「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

やっとここまで辿り着いた〜。

怒濤の更新を続けたのにはちょっと理由がありました。

少し前ご紹介しましたが、我が家の動物たちを彫刻してくれた
はしもとみおさんの展示会が今、名古屋の
河合塾千種校のギャラリーNAFで開かれています。
e0066474_23174166.jpg

e0066474_23175040.jpg




今回もいままでの展示会とまたぐっと雰囲気変わって
我が家の動物家族だけでなく、それはそれは沢山のケモノたちが並んで
楽しそうな展示会になっています。
e0066474_23174988.jpg



写真もお触りもいままでどおりOKですが、今回はそれに加えて
訪れた人たちが動物達の写生もしているそうで、
作品がいくつか飾られた写真をみおさんに送ってもらったんですが、
よ〜くみたら、「クブズ」「ダマーニ」と書かれた絵があって
なんだか感激です。
ブログ見て下さっているかわかりませんが、かわいい絵を
ありがとうございました!
e0066474_2324332.jpg

e0066474_1141842.jpg





みおさんが我が家に来てくれた頃は、前記事に載せたように、まだ
猫ズはそろってご飯を食べてました。
そんな姿を目の前にボールペンで描かれた、見応えあるみおさんの
スケッチブックも置かれています。
e0066474_2327248.jpg



それからこんなかわいい彫刻モビールも〜。
今縮小する前の写真をよーく見てたら、クブズらしきもの発見。
仲間入りさせてもらったんでしょうか。なぜかなんか笑える。
e0066474_23283331.jpg







こんな風にガゼルもいっぱいいますが、
e0066474_23303263.jpg


並べ替え自由!だそうですので、
我が家のブログを参考に(?)、猫とかガゼルとか
ラクダとか犬とかハトとか、いろんな組み合わせ作って
絵を描いたり写真撮ったり、どーでしょう。
e0066474_148496.jpg



ちなみにこちらはワークショップに参加の小学生の女の子が
作ったワンちゃん(スゴイ!)
何かと新人にうるさい皆大集合。
e0066474_1553276.jpg



今度はミニミニバージョンのみんなに囲まれる。
しかし、チビたちのほうが偉そうに見えるのはナゼ?
e0066474_1155888.jpg



新人来たらすぐ集いたくなる。
このチョビの警戒っぷり、新しい仲間がうれしいティーニーの顔、
さんちゃんが一歩前に出てるところ、
どれもなんか笑っちゃう。
なぜかペンギンが一緒に集ってるけど、中央に注目で
誰もそれに気がつかないらしい。
うん、あるな、このメンバーなら十分それあり得る。
e0066474_12342132.jpg





みおさんのブログを読むと垣間みることができますが、
みおさんは彫刻への思い、彫刻してきた動物への思い、
彫刻を仕事にしていることへの思い、いっぱい深いものを持っています。
私も彫刻された我が家の動物家族への思いがいっぱいあります。
かわいい彫刻が並んだ展示会ではありますが、ただそれだけじゃない
思いや考えや理想や愛や現実、沢山の色々がきっと展示会にはつまっていますので、
そんなものを想像しながら彫刻達に囲まれると、また何かちがって見えて
くるかもしれません。

でも、そんな難しいこと(?)を考えることもなく
かわいい、すごい、楽しい、そういうまっすぐな気持ちで
楽しめるのもみおさんの彫刻の魅力だと思います。

そんなわけで、楽しみ方色々の展示会、お時間の許す方は
ぜひぜひ足を運んでみてください。
来週いっぱい8月5日まで、10時〜6時、無休 入場無料です。


で、いっぱい更新したかったのは、もしかしたらこのブログを見て
展示会にでかけて下さる方もいらっしゃるかもしれないと思い、
彫刻になったみんな、こんな風に毎日をすごしてます〜と
お伝えしたかったというのと、
こんなの見てから彫刻たちに会ったら、またちょっと
楽しみ方増えるかななどと思ったので。
まだ(?)彫刻になっていない仔もいますが。

