<   2011年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

15の話 番外編

角度がよろしくなかったんですが、
ベロが猫の顔巻き込んでるのわかるでしょうか。
「猫を食う牛」
e0066474_21533758.jpg



自分を猫の立場に置いて
想像してみるといいかも。



「まだ3/15までしかいってないのに、番外編って、おいっ!」
とも思うんですが、ちょっと立て込んでまして、
なかなかゆっくり更新できないので、番外編を先に。

母が縄張り争いに負けて我が家を追い出されたパッチ母仔
ワディーヤのいる牛小屋に辿り着き、
二匹の息子えーちゃんとびーちゃん(安易でスミマセン)は
牛&鶏に囲まれて育ちました。
仔が育つと母はその場を離れ、しばらくして次の仔を出産。
もうすっかり二匹は敵扱い。
びーちゃんは最近こつ然と姿を消してしまい、
残ったのはえーちゃんのみ。

ってことで、えーちゃんは鶏と牛が友達(?)です。
えーちゃんの顔はワディーヤの鼻頭くらいの
大きさです。でかい友達。
e0066474_2153045.jpg


暑いので、足水浴(?)中の鶏さんたち。
鶏たちの人気スポット。
e0066474_2201753.jpg


でも、ここって地が濡れて冷えて気持ちいいので
えーちゃんもここが好き。
e0066474_2202083.jpg


で、こういうことになる。
e0066474_2157444.jpg




<立て込んでいる理由の一部>
詳細は、機会があればまた後ほど。
e0066474_2215356.jpg

e0066474_22151148.jpg

e0066474_22151664.jpg

e0066474_22152548.jpg

e0066474_22152425.jpg

e0066474_22152525.jpg

e0066474_221458100.jpg


にょい〜ん
e0066474_22152918.jpg

by hanamomoact | 2011-05-30 22:13 |

かあちゃん。

おかーちゃんが好きー。
e0066474_316281.jpg



おかーちゃんも好きーっ。
e0066474_3164382.jpg



仔たちが活発に動き回るようになって目が離せず、
母さん「あねご」は落ち着いてご飯も食べられず
栄養も仔に取られてすっかりやせ細っています。
でも、そんなこと、
苦でも何でもないんだろうな〜きっと。
e0066474_3164531.jpg

by hanamomoact | 2011-05-25 03:20 |

久しぶりに浴びました。


サーメルさん。
e0066474_383288.jpg




姿勢よく、おとなしくシャワーやってますが、
この後苦手な顔を洗われ
激しく頭を振って、角でシャワーヘッドを壊しました。
e0066474_382965.jpg




使えるけど、水が真ん中かしか出なくて
マッサージ並みの勢いで水が出るようになってしまった
シャワーヘッド。
今朝、私は用事で朝早く出かけていたんですが、
後から仕事に出た相方さまから電話が入り、
「殿下クブズ様がシャワーを浴びました」と。
聞けばシャワーを浴びようと思ったら、クブズが
「私も浴びます」と来たらしく、
でもシャワーヘッドがそんなんなので、クブズには
水が強すぎたので、下僕相方さまは、自分の頭でまず水を受け
その跳ね返った水をクブズが浴びたんだとか。

クブズってものすごく長湯なので、えらく長い間
そうやっていたらしく
仕事遅刻するかと思ったと相方さま。
人間の身分、大変低い我が家です。
by hanamomoact | 2011-05-25 03:10 | サーメル一家

母さんvs猫ズ その3(最後)

そんな母ダマー二と、マイペース軍団猫ズ。
その1、その2で紹介しましたことを念頭に
見て下さると、状況大変わかりやすいかと思います。


by hanamomoact | 2011-05-23 18:05 | 動画

母さんvs猫ズ その2


前記事で、母たちは守る者がある時にのみ攻撃モードに入ると
書きましたが、そうじゃない時でも、ダマー二母さんは
攻撃こそしないものの、うろちょろする猫ズに
イラっとすることが時々あります。

こういう時間、私にとっては至福の時間で、
静かにぼそぼそ話し(?)ながら
ダマー二と時間をすごすのとても好きなんですが、
e0066474_1752966.jpg



