<   2012年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

昨夜の曇り空。

e0066474_14193511.jpg

by hanamomoact | 2012-09-27 14:21 |

母は思った


ディーマ、お父ちゃんの若い頃と2番目のお兄ちゃんに
随分似てきたね〜
e0066474_2349163.jpg



思わず母、包容のギュっ
e0066474_2349133.jpg



(おまけ)
ってことを眺めながら、私的にはのんびり静かにガゼルチームと
時間をすごしたいっていうのに、
どこへいっても助さん格さん付きで、
黄門様(私)ちっともひとりになれません。
e0066474_23515884.jpg

e0066474_2353421.jpg

e0066474_23525120.jpg






これは「うっかり八兵衛」
e0066474_013017.jpg

by hanamomoact | 2012-09-27 00:02 | サーメル一家

今朝は


淡い朝でした。

e0066474_1955745.jpg

by hanamomoact | 2012-09-26 19:55 | 砂漠

砂漠の木のお話追加。

前記事のお話のおまけをひとつ。

少し小高い所からこうして砂漠を眺めると、
e0066474_448274.jpg



手前の方には木がまったくない砂漠が続いていますが、
右手奥にはこんな風に木がポツポツ見えます。
e0066474_4505035.jpg



前記事に書いたように、こんな風に生えている木は
人工のホースから漏れた水に頼っているのではなくて、
深く深く根を張り、地下水から水を得ています。
そのため木を線でつないでいくと一本の線になり、
その線に沿って地下水脈があるであろうことが想像できます。

ちなみにこの木を結んだ線は、
前記事に載せたワディーの場所につながっています。

以前、地表10センチ程の高さになっている木を見つけたので、
(ティーニータイニーがまだ若い6年程前)
e0066474_5375737.jpg


ためしに掘ってみたんですが、
長いこと雨が降っていない砂漠、掘れども掘れども乾いた砂。
途中で断念。でも根はまだまだ奥まで続いていました。

どうやって深い所にある水に根が辿り着くまで生きながらえるのか、
それとも水のある深い所で発芽(?)して地表に出るまで
とりあえず成長しつづけるのか、不思議に思ったり、
逞しく思ったり。
e0066474_5383867.jpg



って書いていてふと思ったのは、もしかしてあの長く地面に
繋がっていたのは、あれは地下には埋まってるけど幹に当たるのかも。
風が吹けば砂も動いて地表に出ちゃう可能性が十分あることを
考えると、根より幹のほうが妥当かも。
地下深くで発芽して、暗い中にょきにょき幹が伸びて
地表に出てようやく葉をつけたってことなんだろうか。
砂漠って、目に映るものの数ってとっても少ないのに、
奥が深くて新しい発見が毎度いっぱいです。
by hanamomoact | 2012-09-22 05:56 | 砂漠

砂漠で水遊び。

季節もよくなってきた、
相方さまの仕事も一段落付いた、
バイクも修理が終わった、
ってことで、条件はソロッタ!

どえらく久しぶりにバイクで砂漠にくりだしました。
まだ空の色は霞んでいて、鮮やかな青い空になるにはもう少し
待たないといけませんが、吹く風が気持ちよい朝。
砂漠へGO!日和。
e0066474_2364619.jpg


道中、作業かなにかで使ったのか、水が入っている大きな
ペットボトルが転がっているのを発見。
「おお〜ぐっとたいみんぐ」とバイクのラジエターに
お水追加。
e0066474_2365650.jpg



休憩にちょうどいい木陰のある木の下にバイクを止めて
だれ〜もいない静かな砂漠をウロウロしてたら
ドカドカと水の音が。
向かってみたらこんなものが。
e0066474_2385061.jpg



まるで砂漠のオアシス、湧き水みたいに見えますが、
こちら2003年にホームページに載せたもの、
e0066474_343513.jpg





この辺りはワディー(枯れ川といって、雨がいっぱい降ると水が流れる場所)で
地下水が豊富なため井戸があちこちに掘られています。
そこからぶっといホースを引き、離れたところにある
畑などに水を送っているんですが、
その無造作っぷりはすさまじく、
車が通ったり、日が当たったりで劣化して、常にどこからか水漏れ。

