「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

8児の母になりましたのデス。


サーメルブログの方でご紹介しましたが
女学で講師を勤めましたダマーニさん、
先週の水曜日女の仔を出産しました〜。
8児の母でございます。
e0066474_18522969.jpg

e0066474_18541463.jpg



名前は「長母音が入っている」のがお約束。
ということで、サーメル・ダマー二の8児目の仔は
「アリーン」という名に決まりました。
意味は「世界で一番美しい」。
e0066474_19364068.jpg


母ダマーニは「喩えようのない美しさ」という意味ですが、
さて、母との「美対決」、軍配はどちらに。
e0066474_19393431.jpg

e0066474_19293140.jpg


・・とりあえず今のところは父似デスが。
e0066474_1929058.jpg


将来が楽しみです。
e0066474_19391290.jpg



さっきまでお腹にはいっていたので
こんなのお茶の仔さいさい
e0066474_1941543.jpg



くにょんくにょん。
e0066474_1942816.jpg



ジャミール1号「おっ、仔ガゼル発見!」
e0066474_18552334.jpg


ジャミール2号「どれどれ。お〜。」
e0066474_18555484.jpg



1号「仔ガゼルって言ってもでかいなキミ」
2号「そりゃオレらが小さいからだよ1号」
1号「あぁ〜なるほどねー、賢いな2号」
e0066474_18562774.jpg



アリーン「なんか視線を感じる・・」
e0066474_18572321.jpg


ア「やっぱり見られてるっ」
e0066474_1858382.jpg


覗き見中。
e0066474_19215494.jpg


見学者いぱーい。
e0066474_1858487.jpg





こんなことやってますが、
もーなんかイロイロありまして、
久しぶりにちょっといっぱいいっぱいのワタクシ。
(どうみてもそうは見えないデスケレド、ホントナノ!)

書きたいことそりゃそりゃいっぱいあるんですが、
しばしお休みいたします。
5月頃にまたもどれたらなと思っておりますです。
ということで、どうぞ無駄足踏まれませんように〜。





(おまけ)
おねーちゃんになった、それまで末っ子だったディーマ。
e0066474_19441795.jpg



呼んでも振り返ってくれないおかーちゃんに、
デ「・・・」
e0066474_19451634.jpg


みんなそうやって大人になっていったのだよ、ディーマ。
e0066474_194743100.jpg


デ「・・誰?」
e0066474_19481225.jpg



デ「あ、なんかこっちきた」
e0066474_19512970.jpg


デ「なになになに」
e0066474_19514391.jpg


デ「なんか用?!」
e0066474_19521349.jpg


デ「ちょっとそんなに勢い良くこないでくれる〜っ」
e0066474_19522859.jpg


そういいながらも、やっぱり気になる。
e0066474_19524313.jpg


気になる・・
e0066474_19524868.jpg

by hanamomoact | 2012-04-24 20:11 | サーメル一家 | Comments(22)

新しい手相の見方。



あび「長生きの相出てます」
e0066474_1474672.jpg

by hanamomoact | 2012-04-18 01:50 | アビアビ | Comments(4)

動物に学ぶ女学(オンナガク) その2ー上級(オトナ)編。

前回は動物に学ぶ女学(オンナガク)、
入門編をお届けしました。

「声かわいく、なつっこく、できれば見栄えかわいく」

18才のお友達によれば、これがかわいがってもらえる為の
要素だそうですが、所詮この春晴れて女子大生になったばかりの
夢見る乙女の考察。

まだ青い。


そんなわけで前回は「女学(オンナガク)」というよりは、
「女子学」の範疇だったので、今回はオトナの女性のための
「動物から学ぶ女学」をご紹介。
講師は7児の母、そして4孫のおばーちゃん、
世の中の酸いも甘いも噛み分けたダマー二さんです。
e0066474_14182438.jpg



