「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

本日の一戦。


すっかり我が家の日常になった
猫VS鳩
e0066474_194005.jpg


おりゃーっ
なにをーっ
e0066474_19405061.jpg



対戦中のクブズは
e0066474_19414948.jpg


こーいう顔してます(拡大)。
e0066474_1942968.jpg



最近は、ひとりでウロウロするのに飽きたクブズが
眠いチョビにちょっかいを出すことも。

猫にちょっかい出す強気な鳩と、
とうに自分の方が大きくなっていることに
気づかず、「やっぱ兄さんにはかなわないわー」と
鳩に一目置いている猫。
e0066474_19435172.jpg



いつまでも、このまんま、
いい仲間だといいんだけどねー。
e0066474_19464530.jpg


ねー。
e0066474_19471617.jpg


e0066474_19474546.jpg

by hanamomoact | 2010-07-25 19:55 | クブズ | Comments(22)

2010 夏 たわし君観察記録


そんなわけで、久しぶりに出会ったたわし君。

大きさはこれくらい。
e0066474_19403834.jpg


前に会ったたわし君よりも
男の子っぽい顔している気がするような。
e0066474_19474194.jpg


敬礼!
e0066474_1948731.jpg


かも~ん
e0066474_19483633.jpg


と、たわし君をいじりながら
写真とってたら

ぬ?
e0066474_19494253.jpg


今回のたわし君、
e0066474_19501685.jpg


デベソっ。
e0066474_19504021.jpg





私はこのたわし君の手足がなんとも好き。
e0066474_19541649.jpg


切ってあげたくなるほど長い爪。
まー切っちゃったら掘れなくなって
いい迷惑なんだと思うけど。
e0066474_1955014.jpg


へ~口ってこんな風になってるのね。と
何度も出会っているのに初めて気がつく。
e0066474_19554595.jpg


昼間は暑いけど、夜だったらこうして
星ながめてみたい。寝心地よさそうよね。
e0066474_19564027.jpg


ブタ鼻の正面。
目がよく見えない(と思われる)分だけ、
鼻はよく動きます。
e0066474_19572967.jpg


今回は初めて口の中を拝見。
等間隔のすきっ歯。
ピンクのベロ見たら
サクマのイチゴミルク舐めたくなりました。
e0066474_2012225.jpg


初めてづくし、たわし君のお尻。
でもって、ハリネズミに尻尾があるってのも
初めて知りました。
e0066474_2044331.jpg


じゃーん、これが今回ワタクシタワシクンのすべて(?)で
ございます。お尻の穴まで公開しちゃったし。
e0066474_2082268.jpg


あちこちのブログで、「涼」な写真が
載せられていると言うのに
我が家は暑苦しくてすみません。
e0066474_2095948.jpg


昨夜は8時近くでもまだ40度超えてました。
日本もどえらいことになっているようですが、
みなさんどうぞご自愛くださいませ。
by hanamomoact | 2010-07-22 20:14 | 砂漠の生き物 | Comments(19)

7月だけど、ひさしぶりー。


@前記事ご覧になった方、スミマセン、
タイトルだけ書いたところで用事ができたので
画面出したまま席を離れていたら、クブズが
勝手に更新してました。


ってことで、やり直し。


久しぶりに会いました。
e0066474_180425.jpg


私は誰でしょう。
e0066474_1802997.jpg


じゃーん
e0066474_1805060.jpg


ども。
お久しぶりのたわし君です。
e0066474_18125100.jpg



会ったと言うか正確には、例によって
「ティーニータイニーが発見して掘り出しちゃってた」んですが、
なぜか3月に会うことの多かったハリネズミのたわし君、
今年は7月にお会いしました。

