「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ごぶさたでございます。

最後の更新をしてから、ぴたーっと気配を消しておりましたが、
実はインターネットがへそを曲げまくり、
あれやこれやいろいろやってもぜんぜんダメで、
メールや、軽いサイトだけしか見られない状態が続いていました。

んが、なにがいったい悪かったのかわからないまま
今日の夕方になっていきなり目が覚めたインターネットさん。
ようやく自分のブログを見る事ができました。

コメントのお返事、おそくなってしまいごめんなさい。

インターネット開けない間、たった3週間くらいのことなのに
その間世の中すごい変わっているんじゃないかと
ちょっと取り残されているようなそんな気分のときも
ありましたが(なにせ人にも会わないので、世の中の動きは
ほぼ相方さまから入る情報のみだったので)、
思う程世の中ってそんなに激変ってしないもんでした。

なんですが、そんな中、我が家は大きな変化がありました。

先日リヤーンの介護が終わりました。

って書くとなんか悲しい事でも起こったんじゃないかと
思われそうですが
まぁ確かに今までの状況から「歩けるようになったから介護が終わった」
とは考え難く、お友達にもそんな出だしで話しだしたら
やっぱり「えっ・・・」と言われたんですけれど、

そうではなくて、とても明るい(?)お話。

後ほど詳しい事ご報告いたしますが、
ものすごーくかいつまんだことを書きますと、
リヤーンは手術をしました。
で、結果リハビリなど少し時間は要しますが
歩けるようになるそうです。

えへへー。こうして書いてみてなんかようやく
実感が沸いてきたなー。そんなわけで、
リヤーンは私の手から離れて、希望のいっぱいある新しい人生を
スタートさせました。

ちょっと用事ができてバタバタしているので
また数日ブログの更新はお休みで、
今日は写真もないし、だらだら文章だけなんですが、
リヤーンの事、介護している私の体の事、
心配して下さったみなさんにまずはご報告をと
思いまして。

まだ歩いたわけではないですが、そういう日が来る事が
いままでよりもずっとぐっと現実に近くなりました。
心配して下さったみなさん、リヤーンの回復を応援して下さったみなさん、
本当にありがとうございました。


もう少し色んな事が落ち着いたらまた改めてご報告
させてくださいませ。
by hanamomoact | 2011-11-30 05:37 | リヤーン | Comments(34)

新入生続々でただ今園児8名。

らくだ幼稚園2011、徐々に新入生が増えてきました。
e0066474_0144831.jpg


もう少し園児たちが大きくなってくると
母から離れる時間が増えて園児同士の絡みが
けっこーおもしろいんですが、まだ幼稚園っていうか
保育園の年少さんクラスくらい。
おかーさんにくっついている仔がほとんど。
e0066474_014412.jpg



まぁ、おかーさんもまだ仔が心配で仔にぴったり。
e0066474_2358041.jpg


かわいくてしょうがないんだろうな〜。


去年はまだ猫ズが小さくて、それほどついてまわるという事が
なかったんですが、今年はどこへ行くにも
誰かがついてくる。で、ついてきておきながら
ねー帰ろうよー帰ろうよーとニャーニャーうるさい。

まだ仔にぴったりの母は、このニャーニャーにけっこう
ピリピリしていて、ついに、
うろうろ、ニャーニャーいうにーちゃんに
威嚇のアタック。
e0066474_06127.jpg


かーさんがこんな風にアタックするの初めて見ました。
けっこうすばやい動きにびっくり。


同じくくっついて来たごーちゃんとはっちゃん、
それまで同じく、ニャーニャーうるさかったのに、
怒られたにーちゃんを見て、
やべーやべーと隠れてみる。
e0066474_09456.jpg



