タグ:��������������������� ( 1972 ) タグの人気記事

ハディーヤ。


一昨日、サーメルとダマーニの長女、ハディーヤが、わたしたちから離れ、
神様のところへいってしまいました。

みんなが庭にいるのにハディーヤだけ来ていない時があり、
気になって見に行ったら、ひとりで別の場所で草を食んでいたりして、
何だ心配したじゃーん、でも、お母さんダマーニがわが家を去った歳を超えて、
いつかハディーヤも、その時を迎える時が来るんだなぁと、
そんなことをつい数日前に思い始めたばかりでした。

ハディーヤが去って次の日、窓から外見たら、ご飯食べに来ていたハディーヤがこちらを見ていて、
「なんだ大丈夫じゃん、よかったーハディーヤ」とそんな夢見ました。

ここに住み始めて初めての別れの時は、私が命を絶つんじゃないかと心配で
相方さまが仕事にいけないくらいの取り乱し方をしたものですが、
生まれ、生きて、死んで行く姿に何度も出会い、
別れをただただ苦しんでいるよりも、もっと大事なことがあるんじゃないかと
思うようになりました。

重なるようにして、今日、相方さまは、大事なラクダを失いました。
4月から体調を崩し、でも懸命な治療でもちなおして、希望をもった矢先。
なかなかしんどい。

イスラム教では、それぞれ最期の時はすでに決まっていて、抗うことはできないという教えです。
なので、どんな形であれ、「その時」が「その時」だったと。
でも、「その時」は避けることはできなくても、その時が来るまでの時間は
自分次第。
動物家族たちの、その時が来るまでの時間は、私たち次第。
毎日、一言じゃとても表せないものいっぱいみんなからもらっているので、
きっちりその責任は果たせねばなりませぬ。

わたしたちは、ハディーヤに、ちゃんと恩返しできたんだろうか。
いつか、本当に会えることができるのなら、聞いてみたいけれど、
そんな時が来たら、聞かなくちゃならない相手が多すぎて、大変そうだ・・。


e0066474_00372661.jpg
e0066474_00373913.jpg
e0066474_00380421.jpg
e0066474_00381877.jpg
e0066474_00383993.jpg
e0066474_00385046.jpg
e0066474_00390312.jpg
e0066474_00391854.jpg
e0066474_00392955.jpg
e0066474_00395254.jpg
e0066474_00400086.jpg
e0066474_00401043.jpg
e0066474_00401706.jpg
e0066474_00402580.jpg
e0066474_00403342.jpg
e0066474_00404194.jpg
e0066474_00404833.jpg
e0066474_00405857.jpg
e0066474_00410465.jpg
e0066474_00411278.jpg
e0066474_00412406.jpg
e0066474_00413154.jpg
e0066474_00491687.jpg
e0066474_00492760.jpg
e0066474_00493987.jpg
e0066474_00494870.jpg
e0066474_00500024.jpg
e0066474_00500864.jpg
e0066474_00501618.jpg
e0066474_00504226.jpg
e0066474_00505436.jpg
e0066474_00544373.jpg
e0066474_00545462.jpg
e0066474_00550342.jpg
e0066474_00551703.jpg
e0066474_00553085.jpg
e0066474_00554673.jpg
e0066474_00555828.jpg
e0066474_00561608.jpg
e0066474_00564499.jpg
e0066474_00563135.jpg
e0066474_00565667.jpg
e0066474_00571443.jpg
e0066474_00573152.jpg
e0066474_00575403.jpg
e0066474_00580380.jpg
e0066474_00582292.jpg
e0066474_00583581.jpg
e0066474_00585294.jpg
e0066474_00590538.jpg
e0066474_00593867.jpg
e0066474_00594939.jpg
e0066474_01000390.jpg
e0066474_01001840.jpg
e0066474_01002475.jpg
e0066474_01004296.jpg
e0066474_01140811.jpg
e0066474_01142140.jpg
e0066474_01142952.jpg
e0066474_01143978.jpg
e0066474_20265304.jpg