ってことで、恒例(?)ご対面タイム。

まずはチョビチョビから。
e0066474_185426.jpg

いつでも逃げられるこの体勢のまま匂いかいで終了。

クブズにおいては、
e0066474_1884790.jpg

全然近寄れず。この距離がせいいっぱい。


ってことで、暑くなる前に
外組みへ移動。
e0066474_1812753.jpg


誰よりも先に様子を見に来たのは
たわし君初体験のナイーム。
e0066474_18125856.jpg


そのうち、母ふたりも集まってきて
微妙な距離でたわし君を囲む。
e0066474_1814164.jpg


毎度たわし君事になると、普段は距離のある
ダマーニとハディーヤが結束。
母同士、なにやら相談中。
e0066474_18152210.jpg


籠の外に出してみたら、
e0066474_18161470.jpg


おそらく目があまりよく見えず、
音やにおいが頼りのたわし君、
おもむろにクルンと回転、
e0066474_18165784.jpg


一同固まる。
e0066474_18174925.jpg



プチパニックのガゼルチームを置いて、
隠れる場所を求めて早速に動き出したたわし君、
e0066474_1819039.jpg


以前動画で載せましたが、
動き出したらけっこー速い。
シャカシャカ走る。
e0066474_18203234.jpg



そんなシャカシャカ走りで、
周りがあまりよく見えないためマイペースに
どんどん前に進むたわし君と、
e0066474_18322680.jpg


それを追うガゼルたち。
e0066474_18341146.jpg


そこに広場で遊んでいたマラークも参加。
やはり微妙な距離を保持で皆でぐるっと囲む。
e0066474_1835039.jpg


今回は肝っ玉ダマーニ母さんが先頭でこの距離が
最短。もうけっこう暑い時間だったこともあり
短時間でたわし君との絡みは終了~。
e0066474_18362149.jpg


今回の敢闘賞は、
e0066474_18372571.jpg


妹分もでき、角も見えるようになって
ちょっとお兄ちゃんになった小悪魔顔の
ナイームさんでした。
e0066474_18382753.jpg


短時間ながらも、新しい発見もあったので、
それは次記事「たわし君観察記録」へ。


方耳だけ仕舞い忘れちゃった
たわし君。
e0066474_18462060.jpg



(おまけ)
サハーバがちょうど起きてきたので
たわし君を持ってサハーバの所へ見せにいったら、
ダマーニ、それまで保っていた微妙な距離はどこへやら、
突然すごい勢いで頭突きっ。
e0066474_18474845.jpg


何度も繰り返すもんで、慌てて止めました。
母さん強し。でもってくるっとまるまった
無傷のたわし君も強し。

その後、たわし君のいた場所をみんなでフンガフンガ。
とりあえず、参加してみたサハーバさん、
e0066474_18492843.jpg


でも、みんなが何をしているのか、
皆目見当つかず、
「?」
e0066474_18495895.jpg



(以前のたわし君記事)
たわし君初体験。
たわし君再会。まだ遠慮がちに触れてます。
たわし君と家族メンバー初対面シリーズ。動画もあります。
by hanamomoact | 2010-07-22 19:20 | 砂漠の生き物 | Comments(12)

ポカスカ


今更何を言っているの?と言われそうですが、
我が家って、ほんとに動物ネタばっかりだなぁ。


さて、このふたりのその後ですが、
時々ハラハラするような場面もありながら、
とりあえず、クブズが面目を保っています(多分)。
e0066474_227287.jpg


先日なんぞは、
ちょびちょびが、クブズの頭をポカスカ叩き、
e0066474_2281837.jpg


怒ったクブズが反撃。
e0066474_2284739.jpg


こんなこと毎日やってます。

こんなのずらずら見てもおもしろくないかとも
思ったんですが、若干夏ばて気味で
頭の回転が大変スローな今、
編集能力がいつも以上に低下してまして、
すみません、そのままずらずら載せてしまいます。



最後、クブズが飛ぶときに
チョビがのけぞるんですが、
クブズが飛ぶ度、これよくやります。








タイトルは「鳩と猫の騙し合い」としたんですが、
どちらかというと、ちょびがクブズを
からかっているんじゃないかと。




クブズはこの威厳、いつまで
保っていられるんでしょうか。




e0066474_2363073.jpg


e0066474_2372668.jpg

by hanamomoact | 2010-07-20 02:41 | クブズ | Comments(10)