ま、ものすごく更新したいものが溜まっていたので、
とてもよい機会だったんですが、
読む方にはやんなっちゃうような怒濤だったと思いマス。
どもすんません。



(おまけ)
<他にもこんな絡みがあるよ!>を色々載せてみました。
彫刻たち並べるのに参考にしてね〜(ならないか)。

なぜか突然つーちゃんが気になったアリーン。
e0066474_1182826.jpg


猫観察?
e0066474_1185123.jpg

e0066474_1184110.jpg


猫を尾行。
e0066474_119284.jpg



観察の甲斐あって(?)、猫の行動が読めてきたので、
e0066474_1225130.jpg


ちょっとやそっとじゃ
e0066474_123927.jpg


お、おどろかない。
e0066474_1234952.jpg





穴掘ってどうするの〜?
e0066474_1254960.jpg


両者『・・・』
e0066474_1263215.jpg








こちらはにーちゃん。

あの〜、
e0066474_1362979.jpg


ガゼルってどうして木に登ったりできないのですか〜?
e0066474_1365956.jpg


じゃ、じゃぁネコにはこんなことできるのっ?
e0066474_1381637.jpg


簡単そうに見えて、けっこう難しいのよっ。
e0066474_1384917.jpg



どーなのよ、できるの?どーなの?と援護者集まる。
e0066474_139234.jpg



ど〜なの〜?と問いつめられるにーちゃん。
e0066474_140207.jpg


に「す、すみません〜、ネコにはできません〜」
e0066474_141034.jpg



ま、それぞれできることできないことがあるからこそ、
地球は長いこと生きてこられたんだものね〜。
e0066474_1455137.jpg




他にも色んな組み合わせ。
e0066474_1461914.jpg

e0066474_1214568.jpg

e0066474_214097.jpg

by hanamomoact | 2012-07-30 02:12 | サーメル一家 | Comments(10)

四面楚歌。




四面楚歌、色んなバージョン。

e0066474_244839.jpg



e0066474_31622.jpg



e0066474_245964.jpg

by hanamomoact | 2012-07-30 02:06 | | Comments(2)

ダマーニのやさしさ。

他のガゼルはやらないのに、ダマーニだけが唯一やることがひとつあります。
それが猫への頭突き

赤ちゃんを産んだばかりの時は、ハディーやもマラークも
ウロウロする猫を追い払う為にやりましたが、
仔が成長してしまえばそれまで。でもダマーニは
なぜか時々猫の存在が癇に障るらしく、
別に行く手を阻んでいるわけでもないのに、視界に入った猫に
頭突きをすることがよくあります。それも気分次第で。

でも、仔を守るときと違って、たんにお気に召さないだけで
別に本気で追い払いたいわけではないので、後ろから不意打ちで
狙うということは絶対にしません。


この日のターゲットはごーちゃん。
ダマーニ「ちょっと。もしもし。」ととりあえず声をかけてみる。
e0066474_21453241.jpg



そこどいて。
まず1回目の警告。
e0066474_21455747.jpg



それでも動かないごーちゃんに近づき、


そこ、どいて。
e0066474_2147845.jpg


ハイ、2回目の警告。


それでもまだ動かないごーちゃん。
もう猫ズもいいかげん学習してきて、ダマーニが1回目の警告した時点で
耳うしろにしてそそくさ逃げるんですが、
のんびりごーちゃんはいつもこんなでダマーニをイライラさせます。


そーこ、ど・い・て。
この首かしげた体勢はもうかなりきてる証拠。
e0066474_21495177.jpg



もう3回警告したわよ。
e0066474_21514932.jpg



いいのねェェェ。
e0066474_2153344.jpg



ドーン!!
e0066474_21533534.jpg

e0066474_21541375.jpg



ひ〜
e0066474_21545426.jpg



さんちゃん「ごーちゃん、逃げろ、逃げろ〜」
e0066474_21554548.jpg



ダマーニ「私の警告無視するのは1万年早いワ」
さんちゃん(どーかこっちまでとばっちりきませんように・・)
e0066474_21571941.jpg



こんな風に頭突きをするダマーニですが、猫が逃げてくれるのが前提のようで、
前に障害物があったりして猫がうまく逃げ切れないときは
急ブレーキをかけて力の調整をします。
まぁ気分で攻撃される猫ズにしてみれば、「やさしい?」と
思うでしょうけど。