誰かが欠けると、その都度、私には、ものすごく大きなものがなくなったように思えてしまうけれど、
みんなは、どんな風に思っているんだろう。

e0066474_01145592.jpg

e0066474_00574085.jpg










一足も二足も先にいってしまった、長女アティーヤには、
会うことできたかな、ハディーヤ。
e0066474_01150493.jpg







by hanamomoact | 2016-09-02 01:34 | サーメル一家

ブログを再開したいなと。


長いことブログをお休みしていましたが、
後ほどまた書きますが、機会あって、
再開することとなりました。

お休みしている間にも、沢山のコメントをありがとうございました。
お返事できず、本当に心苦しいです。
ブログは、お返事は必ずすると決めていたので、
それができないことの自己嫌悪で、コメント欄しばらく開けないでおりましたです。

クブズのことも、ツイッター更新が危うくなった時も、
こうして気にかけてくださる方がいて、感謝の気持ちでいっぱいです。

かなり長いこと空いちゃったので、
どんな風にやっていたのかとか、何から始めようかとか、
ツイッターと、どんな風に合わせて使っていこうかなとか、まだまとまっていなくて、
本格始動までには、もう少し時間かかりそうですが、
再開した際は、また、どうぞ、よろしくー!デス

(よろしくー!のご挨拶がペティさんのこの写真ってどうなの。ですが、目の前にいたので、これで失礼。)

e0066474_14032681.jpg


by hanamomoact | 2016-07-14 13:42 | ペティペティ

テスト。

e0066474_13232121.jpg


by hanamomoact | 2016-07-14 13:16 |

クブズが教えてくれたこと。


記憶というのはなかなかイジワルなもので、
例えば10年×24時間、
一緒にいたそのほとんどが何といって特別なことのない、穏やかな時間であっても、
二度と会えない時を迎えると、それに比べたらほんのごくわずかな時間、
たとえそれが一緒にいた1パーセントも満たない時間の出来事であっても、
寂しい思いさせちゃったなとか、辛い思いさせちゃったなとか、
そんな後悔や辛かったことの記憶の方が、全てを差し置いて前へ前へと出てくるのだなと、今までの経験から知りました。
ならばその時が来た時は、それに負けないように、なんとなく流れてしまう普通の日々を、もっと積極的に意識してココロに留めておこう。
何かきっかけがあったわけではないけれど、ここ数週間はそんなことを考えていました。

でも、「一度きりの人生だから楽しく」とか、「大事に」とか、「丁寧に」とか、
そういうことはすぐ飽きちゃって気持ちが長続きしない私なので、
そんな大仰なことじゃなく、あびが椅子でのびのび寝てるとか、
ペティが忙しそうに部屋を行き来しているとか、
クブズがお気に入りの場所で毛づくろいしてるとか、
ガゼルたちが好きな葉を選んで食べているとか、
ティーニータイニーが居心地いい所見つけて昼寝してるとか、
マッサージ受けてるサラーミーが気持ち良さそうだとか、
さんちゃんが呼ばれて嬉しそうに走ってくるとか、
ちょびがひとり砂漠で何かに夢中になってるとか、
相方さまと今日あったこと話しながら夕ご飯食べてるとか

そんな、何にも特別じゃない、毎日繰り返しある、目には入っていても気持ちに留めておこうとわざわざ思わない、でも振り返る時が来た時「あの時間って、幸せだったね」と思うであろうことを、
その時その時、今までより少し意識して、ココロにとどめておく、そんな簡単な作業程度の話です。

朝クブズの部屋を開けて「おはよう」と言う。寝る時間になったら「部屋に行く?」と聞いて手に乗っていくか聞いてみる。
そんなわが家では日々当たり前のことも、ここ数週間は、ただのルーチン作業にならないようにと、なんとなくそんなことを思いながらでした。

それが今の私にとっては、大きな救いになっています。
あんな風に過ごした時間、クブズけっこう嬉しそうだったなとちゃんと思い出せる。
たまたまだったのか、虫の知らせというやつなのか。
ま、こういうことには、殊鈍感な私なので、前者だと思いますが。