最近はそーいう「ふたりだけの時間」を
持つのが大変。
e0066474_1753660.jpg



今は周りに誰もいないし、今のうちーと
思っていても、
e0066474_1753390.jpg



すぐ邪魔が入る。
e0066474_17538100.jpg


あのさーななちゃん、今はダマー二と
ふたりにしてほしいんだけどーダメ?
e0066474_17303914.jpg



ニコやかににーちゃんをなでているように見えますが、
実際は「これっ!これ以上前には行かない!」と
ガゼルとの距離感がいまひとつつかめていない
にーちゃんを押さえているところ。
e0066474_1761886.jpg




さんちゃんは100%KYでガゼルファミリーの空間に
ずかずか入っていきますが、
にーちゃんは、にーちゃん紹介の所に書きましたが、
「よく状況をわかっていない」と
いった感じでガゼルファミリーのそばに寄るので、

ダマー二に、
「ねぇ、うろうろ邪魔なんだけど」と脅かされても
e0066474_1733927.jpg


えーっと・・・これはどうしたらいいんでしょう、
と固まる。
e0066474_1792152.jpg



あまりの分かっていないっぷりに、ダマー二さんも
あきれて諦める。
e0066474_1793663.jpg



一応本当にわかっていないのか確認してみるダマー二さん。
そして、ほんとに多分状況がいまひとつ理解できていない
にーちゃんさん。
e0066474_1795822.jpg




また別の日。

「無事に赤ちゃん産まれるといいねー」
などと楽しくすごしていたら、
e0066474_1718343.jpg


今度はごーちゃんに邪魔をされ。
e0066474_17183484.jpg


しかし、これまたごーちゃんも大変マイペース。
まだ攻撃モードの入っていないダマーニの
「イラっ」なんてぜんぜん意に介さず通過。
e0066474_17335888.jpg


チョビチョビなんて、寝てるダマーニの前で
こういうこともしたりするもんで、
e0066474_17275616.jpg



何かと平和な時間を邪魔され、
害はなくとも、猫ズに目の前をうろちょろされるのは
あんまり好きじゃないダマー二さん。
でも、ハディーヤやマラークが攻撃モードの際は
容赦なく猫を攻撃するのに対して、
猫が、逃げる場所が悪くて追いつめられたり
気づかなくて逃げ遅れたりすると
一瞬攻撃の手を緩めて相手に逃げる間を与える
実のところとても優しいダマー二さんです。




(おまけ)
ポールダンスを披露するチョビ。
e0066474_17373453.jpg

e0066474_17385364.jpg

もうちょっと大胆な感じがいいんじゃない?

こう?
e0066474_1740580.jpg


うーん、セクシーさに欠けるよね。

こう?
e0066474_17404280.jpg



うーん、もっと大胆に、でもってセクシーに。


こう?
e0066474_17412911.jpg



そんなところへ、ダマー二さんやってきて

ダ「何してんの?」
チョ「ええ〜っと、ポールダンスを・・・」
e0066474_17433510.jpg



ダ「ポールダンス?あれが?」
チョ「えーと、そうでーす」
e0066474_17425644.jpg


ダ「あんなヘタクソ、めざわりなんじゃーい!」
e0066474_1747842.jpg


チョ「ひえ〜すみません〜」
e0066474_17474071.jpg



ダ「練習して出直してこんかーい!」
チョ「はい〜そうします〜っ」
e0066474_174814.jpg



ってことで、修行中。
e0066474_17483113.jpg

by hanamomoact | 2011-05-23 17:58 | サーメル一家

母さんvs猫ズ その1

猫紹介の記事に、母ガゼルたちがお産でピリピリしてということを
何度か書きましたが、今回はそんな様子を。
文も長けりゃ、写真も多いです。スミマセン。


ガゼルファミリーと猫ズ、
普段は、「ウットウシイケド、害があるわけじゃないし」という
アダルトガゼルたちや、
「なぁにこれ?」という無邪気なキッズガゼルたちと
適度な距離でうまく(?)いっています。
e0066474_14162945.jpg

e0066474_14393719.jpg

e0066474_14162768.jpg

e0066474_14274156.jpg

e0066474_14162118.jpg

e0066474_14162647.jpg




ですが、無力な赤ちゃんを持った母は、
全力で子を守らなくてはならず、
そんな悠長なことは言ってられません。

姐御、間一髪。
e0066474_14174884.jpg

e0066474_14174689.jpg




お産してあまり時間が経っていないハディーヤ、
私を探してついて来たじゅっちゃんを発見
「ぬっ!!」
e0066474_14181890.jpg



うりゃーっ!!
(って母たちから「もっと上品です」と
クレーム来そうですけれど)
e0066474_14181915.jpg



まだ胎盤も出てなくて、
出きっていないへその緒がぶら下がってるよっ
e0066474_14181669.jpg


この時じゅっちゃんはまだ判断力(?)が未熟だった事もあり、
コーナーに追いつめられることに。
さすがに慌ててハディーヤを止めましたが、
とりあえず1枚写真は撮ってあるところ、私は悪魔か?
e0066474_15202686.jpg