申し送れましたが、


サハーバと申します。
e0066474_18513654.jpg


夏のど真ん中の、昼のど真ん中、
カンカン照りの中生まれた女の仔です。
e0066474_19335127.jpg



暑い夏の間に生まれるラクダや羊や山羊たちは
小さかったり弱かったりすることが多く、
新しい小さい命にはとても厳しい季節。

そんなこんなでとても心配しましたが、
生まれてみたら、兄ちゃんや姉ちゃんたちと比べ、
びっくりするほど力強く、誰よりも成熟した
女の仔でした。

生まれてくるとき、まずは鼻から出てくるんですが、
出てきた鼻がすぐひくひく動いたのにまずびっくり。

その後、生まれて10分も経たないうちに
濡れた体を自分で舐めたのにこれまたびっくり。
e0066474_18552532.jpg



立ち上がろうと試みるのもとても早く、
地に顔面から突っ込んじゃったりしながらも、
e0066474_18555223.jpg



もしかしたら、他の仔と比べて最速か?と思うほど
早くに立ち上がり、

この力強い足で、
e0066474_16304052.jpg


おっぱい探しも暑い中果敢にトライ。
おっぱいに辿り着いたのも、
これまたきょうだいの中、最速だったかも。
e0066474_16313123.jpg



サハーバ、ふにょふにょしていたのも数時間、
体つきもしっかりしてきて、その後もいろいろ
驚かせてくれながら、順調に育っています。
e0066474_1852030.jpg

e0066474_16332588.jpg

e0066474_18583887.jpg

e0066474_18401322.jpg



名前、「サハーバ」は、
アラビア語で「雲」という意味。
e0066474_16353571.jpg


男の子だったらサハーブ(男性名詞)、
女の子だったらサハーバ(女性名詞)と、
今回は相方さまが初めて仔の名前を提案。


「サハーバ(ブ)」は、アラビア語では
とても綺麗な響きとして捉えられています。

湾岸諸国では嗜みのひとつに「詩を読む」というのが
あります。それ専門のテレビチャンネルがあったり、
優勝者には車やかなりの金額の賞金が
プレゼントされるような大きな大会もあるほど。

「サハーバ(ブ)」は、詩の中によく出てくるんだとか。
中でも相方さまのお気に入り(だけれど
最初の数行しか覚えていない)に、

<男性が地に寝転がって空に浮く雲を見ているという
シチュエーションで>
あぁ 雲よ
どうしてそんなにいそいで行ってしまうんだい
あぁ 雲よ
愛しい人の姿をお前に映して

・・・てな感じの詩があるそうで
そこから、「サハーバ(ブ)がいい」とふと
思ったんだとか。

私的にこだわっている「長母音が入っていること」は
クリアーだし、強い日を遮る雲は、ここではとても
歓迎されるものだし、ピーカンの空よりも、
雲のある空のほうが砂漠は映えるし、
ってことで、異議なし。
今回は珍しく、生まれる前から
名前が決定してました。


サハーバ日和。
e0066474_186931.jpg

e0066474_1863245.jpg


母さん、エヘヘ。
e0066474_187685.jpg



ちっちゃいけれど、
e0066474_18362491.jpg

e0066474_1854187.jpg


サーメル一家へのインパクトは
そりゃそりゃ大きく、

チビのナイームが
ずいぶんお兄ちゃんに見えたり、
e0066474_1841413.jpg


ハディーヤの反応が
母業がまだ若いハディーヤらしいものだったり、
e0066474_1845438.jpg


末っ子時代が長く、母さんダマーニと
いつも一緒だったマラークが、ついに
大人への階段を登らなければならなくなったり、
e0066474_1847361.jpg


父さんサーメルは、6児ともなると、もうすっかり
慣れっこだったり、
(ちなみに、サハーバは誰よりこの頃の
父さん似)
e0066474_18501814.jpg





それぞれ悲喜こもごも、姫を中心に
毎日がドラマ(もしくはサーメル劇場)です。
e0066474_1914638.jpg



(おまけ)
姫の鼻ちょうちん。
e0066474_1924181.jpg


(おまけその2)read more
by hanamomoact | 2010-07-19 19:44 | サーメル一家 | Comments(14)

