを拾っていくんじゃないの~?」
って、乗り合いバスじゃあるまいしっ。
e0066474_310252.jpg


e0066474_11212658.jpg



当然私も、りむじーんなんぞ初めて乗るわけですが、
ははーんこんな風になっているのね~。
中キラキラです。
e0066474_3123718.jpg

e0066474_3125630.jpg


さて、この旅行計画、基本のテーマは「笑っちゃう」。
普通にドバイの高級店が並ぶところへ行ってもつまらないわけで、
ってことで、朝食ゲットに車をとめてもらったのは、
ガソリンスタンドに併設するカフェテリア。
e0066474_11114756.jpg


めっさ早朝、いったい何事かと大注目です。そりゃそうだ。
カフェテリアに入って注文すると、おにーさん
(アジア人女性がアラビア語で注文・・ニヤニヤ)と言わんばかりに
かなりからかった調子で注文を受けたんですが、
注文した品を持って、車で待っている私のところまで来て
「唖然」
しかも、ご丁寧に運転手さんがドアを開けてくれたりしたもんだから
なおさら唖然。今度は私がニヤニヤ。


さて、りむじーんで横付けしてカフェテリアで何を買ったかと
いいますと、
1個約25円のサンドイッチと、1杯約25円のミルクティー。
いやいや、あなどるなかれ、
長旅の疲れには高級レストランの朝食よりも、
ずっと疲れがとれるおいしさなのです(庶民だから?)。
e0066474_11195563.jpg

e0066474_11201220.jpg



りむじーんに乗ること約1時間半。いよいよ我が家に近づいてきました。
想像易しかと思われますが、砂漠地帯の我が家周辺に
こんな車が乗り入れることなんてないわけで、
いったい何事かと道路工事をしているおじさんたちも
手をとめて見ています。
運転手さんだって、「いったいどこまで運転させられるんだ・・」と
不安だったに違いありません。

しつこいようですが、テーマは「笑っちゃう」。
既に車の中は長旅の疲れはどこへやら、笑いっぱなしの道中
だったんですが、これだけで終えては中途半端。
次のリムジンへ乗り換えです。
e0066474_1125198.jpg


e0066474_11255968.jpg


手を止めて見入っていたおじさんたちも笑ってます(嘲笑?)。
リムジンの運転手さんも苦笑い。
こんな注文も、嫌な顔せず受けてくれてありがとうございました。

ってことで、リムジンすずき君で
我が家へ、GO-!
e0066474_11314843.jpg


(おまけ)
誰も落ちずに無事到着。
ドアがないので、リムジン運転手さんも
開ける手間が省けます。
e0066474_12195156.jpg



e0066474_14101297.jpg

by hanamomoact | 2010-01-07 11:44 | UAE生活

サラーミー交遊録その2



その1に続きまして。

サラーミーの放牧する場所はサーメルたちから
見下ろす位置にあります。
(見難いですが、右下にサラーミー。左上に見えるのが
サーメルたちの遊び広場の柵)
e0066474_0572147.jpg


上から目線でえらそうに覗くサーメル。
e0066474_0575668.jpg


こちらは、サラーミーの存在に気が付いて
「なんだ、何だ?」とわらわら覗く女子チーム。
e0066474_0585659.jpg


サラーミーが我が家に来てから学校に行くまでの間
サーメルたちの広場がまだ未完成だったので、
今回がサラーミーとガゼルチーム初の顔合わせになります。

初めはガゼル一家に気が付かなかったサラーミーですが、
うろうろするサーメルを発見。
そして初めて目にする物体に目は釘付け。
e0066474_104065.jpg


じーっと見ているうちに、サーメルが移動し始め、
e0066474_113829.jpg


気になって仕方のないサラーミーは、
一緒に横移動。
e0066474_121297.jpg


・・・気になる。
e0066474_123930.jpg


サラーミーは気になって仕方がないんですが、
サーメルは、いたってマイペースに背中を掻いたりして、
その後、奥に消えていきました。
e0066474_134296.jpg


と、サーメルが見えなくなったその直後
なぜか慌てて走るサラーミー。
e0066474_143686.jpg



どこへ行くのかと思ったら、
なぜか鼻の穴膨らませて興奮しながら
ラクダちんのところへ走って行き、
e0066474_161952.jpg



「ねーねー、ちょっと、あれ見た?」と
旧友にご報告。
e0066474_165839.jpg


ラ「あら、あんた知らなかったの?あんたが来るずっと前から
あそこにいるガゼル一家よ。」
サ「ふーん、そうなんだ~。ガゼル一家ねぇ・・」
e0066474_185689.jpg


サ「ねー、もうちょっと詳しく教えてよ~」
e0066474_19301.jpg


なになにどうしたの?と野次馬らくだちんが参加で
いつものメンバーでなにやらしばし談義。
e0066474_1102698.jpg



で、その数日後。
サラーミーさんお散歩の帰り道。
e0066474_111116.jpg


さらーみー「あら、サーメルさんね。あなたのうわさ色々聞いたわよ~」
e0066474_1113961.jpg


さらーみー「じゃぁねー」
さーめる「・・・うわさ・・?」
e0066474_1125672.jpg


さーめる「ちょっとーうわさって何ーっ!」
さらーみー「まったねー」
e0066474_1132962.jpg


先日屋根から見たら、なにやらお二人話し込んでました。
うわさの真相確かめること、できたんでしょーか。
e0066474_11411100.jpg


そんなふたりを遠くに見る、かーさん3人衆。
e0066474_1145834.jpg

by hanamomoact | 2010-01-06 01:23 | サラーミー


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

人気ジャンル

ブログパーツ