ダマー二さん、おそらく人間にして40歳前後かなと
思われますが、

なに、この衰え知らずの美しさ。
e0066474_1292695.jpg



若い頃は「美しい」というより「かわいい」だったんですが、
e0066474_1211391.jpg


オトナになるにつれ、「美しい」のほうが比重を占めるように
なってきました。

が、いまもなおかわいいところちゃんと持ってるダマーニさん。
e0066474_1271654.jpg



母としても完璧で常に愛情いっぱい。
e0066474_1343448.jpg






完璧な母をやりながら、かわいさ全然失わず。
e0066474_1304527.jpg



賢くて、穏やかで、そして強くて、凛としているダマーニ。
e0066474_243434.jpg




なんかもう完璧過ぎて全然参考にならないんですけど〜とも
思うんですが、すねていてもしょーがないので、
ここはこんなダマー二からどん欲に「女学」、
学んでいくことにします。



ダマーニは、美しいだけじゃなくて、妖艶にセクシー。
子を産む度に貫禄をつけていっていますが、
同時にどんどん艶やかにもなっています。
e0066474_126417.jpg



で、ツイッターに「7児の母にして我が家で一番色っぽい」と
上の写真を載せたんですが、
それに「だからこそ7児の母になったのかもですね!」と
コメントいただいて、
「なるほど!!」と。


まだ子供のいなかった若いサーメル・ダマー二は
とにかくふたりいつも一緒で、特にサーメルさんべた惚れの
仲睦まじいカップルだったんですが、
e0066474_851966.jpg


子供ができて、ダマーニが子供にかかりっきりになるにつれ
サーメルと過ごす時間はほとんどなくなりました。

が、ダマーニのすごい(?)ところは、そうであっても
「女力」衰え知らずのところ。
すっかり相手にしてもらえなくなったサーメルも
そりゃダマーニから離れられないってもんです。

で、フト思い出したのが、相方さまのお兄ちゃんの奥さんのこと。
数年前の話ですが、「明後日オットが出張から帰ってくるから、
明日サロン(美容院と足とか爪とかきれいにしてくれるエステみたいな所)に
行かなくっちゃ〜」って言っててびっくり(これにびっくりするのって私だけ?)。
だんなさんの帰ってくるのに合わせて、キレイにしようというその心がけ!
(いや、世間では当たり前なのか?)
ってことで(?)、ちょっと前に6人目の赤ちゃん生まれたわけですが、
元々の容姿がどうこうって問題ではなく(いや、お兄ちゃんの奥さんは
とても綺麗な人ですが)、その心がけ!
かわいさ、セクシーさをいつまでも失わずに持つ、その心がけ!!
たしかにナイ。私にはナイ。おおいに反省です。




さて、そのもっそい美人で、強くて、子育て上手で、
完璧に見えるダマ−二さんですが、


こーいう顔とか、
e0066474_7264795.jpg


こーいう顔とか、
e0066474_1275250.jpg



こーいうことしてみたりとか、
e0066474_855719.jpg



はたまた、
「一番下の子は次の子が生まれるまでがっちり側において
次の子生まれたら、さっさと追い払って独り立ちさせマス。
だって子どもがそばにいないとさみしいけど、2人はそばに
いらないんだもーん」とか、
なにがきっかけなのか、機嫌が悪いと、当たりまくって
子ども追いかけ回すとか
けっこー理不尽な所ももってたりして、

なんていうか、完璧に見えて、実は持ってる
こーいう「スキ」が、またイトシクなったりするわけです。
まぁこれについてはまず「完璧に見えて」ってとこ
クリアーしてからじゃないとお話にならないので、
私にはあんまり必要ない女学ではありますが。



ちなみに、そんなスキもみせるダマーニさんでは
ありますが、あくびする時は、絶対大口開けない。
e0066474_4132383.jpg


「アフ」っていう上品なあくび。
おさえるところは、ちゃんとおさえてます。

参考までに、こちらはサーメルの
ガバーっと口開けてするあくび。
e0066474_4135478.jpg

e0066474_4134249.jpg



というわけで、つい「いいの、人間なんて中身なの!」(いや
そこんところにも問題アリかもしれないけれど、今はアエテ触れず)
などと逃げ口上でつい怠ってしまってますが、
♀として産まれたからには、いつまでも「心がけ」大事だなーと
ガフーって大口開けてあくびしながら、お手入れ全然してない
がさがさの自分の手足見て思う今日この頃。


ちなみに、ダマーニさん、若い頃は若い頃で
「女子力」すさまじく、

こんな顔をサーメルに見せるもんだから、
e0066474_1232958.jpg


サーメルさん、溶けんばかりにメロメロ。
e0066474_11591162.jpg



アヘ〜ってサーメルさんっ
口、口閉じてっ!
e0066474_11592864.jpg




「動物に学ぶ女学 その3ー基本編」へ続く。



(だらだらオマケ)