必死な分、大概猫の方が
速くて逃げ切るんですが、
e0066474_14181496.jpg



最高時速80キロとも言われる足持ってますので、
長距離になると猫には不利。
追いつかれる事も。
e0066474_14181618.jpg


先日はマラークにしーちゃんが追いつかれ、
角で持ち上げられて、牛に角で持ち上げられる
闘牛士みたいになってマシタ。


まだ「猫を飼うなんて頭の片隅にもございません」と
いう頃、庭をよく猫の母仔が歩いていたんですが、
初めての仔、長男アミール育児中だったダマー二は、
うろうろする仔猫を攻撃(といっても、手加減ばりばりですけれど)。
でも、その行動の意味をぜんぜんわかっていなかったので、
その頃の記事に「それぞれ猫への反応が違っていて」などと
書いてありました。

その後、普段はなんでもなく同じ空間で
過ごしていたニャンニャンに
e0066474_14162421.jpg


突然攻撃したダマー二を見て、
なるほどなーと、ようやくその意味を理解。
e0066474_14212894.jpg



お産すると攻撃モードレベルがグンっと
あがるんですが、
時にはその前から徐々に上昇していて、
特に母性本能タップタプで溢れそうなダマー二は、
まもなくお産だな〜と思い始める頃から
猫にイライラが始まります。
ってことで、この時もそんな理由で
いっちゃんを攻撃してたダマー二さん。

このダマー二、娘マラークが、初めてのお産を早産、
赤ちゃんアマールも未熟、母になったマラークも母業が
未熟だった時、
マラークに代わって猫を攻撃した事があり、
えらく感動した事がありました。

ちなみに、今回マラークは予定日バリバリの超過でお産。
お産前に、「お?陣痛か?」とそれらしきものが何度か
あったんですが、すぐおさまってしまいなかなかお産にならず。
ところが、本格的に始まった時には、猫がちょっと
通りかかったら、ものすごく睨んでいたので
「あ、これはお産はじまるな」とわかりました。
お産バロメーターな猫ズ、時には役に立つ事も。


そういうわけで、猫ズにしてみれば
後ろを通ったって何にも言われなかった次の日、
別に赤ちゃんを取って食おうというわけでもないのに
かなり遠くを歩いているにもかかわらず、母たちの視界に
入ろうもんなら突然攻撃されるようになって、
理不尽な思いをしているんだと思いますが、

でも、こーいうことをするわけで、
猫信用できないワーって母たちの気持ち、
とてもとても同意できます。
e0066474_14251724.jpg

e0066474_14252260.jpg

e0066474_14252861.jpg

e0066474_14253892.jpg

e0066474_14254151.jpg


猫追い払った後に娘の無事を確認。
e0066474_14254361.jpg



母たちはずーっと攻撃モードかというと
そうではなく、仔がしっかり走る事ができるようになってくると
そのレベルは下がっていきます。
でも、その仔その仔で成長具合は違ってくるので
一様に生後いつくらいからそのレベルが下がってくるとは
決まっていず、また大変仔の面倒見がいいというか
子離れなかなかしないというかそんなダマー二は、
割と仔が大きくなっても猫が仔に近づくとピリピリしますが、
あっさりしたとても野性的な子育てをするマラークは、
仔がしっかり走れるようになると、そのレベルは急速に
下がっていきます。

当たり前と言えば当たり前だけど、
それぞれに、それぞれなんだなー、
教科書通りみんながみんな一緒なんてないんだなーと
三者三様の子育てを見て改めてそう思います。




(おまけ)
たまたま普段は猫くらいしか、
敵(?)になりうるものがいませんが、
時にはこんなものも。
e0066474_14371595.jpg


たわし君。
小さい仔がいないときは、こんな感じで逃げ腰だったのに。
母は強し。
by hanamomoact | 2011-05-23 14:49 | サーメル一家