ちなみに、こちらはマラークさん。
e0066474_22165944.jpg


いつも自分が昼寝する涼しい場所をごーちゃんにとられて
どいて欲しいなぁ〜とアピール。
e0066474_22171225.jpg


でも、じーっと見るだけで、動かないごーちゃんに諦めて
違う場所に座ってました。
e0066474_22183416.jpg






病気のようで動けずにいたハトをみつけて
ダマーニ「どうしたの〜?」
e0066474_225966.jpg


クブズが目の前フラフラ歩いた時は頭突きしました。
でもクブズが幼鳥だったときは手を(頭を?)出さなかったっけ。
e0066474_22213042.jpg


気分次第で当たるけど、弱いものには手を出さない
そんな女気溢れるダマーニさんです。
(「男気」は一発変換ででたのに、「女気」は出なかった・・)
e0066474_2274243.jpg



e0066474_2273237.jpg

by hanamomoact | 2012-07-29 22:11 | サーメル一家 | Comments(8)

ひとりはしゃぐ。

どーしちゃったの?ってくらい更新していますが、まだ続きます。


砂漠の生き物なので暑さには比較的強いガゼルですが、
でもやっぱりこの時期活発なのは朝とか夕方気温の低い時間。

朝みんなで食事してたら、
e0066474_1971694.jpg


スイッチ入っちゃった者一名(アリーン)。
e0066474_197125.jpg


かまえて〜
e0066474_19802.jpg


頭突きっ!
e0066474_1985814.jpg



右スライドっ
e0066474_1992396.jpg



左スライドっ
e0066474_19101333.jpg



ホースにまた頭突きっ!
e0066474_19102831.jpg


っとみせかけて、ダッシュ!!
e0066474_19105192.jpg




戻ってきて、上にも〜
e0066474_19143317.jpg



跳ねるっ!
e0066474_1911533.jpg



逆さにも伸びるっ!
e0066474_19115135.jpg



ってことを食事中のねーちゃんハディーヤの近くでやるもんで

ウルサイっ!と叱られ、角でグサっ。
e0066474_1913657.jpg



しょぼーん。
e0066474_19334293.jpg


かと思いきや、ホース押してたら
e0066474_191628.jpg


スポッとはまり、
e0066474_1937797.jpg


それがおもしろくなっちゃったらしく、またテンション復活。
この楽しそうな顔。
e0066474_19173036.jpg



スポっ
e0066474_19192167.jpg


うひぃ〜
e0066474_19195910.jpg




そんなことしてたら側を猫通過して、
「おっそうだ!」
e0066474_19205010.jpg


「ねーちゃんたちは誰も相手にしてくれないので
猫に相手にしてもらおう!」と思ったけど、
e0066474_19211299.jpg



猫は猫で忙しかった。
e0066474_19221595.jpg

e0066474_19231515.jpg



めげずにマラークを見つけて遊んでもらおうと駆け寄ってみるも、
e0066474_19254898.jpg


ねーちゃんの迫力の眼力でこれまた追い払われる。
e0066474_1926536.jpg


しかし、ちょっと相手にしてもらって嬉しくかったらしく、
お尻丸出しのおおはしゃぎ。
e0066474_19273833.jpg




結局みんな食べるのに忙しく、この朝、ホースが唯一の
遊び相手のアリーンでした。
e0066474_19232693.jpg






ぎゅーっ
e0066474_2113816.jpg


すぽっ。
e0066474_2122212.jpg





(おまけ)
種を蒔いたので引いた不織布にびびったアリーン、
乗ってるつーちゃんに
「乗っても大丈夫?」
e0066474_1955155.jpg


つーちゃんに乗っても大丈夫と言われたので(?)
オソルオソル乗ってみたら、大好きなホースをみつけて
テンションあがりまくり。
e0066474_1956146.jpg