今では貫禄すらある母姿のダマーニですが、
初めての赤ちゃん、アミールが生まれたときは、
若っ〜いお母さんといった感じで、
e0066474_9393397.jpg



おっぱい吸いにくるアミールにアタフタしたりしてました。
ま、母的愛情は最初からたっぷりでしたけれど。
e0066474_9415946.jpg



サーメルもいまでこそ、「お、産まれたか」くらいの
余裕で赤ちゃんを迎えますが、
アミールのときは突然現れた小さなガゼルに
「?」がいっぱい。


とりあえず、妻の後ろから覗いてみる。
e0066474_715273.jpg

e0066474_716121.jpg

e0066474_717046.jpg



ナゾの物体を角でつついてみる
ダメ父ちゃん。
e0066474_959399.jpg



こちら動画は、赤ちゃんにつきっきりになるダマーニ見て
やきもちやくサーメルと、そんなダメオットを
ちゃんとフォローしてるダマーニさん。
よき母よき妻、女力満載。







で、よくできた妻ダマーニさんのフォローのおかげで
ちょっと赤ちゃんがなんなのかわかってきたサーメル。
e0066474_9502054.jpg


サ「どぅも〜・・」
e0066474_9505338.jpg



ダ「アナタに似てかわいいわよね〜」
e0066474_9535061.jpg


アミール「お父チャン・・」
e0066474_9544382.jpg


サ「お、お父ちゃんだってっ!」
e0066474_9545950.jpg


サ「なんかかわいく思えてきた・・」
e0066474_9561425.jpg



この頃は初々しかったな〜、サーメル。
e0066474_95801.jpg

by hanamomoact | 2012-04-14 10:55 | サーメル一家 | Comments(16)

動物に学ぶ女学(オンナガク) その1ー入門編。

e0066474_17251535.jpg



先日日本から遊びに来てくれていたお友達は
この春から花の女子大生(古いか?)なんですが、
我が家の数いる猫ズと触れ合いながら、ふと

「やっぱりなつっこいってかわいがられるのに大事なんだな〜」と一言。
e0066474_17235984.jpg



どうやら滞在中、猫からどんな女の子がかわいがられるか
というのを考察したらしい。


我が家に滞在すると20匹の猫と顔を合わせるわけですが、
見た目も性格も20匹20色。比較検討の資料は揃っています。

確かに猫というのは、見た目に難ありでも、なつっこいと
とてもかわいがられる。
その代表は、さんちゃん

ぱっと見、ちょっとかわった顔なので人目は惹くけど
誰もが見て「かわいい〜」というタイプではありません。

が、誰が来てもみんなが顔を覚え名前を覚え
そしてかわいがってもらえる。

だって、ちょーなつっこい。
「甘え上手」というより
「なつっこい」のほうがしっくりくる。
知らない人が来て、猫ズが警戒してさーっと姿をみせなくなっても
さんちゃんだけはすぐ寄って行き、必ず挨拶。
生まれて初めての猫にビビって引いていた甥っ子の事も
すぐ虜。
e0066474_3595640.jpg



何をしていてもするするっと寄ってくる。

こちらバター作りやってるkotoriさんと
それ見てるonjiさん。
e0066474_17203512.jpg



そこへやってきて、
e0066474_17205982.jpg


はい、どもども〜と
当たり前のように膝に乗るんですが、
e0066474_17211463.jpg


このちゃっかり具合にも、
乗られた方は悪い気はしない。
e0066474_17213082.jpg



kotoriさんの髪を切るonjiさんを見て
e0066474_17191010.jpg


何してんの〜とさんちゃん。
e0066474_17192331.jpg


で、するするっと足元に寄ってとりあえず
e0066474_17193475.jpg


顔を出しておく。
e0066474_17194263.jpg



こちらもお友達がバター作ってる所。
やはりさんちゃんやってくる。
e0066474_17241619.jpg




こんなさんちゃんなので、網戸破って家の中に侵入したり、
こういうことしても、
e0066474_14443847.jpg


「これっ、さんちゃん!!」とか
言われながらも、結局笑って許してもらえます。

相方さまも「もーさんちゃん大変(オール日本語)」とか
いいながら、さんちゃんを見ると
「さんちゃ〜ん」ってもっそいメロメロな声で
抱っこしちゃうわけです。
e0066474_14462949.jpg