なのにやらかした当のにーちゃんは
懲りずにうろうろして、
e0066474_093962.jpg


また叱られる。
笑顔だけど、実は怒ってます母さん。
e0066474_010520.jpg




そんな喧噪おかまい無し、お母さんの横で安心して熟睡。
e0066474_015287.jpg

e0066474_0102276.jpg


e0066474_054641.jpg



人間のお母さんがやるみたいに、
かわいくてかわいくて、寝てる我が子のにおい
フガフガ嗅いじゃう。
e0066474_07010.jpg


シアワセな時間。
e0066474_0155426.jpg



母とのサイズの差はこれくらい。
e0066474_053152.jpg



人間と比べたら、かなり大きな赤ちゃんだけど、
e0066474_1393018.jpg


母と比べたらやっぱりちっちゃくて、
e0066474_140945.jpg


座高(?)と同じくらいの身長です。
e0066474_141176.jpg




愛でいっぱいの「お母さん」の顔。
e0066474_0174348.jpg

by hanamomoact | 2011-11-25 19:17 | Comments(8)

砂漠の船。

いつものごとく、クブズの散飛に行こうと家を出たら、
ラクダちんご一行様が通過。

等間隔で足並みそろえて。
e0066474_0333128.jpg


ご一行様通過をお見送りのクブズさん。
「どなさまもおはようございます〜」
e0066474_031571.jpg


どもども、おはようございます〜
e0066474_557108.jpg


お気をつけて〜
e0066474_5592586.jpg



まだまだ続くご一行様。
ちょっと並んで歩いてみたりして。
e0066474_044483.jpg



ラ「あら、おはよ〜。一緒に行く?」
e0066474_5522680.jpg



ちょっと並んで飛んでみたりもして。
e0066474_555212.jpg




砂漠の砂地はとてもやわらかく、
こんなに軽いクブズだって、足はすぐに砂に埋まってしまうのに、
e0066474_025727.jpg



ラクダはこれだけ巨体で体重があっても
砂に沈んでしまう事なく
e0066474_0292378.jpg



砂漠の船と呼ばれています。


歩き方はのんびりですが、一歩が大きい事もあって、
移動はとても早い。
e0066474_039711.jpg



大きくてゆったりした優雅な砂漠の船は、
前にならって一列に並んで進んでいきます。
e0066474_0352110.jpg





(おまけ)
こちらも前にならって前に進む。
e0066474_7204281.jpg



が、飽きて二名中一名脱落。
ちなみに、一羽はどこか飛んで行ってしばし戻らず。
e0066474_7265821.jpg


「ここで待ってまーす」
e0066474_7223020.jpg

e0066474_724821.jpg



e0066474_643930.jpg

by hanamomoact | 2011-11-12 07:37 | らくだ | Comments(26)

落とし物?

と、そんなわけで、ここのところ朝、裏の砂漠に
散歩+散飛をするのが日課なんですが、
先日こんなものがコロンと落ちているのを発見。
e0066474_15355869.jpg


コロンっていうか、ゴロンですが。

うん、チョビさん、やっぱり乗りたくなるよね。
e0066474_15354430.jpg



ってことでクブズも乗ってみる。
e0066474_15361447.jpg



当然私も乗ってみる。
下にはゴソゴソと草を引っ張り出すふたり。
落とし(?)主さん、すみません。
e0066474_15363183.jpg



何かおもしろそーだと、クブズさん
ゴソゴソやってるチョビを見ていたら、
e0066474_15364563.jpg


チョ「スキありっ!!」
e0066474_15365738.jpg


ク「まったく、油断もスキもありゃしない」とプンプンしながら
砂丘の上を見上げたら、そこには後から合流した相方さまがいたので、
e0066474_15372464.jpg


離陸っ!
e0066474_15373747.jpg





ク「いつ来たの〜?」
e0066474_1537502.jpg




相「ちょっと前に〜」
e0066474_1538462.jpg



ク「こんなところで何してんの?」
相「たまにはみんなと一緒に散歩でもと思って」
e0066474_15381593.jpg


相・ク「今日はなんか雨ふりそうだね」
e0066474_15382758.jpg


家の中ではトムとジェリーのふたり。
この日はなんだか仲良しモード。

e0066474_15384012.jpg

e0066474_15385490.jpg


そういえば、以前砂漠にドライブした時
仲良しモードでした。
砂漠に出ると心が広くなるのか、クブズ?