で頭突きしようと思ったら、さんちゃんが来て、
e0066474_1958128.jpg


・・・、
e0066474_19575832.jpg


じゃまされる。
e0066474_1959231.jpg



でもアリーン的にはちょっと楽しかったらしく、
うひひ〜のダッシュ。
e0066474_200770.jpg



ディーマ「なにしてんの?」
さんちゃん「いえ、別に。」
e0066474_2015724.jpg



ところが、「別に」ではなくて、よからぬことを企んでいた
さんちゃん。
e0066474_202269.jpg


不織布の下にもぐるさんちゃんに、ディーマ「?!」
e0066474_2045132.jpg



みんなで動く白い布に「??」
e0066474_2063447.jpg



アリーン、下、した〜っ!
ちょっとしたホラー映画?
e0066474_20111876.jpg


突然動いた足元に飛び上がる。
e0066474_2012475.jpg


な、何?
e0066474_20124875.jpg


出口を見失って右往左往のさんちゃんでした。
e0066474_20132470.jpg



無事出口に到着〜。
e0066474_2015476.jpg



e0066474_20163064.jpg

by hanamomoact | 2012-07-29 20:59 | サーメル一家 | Comments(4)

父さんの血。

基本4足歩行のガゼルですが、
高い所にあるものを取りたい(食べたい)とか、
e0066474_13454631.jpg



壁の向こうが気になるのよね〜とか、
e0066474_1346819.jpg


そういうときはけっこう起用に二足で立ち上がります。
でも人間もハイハイしたり歩き始めたりする時期がそれぞれ
違ったり、運動が得意だったりそうじゃない人がいるように、
この2足立ちの得手不得手もそれぞれ。


次男坊のザーヘルは驚きの最速で8日目にして立ちましたが、
4女のディーマもかなり得意。
とにかく活発なディーマは、生まれてけっこう早い時期から
上手に立ち上がるようになり、
生後2ヶ月にはこんなこともやってみせました。
e0066474_13553074.jpg



倒れそうになれば母を利用。
e0066474_1425070.jpg



なんですが、末っ子アリーンは長いこと立つことがなく、
じゃぁ高い所にあるものはどうやって食べるかというと、
母からお裾分けしてもらってました。
e0066474_145059.jpg


母さんダマーニクラスになると、
立って枝をつかんで引寄せて。
e0066474_146898.jpg


安定姿勢で食べ放題。
e0066474_147971.jpg


そんなチャンスを見逃さないちゃっかりアリーン。
e0066474_1473925.jpg


ダマーニは立つの得意で、多分誰よりもぴか一なんですが、
でも楽に食べられるのはそれにこしたことないらしく
「枝取って〜」とよく要求されます。
もちろんちゃっかりアリーンも同席。
e0066474_14102056.jpg

e0066474_14104329.jpg


なんですが、母から離れる時間も増えてきた最近になってようやく
立ち上がってみようと言う気になったアリーン。
e0066474_14144953.jpg



がしかし、立ってもバランスがなかなかとれず、立つだけで
肝心の葉を食べる所までは至らず、
e0066474_14153616.jpg


顔面からつっこむ。
e0066474_14165599.jpg



こんな失敗の繰り返し。
こりゃ父ちゃんに似ちゃったんだね〜と、そんなところが
不憫だったり、イトシかったり。

練習中のアリーンをみんなで応援。
e0066474_14192766.jpg


その甲斐あって(?)、なんとか立つのも慣れてきて、
e0066474_14202691.jpg


なんて思っていたら、どんどん上達。
e0066474_1421992.jpg

e0066474_14225681.jpg


まだ「一生懸命」って感じではありますが、バランスもとれるように
なってきました。
e0066474_14234626.jpg


でもやっぱり、これが一番楽ちん〜。
e0066474_14244611.jpg



道具を使うのは霊長類だけじゃないノダ。
e0066474_14255637.jpg


偶蹄目ナメンナヨ。
e0066474_21293135.jpg



(おまけ)
なにかに夢中のディーマ。
e0066474_14265336.jpg


ア「おねーちゃん、なにしてんの〜?」
e0066474_142636100.jpg

by hanamomoact | 2012-07-29 15:50 | サーメル一家 | Comments(6)

オンナ相撲。


行司はマラーク。
「に〜し〜、ディーマ山〜。ひがぁし〜、アティーヤ里〜」
両者2011年生まれ、違いはたったの2ヶ月。
いい勝負です。
e0066474_1344050.jpg