人嫌いってわけじゃないけど、自分の世界に忙しくて
顔をあんまり見せない子は、名前も顔もなかなか覚えて
もらえないんですが、こうやって、何かの折りに姿を見せて側にいる子は
e0066474_17184827.jpg

e0066474_17231551.jpg



すぐ顔も覚えてもらえてかわいがってもらえ、
e0066474_17233844.jpg



ま、こんな顔されてくっついてこられたら
e0066474_17221170.jpg


なんだよ、かわいいじゃんかよ〜って思うですわな。確かに。
e0066474_17223210.jpg

e0066474_17215450.jpg




彼女が猫から学んだ女学によると、かわいい女の子と思ってもらう要素、
他には「声も大事」だそうで、

ごーちゃんは紹介の所にも書いたんですが、
どでかい体ですが、声がめちゃくちゃかわいい。
e0066474_14471433.jpg


ごーちゃんに、にゃーとやられると、つい
「ご〜ちゃ〜ん」とまさに猫なで声で近づいちゃうわけです。
(まぁ他にもでかいし穏やかだしかわいい要素いっぱいですが)
あと、写真ないけど、にーちゃんも声がかわいい。
抱かれるのイヤだし、そんなにベタベタくっつくわけでもない
ある意味かわいげのないニーちゃんですが、
かわいい声のおかげ(?)で、
ニィーニ〜とみんなに声をかけてもらえます。

ちなみに、まだ紹介までいたっていないんですが、
はっちゃんは声がめちゃくちゃデカイ。
もっそい遠くから聞こえてもすぐはっちゃんとわかる。
「やかましいヨ、はっちゃん!」としょっちゅう言われるんですが
でも、声はアレでも、大変なつっこく
なのでとてもかわいがられる。
e0066474_17201530.jpg



ーうんうん、なるほど、確かに女子は猫からいろいろ学べそうです。
この辺は心がけでなんとかなりそうだし。

しかし、心がけではなんとかならないこともありまして、
「なつっこい」、「声がかわいい」
それよりなにより彼女がまず最初に気がついたらしいことは
「かわいがらえるのはやっぱりかわいいから!」

な、なるほど

確かにこのスタートのハンディは大きい。
e0066474_17182146.jpg

e0066474_17181131.jpg

e0066474_1718277.jpg


e0066474_17183164.jpg





が、このハンディがじわじわと味わいになって
長く愛されるっていうのは
大人になったらわかるのよ〜。
e0066474_17183749.jpg





膝に自分から乗って行くなんて考えられなくって、
甘えるかわいらしい声なんて持ち合わせてなくって、
フガフガウーウー言ってる事が多くて、
でもって、見た目もハンディあったとしても
(・・・、チョビはつくづく飼い主に似てしまったのだなぁ)
e0066474_1724583.jpg


少数であってもわかるヒトにはわかるヨサってものがあってだね、
でもって、そういう出会いがあると、大事に深く愛されるのダヨ。
e0066474_538879.jpg






「そんなんだけどお前のかわいさはオレが一番知っている」
っていう人も世にはいるしね。
e0066474_17225059.jpg

e0066474_1572412.jpg



幸せ学は同じようで女学とはまた別のところにあるんだな。

ま、負け惜しみじゃないのよー!
e0066474_5393867.jpg





しかしね、まずは「かわいい」と思ってもらって
そこからスタートも十分あるわけで、この、猫から学んだ女学、
おおいにいかして女子大生ライフ楽しんでちょーだいね。





動物に学ぶ女学、その2ー上級(オトナ)編へ続く。
e0066474_491697.jpg






(おまけ)
寝姿さえもこのハンデ。
e0066474_15181785.jpg




チョビ、半目。
e0066474_15184024.jpg

by hanamomoact | 2012-04-08 04:21 | | Comments(20)

