<   2010年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

やっぱり


今日も5対1。
e0066474_1514760.jpg



チョビ、本日も立場危うしっ
e0066474_1523828.jpg

by hanamomoact | 2010-10-29 01:55 | チョビチョビ

こう見えても、


悩んだりすることもあるのです。
e0066474_0271030.jpg



サハーバ
「おかーさん、えっとー、そろそろ重くなってきたんですけれどぉ・・」
e0066474_0281263.jpg

by hanamomoact | 2010-10-29 00:31 | サーメル一家

むふふふふ・・・ムフフっ


あのロバさんに、また会いました。

ガゼルチームの遊び場から遠くに見える
赤い矢印の場所、これが毎朝通るラクダちんたちの家。
昨日、そろそろ時間か?と思ってみていたら放牧が始まり、
さーロバさんは一緒なのかどうなのか、ワクワク・・。
e0066474_1304629.jpg



一緒でした~。
e0066474_1321934.jpg



写真右側、ラクダちんたちがたまっている場所は
地下水を上げるポンプ。ここから遠くの畑までホースで
水が運ばれているんですが、けっこうぽたぽた水が漏れていて、
ラクダちんたちが必ず立ち寄る憩いの場(?)になっています。
e0066474_1341349.jpg


ラクダちんたちが憩っている間、
ロバさんは側で待機。
e0066474_1352720.jpg


見張り役?
e0066474_135487.jpg


この白いラクダが、どうやらリーダーで、
常に先頭。
皆がまだ憩っている間に、ひとり黙々と前に進みます。
e0066474_1371051.jpg


で、ぞろぞろと後ろに続く皆々。
e0066474_1374477.jpg



ロバさんは私が気になるようで、ちらり。
e0066474_1382098.jpg


じーっ。
e0066474_1384864.jpg


じーっ・・。
e0066474_139715.jpg


・・・
な、なんか笑える。
e0066474_1401873.jpg


ラクダちん
「今度新しく仲間になったロバさんなの。どうぞよろしくね~」
e0066474_141568.jpg


いや新しい仲間にしちゃぁ、えらく馴染んでるね~
e0066474_1423248.jpg



この、ラクダちんと当たり前のように
砂漠を散歩しているロバさんを見ると、
どーしても、ムフフフ・・・となんとも説明のしにくい
笑いが出ちゃいます。
e0066474_1441021.jpg



今年始め頃、まだロバさんが来るずっと前の話ですが、
このラクダちん集団をからかったことがあります。
下の「おまけ」に続く。

おまけ
by hanamomoact | 2010-10-26 02:10 | 砂漠の生き物

雲の上。


霧の濃い日が続きました。

ちょっと遅れると前の一人と2匹を見失うほどに白。
e0066474_20505335.jpg


e0066474_20511126.jpg



霧の向こうに、満月。
e0066474_20535296.jpg



ちっちゃ過ぎてよーく見ないとわかりませんが、
砂丘の上にいるのは相方さま。
e0066474_20545170.jpg



e0066474_2055499.jpg


e0066474_20552178.jpg


さすがに不安になるのか、あんまり離れず
見える距離で遊ぶティーニーとタイニー。
e0066474_20565262.jpg


今日はこのシーズンイチの白さだね~。
e0066474_20572214.jpg


夜が明けてきてもまだ白い。
e0066474_2058379.jpg


e0066474_20581945.jpg



見渡せぞ見渡せど一面の霧。
見えるのはちょっと小高い砂丘の頭だけ。
e0066474_20593417.jpg



なんだか雲の上にいるみたいでした。
e0066474_20585946.jpg




こういう日は、音がかき消されて、
私達だけ取り残されたみたいに静か。
e0066474_2103197.jpg



お隣の国オマーンの山の向こうから昇りはじめた朝陽。
e0066474_2122585.jpg


e0066474_2125393.jpg



明るくなってきたし帰るかーと思ったら、
さらに霧が濃くなって、これは帰宅方向。
この先に家があるはずなんですけれど。
e0066474_2133742.jpg

by hanamomoact | 2010-10-25 21:19 | 砂漠

ブログのスキン変えてみました。


写真をもう少し大きく載せられたらなぁと思い
ちょっと模様替えしてみたんですが、
目が慣れなくて、自分のブログなのに見難いです。
どうでしょうか。

試行錯誤中にてコロコロ変わったらすみません。




(おまけ)

5対1
チョビチョビ立場危うし。
e0066474_19301684.jpg

by hanamomoact | 2010-10-25 19:32 | チョビチョビ

!?