のこった〜
e0066474_1382435.jpg


のこった〜
いい勝負に行司も力が入ります。
e0066474_139391.jpg



押し出してちょっと年上のアティーヤの勝ち〜。
e0066474_1392995.jpg



ガゼルって(「というか我が家のガゼルは」かもしれませんが)、
基本年功序列。でも2月生まれのアティーヤと、4月生まれのディーマ
たった2ヶ月差ということもあってか
小さい頃は、奔放で活発なディーマが、母ハディーヤに似てちょっと
臆病なアティーヤを押しまくっていました。
が、ある日それにプチッと切れたアティーアが反撃。
今では完全にアティーヤが優位を保っています。


いつか下克上狙っているのか?
e0066474_13215983.jpg

by hanamomoact | 2012-07-29 13:25 | サーメル一家 | Comments(4)

ってことで、「げんき」。

「げんき」の続きです。

姐御の育児を見て、出産後約1ヶ月間は、1週間毎に育児場所を
変更することを知ったんですが、やはりトメちゃんも1週間すると
仔を連れて安全な場所に移動していました。

一度どこへ行ったのかわからくなったんですが、
職人さんが使う車の中で発見。
でも車は使うのでと職人さんがトメちゃん一家を移動した先は
「サラーミ小屋、通称、動物様食品小屋」。


もともとは、主にサラーミーの干し草を保管するために作った場所
だったんですが、ティーニータイニーのごはん、サーメル達のごはん、
そしてサラーミーが学校へ行って不在中に猫が増え、
猫缶も置かれるようになりました。
e0066474_2036549.jpg

夏は暑さでそれらがダメになってしまうので、エアコンが使えるように
なっています。


今は兄さん姉さんになってしまった猫ズも、かつてはみんないつも一緒で、
e0066474_21404775.jpg


ここで10匹そろってご飯を食べたものですが、
e0066474_2141386.jpg

e0066474_21405440.jpg



みんな大人になって、食べ物も、いる場所も、猫関係も、
それぞれ好き嫌いが出てバラバラになってしまい
みんなが一同に揃うということはもうありません。

この頃は楽しかったのにな〜。
e0066474_2143994.jpg


大人になるってつまらんのー。


って話がずれましたが、
エアコンがあるといってもプレハブ小屋なので、そんなに冷える
わけじゃないんですが、それでも50℃届く外よりはずっとまし。
ご飯もすぐそばにあるし、育児場所としてはいうことないじゃん!と
思ったんですが、やはり1週間後にはまた外へ移動していました。