15の話 その3〜さんちゃん〜

次は1〜10の3のさんちゃん。
e0066474_15385519.jpg


姐御は庭で赤ちゃんを産んだので、姐御の仔は
庭で遊び始めるのも早かったのですが、
ビントは塀の外での出産だったので、
みんなが庭にやってくるようになるまでは
ちょっと時間を要しました。
なので、遠くから見るだけで、ビントの仔が何匹いて、
どんな仔猫なのかなかなかわからずにいたのですが、
そんな頃「チョーかわいい仔猫がいる」と相方さま。

聞けば白黒で額の割れ方がちょっと変わっているとのこと。
それと思われるのはこのさんちゃんしかいなかったのですが、
でも、目もぱっちりしてないし、模様もなんか微妙だし、
姐御の仔がアラブチックな雰囲気を持つのに反して
えらく日本的というかアジアン的というか
どこか間の抜けた感じで、これが相方さまのいう
「チョーかわいい猫」とはどうしても思えなかった私。
e0066474_1746547.jpg


相方さまのいう至極かわいい仔猫というのは
きっと他にいるんだな、まだ姿見せてないんだななどと
思っていたんですが、しばらくして、さんちゃんのことを
言っていたということが判明。なるほど、相方さまはこういう
アジアンな顔が好みなのかーと、私と結婚した理由をちょっと
垣間みた気がしたような、しないような。
e0066474_15505869.jpg



実はこのさんちゃん、
見た目も(私の中では)「なんか笑っちゃう」なんですが、
キャラもそーとー可笑しくて、
名前をつける前から、みおさんが
「この仔、絶対オカシイ。明石家さんまみたい」と
言っていた事から、
これまた迷わず、さんちゃんとなりました。
e0066474_15512216.jpg

e0066474_15511853.jpg



さんちゃんのキャラを一言でずばり言うならば
「KY」。
このKYって言葉、あんまり好きじゃなかったんですが、
この時ばかりは、なんつー便利な言葉と思った私。
さんちゃんは、まったくもって空気の読めない
真のKY猫。

例えば、小さい頃はみんなご飯を食べ終わるとなぜか
膝に乗って来たんですが、
誰かが先に乗っていると、遠慮して、とりあえず
空いているところに入ってくるのが他9匹。
が、さんちゃんは、誰がいようとも、どれだけ無理だとわかっても、
とりあえず、必ず一番上に、一番近くにやってくる。
e0066474_15532827.jpg


でも、自分が一番えらいとか、他を押し退けたいと
いうのとちょっと違い、
自分が行きたいから行くんです〜周りはぜんぜん見えてませーん
そういう感じ。
e0066474_15533375.jpg


で、適当に満足したら、またみんなを踏んづけて
降りていきます。


ご飯を食べ終わると、一斉に顔を拭き始める猫ズたちですが、
小さい頃はみんなでよく舐めあっていました。
大概優しく舐めてその姿は微笑ましいんですが、
さんちゃんは、ガバッと相手の頭を掴んでがしがし舐める。
とりあえず、相手もだまってやらせるわけですが、
どーなのそれ、相手はあんまりうれしくないんじゃない?って
思うほどにガッシリ頭を抱えるさんちゃん。

大きくなった今でもまだやったりしてますが。
e0066474_15584429.jpg







そんなマイペース、空気ぜんぜん読めないさんちゃんなので、
「怖がる」ということもあんまりしません。
サーメルに睨まれてもへっちゃら。
e0066474_1752237.jpg



ここ最近続いたガゼルチームのお産で、
母たちはみんなピリピリムード、猫が視界に入ると
すごい勢いで攻撃しました。


アティーヤをお産したばかりのハディーヤ
さんちゃんを発見。
e0066474_1685218.jpg


さ、さんちゃん、そのポールは途中から登れないと思うよ!
e0066474_1685672.jpg


案の定滑り落ち、ダッシュで逃げる。
e0066474_169194.jpg


すごい剣幕で怒るハディーヤ。
e0066474_16971.jpg



こういうことが何度か重なリ、チョビを含め他の猫達は
「ここは入ったらダメなんだな」というのを察して
近寄らなくなるわけです。
が、さんちゃんはまったくもって意に介さず。てか
意味がわかっていないのか?
ずかずか近寄り、しょっちゅう母たちに攻撃されてます。