いつものごとく、ガゼルチームと遊び場で朝を過ごしていた私。

アマールのこんな姿に
大きくなってきたな~。と感慨深い思い。
e0066474_19365453.jpg


でもって、こんな姿に
このまま仰向けでひっくり返ったらおもしろいな~
ちとやってみてよアマール~と
そんなこと考えていたんですが、
e0066474_19373753.jpg


ふと遠くに視線を移したアマールに
e0066474_1938264.jpg


振り返ったら、いつものラクダチン集団の
朝散歩。
e0066474_19383116.jpg


なんだ~ラクダちんか~。
あ、壁から庭に入っちゃわないかなぁ・・と思ったその瞬間、
視界の端に明らかにラクダとは違った歩調で
頭が揺れて動いていくものが入り、
e0066474_1939371.jpg


よく見たら・・
e0066474_19402155.jpg


!?
e0066474_19404359.jpg


ロバ!?

慌てて柵に向かって走っていった私。
ロバもこちらに気がついて
e0066474_19413160.jpg


柵の側まで接近。
e0066474_19415549.jpg


立ち位置からして、明らかに私が動物園の檻の中。
ロバにものめずらしそうに凝視されました。


その後、全然特別のことじゃないみたいに、
当たり前のようにラクダチン集団と移動。
e0066474_1945221.jpg

しかも先頭。
e0066474_19453943.jpg


案の定庭に入っていきそうなところ、
我が家の職人さんに追い払われて、ラクダチンたち、
砂漠方向に散歩にでかけていったんですが、
e0066474_19471414.jpg


見失ったので、ロバさんはどーしたものかと
思っていたら、

いました。
e0066474_19482225.jpg

遠くで、移動したラクダチンたちと
一緒に草食んでました。



UAEでも、岩山のけっこうある他の地域なんかでは
野生のロバがいたり、飼われていたりします。
ここでも、砂漠に引っ越してきて間もなく、バイクで遊びにでかけたら
ガゼルともラクダとも違う足跡を発見。
追って奥地へ入っていったらロバ二頭見つけたーということも
ありましたが、ものすごく稀な話。

どうやらこのラクダチンと一緒に飼われていて、
満を持して(?)、ラクダチンと放牧されるように
なったんじゃないかと思うんですが、

・・・ってことは、毎朝会えるのか?
くー楽しみ~っ。
e0066474_19521792.jpg

by hanamomoact | 2010-10-18 19:57 | らくだ

久しぶりの楽しみ。



書きなぐった紙の下にあるのは、この家を建て替えるちょっと前、
日本帰国時にたまたま見つけたモロッコの家の写真集。
二人のイメージを一致させるのにとても大活躍だったんですが、
このたびまた活躍することに。
e0066474_1836463.jpg





若干実験的なことも入れて、冬のゲストハウス兼私達の夏専用別棟を
建てることになりました。

母屋同様、今回も「建築素人の相方さまと私で構想、紙に適当に殴り書きして
建築に携わった経験が豊富な職人さんにそれを説明して建築」という
日本じゃ考えられない方法です。
でも、母屋より少しレベルアップしたのは、『紙に書いた』ってことと
『職人さんが建築ーといっては立派に聞こえますが、
まぁ家を建てる仕事の経験が豊富』ってこと。

なにせ母屋は砂の上に書いて説明。でも当然時間が経てば
風やら人の足跡やらで消えちゃうわけで、我が家には
設計図たるものが残っていません。
職人さんも、仕事探しているまったくの素人さんを集めて
相方さまがひとつひとつ説明。
しかし、皆がみんなそろって素人なので、色んなことが
「当たり前のこと」として整っている日本で育った私には
「そうくるかっ!」と驚きの連続でした。
例えば、壁からお湯と水それぞれのホースが出ているんですが、
これが全然床に対して平行じゃない。
お湯が出るホースから右かなり斜め上に水の出るホースが設置されてて、
意味があるのかと思って「どうして並んでないの?」と聞いたら
「どうして並んでないといけないの?」ときたもんで。

まーそんなわけで、油断できずいちいちチェックに入ったもんです。
後半はすっかり「どうやらめんどくさいこだわりがあるらしい」と
つかめてきた職人さん、一度は、タイル屋さんが来た時何か揉めているので
何事かと思って行ったら、ちょっとデザインの入ったタイルをどこに置くかで
揉めていて、
タイル屋さん「デザインが入ったのは部屋の真ん中でしょ、マダム」
職人さん「絶対マダムに先に聞いてからのほうがいいって言ったんです」

・・でかしたよ、職人さん。と。
だって部屋のど真ん中に置いたらベッドで見えなくなるので
開いたスペースの真ん中に置きたかった私。
タイル屋さんは最後まで「どうしてこんな中途半端なところに」と
首をかしげてましたが、職人さんは「ほらね」と鼻の穴膨らまして
得意げでした。