すごくお母さん顔のトメちゃん。
e0066474_21575495.jpg



なんですが、暑い熱い外での育児に戻ってみたら、
この小屋の快適さに気付いたらしく、数日で小屋に子連れで出戻り。

積んである段ボールを上手に(?)破壊して
エアコンの風が直に当たらないなかなかよい寝床を作ったトメちゃん。
e0066474_21452798.jpg


しばらくはこの寝床か段ボールの中で育児していたんですが、
ほどなくして仔がけっこう動くようになりました。

お母さんに連れてこられた洗面器から外へ出ようと試みるも
この段差が怖くて躊躇中のきーちゃん。
e0066474_21564920.jpg



授乳も終わったし、洗面器狭いしで、外でくつろいでいた
母さんトメちゃんですが、動き回る仔が心配になり、
e0066474_21564436.jpg


なんだか見ていられなくって、
e0066474_220984.jpg


結局中に入ることに。
e0066474_2213874.jpg


「はーヤレヤレ」
e0066474_221307.jpg


おかーちゃんが側に来てくれてウレシイ仔ども。
e0066474_2225034.jpg
e0066474_22348100.jpg



心配性のおかーちゃんは、兄弟でこんな風に遊んでいても
e0066474_2253620.jpg

e0066474_2255472.jpg



やっぱりちょっと心配になる。
e0066474_2262359.jpg




おかーちゃんの周りが世界の全てだった仔たちも
しばらくしてモソモソと動き出しました。
e0066474_21484514.jpg


こうなってくると、かーちゃんは目が離せなくて大変です。

「ねぇ、落ちないでよ、こっちもどってらっしゃい」
e0066474_2282992.jpg


自分も上にあがりたくてもがくきーちゃんを
「危ないからのぼらなくていいの〜」となだめる母。
e0066474_22104788.jpg


まーそんな事言っても止まるわけがなく、かーちゃんの目を盗んで
いろいろやらかすわけです。

で、言わんこっちゃない落っこってみたり。
e0066474_221261.jpg



ま、そんなことくらいじゃメゲませんが。
e0066474_221469.jpg


ご飯もゆっくり食べていられないおかーちゃん。
ちょっとお疲れで放心状態・・。
e0066474_22145992.jpg


しかし、新米母さんトメちゃん、本当の試練はこれからなのだ。

この頃はまだこの高さを自分たちで超えて外に行くという
チャレンジ精神(?)は仔たちになく、
e0066474_22163829.jpg



こうして外を眺めるくらいだったんですが、
あれよあれよと言う間に乗り越えられるようになりました。
e0066474_2218852.jpg



こうなるとかーちゃんはさらに大変。だって外の世界は広い!
壁ないし、自由にどこでも行き放題。


外に出始めてすぐは、それでもまだ行動範囲は狭かったんですが、
そのうちどんどん広がって、なんだか私もちょっと心配でした。
動物って思うよりもずっといろんな能力優れてるし、
そんな心配無用じゃナイの〜とも思ったんですが
でもよく考えたら、チョビチョビが穴に落ちていたのもこれくらいだし、
にーちゃんが迷い込んで来たのもこれよりちょっと大きいくらいだったし、
多分動き回っているうちに迷子になりやすいお年頃に違いなく、
なんかやらかしそーだなーとハラハラしたわけです。

案の定、チョビが落ちていた穴にはまったげんちゃん。
いや、はまったっていうか、自分でダイブして、
穴の中でおしっこして、で、上見上げたら穴から出られないことに気がついて、
ピーピー泣いたんですけれど。

そんなわけで、母さんトメちゃんは、さらにご飯は
ゆっくり食べられなくなり、今まで以上にアタフタと忙しいことに。
でも仔たちはいたってマイペース。

ふたりで夢中になっているので、何をしているのかと思ったら、
e0066474_2244596.jpg


たてかけてあった板を間に、順番にお互い手を下から入れたり
ひっこめたり。
e0066474_055460.jpg

e0066474_0552755.jpg


なんだか楽しそうに長いことやってました。
e0066474_0562896.jpg


そのうちきーちゃんがぐるっと廻ってご対面〜。
e0066474_0572790.jpg



いやいやいや、きーちゃんこっちに来てるから
反対には誰もいないと思うんですけど。
げんちゃん、天然?
e0066474_0591441.jpg


って思ったら、きーちゃんも天然だった。
e0066474_102866.jpg


いつまでも遊んでいて戻ってこないので、心配で
迎えに来たトメちゃん。
おかあちゃんはおちおち昼寝もしていられません。
e0066474_114550.jpg



しかしこうやって考えると、まだ私たちとの距離がそれほど近くなく、
今みたいに猫フードももらっていなかった頃
一度に5匹をちゃんと育てあげた姐御ってやっぱりすごいなぁ。
(仔が迷子になったことは一度あったけどーそのお話はまたいつか)
e0066474_1204934.jpg



こんな風にのびのびと夢中になって遊べるのも、
お母さんがいつも守ってくれているっていう安心感が
あるからなんだよな〜きっと。
e0066474_2240153.jpg


なのに、そんな親の心仔知らずで、
一緒にお皿でご飯食べてたら、自分の取り分がなくなるのがイヤで
お母さんの頭に爪立てて「う〜」とか言っちゃう仔ども。
でもこんなことされたって、トメちゃんの熱心な子育ては変わりなく、
e0066474_155691.jpg