で、しばらくまったりしたら、やっぱり飽きて
「一羽お先に〜」と帰宅のクブズ。
e0066474_1539770.jpg


見送る相方さまと、ひたすら散らかす事に忙しいふたり。
e0066474_15392464.jpg





こちらは別の日。
この日アビはお友達と遊んでいたので、
e0066474_19164019.jpg


チョビとクブズと相方さまで散歩+散飛。
e0066474_15423885.jpg


帰り道、クブズさん、ちょっと考えて
e0066474_1541766.jpg


「今日は飛んで帰る気しないから乗せて〜」
e0066474_15412171.jpg


相「チョビ、帰るよ」
e0066474_15413687.jpg


チョ「いい、まだ帰らない」
相・ク「んじゃ、先帰ってるねー」
e0066474_15415043.jpg



置いて行かれると不安なチョビさん。
e0066474_1542653.jpg



祝日と週末がくっついて5日程お休みでした。
といっても、リヤーンは人間の週末も祝祭日も
ぜんぜん知ったこっちゃないわけで、
介護はいつものように続くので、休みと言っても
どこかへでかけるわけじゃないし、
相方さまが家にいると言っても、私のやることが減るわけでもなく。

でも、こんな時間をいつも人間お一人様で過ごしているので
相方さまが一緒に参加というだけで気持ち的に随分違う。
休みの間も、まーゴタゴタっていうかゴッタゴッタ
みんなが色々やらかして、ゆっくりのんびりというわけには
いきませんでしたが。でも気持ちはなんかリフレッシュ。
e0066474_15436100.jpg

e0066474_15432358.jpg

by hanamomoact | 2011-11-09 20:06 | クブズ | Comments(16)

クブズさんの散飛。

朝8時半頃リヤーンの朝の歩行介助が終わると、
今度はクブズの散飛時間。
最近はその時間もまだ砂漠を歩ける気温なので
裏の砂漠を散歩します。

この頃になると、「猫」らしく、夜中じゅうお仕事していた
猫ズたちがようやく眠りについてとても静か。
ご飯も食べ終わっているので狩り意欲ゼロ。
ってことでクブズの散飛にはもってこいの時間。

で、他にもこの時間を楽しみにしているものが1名程。

猫らしくなく夜は家の中で爆睡のチョビチョビさんは
この時間が活動時間。
基本1人が好きですが、でも他の猫に邪魔されないのなら
実は本当は(外では)家族と一緒にいるのが好きなチョビ。

クブズと私は他の猫にみつからないように
そ〜っと窓から外に出るんですが、
それを知っているチョビはその頃になると
誰にもみつからないであろう離れた木の陰から
窓が開くのを待っていて、私達が出てくるとイソイソとついてきます。
かなりめんどくさい性格です。