やらねばならぬことに追われ淡々と過ごしているようで、
ことあるごとに、なるほど、まだ気持ちに余裕はないのだなと自分で思ったりしてますが、
でもそうしている間にも、そんななんてことのない、
でも意識して愛しく思っておかないと、後で辛い記憶に押しつぶされちゃうような時間は目の前で過ぎていて、
クブズのことはクブズのこと、でも他の家族とのそんな時間を流してしまわないようにせねばと、
只今気持ちの軌道修正、試み中です。

e0066474_5422276.jpg


e0066474_5272155.jpg


e0066474_5275596.jpg



e0066474_565355.jpg


e0066474_565970.jpg





e0066474_5412110.jpg



改めまして、ブログやツイッターへ温かいメッセージ、
本当にありがとうございます。
ひとりひとりにお返事を書くのはちょっと難しそうですが、
クブズがこんな風に思われていたこと、とてもうれしいです。
by hanamomoact | 2015-10-24 05:51 | クブズ

今日の夕日。


どんなだったかは忘れてしまったけれど、
ダマーニがわが家から去っていった日の夕陽もとても綺麗で、
相方さまと、沈むまで見ていました。

ここ数日、夕方になると風が強く吹いたけれど、今日は穏やかで、夕焼けが鮮やかです。
また、あの日の夕陽が綺麗だったねと話す日が来るのかな。

たくさんのコメント、ありがとうございます。
クブズ、いっぱい愛されていたのだなぁ。

e0066474_2364823.jpg

by hanamomoact | 2015-10-21 23:07 | クブズ

クブズ


早くブログに戻って、いただいているコメントへのお返事もしなくてはと思いながら、
なかなかパソコンにじっくり向かう時間がなくて、日が過ぎていました。

今朝、本当に突然ですが、クブズが、私たちの手から離れ、神さまのところへいってしまいました。

今、まだ私の腕の中にいて、知らせを聞いて職場から戻ってくる相方さまを待っているところです。

腕の中にいるので、まだ実感がまったくわかず、もう二度とクブズの声を聞くことも、一緒に寝ることも散歩することも、喧嘩することも、どれも何一つできないんだということもまだ本当のことなのか、よくわかりません。

ブログを再開させたら載せようと思って作っていたクブズの写真いっぱい入ったフォルダーもあり、できることなら、実感のわかない今のうちに載せたい思いもありますが、今はクブズを抱いていたく、文章だけダラダラと携帯経由で書いています。久しぶりの更新が、こんな内容で、本当に申し訳ないと思いながらも、クブズのこと、好きでいてくださった方にご報告はしなくてはと思い。


私たちの宝物でした。
あと10年以上一緒にいるのだと思っていました。

写真は携帯に入っていたもの。
飛んでいる写真は昨日のもの。

やだなー。これから、玄関を開けるたび、朝が来るたび、掃除機をかけるたび、リビングで寝転がるたび、クブズがいないことを確認しなくてはならない日が続くなんて。

たまんないなぁ。
たまんないよ、クブズ。

e0066474_18305453.jpg


e0066474_18301338.jpg


e0066474_18295119.jpg


e0066474_18315647.jpg


e0066474_18315978.jpg


e0066474_1837488.jpg


e0066474_18471924.jpg



e0066474_18425325.jpg


e0066474_1847726.jpg

by hanamomoact | 2015-10-21 18:48 | クブズ

取り急ぎご報告。

今日3月31日発売の週刊誌、「女性自身」の「シリーズ人間」という
ページで、記事にしていただいています。
写真は、母が雑誌を携帯で撮って送ってきてくれたものなので
えらくちっちゃいですが。
e0066474_20554413.jpg


どーんと写真も出てるし、なんとなくこっぱずかしいこともあって、
お知らせしないでコソコソとやりすごそうかと思ってみたりもしたんですが、
今までブログを楽しみに覗いてきてくださった方には、
やはりお知らせしたいなと。