ってことで、書いていたら色々思い出してきて
また長くなっちゃいそうなのでへし折りますが、色々ありながらも、
母屋建て替えはけっこー楽しかったわけです。


今回建てることに決めてから、暇さえあれば
どんな家にしようかイメージしてたので、ボーっとしていると
「家のこと考えてたでしょ」とよく言われたものです。
大きな家じゃ大変だけど、ベッドルーム、リビングルーム、
バスルーム、キッチンの小さなゲストハウス。
ちょっとしたおもちゃ作りみたいで、楽しい楽しい。




工事は昨日からスタート。
この冬からの利用が目標です。

木で覆われてちょっとわかりにくいですが、
壁が一部なくなって裏の砂漠が見えちゃってます。
e0066474_18373490.jpg


出来上がれば、窓から砂漠、地平線に沈む夕陽
らくだちんの散歩が見れる予定。
でもそれだけに、砂嵐が来たらもろ砂被り。
一長一短。
e0066474_18375453.jpg


外から。
e0066474_18381226.jpg



外壁はもともと低くて誰でも入れちゃう高さ、
ぱっかり開いちゃっても「防犯」という意味では
いままでとなんらかわりないんですが、
人よりもやっかいなのがラクダちん。
壁がないのをいいことに、ドカドカ来て草木を食べちゃうので
防ラクダ対策が今大変です。
こればっかりはセコムでも防ぎようがありません。
入ってないけど。



(おまけ)
殴り書きの設計図を見ていたら、
やどかり接近。
e0066474_1901836.jpg

e0066474_1903417.jpg


「つまらないので遊んでください」とヤドカリ。
e0066474_191673.jpg


放置してみていたら、
ちょっと顔を出し、
e0066474_1922100.jpg


またヤドの中に戻っていきました。
e0066474_1913852.jpg


e0066474_1923428.jpg

by hanamomoact | 2010-10-18 19:31 | チョビチョビ

お知らせの追加。


少し前に、お友達が撮った私達の生活のドキュメンタリーフィルムが
アブダビフィルムフェスティバルで上映されるという記事
書きました。

フィルムフェスティバルは色々な部門に分かれ
グループ分けされていまして、彼女の作品はショートフィルムで
上映時間が短いということもあって、7作品が1グループになって
順番に上映されます(って説明が下手くそなんですけれど)。

その彼女のグループのチケットが、土曜日分、売り切れなんだそうです。
メジャーな映画以外はチケットの売れ残っているところが
いっぱいあるということで、これだけ聞くと、
なんだかそのグループの前評判がすごくよくて
「大入り!前売りチケット完売!」みたいな話になりそうなもんなんですが、
そのお友達も、私も、相方さまも、この話にひじょーに懐疑的です。

というのも、日本じゃ考えられないくらい、事務手続きなんかがお粗末なことが
多いお国柄、こういうイベント(?)は、蓋を開けてみたらなんてことない、
会場はガラガラだったーということもあるそうで、
そういう可能性が限りなく大なんですが、
自分達のチケットも現在手に入れられず、
どーしちゃったもんかと思っているところです。
(相方さまから、チケット売り場でプログラムに載ってる写真見せて
「これ、この写真自分なんだけど、自分の映画見れないって
どういうことよ~」と訴えておおいにうけたと楽しそうに
電話が今ありましたが)

まぁ多分、当日会場に行ったら適当に入れちゃうんじゃないの?というのが
私達の読みなんですが、ただ、本当に何かの理由で
チケットがおさえられているということがあったとしたら、
もし万が一遠くから足を運んでくださる予定の方がいらっしゃったら
無駄足を踏むことになってしまう恐れもあると思い、
とりあえず、お知らせをと思いまして。

あ、それと、UAEの日本大使館のホームページに
紹介されてました


(全然関係ないおまけ)

ロケット発射!
e0066474_19175557.jpg

by hanamomoact | 2010-10-14 19:28 | チョビチョビ

ふたりの距離。 animal


e0066474_2145561.jpg


チョビチョビはこんな体勢。
お互い届きそうで届かない距離をキープ。
e0066474_2152553.jpg


追いかけたり追いかけられたり、
それが毎日楽しみの仲(多分)。
e0066474_216191.jpg


全速力で走られたら追いつかないけど、
多分30%くらいの力で走るサハーバ。
常に届きそうで届かない。
それが楽しくて仕方のないふたりです。
e0066474_2204348.jpg

by hanamomoact | 2010-10-08 02:38 | サーメル一家

ここ毎日空の表情が豊かです。


コメントのお返事、いっぺんに書けなくてすみません。
少々お待ちくださいませ~。


似たような写真の羅列になっちゃいましたけれど。
e0066474_1595437.jpg

e0066474_201358.jpg

e0066474_203193.jpg
e0066474_204376.jpg

by hanamomoact | 2010-10-08 02:06 | サーメル一家


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

その他のジャンル

ブログパーツ