ラマダン(昨日の続き)。


昨日の記事で載せた市場で、野菜とお肉を購入後、
次は香辛料の購入のためちょっと移動。

職人さんが必要な香辛料を購入している間、
私たちはサーメル(&クブズ)たちの食料を、
先日載せた分銅量りの御用達のお店で調達。

一つ一つ、いったい何の実や種なのか、
今度聞いてみようかと思いますが、これらを
ミックスして袋詰めしてもらいます。
e0066474_13433159.jpg


サーメルたちの食料の次は、デイツの購入。
e0066474_1355577.jpg


デイツは、この辺りではラマダンには欠かせません。
日中の断食が明け、夕方のお祈りの合図(アザーン)が
聞こえたら、何をしていても中断してまず何かを口に入れて
その日の断食を断ちます。
特にこれを食べなければいけないーというものは決まっていませんが、
空っぽの胃にやさしいものをまず食べるのが普通。
それは、水だったりスープだったり果物だったりしますが、
デイツは胃に優しく、それでいて「時に遊牧民はラクダのミルクとデイツだけで
生活していた」と言われるほど、カロリーや栄養価が高いので
断食明けの食卓には必ず上ります。

デイツの収穫は夏。
街のいたるところにデイツの木があって、

(ちなみにこちらはハイウェイ。
まともな写真がなかったのでちょっとわかりにくいですが
左手中央分離帯に並ぶはすべてデイツの木。)
e0066474_14135516.jpg


暑い夏、こんな風にたわわに実をつけます。
e0066474_14121223.jpg

e0066474_14123911.jpg



これらは8月上旬に収穫されて、
「デイツ選別所」に運び込まれます。

これはおそらく家畜用に運ばれているデイツ。
e0066474_1417622.jpg


こちらもまともな写真がなかったんですが、
ハイウェイ横にある選別所にデイツを持ち込むため
列を作って待っているトラック。
ピーク時はあまりの列の長さに一番後ろがみえないくらい
並び、真夜中も順番待ちが続きます。
e0066474_1573298.jpg


デイツはその種類400とか500とか言われますが
木によって、味も質も違うので、ここに運ばれて選別されます。
そのため、毎年夏はデイツの選別ができる人が
集められるのですが、相方さまのお父さんもそのうちの一人。
夜のバイトに今毎日通っています。
来年は相方さまも参加予定。私もくっついて潜入予定。


収穫されたデイツは市場にどど~んと並びます。
e0066474_14321750.jpg


一番最初に載せた写真は、夏にしか食べられない採りたて
乾燥前のデイツで、私はこれが好き。
こちらは乾燥させたドライフルーツ状態のデイツ。
e0066474_14335441.jpg


ただいま相方さまどれにしようか吟味中。
ラマダン中で味見するわけにいかないので、
目利き頼りです。
e0066474_1435535.jpg


本日はこちらをお買い上げ。
e0066474_14353065.jpg

e0066474_1513941.jpg



この日、ラマダン入って初めての朝の買い物、
終了して帰宅したのは午前11時半。
職人さんはちょっと焦ります。なにせこれから
60人分のお料理をつくらなければならず、
しかも、それが1種類じゃなく、集まってくる人用、
我が家用、ゲスト用、と、それぞれ味の好みが違うので大変です。
朝から始める予定がちょっと遅いスタート。
それでも、お見事。断食の明ける時間には
きっちりお料理できあがっていました。
使った丸チキンの数15羽・・・。


断食明けの食事は、「イフタール」と呼びます。
我が家では去年からイフタールを外で食べているので、
さーそろそろイフタールの時間だな~と楽しみに外に出てみたら、
相方さまの他に先客が。
e0066474_14433524.jpg


なにやら男同士話し込んでいます。
e0066474_14452015.jpg


おふたりさーん。
e0066474_14454259.jpg


準備をしてアザーンを待ちます。
職人さんたちも皆仕事をやめて誰一人外にいないので
この一時はとても静か。
e0066474_15153169.jpg


60人を超える人たちは、少し離れたところで
食事なので声はまったく聞こえませんが、
そのほとんどがあちこちの国からやってきた出稼ぎ労働者の
皆さん。相方さまによれば、みんなワイワイと
その日の労をねぎらいながら楽しく時間をすごしているそうで、
そういう話もなんだか食事をおいしくするもんです。

ラマダンはイスラム教にとって神聖な月。
そういう思いもあってか(単純なので空気に呑まれやすい)、市場や
夜の街は普段よりずっと賑やかになりますが、その反面なんとも言えない
厳かな空気に包まれるので私はラマダンがとても好きなのです。


職人さんの入魂のお料理もおいしいし~。
e0066474_14581082.jpg


これ、チーズ入りミニロールパン。
毎日焼いてくれます。お願いすればチョコも
入れてくれます。
e0066474_14591014.jpg


手前左は野菜スープ。
これがまたおいすぃー!
e0066474_1459566.jpg



にゃんにゃんはこの時間食事には参加しませんが、
なぜかイフタールちょっと前になると必ず現れて
その瞬間を一緒に迎えます。
e0066474_1511090.jpg


そういや、にゃんにゃんが我が家に姿を見せるように
なったのは、去年のラマダンでした。

まさかこんな風に我が家の一員(と言ってももういいかなと)に
なるとはその時思いもしなかったよ、にゃんにゃん。
e0066474_15174711.jpg

by hanamomoact | 2009-08-24 15:19 | UAE生活


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

その他のジャンル

ブログパーツ