その後のバター作り。


ちょこちょこと記事に出ていますが、
あのバター作り、その後も続いています。

続いているっていうか、ウシさんたちのおっぱいが
順調に出るので、どんどん作らないとならず
追い立てられるようにほぼ2日おきに
バター作ってます。

最初の頃は失敗が多くて、
こんな状態の時が続いたりもして
「えーなんでーなんで〜?」と試行錯誤だったんですが、
e0066474_259525.jpg


最近はコツつかめてきて、
こんな風にドーンとできることがほとんどになり、
こうなるとけっこう楽しい。
e0066474_2595458.jpg



楽しいんですが、そういうわけで、
どんどんバターができる。
どんどんバターができて、
消費がぜんぜん追いつかない。
コツがつかめたところで、最近は塩無しバターを作って
パンを焼く時に使ったりしてるんですが、
それでもおいつかないほどにバターができるので
んじゃ冷凍保存するかーと思ってちょっと検索してみたら
「ガーリックバター」がヒット。

あ、そうか、そーういうもん作ればいいのかと、
最近はガーリックバターをせっせと作って
冷凍保存。
e0066474_324053.jpg



で、ガーリックパンを焼いてみた。
見た目はアレだけど、おいしかったのヨ。
e0066474_341840.jpg



それと、最近はまっているのはアサリのガーリックバター蒸し。
どっさりアサリ買って来て冷凍しておいて
しょっちゅうこれ作ってるんですが、これが
もっそい簡単なのに、ウマイっ!
できるスープがこれまたおいしくて、あ〜これで
ラーメン食べたいーといつも思います。
e0066474_35378.jpg



ってことで、バター消費方法をイロイロ模索しているんですが、
だんだん冷凍庫にバターが溜まってまいりました。
この近辺でお届けできそうな所、
取りにこれそうな方、
バターお譲りしますので連絡ください。
ガーリックバター、塩無しバター、
発酵バター、などなどございます。
はたまた「こんなバター作って」という
リクエストも受け付けております。


ワディーヤたちのおかげでおいしいバター生活
でもってちょっと忙しいバター生活送れてるよ〜。
ありがとう。
e0066474_37131.jpg


ねぎらいねぎらい〜。
e0066474_373785.jpg



ワディーヤはアゴの下撫でてもらうのがもっそい好き。
e0066474_3434116.jpg



あ、ラムラんが生まれたからおっぱい出るのだもんね〜。
ラムラにも感謝せんといかんですなー。
e0066474_384135.jpg



って、坊は大好きなラムラんが
ワディーヤの足の間に頭つっこんでおっぱい飲んでる間も
ぺったり。
e0066474_39953.jpg


でも待ってるの疲れちゃって、
とりあえず座ってラムラのミルク飲み終わり待ち。
e0066474_3101556.jpg




今日はおまけが多いよ!

(おまけ その1)
食べたアサリの殻、あ、そうだ!と思い
砕いて
e0066474_3101828.jpg


ニワトリさんへ。
e0066474_3104237.jpg


保育園だったかそれくらいの時に
こうするとニワトリにいいって
そんなことをおしえてもらってやったような。
なにがどういいのか、ぜんぜん覚えてないんですけれど。
まぁ害じゃないだろうと思いやってみた(適当)。



(おまけ その2)
相方さまのお母さんにバター作りを教えてもらった時
「3回くらい一緒にやったら覚えるわよ」と
言われたんですが、
その3回目、お母さん忙しくて、代理に
娘(相方さまの妹)たちを送り出してくれました。
e0066474_3152434.jpg



妹は小さい頃からがっつりしこまれているので
ことこまかく教えてくれました。

振る前に空気を送り込むと振りやすいと言われ
相方さま空気をいれたら
e0066474_3151766.jpg


「それ、口入れ過ぎ!」とダメだしされるダメな兄。

なにせ「菌進入禁止」の作業ですので。


妹に指導を受ける相方さま。
e0066474_3155397.jpg


なにやら楽しそうです。
e0066474_3161192.jpg




夫婦、共同作業でございます〜(披露宴のケーキカット的な感じで)
e0066474_316326.jpg



先にも書きましたが「菌進入禁止」作業中なので、
お母さんは猫が近づくとえらいけんまくで追い払い
「猫は近づけたらダメ!猫が舐めたもんは石けんでよく洗うのよ!」と
何度も念を押されていたんですが、おかーさんが側にいないと
こうなる。
e0066474_3171218.jpg