ご褒美。


まだお産の経緯も、赤ちゃんの名前もご紹介してないんですが、
つなぎ記事その2。

今回のお産は夏ど真ん中、でもって暑い日中のど真ん中
母仔、よくがんばりました。
私はといえば、「何かあったら」の為に
傍にいるくらいなもんで、といっても、その何かあった時に
本当に役に立つかも怪しいもんで
できることと言ったら
「どーか何もなく順調にお産になりますように」と
始終願うことくらいなもんだったんですが、
ダマーニがいつもお産をする、日陰も準備して暑さ対策もしてあった
「ダマーニ分娩室」なる場所でお産をせず、
日陰の限られた遊び広場でお産をすると決めたもんで、
これがけっこー大変。

日陰はダマーニの座っている場所しかなく、
私はまさに炎天下で、時々水を頭からかぶりながら
待機することに。
今更ではあるけれど、それでも若干悲しくなるほど
真っ黒に焼け、最後のほうは結局熱射にやられて
クタクタだったんですが、
そんな、いてもいなくてもさしてダマーニのお産には
関係なかった役立たずの私に、
ダマーニがご褒美くれました。
e0066474_492190.jpg



以前書きましたが、ダマーニとの普段の距離は
「触れそうで触れない」が限界。
でもお産した直後から数日だけはちょっと混乱もあってか
触ることが可能。赤ちゃんを舐めたついでに、
私にもキスしてくれます。

今回は、もしかしたらこれがダマーニのお産最後になるかもしれず、
そう思ったら、これが最後のチャンスとばかりに、
思い切って遠慮なくいっぱいダマーニに接近。
サーメルよりも、ずっとやわらかくてフワフワのダマーニさんでした。






ま、こんなんを我が家に運んできてくれただけで、
十分ご褒美なんですけれど。
e0066474_4115660.jpg

e0066474_4122535.jpg

by hanamomoact | 2010-07-17 04:18 | サーメル一家 | Comments(18)

つなぎ。


落ち着いて更新できるまで、もうちょい時間が
かかりそうなので、新しいところで今朝の写真を。

よぉねーちゃん、新顔やなぁ。
お、べっぴんさんやね~(酔っ払い?)
ちなみに、両方♀です。
e0066474_15513786.jpg

by hanamomoact | 2010-07-16 15:56 | サーメル一家 | Comments(16)

こういうわけでした。


e0066474_1544029.jpg


サーメルブログではお知らせしたんですが、
7月12日12:44
ダマーニの第6仔が誕生しました。
e0066474_1553870.jpg


それが忙しかった主な理由なんですが、
写真の整理もまだ終わっていないのと
インターネットがどうにもこうにも調子が乗らず
更新がうまくいきません。

ということで、サーメルブログと写真いくつか
だぶちゃってますが、こちらでも
とりあえずのご報告。
e0066474_1561761.jpg


詳しいことはまた後日。

e0066474_250647.jpg

e0066474_2442114.jpg


e0066474_2491337.jpg


e0066474_2315360.jpg

by hanamomoact | 2010-07-14 02:52 | サーメル一家 | Comments(20)

お知らせ。


時間に(気持ちに?)余裕ができまして、
その辺の詳しいお話はまた後ほどお話することとしまして、
コメント欄、(過去の分も含め)再開いたしました。
更新はやや遅滞しますが、
またどうぞごひいきに~。


ってことで、前回のお知らせが夕方だったので、
今回は朝の写真を。
(既出があったらゴメンナサイ)

e0066474_13405697.jpg


e0066474_13505760.jpg


e0066474_14513197.jpg


e0066474_156482.jpg


e0066474_1572426.jpg


e0066474_1575474.jpg

by hanamomoact | 2010-07-12 15:08 | サーメル一家 | Comments(18)