もったいないなーとかいいながらも、ちょっと楽しい。
究極の贅沢な遊び。
e0066474_2404885.jpg


そーいえば以前もこの辺りに来た時、
こんなもの見つけたことありました。
e0066474_242191.jpg

e0066474_2421740.jpg



ホースのことなんて知らなかったら、単純な私のこと、
「うぉー湧き水〜!」と大喜びしていたに違いなく。
e0066474_2424535.jpg



水もれしているところは、大概修理までに日を要すようで、
その間に潤って緑がいっぱい。
e0066474_2444125.jpg


なんだかよくわからない写真だと思いますが、
水回りには、ガゼルとかネズミとかラクダとか色んな足跡。
e0066474_2455198.jpg


水があるからといって、どーしてもともとほとんど緑のないところに
草が生えるのかというと、
これがヒントなのですが、
e0066474_2463552.jpg


これ、デイツの芽。
e0066474_2463688.jpg


水がある→動物が集まる→落とし物(糞)をしていく→
水があるので落とし物の中に入っていた芽が出る→
それを動物が食べる→落とし物をしていく・・となり
水が出ている間、その辺りは緑化していくというわけ。
ちなみに、大きいだけあって種が残りやすいということで、
芽を出すのはラクダちんの落とし物からが多い。

先にも書いたように、この辺りはもともとワディーで地下水が豊富。
そのため地下水から水を得て生えている木があちこちに。
これらは長い時間をかけて自然に生えたもの。
漏れた水を得て生えた草木と違って
ホースを直しても枯れることはありません。
e0066474_248312.jpg




なにやら上をみあげている相方さま。
e0066474_2481780.jpg


と、思ったら何かを発見。
e0066474_2484595.jpg



大きなふくろうの亡骸でした。
e0066474_2494463.jpg



砂漠に生えているこういう木は、らくだちんが届くところまで食べられて、
大概おかっぱ頭。
e0066474_2512898.jpg



この日は帰りに大きなホース漏れをもう一カ所発見。
e0066474_2522294.jpg


ものすごい勢いで水出てるんですが、どうやら誰かが
ホースがまがらないように応急処置で石を置いて行ったらしい。
しかし多分、この状態でまた何日も放置なんだと思いますが。
e0066474_2531984.jpg