妹3人と。
e0066474_3172890.jpg

by hanamomoact | 2012-04-08 03:44 | UAE生活 | Comments(12)

夏のお得感。

記事分割するのめんどくさくって、一気に
書いちゃいました。すんませ〜ん。


4月に入って、日中は優に40度届く暑さになってきたんですが、
朝晩はまだ涼しくて、今朝、早朝はちょっと肌寒いくらいでした。
e0066474_17223885.jpg


気温の低い風がそよそよ吹いて、気持ちがいい。
e0066474_17234533.jpg


日が昇ってきても、薄曇りなので気温がそう簡単にあがらず、
e0066474_1723510.jpg



今朝は長いこと外で過ごす事ができました。
e0066474_17225472.jpg



とりあえず、ティーニータイニーの散歩が終わったら
牛チームのところへ行ってみる。
e0066474_17233747.jpg


2月、ラムラの弟分ができたと書きました
坊と呼んでいるんですが、その坊、ラムラが大大好き。
e0066474_17252392.jpg


一緒に広場に出ておおはしゃぎ。
e0066474_17254788.jpg


ラムラもなんか乗せられて、
うれしくってスキップ(?)してみる。
e0066474_172524.jpg


坊はラムラも好きだけど、山羊追いかけるのも好き。
e0066474_2234957.jpg


さて、坊はどこでしょー。
って、ワディーヤ(元キャウキャウ)もやったなーこんなこと
e0066474_2235371.jpg



坊、なぜかこの山羊さんにロックオン!
e0066474_2242252.jpg


両者、必死っ!
e0066474_2244044.jpg


山羊、逃げ切り。
e0066474_2252135.jpg


山羊追いのウシ。
e0066474_2255171.jpg


山羊さんお食事中だったのに、いーめいわくです。
e0066474_2265688.jpg



一方、ラムラん(と私は呼んでいる)の心を射止めたのは
ぶら下がっていたロープで、
ロープを舌で取ろうとして、
e0066474_17263892.jpg


失敗。
e0066474_17271042.jpg


とろうとして、
e0066474_17274414.jpg



しっぱい。
e0066474_17275913.jpg



首おかしくしそうです。

涼しいっていったって、はしゃいだら喉乾くよね〜。
e0066474_1726148.jpg


坊もネコおいかけたりと大変楽しそうですが、
e0066474_17282777.jpg



けっこー遊んだので、そろそろ帰りましょう。
e0066474_238474.jpg



ラムラさん、ね、帰ろうよ。
e0066474_239411.jpg



ラムラんが帰らないと、坊も帰らないしさー。
e0066474_2403142.jpg



帰るよっ!
e0066474_17284857.jpg



帰るんだってー!
e0066474_1729755.jpg



ゴネゴネのラムラさんでした。
ってことで、ウシタイム終了。
次は猫たちにご飯の出前をしながら
桑の実狩り。
(名前がわかってすっきりです。みなさんありがとーございました)
e0066474_17294949.jpg



そんなこんなで時間を過ごしていたのに、まだ涼しい。
んじゃ、砂漠、久しぶりにでかけますかーってことで
ちょっと繰り出してみました。


少し走ると、前を慌てて逃げて行くガゼルに遭遇。
ちょっと気を引くような走り方だったので、
もしかして母ガゼルか?と思いながら、
「そういえば、赤ちゃんシーズンだから
赤ちゃんに出くわすかもね〜」って言ったその瞬間
「いた」と相方さま。

指差す方向見てみたけど、
e0066474_173089.jpg


一瞬わからず。
でも砂丘の斜面には座っていた跡。
よーく見てみたら。

いたー!
e0066474_17311992.jpg



e0066474_17303464.jpg






生まれて1週間ちょいといったところでしょうか。
e0066474_1732224.jpg


このお年頃はまだオトナと一緒に走り逃げる体力を
十分持ち合わせていないので、親は離れ自分に敵を引寄せて、
仔はとりあえず、身を隠します。隠すたって物陰がない砂漠なので
ひたすら姿勢を低くする。