こちらは先日リヤーンを抱いていた相方さまのところに来て
ぜんぜんリヤーンに気がつかず相方さまにすり寄り、
e0066474_16124064.jpg


膝に乗る〜と強引に乗って来て、
e0066474_16275783.jpg


え、今?!というタイミングで
リヤーンに気がつく。
e0066474_16281737.jpg


でもおかまいなし。
e0066474_16293084.jpg


このあと、母マラークにえらくまた怒られてましたけど。


そんなこんなで怖いもの知らずなので、
大変人懐っこい。人間にはとても気に入られるタイプ。
猫初体験に引きまくっていた甥っ子の事もすぐに
虜にしてしまいました。
e0066474_1641296.jpg

e0066474_164195.jpg



職人さんが庭仕事をしていると、大概猫達はちょっと遠巻きに
見るんですが、さんちゃんはぜんぜんへっちゃらでそばに寄り
追い払われてもすり寄って仕事の邪魔をしたりするので、
職人さんの間でも人気者。
もちろんその才能ぶりを(?)早々に
発見した相方さまの大のお気に入り猫となっています。
e0066474_1645192.jpg



そういうわけで、KY猫さんちゃんは、
猫仲間にも、人間にも「さんちゃんだし、しょーがないかー」と
そのKYぶりは受け入れられ、
なんだかんだいって、世の中うまく渡っていっているわけですが、
若干一名、それがどーしても受け入れられない者が。
e0066474_1631452.jpg


チョビチョビ。
さんちゃんとは真逆、空気読み過ぎのチョビは
この空気読まなすぎのさんちゃんが、たいへん嫌い。
苦手を通り越して嫌い。
さんちゃんが何をしたわけでもないのに、
出会った頃から、シャーシャーいって近寄らず、
さんちゃんは「?」だったわけですが、
さすがに「なんにもしてないやんけっ!!」と
チョビの態度にぶち切れたのか、最近はチョビを見ると
すごい勢いで追いかけるので、ますますチョビとさんちゃんの溝は
広がっています。

e0066474_17483226.jpg

・・・確かにこうしてよく見ると、
ちっちゃい頃かわいかったなーさんちゃん。


(おまけ)
さんちゃんのこととても好きな相方さまで、
e0066474_17573598.jpg


こういうところによく乗せるんですが、
(さんちゃんが強引に乗ってくるともいいますが)
e0066474_17582425.jpg



悪魔心がすぐ出て、
e0066474_1759219.jpg


こういうことを平気でします。
e0066474_17593262.jpg



転げ落ちるさんちゃん。
e0066474_180361.jpg



でも全然メゲズ(学ばず?)、相変わらず、
ずかずか登ってくるさんちゃん。
e0066474_17552513.jpg

e0066474_17554378.jpg


その純粋なマイペースっぷりは、時にちょっと見習いたくなります。

e0066474_1811510.jpg





・・・、まだ3/15か。先長いなー。
by hanamomoact | 2011-05-19 17:06 |

これで3度目くらいの登場になっちゃうんですが。


前回同様、ちと思うところあって、
お友達に描いた本、載せてみました。
下に長くてスミマセン。

e0066474_273566.jpg


e0066474_273849.jpg


e0066474_274380.jpg

e0066474_274960.jpg


e0066474_275535.jpg


e0066474_28747.jpg


e0066474_281077.jpg


e0066474_282497.jpg

e0066474_282972.jpg

e0066474_283293.jpg

e0066474_283564.jpg

e0066474_283925.jpg

e0066474_284523.jpg

e0066474_285047.jpg

e0066474_2151585.jpg

e0066474_2155425.jpg

e0066474_2164929.jpg

e0066474_2171196.jpg

e0066474_2173429.jpg

e0066474_2175999.jpg

e0066474_218246.jpg

e0066474_2184394.jpg

e0066474_2191282.jpg

e0066474_2195012.jpg

e0066474_2201198.jpg

by hanamomoact | 2011-05-19 02:26 | イラスト

15の話 その2〜にーちゃん〜

プロローグで書きましたが、猫ズの中に一匹
迷い猫のため、ほかの仔と、
母もきょうだいもまったくちがう猫がいます。

それがにーちゃん。♀
e0066474_111028.jpg


いったいどこからどうやって来たのか
まったくわかりませんが、母やきょうだいと
はぐれてしまったようで、
我が家に辿り着いた時は、まだかなり小さい仔猫でした。

幸い他の猫ズもまだ幼く、
よその猫を追い出すという思考回路はなかったようで、
でもご飯をそろそろ食べにくると、
後に出てきますが、さんちゃんなんかに頭をポカスカ叩かれ、
ちょっと心配しましたが、
それでもめげずに入って来たので、
いつのまにか皆の仲間にいれてもらっていました。