ティーニータイニーの幸せ月間。


これまた前記事の続きになります。

前記事に載せたお友達が来る直前、
もう一組のお友達が日本から遊びに来てくれていました。

やはり毎日お散歩に連れて行ってもらい、
e0066474_3521536.jpg


いっぱい遊んでもらった
ティーニーとタイニー。
e0066474_354221.jpg

e0066474_355715.jpg



砂漠で化学の勉強。
「すいへーりーべーぼくのふね」って、
何年ぶりにこんなこと口に出したでしょ。
e0066474_3561843.jpg


「掘り魔」のタイニーに見つかり、
「何見つけたの~?ちょっと掘らせて」と
元素記号、あっけなく破壊。
e0066474_357333.jpg


ぜんぜん勉強になりゃしません。
e0066474_40067.jpg


そこへ、ライダー参上。
(見難いですが、ライダー後方を
ティーニータイニーが走っています)
e0066474_41330.jpg


小さすぎてぜんぜんわかりませんが、
砂丘を登ってるライダーと、
その後ろを必死に追うふたり。
e0066474_43062.jpg

e0066474_442610.jpg


はいはい~、がんばりました~。
e0066474_46423.jpg


あーしんど。
3月はまだ、朝砂は冷たくて気持ちいい。
e0066474_473516.jpg


さて、帰りますか。
乗り物に乗せられるのが好きじゃないティーニーは
いやな予感にお友達の後ろに隠れてみる。
e0066474_453422.jpg


乗らないよ~と逃げるふたり。
いや、さすがにそれは無理ですので
ご心配なく、おふたりさん。
e0066474_4113010.jpg


ってことで、我々人間はバイクに乗って
帰ることに。
e0066474_4103312.jpg

e0066474_4115819.jpg


これに、一番後ろに私が乗って
4人乗りで帰りました。
e0066474_413396.jpg


いっぱい遊んでもらって楽しくて
仕方のなかったティーニーとタイニー。
e0066474_4153684.jpg

e0066474_4193275.jpg


キス魔のタイニーは、
「また来てね」
e0066474_4244087.jpg

e0066474_425961.jpg


e0066474_4253889.jpg


e0066474_426183.jpg



(おまけ)
砂丘を滑り降りるお友達に
「何してんの~?」
e0066474_4214292.jpg


でもそのまま去っていくティーニー。
そして、置いてけぼりのしゃちほこ。
e0066474_422308.jpg


e0066474_426331.jpg

by hanamomoact | 2010-07-09 04:38 | ティーニー・タイニー | Comments(2)


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る

最新のコメント

結末は…結末は…と申しま..
by なご。 at 19:54
はじめまして。ツイッター..
by ming at 19:57
始めまして、いつもはなも..
by cocoon at 22:06
ブログが有名になると、必..
by サムママ at 20:17
こんな所に住んでなに現実..
by kuso at 16:14
初めまして。このブログの..
by ちょびえ at 23:11
初めてコメントさせていた..
by Hari at 08:50
幻想的な砂漠の霧の写真に..
by ちょこちゃい at 21:24
hanamomoさん、言..
by Effy at 21:18
こんばんは。そちらでは夕..
by なご。 at 21:00
物語のような写真で、とて..
by えこう at 20:59
静かな絵本のような、写真..
by しょうちゃん at 20:55
別れは寂しいですね。 ..
by ヒース@nao at 12:45
お久しぶりです。 ブロ..
by suusuu at 22:48
すごした時間はたからもの..
by アンヨ at 02:22
キラキラ光る宝石の様な目..
by もふもふミッフィー at 12:27
ハディーヤさん空に昇られ..
by ささみ at 10:28
素敵な写真が一杯。 き..
by ちょこちゃい at 22:17
ハディーヤさんが天に召さ..
by たぬ at 19:27
はなももさんの綴る言葉に..
by やこ at 13:09

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

ブログパーツ