こんな小さな水漏れの周りは、水が飲みやすいとみえ、
ガゼルの足跡がいっぱいでした。
e0066474_2545581.jpg



ほどよく水漏れは動物達のオアシスになっているのでよいけれど、
大量放出は最近雨がまったく降らないこともあって、
なんだかちょっと心配になります。



ってことで、ひさしぶりの砂漠を満喫した帰り道
e0066474_2563043.jpg


サンドフィッシュをみかけたのでジャンプしたけど間に合わず〜。
e0066474_257812.jpg


(おまけ)
2003年のホームページより。
e0066474_2581718.jpg

by hanamomoact | 2012-09-22 03:22 | 砂漠

穴拡大工事まい進中。

更新できる時にはさくさくとやっておこうということで、
怒濤の更新やってますが、今回はこれが最後。



以前載せたヤドカリ1号チョビの
借宿勝手に穴開け工事、
e0066474_1505473.jpg


ちゃくちゃくと進みまして、
e0066474_1523026.jpg



チョ「そろそろどっかなー」
e0066474_1521580.jpg


って、何がそろそろなのかと思ったら、


・・・だ、ダイブっ!!
e0066474_1554216.jpg


以前ご紹介しましたが、無類の穴好きチョビさん、
これがやりたかったらしく、何度もダイブ。
e0066474_15523.jpg



時々深くつっこみすぎて「抜けない〜抜けない〜っ」って
ひとり怒ったりしてましたけど。
e0066474_1554645.jpg



最初は手がちょっと入る(出る?)くらいの大きさだったのに、
e0066474_1564939.jpg



今ではこっちからもあっちからも遊べる
チョビ的には大変便利なデキに。
e0066474_157322.jpg




そんなん見てたら、そりゃヤドカリ2号もやりたくなりますわなー。
e0066474_213518.jpg


エリザベスカーラーにするにはかなり大きいかと。
e0066474_2211100.jpg



確か、チョビ姐さんはこんなことしてたような・・とあびさん。
e0066474_1584291.jpg


その穴にそんな目新しい発見ないと思いますけど。
e0066474_859164.jpg




夢中で遊んでたら顔出ちゃって、
深海とかに棲んでそうな新種の生き物に。
e0066474_23214.jpg


イヤイヤイヤっ、前に抜け出すのはさすがにムリでは!
e0066474_235498.jpg



深海新種ヤドカリアビ、なにやら考え中。
e0066474_233670.jpg



穴拡大工事じゃ飽き足らず、フチもすごい形相で
改造(?)に着手。
e0066474_2230239.jpg



ウヒヒヒヒ〜ったまんね〜って恍惚顔。
e0066474_22322443.jpg



改装(ってか破壊)工事、もーいいんじゃないかな。
って思うんですが、
e0066474_293040.jpg



チョビ、飽くなき穴拡大への欲望。
e0066474_2363863.jpg

e0066474_237497.jpg



そんな顔しなくても、横取りなんてしませんよっ
e0066474_2173149.jpg



このはまりっぷり。
e0066474_2372270.jpg



目が、いっちゃってる目が怖いよっ
e0066474_2371283.jpg



そんなこんなで、穴はどんどん拡大し、
蠅帳としての姿はもはやなく、
使用方法はますますまちがった方向へ。
e0066474_2343298.jpg

e0066474_2353280.jpg

e0066474_2355047.jpg




で、あまりにも猫どもが穴をのぞくんで、
e0066474_1593637.jpg



そうなりゃ、とーぜんこちらも気になるわけです。
e0066474_2382377.jpg


ク「いったいさーこの中に何があるっていうわけ?」
e0066474_2385663.jpg


ク「なんもないんですけどー」
e0066474_2384267.jpg



ク「何が楽しいのか、猫って理解に苦しむわー」
e0066474_2391012.jpg

by hanamomoact | 2012-09-17 02:47 | チョビチョビ

猫が気になるなら、鳩だって気になります。


空き箱が出たら当然放っておくはずのないモノタチ。
e0066474_265163.jpg

e0066474_264428.jpg



片付けようと思ったけど、なんだかふたりとも
空き箱にはまっていたのでしばし放置しておいたら、

e0066474_265098.jpg


クブズさんも入ってました。


チョビアビが気になるものは、
自分も確認しないと気が済まないクブズさんです。
e0066474_264994.jpg

by hanamomoact | 2012-09-17 02:09 | クブズ

贅沢な週末。

忙しかった期間の後半は週末はとれて1日、
その週末も、平日の寝不足解消の為に
昼寝でほとんどを費やすという日々を送っていた相方さまですが、
一仕事終え、ふつーに週末を過ごせるようになりました。


相方さまのふつーの週末の過ごし方。
e0066474_0202952.jpg


行き倒れているわけじゃありません。

やっぱ寝てんじゃんって話ですが、
いやいや、忙しい時期は「寝れる時はがっつり寝る」が
大事だったので、エアコンの効いた
誰にも邪魔されない部屋で寝ないといけなかった(?)ので
大きな違いナノデス。