で、しゅっぱ〜つと思ったら、まずは用足し。
広い所じゃさぞかし爽快でしょうが、
e0066474_372967.jpg



時には空から邪魔が入ります。
e0066474_383561.jpg




他の猫はダメですが、一つ屋根の下で暮らす(?)アビは
大丈夫のチョビさん。
そのアビさんも夜は爆睡組なので、この時間は活動時間。


ってことでアビも合流。
e0066474_3143813.jpg



クブズ「はい、みんなついてきなさい」
e0066474_3142775.jpg


って誰も聞いてねーし。
e0066474_3142015.jpg


反対向いてるし。
e0066474_3141087.jpg



先に行ってなかなかこないふたりを待つチョビさん。
e0066474_314049.jpg





そのうちじゃれ合いがはじまり
e0066474_315389.jpg


つまんないクブズはおもむろに砂丘を登り始め、
e0066474_315293.jpg


なにやら物思いにふけてみる。
e0066474_3152234.jpg


そして何故か砂丘のエッジの部分に沿って上へ、
e0066474_3151442.jpg


上へ。
e0066474_315689.jpg


そして登頂。
e0066474_3145862.jpg


後からアビも登砂丘。
e0066474_3155322.jpg



チョビさんは砂丘の下の日陰で休憩。
年を重ねると無駄な動きはしなくなるーわかりますチョビさん。
e0066474_3144572.jpg




では、行ってきます!!
e0066474_3171753.jpg



チョ「そーいやクブズ飛べるんだったね」
e0066474_3174878.jpg


一回り(?)ぐるっとしてきて
ただいまー!
e0066474_3233778.jpg


クブズを街で見つけた時は、羽が折れていて、
今も歩く時はちょっとひきずりますが、
飛ぶには不便しません。
e0066474_326192.jpg


で、クブズが帰って来たら、今度はチョビをみつけたアビが
ダッシュで砂丘を下り
e0066474_19263643.jpg


チョビのもとへ。
e0066474_19265652.jpg


いやっほーい。
e0066474_19272213.jpg



そんなふたりを上から目線のクブズ。
e0066474_19392274.jpg



そしてそのうち好き勝手にバラバラ。
e0066474_194073.jpg



外よりも家の方が好きなクブズさんは
外に飽きて一足(一羽?)先に家へ。
e0066474_19282954.jpg



チョビアビチームは影で休憩した後
e0066474_19284720.jpg


ダッシュで帰宅。
e0066474_1929910.jpg



ここ最近は毎朝こんな感じ。
ってことで、もう少しこのお話続きます。

その前にちょっとお昼寝してきます。
一休み、一休み〜。
by hanamomoact | 2011-11-08 20:26 | クブズ | Comments(12)

書きとめておきたい。

夕方、日が沈んだ瞬間久しぶりに淡い緑の空。
夕陽の残りが地平線近く横に広がる雲をオレンジ色に照らして
少し青くなりかけて来た高い所には三日月。
とても奇麗な空でした。

リヤーンが珍しく砂丘に登り
そこには日の沈んだ方の地平線を見ていたマラークがいて、
リヤーンがそのマラークのとなりに寄り添って甘えるので、
なんだか二匹と一人一緒に夕焼けを見ているみたいな
そんな瞬間でした。

そんな風に一緒に空を見ながら
手の届く所に立っていたマラークの背中をなでていたら
なんだか「なんか、幸せ。幸せ。」と
思わず口から出ちゃって、胸一杯になりました。


端から見たら、髪の毛ぼさぼさで、穴だらけのズボンと上着着て
汚れた足袋型の靴下履いて
腰まげてガゼルのお尻にくっついて立っているのなんて、
なんだか哀れな姿だったと思いますけど。


写真もないし、こんな独り言みたいな事書いても
読む方はちっともおもしろくないと思いつつ、
なんだか今日の気持ちを書きとめておきたくて。
by hanamomoact | 2011-11-01 01:28 | リヤーン | Comments(22)


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る

最新のコメント

結末は…結末は…と申しま..
by なご。 at 19:54
はじめまして。ツイッター..
by ming at 19:57
始めまして、いつもはなも..
by cocoon at 22:06
ブログが有名になると、必..
by サムママ at 20:17
こんな所に住んでなに現実..
by kuso at 16:14
初めまして。このブログの..
by ちょびえ at 23:11
初めてコメントさせていた..
by Hari at 08:50
幻想的な砂漠の霧の写真に..
by ちょこちゃい at 21:24
hanamomoさん、言..
by Effy at 21:18
こんばんは。そちらでは夕..
by なご。 at 21:00
物語のような写真で、とて..
by えこう at 20:59
静かな絵本のような、写真..
by しょうちゃん at 20:55
別れは寂しいですね。 ..
by ヒース@nao at 12:45
お久しぶりです。 ブロ..
by suusuu at 22:48
すごした時間はたからもの..
by アンヨ at 02:22
キラキラ光る宝石の様な目..
by もふもふミッフィー at 12:27
ハディーヤさん空に昇られ..
by ささみ at 10:28
素敵な写真が一杯。 き..
by ちょこちゃい at 22:17
ハディーヤさんが天に召さ..
by たぬ at 19:27
はなももさんの綴る言葉に..
by やこ at 13:09

検索

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

ブログパーツ