すげーな、母ちゃんの愛って。
e0066474_21583236.jpg




まーよくじゃれていて見ていて飽きない「げんき」ですが、
e0066474_191213.jpg

e0066474_1111243.jpg



そんなふたりを見てふと思ったのは、
チョビはお母さんが守ってくれるはずの時期にはぐれ、
こうやってきょうだいと遊び盛りの時に迷い、
なるほど、他の猫と上手にあそべないわけだなーと。
18匹中一番難しい性格なのはそのせいなのか?
先日なんて、アビに近寄っていって鼻を寄せるので
「めずらし〜」と思ってみてたら、いきなりアビの首をギュっと抱えて
「?!」と思った瞬間、アビにパンチして「シャー」って1人で怒り
去っていきました。たぶん3秒くらいの出来事。私もアビもあぜーん。
まぁチョビの過去を思えば、あの激しいツンデレももっと温かい目で
みてあげられそーだけど。

e0066474_111455.jpg





(おまけ)
きーちゃんは競輪選手みたいなパンツはいてます。
e0066474_1121457.jpg


ウッシーズのところに行ってから「げんき」に会うと、
指一本で撫でられるこの小ささがトテモ物足りない。
e0066474_1132019.jpg

by hanamomoact | 2012-07-29 02:09 | | Comments(8)

プツーン。

やはり電池切れしました。
今の私の顔をダマーニさんに表現してもらうとしたら
こんな顔。
e0066474_23445028.jpg



あと15分くらいで
断食明けのお食事イフタール。


(おまけ)
本日の更新も、相変わらずの動物ネタばっかりだったので、
ちょっとお口直し。

少し前に相方さまの妹の婚約パーティーがあったので
そのためにやったヘンナ。
e0066474_23472696.jpg


足を組んでみたらハートだった〜。
e0066474_23474383.jpg



怪しい模様に超お怒りのクブズさん、
色が落ちてくるまでの約1週間大変でございました。
e0066474_234839.jpg



婚約パーティーは驚くことてんこ盛り。
またいずれご紹介できればと。
とにかく妹は美しかったです。
本ちゃん結婚披露宴は11月。これも楽しみ。
e0066474_2351921.jpg

by hanamomoact | 2012-07-27 23:56 | UAE生活 | Comments(10)

願いをこめて。


猫ズの紹介15の話、ぜんっぜん進んでないんですが、
先に新人さんたちの紹介を。

我が家のメンバーになった経緯を説明するには
他の猫ズの紹介をしないことにはややこしいんですが、
ざっとお話ししますと(って聞きたい人がいるかはアエテ聞かないことにして)、
我が家にはパッチという猫がいるんですが
以前ご紹介した時は、
パッチは我が家から少し離れた、牛小屋に追いやられて子育てをしてました。


その後またさらに離れた所に移動して2回お産をしたんですが、
ふとある日、仔猫1匹を連れて我が家に出戻って(?)きました。
もともとは、最近ちょこちょこブログに出てくる「姐御」に執拗な
猛攻撃をされて追い出されたんですが、姐御がパッチを追い出したのも、
姐御は姐御で守らなければならない仔たちがいた為で
もうそういうことのない姐御は、出戻って来たパッチを見ても
まったく意に介せず。そういうわけで、そのままパッチは我が家に
落ち着くことになりました。

本当は赤ちゃん2匹いたんですが、1匹しか連れてこなかったところみると
色々大変だったんだなぁと思います。
パッチ不在中に生まれた猫ズはパッチのほうが先輩などと知りもしないし、
誰よりもちっちゃいこともあって、いつも誰かの攻撃対象にされるんですが、
でも苦労が多く修羅場をいくつもくぐってきただけあって、
ぜんぜん凹むことなく、どこかに逃げてしまうこともなく、
誰よりも芯のつよいオナゴです。
e0066474_1953303.jpg



で、そのパッチが連れてきた猫を含め
その時点で猫数、18匹、うち1匹家出したので17匹と
なったんですが(多分数え忘れてる仔いないと思うケド)

「いやいや、もーいいよ、ほんと、もうここ止まりにして」

ということで

「これで最後でありますよーに!!」という願いをこめまして、
名前を『トメ』としました(昭和の香り)。
お若い方はご存じないかもしれませんが、
明るい家族計画(これまた昭和の香りしますけど)がまだ
神頼みに近いような時代は、最後にしたい子にこういう名前を
つけたりしたのですヨ。

そんなトメちゃんは、話かけるといちいち返事をしてくれるので
私、トメちゃんと話すのがとても好きなんですが、
同じことを何度も言うと無言で目をそらします・・
e0066474_2030389.jpg