そうすると、砂漠と一体化。
e0066474_17313978.jpg



ギリギリまでこうしてじっとしてましたが、
2メートルくらいまで近づいたら
走って逃げちゃいました。
e0066474_17323914.jpg



以前だったら、お母さんとはぐれてしまったと
とても心配するところですが、
過去の経験と、ダマーニたちが教えてくれたことから
人間が思うよりもずっとすごい能力で
こんなだだっぴろい砂漠でまた再会できるということを知ったので
心配する事なくその場を離れました。
案の定、帰り道には、おかーさんガゼルと合流して
一緒に去って行った足跡をみつけ一安心。


かわいかったねーなどと話しに夢中になっていたら
相方さまおもいっきりよそ見して、
オカシナところにすずきくん、かっぽりハマる。
e0066474_17325573.jpg



前にも後ろにもいかないし、ドアのない助手席の私
落ちそうになるほど斜めにハマる。
e0066474_1733965.jpg


無事脱出〜。
e0066474_17334127.jpg


ちょっと「ヤバ」というはまりかたではあったんですが、
こういう時の相方さまとすずきくんはけっこー信頼できるので、
心配はしなかったんですが、
「ちょっと焦った?」と聞いてみたら
「ぜんぜん。すずきくん信頼してたから」と相方さま。
我が家で誰よりも信頼され度が高いすずきくんですが、
実はこのハマったとき、フト見たらガソリンが外に飛び散って
いるのを発見。
よく見たらガソリンいれるところのフタないし〜っ!!
どこでなくしたのか不明なんですが、
相変わらず信頼されてるけど扱われ方が荒い不憫なすずきくんです。


しばし走って休憩。
これはハマったのではなくて、駐車。
e0066474_17362256.jpg


遠くを見てたら、ラクダちん集団がこちらに向かっていて、
e0066474_1734267.jpg



遠いし、歩くスピードはゆっくりなんだけど、一歩が大きいから
前進はものすごく早くてあっという間に目の前に到着。


長蛇の列ってこういうことね。
e0066474_17344117.jpg



きれいに一列で前に進んでいると思ったら、
数頭がこちらに気付いて足を止め、列みだれる。
e0066474_1735072.jpg


以前書きましたが、ラクダってものすごく広い場所を歩いていても
一列を守り、前のラクダが止まると、つぎつぎ玉突き状に
渋滞を引き起こします。

後ろに促されて、また再出発。
e0066474_17353670.jpg



ってこんだけイロイロ満載で朝すごしたのに、
家にもどればまだ朝9時。
夏は朝が早いので、気持ちのいい日は特に、
ちょっと得した気分になるというお話。


ってことで、その後はサーメルさんと、
のんびりまったり〜。

サ「これ、なぁに?」
e0066474_364198.jpg


パンです。


サ「開けてみせて〜」
e0066474_372361.jpg


パンですよ。

サ「なにこれ〜?」
e0066474_372185.jpg


ですから、パンです。


サ「パンでした」
e0066474_373785.jpg

by hanamomoact | 2012-04-07 03:51 | 砂漠 | Comments(10)

いきさつが知りたい。


いつ、なぜ、こんなところでこうやって寝るまでに
いきついたのかと。
e0066474_51588.jpg




アビはこういう寝方が多い。
e0066474_5154928.jpg



シャキーン
e0066474_5161713.jpg

by hanamomoact | 2012-04-06 05:18 | アビアビ | Comments(6)

前から後ろから。


ね、遊ぼ。
e0066474_1384564.jpg



寝てんの?
e0066474_137214.jpg



じゃぁ、、
e0066474_1394170.jpg



ね、遊ぼ。
e0066474_448123.jpg


遊ぼーっ!
e0066474_4482888.jpg



寝てるフリするから、また後ろに廻ってみる。

寝るフリスルな!
e0066474_4485932.jpg


起きた?起きた?
e0066474_449750.jpg


起きたでしょ?
e0066474_4491895.jpg



起きたでしょ〜
e0066474_4492432.jpg


ってことをクブズの目の前でやるから
叱られる。
e0066474_4495736.jpg


近過ぎてピント合わなかったけど、
叩かれ
e0066474_1365115.jpg


鼻咬まれる。
e0066474_1365536.jpg



(おまけ)
にらめっこ。
笑ったら負けでーす。
e0066474_450569.jpg


サ(・・あかん、笑ってまう。。)
e0066474_4595787.jpg



相「サーメルの負け〜」
チュっ(ってチュは罰ゲームナノか?)
e0066474_4501778.jpg


サーメルさん、うれしくって尻尾あげあげ。
e0066474_4505176.jpg



照れ隠ししてみる。
e0066474_4514287.jpg






ガゼルがいっぱい
e0066474_4515481.jpg

by hanamomoact | 2012-04-06 05:06 | サーメル一家 | Comments(8)