お供付き。
e0066474_0204958.jpg

e0066474_0251091.jpg



久しぶりの相方さまのこんな姿に、
ガゼルチーム、皆「なにごと?!」のリアクション。
まずはアティーヤ。
e0066474_0304653.jpg


・・何してんの?
e0066474_0481387.jpg



ディーマはしばし固まって観察。
e0066474_050085.jpg



そこへダマーニさんも参加。
e0066474_0495139.jpg



ダ「あら、めずらしい、どうしたの?」
e0066474_0504822.jpg


こんな姿は見慣れてるダマーニさん、さすが余裕の通過です。
e0066474_0512917.jpg



アリーンにとっては初物。
e0066474_0523253.jpg


見慣れぬ風景に、びびってしっぽアゲアゲ。
e0066474_0531974.jpg



みんなにもっそい囲まれる。
e0066474_0535082.jpg



これがずっと当たり前だった我が家だけど、相方さまが忙しかった時は、
こんなことする時間も気持ちも余裕がなくって
改めて、贅沢な時間だよなーとしみじみ。


怖いもん見たさで、再確認に来たアリーンさん。
e0066474_0541135.jpg


相方さまのお尻の上は日が当たって来たので
日陰に移動して涼んでいたさんちゃん、
e0066474_058319.jpg



でもやっぱりお気に入りの場所がよくって、
戻ろっかなーと思ったら、
e0066474_0594554.jpg


暑くなって来た相方さまが目を覚まし、
e0066474_0595185.jpg



さんちゃん、ドサッと落ちる。
e0066474_1421279.jpg


相方さまはこういうところ全く容赦なし。


ハイハイ、日陰に移動で〜す。
e0066474_142591.jpg




さん「また寝ちゃうの?」
e0066474_1434140.jpg


さん「もうそろそろ起きてもいいんじゃん?」
e0066474_1443471.jpg



そーいや、以前はこういうの、
サーメルの役目だったっけ。
e0066474_146357.jpg


サ「もうそろそろ起きてもいいんじゃん?」
e0066474_1471157.jpg



ってか、サーメルの場合は、あまりに動かない相方さまの
生存確認だったけど。
e0066474_14819.jpg



さん「んじゃー、また付き合うかな」
e0066474_14507.jpg


ってことで、またお気に入りのポジションへ。
e0066474_1452541.jpg




(おまけ)
はっちゃんも乗りたいけど、ここはさんちゃんの特等席ナノデス。
e0066474_1542657.jpg

by hanamomoact | 2012-09-17 02:02 | サーメル一家

ってことで、珍しくない方のネコ。

前記事が問題なく更新できたので、

「記事書いてる途中だって言うのに勝手にログアウト現象」は
おさまったのかと思ったら、そーじゃなかったらしく
また途中で消えちゃったんですが、せっかくやる気になったので
とりあえずめげずに前に進みます。
ーと書いたこの記事が果たして更新まで辿り着くのかどうか
わかりませんが。
(ツイッターも一緒に勝手にログアウトします。
解決策ご存知の方、いらっしゃいましたらご教示ください〜)



前記事のティーニータイニーとの散歩の後、
いろいろもろもろを済ませ、ご飯も食べてややまったりの時間、
今度はちょびあびコンビと散歩。


今や体はアビのほうが俄然大きいので
本気になったら確実にアビ優位だと思うんですが、
そこんところをアビに悟られてはいけませんもんねーチョビさん。
最近ちょっと調子に乗って来たアビに、一発姉の威厳
見せたってっ!
e0066474_1511285.jpg



アビさん、姉からどんなしごきがあるのか、ちょっと警戒で
しっぽ緊張。
チョビ、どうする、飛びかかるのか?と思ってちょっと
どきどきして見てたら、
e0066474_1501581.jpg



え〜っ!
e0066474_1512578.jpg



・・・
e0066474_152318.jpg



チョ「どうよ」
e0066474_1534396.jpg


ア「姐さんすごいっす。姐さんにはやっぱ敵わないっす」
チョ「なんで半笑いなの」
e0066474_1541916.jpg



そんなこんなしてたら、ニャーニャー遠くから声が近づいて来て
チョビさんちょっと緊張。
マジ嫌いのさんちゃんだったら困るし。
e0066474_1572734.jpg



と、思っていたらツーちゃんで、
e0066474_1582179.jpg



年下には強いチョビさん、ちょっと脅かしてみたりして、
e0066474_1592784.jpg



でもって、追いかけてもみたりして。
e0066474_1594189.jpg






と、それを見ていたアビさん、突然スイッチが入り、
チョビを追いかけ回す。
e0066474_15141211.jpg



追いついて、
e0066474_15142329.jpg



新技、両足立ち蹴りっ。
e0066474_15153080.jpg



なるほど、これが半笑いだった理由か。


これでもかってくらい手のひら足のひら(?)広げて
姉の威厳ギリギリ保ったチョビでした。
e0066474_1529577.jpg



そーいや、小さい頃からそれは得意だったねチョビ。
e0066474_15314572.jpg



チョビの真の姿はこれだし。
e0066474_18295221.jpg




3匹と1人、道中のドタバタが多くて
先にある目的地の木陰までが遠い遠い。
e0066474_15101979.jpg



ようやく到着。
この時8時40分。ネコもヒトも裸足、
ほんの1週間前じゃ砂が熱くて、
とてもじゃないけど歩けなかった。
e0066474_1533546.jpg


フト見たら、
野生ガゼルの足跡。
e0066474_18353360.jpg



動きやすい季節になって来て、ガゼルたちの行動範囲も
広がっているのか、ここ最近家の近くでよく見かけます。
もしかして我が家から独り立ちしていった仔かなーとか
思ってみたりして。


さて、みなさん、まったり最中ではございますが、
日が強くなってまいりました。
これ以上のんびりしていると、道中が暑くて大変ですので
そろそろ帰りましょー。
e0066474_18424365.jpg



ちなみに、アビは小さい頃からツーちゃんを追いかけるのが好き。
e0066474_18442884.jpg

e0066474_18453310.jpg



その激しさも幼かった時から変わらず。
e0066474_18462748.jpg

e0066474_1847172.jpg

e0066474_18484575.jpg



暑い中激しく遊び過ぎて、おかしな顔になってるふたり。
e0066474_1850155.jpg



って若いお二人がはしゃぎながら家に到着した頃、
ようやく木陰から出てくるちょびさん。
「早くおいでよ〜、暑くなっちゃうよ〜」って言ってんのに、
e0066474_18514869.jpg