ニーニーと大きな声でよく鳴いていたので
これまた迷わず2のにーちゃんに決定。


人慣れはしていなかったので、姿を見せるまでそーとー
時間がかかりましたが、
そのうちこんなこともするようになり、
e0066474_1155486.jpg


最近になってようやく緊張しながらもだっこさせるようにも
なってきました。


おそらく他の猫よりもちょっと年下(?)かと
思われるんですが、けっこう対等にやりあいます。

いじめられているように見えますが、
e0066474_1175870.jpg


この、足。堂々たる攻防。
e0066474_1181946.jpg



後にでてくるごーちゃんとは、色合いが似ているからか(?)
気が合うらしく、怒る事がまずない気の優しいごーちゃんには
けっこうちょっかい出すにーちゃん。
e0066474_1333025.jpg


でも、ごーちゃんがとっても好き。
e0066474_1342473.jpg

e0066474_1344616.jpg




基本あまり庭にやってくることはないんですが、
ガゼルとも時々絡みます。
e0066474_1203666.jpg


絡むんですが、たま〜になので、ガゼルとの距離感が今ひとつ
つかめていず、突進していくので驚かれる事が多い。
e0066474_1203617.jpg




ところで、このにーちゃん、
こういう顔もしますが、
e0066474_137131.jpg



他の猫とちょっと違い、寂しそうな目をしていることが多い。
e0066474_1272028.jpg


本当に寂しくてそういう顔をしているわけではなく
(といっても、始めの頃は表情が固かったので
ほんとに寂しそうにも見えたんですが)
どうやらそーいう顔つきらしい。

で、このにーちゃん、何かに似てるとずっとひっかかっていたんですが、
動物園に行って、すっきり解決!
e0066474_1272441.jpg


チーターでした。
e0066474_1272979.jpg


って、そっくり写真が撮れていないのが残念ですが、
実物にーちゃんは、体の模様とか目は、
チーターを彷彿とさせるのです。

こんなんとか、
e0066474_1271517.jpg



こんなんとか、
e0066474_1283993.jpg


こんなんは、見ようによってはガゼルを襲うミニチーター?
e0066474_128516.jpg


にーちゃんフレームアウトで、
写真的にはひどい写真ですが、
これも獲物を追うチーターに見えない事もないような。
e0066474_1294922.jpg



ってことで、にーちゃんは、相方さまの中では
「かっこいい猫」と映っているらしく、
相方さまがにーちゃんを撮るとこうなるんですが、
e0066474_1305045.jpg


私の目には、こーいうほうが、にーちゃんらしいです。
e0066474_131284.jpg



(おまけ)
チョビは、自分よりも体の小さい猫とは遊べるので、
にーちゃんとは出会えば時々絡みます。
e0066474_146498.jpg


追いかけられるのは嫌いだけど、
追いかけるのは好きなチョビ。
e0066474_1464727.jpg


楽しそうなふたりに、アティーヤ、「なになに〜」
e0066474_1473566.jpg


最近ガゼル出産が続き、母さんガゼルたちがピリピリして
猫を攻撃したもんだから、
すっかりガゼルにびびるようになってしまったチョビは

早々に、イチ抜け〜
e0066474_1481411.jpg



少し前にも載せましたが、
木登りする猫がどーにもこうにも気になるアティーヤなのでした。
e0066474_151858.jpg

by hanamomoact | 2011-05-19 01:55 |

昨日は夕空がきれいだった。

e0066474_2113453.jpg

e0066474_21133899.jpg







e0066474_21101460.jpg













日中は余裕の45度超えの毎日。
でもアスファルトに囲まれていない砂漠は
夕方太陽が低くなっていくと同時に気温も下降。
夜中にはひんやりしてきます。
e0066474_21101513.jpg



ま、それもあと数週間、6月も末に近づくにつれ
夜もけっこー大変になってきます。
昼間も50度近くいくわけですが、
でも、なんだかんだと毎年乗り越えているわけで、
つまり大変といったってそれが日常なわけで、
日常の上にあることは、大して大変な事じゃないんだと、
今年はそういう思いで過ごす夏になりそうです。
by hanamomoact | 2011-05-18 21:18 | サーメル一家


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

その他のジャンル

ブログパーツ