春なのでヘアースタイル変えてみた。

e0066474_11103828.jpg



アティーヤさん、かなりお気に入り。
e0066474_1112119.jpg




あ、風が!
e0066474_1112242.jpg



お気に入りヘアー、飛ぶ。
e0066474_11123920.jpg



お気に入りだったので、
もう一度頭に乗せたいアティーヤ。
e0066474_1113594.jpg


乗って〜っ
e0066474_1114883.jpg


乗ってったら〜
e0066474_113792.jpg




日本、風すごいことになっているみたいですが、
どうぞお気をつけて!
by hanamomoact | 2012-04-04 11:41 | サーメル一家 | Comments(18)

なんだかんだいってもわかりあっているノダ。

アビvsクブズの動画。

完全にアビにからかわれてるクブズ。





こちらは、イヤなら逃げればいいのに明らかに誘ってるアビ。
その手にまんまとひっかかっているクブズ。
最後は結果に満足して愛の包容受けてるクブズですが、
まーみんなが本気になれば一番弱いってのは
多分クブズ以外のみんながわかっていることだと思われます。








先日は散飛中のクブズを見つけて大喜びのアビさん、
ダッシュで駆け寄る。

ア「クブズ〜!!」
e0066474_1461025.jpg


ク「来なくていいからっ」
e0066474_1464067.jpg


んなこと言ったって、止まるわけがなく、
e0066474_1471339.jpg


飛ぶが勝ち〜のクブズ。
e0066474_1474854.jpg



こんなクブズ、チョビやアビとの関係にすっかり慣れて
どんな猫でも平気に強気でいっちゃうと思いきや、
時々さんちゃんが色んな抜け道みつけて家の中に
入って来ちゃう事があるんですが、
私たちが家にいない間にそういうことが起こると、
さんちゃんが絶対に届かないエアコンの上やファンの
上でじっとしています。
日中は愛の巣で過ごすのがクブズの日常。
なので、家に戻って来て「あれ?クブズなんでそんなところにいるの?」と
いうときは、「あ!さんちゃんが家の中にいる!!」とすぐわかります。



ちっちゃいお脳だけど、ちゃんとわかっているのだねぇ。
e0066474_11314145.jpg





(おまけ)
心を開いた(?)onjiさんにからかわれるクブズ。
アビはいやいややらされているかと思いきや、
e0066474_1543382.jpg



目はうつろでやる気なさそうなのに
手はやる気まんまん。
e0066474_1545256.jpg



e0066474_1561715.jpg

by hanamomoact | 2012-04-04 09:47 | クブズ | Comments(6)


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る

最新のコメント

結末は…結末は…と申しま..
by なご。 at 19:54
はじめまして。ツイッター..
by ming at 19:57
始めまして、いつもはなも..
by cocoon at 22:06
ブログが有名になると、必..
by サムママ at 20:17
こんな所に住んでなに現実..
by kuso at 16:14
初めまして。このブログの..
by ちょびえ at 23:11
初めてコメントさせていた..
by Hari at 08:50
幻想的な砂漠の霧の写真に..
by ちょこちゃい at 21:24
hanamomoさん、言..
by Effy at 21:18
こんばんは。そちらでは夕..
by なご。 at 21:00
物語のような写真で、とて..
by えこう at 20:59
静かな絵本のような、写真..
by しょうちゃん at 20:55
別れは寂しいですね。 ..
by ヒース@nao at 12:45
お久しぶりです。 ブロ..
by suusuu at 22:48
すごした時間はたからもの..
by アンヨ at 02:22
キラキラ光る宝石の様な目..
by もふもふミッフィー at 12:27
ハディーヤさん空に昇られ..
by ささみ at 10:28
素敵な写真が一杯。 き..
by ちょこちゃい at 22:17
ハディーヤさんが天に召さ..
by たぬ at 19:27
はなももさんの綴る言葉に..
by やこ at 13:09

検索

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

ブログパーツ