ってことで、願いいっぱいつめて(?)名前つけてみたんですが、


が、そんな願掛けはあっさり自然の摂理に完敗(当たり前だが)。
気付いてみれば、とめちゃんのおっぱいの乳首が
ほんのりピンクで、いやいやいやと思っているうちに
お腹が大きくなり、ご懐妊確定。

ってことで生まれたのがこの2匹というわけです。
e0066474_20173021.jpg



でも、ほんとうは3匹でした。
「あーもうこりゃ明日くらいにお産になるんじゃん?」と
思った次の日、案の定姿を見せず、
2日程行方をくらましていたんですが
その後職人さんが休憩に使っている昼寝台(?)の下で
育児をしていることが判明。
賢いな〜。他のネコが絶対来れない安全な場所だもの。

その後1週間毎に場所を移動、お母さんのパッチに似て
とにかく体のちいさいトメちゃんですが、
頼もしく育児している姿をよく見かけました。
e0066474_2015965.jpg

e0066474_20145844.jpg



なんですが、しばらくして突然2匹になり、
1匹は生き続けることができなかったんだと
わかりました。
こんな時、トメちゃんはどんな気持ちなんだろうと
ちょっと切なくなったりしましたが。
e0066474_2072133.jpg



さて、じゃぁ名前をどーしようかと思ったんですが、
最初「キリ(これっきりのキリ)」とか「シメ(〆)」とか
また反省の色なく、願掛けな名前を考えたりもしましたが、
名付け親になってくれるというありがたい申し出がありまして、
kotoriさんにつけてもらうことになりました。


こちらキジ模様が、げんちゃん。
ちょっと臆病で甘えん坊、警戒心強く
好き嫌いも激しい、長男タイプ(?)。
若干将来が心配。
e0066474_20195950.jpg




そしてこちら微妙なハチワレが、きーちゃん。
物怖じまったくせず、激しくやんちゃ。
自由奔放な次男坊タイプ。
e0066474_20264126.jpg


ふたりの名前をくっつけると「げんき」となるというわけ。
同じ日に産まれ、同じように育って来たのに
こんなにも性格がちがうものなのだなぁ〜。


かわいい想いのこもった名前をありがとう〜!
〆とかにならなくてヨカッタヨっ。



「げんき」の話をもう少し。次回へ続く。
予告通り「怒濤の更新」へまい進中なんですが、
ラマダン中につき、お腹空いて来て
電池切れてきました。
さて、あとどれくらい更新できるのか。


e0066474_2134528.jpg

e0066474_2133927.jpg

by hanamomoact | 2012-07-27 21:08 | | Comments(9)

つげぐち。


さて、猫は何匹いるでしょーか。
e0066474_16482468.jpg



アリーン「あっ!」
e0066474_16503425.jpg



「みつけたよー」
e0066474_1649769.jpg



ってことで、正解は2匹でしたー。
e0066474_16542040.jpg

by hanamomoact | 2012-07-27 16:55 | | Comments(4)


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る

最新のコメント

結末は…結末は…と申しま..
by なご。 at 19:54
はじめまして。ツイッター..
by ming at 19:57
始めまして、いつもはなも..
by cocoon at 22:06
ブログが有名になると、必..
by サムママ at 20:17
こんな所に住んでなに現実..
by kuso at 16:14
初めまして。このブログの..
by ちょびえ at 23:11
初めてコメントさせていた..
by Hari at 08:50
幻想的な砂漠の霧の写真に..
by ちょこちゃい at 21:24
hanamomoさん、言..
by Effy at 21:18
こんばんは。そちらでは夕..
by なご。 at 21:00
物語のような写真で、とて..
by えこう at 20:59
静かな絵本のような、写真..
by しょうちゃん at 20:55
別れは寂しいですね。 ..
by ヒース@nao at 12:45
お久しぶりです。 ブロ..
by suusuu at 22:48
すごした時間はたからもの..
by アンヨ at 02:22
キラキラ光る宝石の様な目..
by もふもふミッフィー at 12:27
ハディーヤさん空に昇られ..
by ささみ at 10:28
素敵な写真が一杯。 き..
by ちょこちゃい at 22:17
ハディーヤさんが天に召さ..
by たぬ at 19:27
はなももさんの綴る言葉に..
by やこ at 13:09

検索

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

ブログパーツ