ツイッターをやっている方はご存知かと思いますが、ツイッターと違って
ブログは、「見てみよう」とページを開かなければ、見ることはできません。
ツイッターを知らない方は、何言ってんだかさっぱりのお話だとは思いますが、
つまりは、ブログを読んでくださっている方は、その度合いの差はあれど、
「どうしているかな」と、我が家のことを気に留めてくださっている方が多く、
丁寧に読んでくださったり、更新を楽しみにしてくださったり、
わが家の家族を愛情もって見守ってくださる方に、
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

ということで、なかなかパソコンに向かう時間ができず、
ツイッターでの更新が続いていて、お返事も滞っているのですが、
まだ見てくれてる人いるかな〜と思いつつも、
やはり、日頃わが家のブログを愛でて(?)くださっている方にお礼の気持ちも
込めまして、ツイッターではなくてこちらでご報告を。



それと合わせまして、
2010年、お友達がわが家のドキュメントフィルムを撮ってくれたお話
載せたことがありましたが、
今までブログ等にそれを載せることはなかったんですが、
しばらくの間、ここに載せておこうと思います。
まだサーメルもダマーニもわが家にいた頃のお話です。

ブログ更新再開するまでの間、もしよろしければ覗いてみていただければと思います。
才能のあるお友達のおかげで、とても素敵に作ってもらいました。
わが家にとっては、大事な宝の記録です。





というわけで、お知らせでした!
by hanamomoact | 2015-03-31 21:25 | UAE生活

今朝撮りたて、バレンタインデーキス。

外で遊んでいたペティさん、
あびに駆けより、
e0066474_1720742.jpg



あびさんの顔、ジッと見つめてみたところ、
e0066474_17201066.jpg



いただいちゃいました。
(最近の若いモンは堂々と、、みたいな顔して見ているちょびさん)
e0066474_17201175.jpg



世の中の恋する老若男女のみなさん、
1年以上かけて恋が成就しつつある(?)ペティさんによれば、
「恋は、押して、押して、たまには引くけどとにかく押して、決して凹むな、苦しい思いもひっくるめて恋は楽しむべし」。
ー参考になるかどうか怪しいもんですが。

e0066474_17201696.jpg




いただいたコメント、過去の記事に書いてくださったのも含め
全部楽しく読ませていただいています。
ありがとうございます。
3月10日以降に今のバタバタが落ち着きますので、
その際全てお返事書かせていただきますです。
すみません、それまで少々お待ちくださいませ〜。
(返事書きます詐欺みたいになってますが)
by hanamomoact | 2015-02-14 16:54

今日の一枚。


コメントのお返事を書ききってから、新しい記事を。。と
思っているのですが、今日も途中までしか
お返事できませんでした〜。ごめんなさい。

ということで、とりあえず、今日の一枚。

e0066474_0334847.jpg



ペティさん外で遊んでいたら、通りがかったマラーク。
ペティが外に出る時は、ガゼルチームは大概昼寝の時間で
すれ違いが多く、
ペティがわが家に来てから1年以上経つのに、
出会ったのはこれが2回目。
なもんだから、
「あれ、なんかすごく前に見た事ある」という顔のマラークさん。


(おまけ)
ペティさんが自分のところに駆け寄ってきて、
あせるマラーク

「え、え、なになになに」
e0066474_0375276.jpg


で、そのまま前を通過していくのかと思って見送ってたら、
e0066474_038228.jpg


フェイントで振り返ったりするもんだから、
マラーク、もーれつにびっくり。
e0066474_0375617.jpg



そしてなぜかふたりでダッシュ。
e0066474_0375382.jpg



マ「びっくりしたなぁ。もう」
e0066474_0495667.jpg


自分のやらかしたことなんて、まったくもって気づいていない
ペティさんでした。
e0066474_050364.jpg

e0066474_05811100.jpg




恋も、遊びも、穴掘りも、
いつも100%のペティさんです。
e0066474_0541180.jpg

e0066474_0534437.jpg

e0066474_0534545.jpg

e0066474_051640.jpg

e0066474_0505745.jpg

by hanamomoact | 2015-01-17 00:59 | サーメル一家

初日の出なう。

e0066474_12153348.jpg

by hanamomoact | 2015-01-01 12:14


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

その他のジャンル

ブログパーツ