あっちに気を取られ、こっちに気を取られ、
たらんたらん帰ってくるもんだから、
e0066474_18522740.jpg



あぢ〜あぢ〜って、口ぱっくり。
言わんこっちゃない。
e0066474_18531161.jpg



っていうのが昨日の朝のお話。



今朝はアビとクブズで木陰まで散歩。
e0066474_1855565.jpg



帰りはダッシュ帰宅のアビと私に、
e0066474_18581089.jpg


ク「待って〜っ」
e0066474_18581440.jpg




外ではりきる時間も増えてきましたが、
e0066474_192122.jpg


でもまだやっぱり、
あっつ〜
e0066474_193061.jpg



この時間に外でもっとのんびりできるまでには、
まだあともう少し。


私信:更新なかったから心配してくれたのかしら〜。
ありがとう。粉モン好きのアビもみんなも元気デス!
by hanamomoact | 2012-09-17 00:05 | チョビチョビ

砂漠で珍しい生き物に出会う

ども。お久しぶりです。
どーいうわけか、ブログを更新する準備をしていると
とつぜん勝手にログアウトしてしまい、
書きかけていた記事がきれいさっぱりなくなるということが何度も重なり
やる気消失の日々を送っておりました。
もしかして、これが原因かなーというのをいじってみましたが、
果たして今書いている記事は無事に更新まで辿り着くでしょうか。


と、そんなこんなしているうちに、刻々と季節は変化していて
昼間はまだ40度余裕で超えますが、
朝は「気持ちいい」と思う時間が長くなってきました。
e0066474_1402792.jpg

e0066474_223189.jpg



これからは日に日に朝の散歩が楽しくなっていきます。
e0066474_28467.jpg

e0066474_2241546.jpg

e0066474_1414935.jpg

e0066474_1421583.jpg

e0066474_1402398.jpg




朝のルチーン。
穴堀りのタイニーを低い姿勢で隠れてるつもりで待つティーニー。
e0066474_145135.jpg


で、そばまで来たら「ワーっ!!」と脅かすつもりで飛び出す。
e0066474_146822.jpg


で、ワーオドロイター!と棒読みでティーニーのそばを
わざと走り抜けて行くタイニー。
e0066474_147272.jpg


毎日毎日お約束。でも楽しいんだよねー。
e0066474_143111.jpg


暑くなる時間もゆっくりになってきたので、
帰り道も慌てずのんびりできます。
e0066474_1542415.jpg



さて、ここまでは前置き。
で、本題の「砂漠で珍しい生き物に出会う」ですが、

砂漠にはところどころこうして木が生えているんですが、
e0066474_1545459.jpg



暗くてわかりにくく申し訳ない写真なんですが、
よく見ると、奥の木に向かって足跡が。
e0066474_1555127.jpg


それを追って行くと・・

e0066474_1554879.jpg



ネコ!
な、なにしてんの〜こんなところで?
e0066474_1564837.jpg




私はこの木の横を通っていたのに全然気がつかなかったんですが、
先に歩いていた相方さまが
「ネコがいる」というので、びっくりして戻り覗きにいったら
こうやって、じーっと動かないで隠れてるつもりの
ネコちんを見つけました。
(いや、私もティーニータイニーも気がつかなかったのだから
「つもり」ではなく、すばらしく上手に「隠れていた」なんですが)

散歩中、ネコの足跡を見ることはよくあったんですが、
本体に出会ったのは初めて。
昼間に移動しようと思ったらそーとー大変な場所ですが、
涼しい時間だったら、それなりに生きるために必要なモノがある場所まで
干上がっちゃうような距離はない所なので、
「どこから来たの?!」という驚きはなく
でも、「何にもないこんなところで一体なにしてんの?!」と
いう驚き。

けっこう近くまで寄ってみてもじーっと動かないでいたんですが、
せっかく本人隠れてるつもりなので脅かしてはいかんと思い、
その場を離れました。

ネコなんぞ、毎日、「もぅお腹いっぱい」ってくらい見てるので
珍しくもなんにもないんですが、
でもこのシチュエーションで出会ったのは砂漠に住んで8年、
初めてのことでした。

「珍しい生き物」に惹かれてここまで読んでしまった人、
すみません。
そして本題よりも前置きのほうが長いジャンっていうのも
すみません。


(おまけ)
ぜんぜん珍しくない方のネコ。
e0066474_283024.jpg


このお話は次に続く。たぶん。
by hanamomoact | 2012-09-16 02:28 | ティーニー・タイニー


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る

検索

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

人気ジャンル

ブログパーツ