お土産。


旅行に行っていた相方さまの会社の人から
お土産をもらいました。

旅行先はヨルダンとパレスチナ。
メディアではその複雑な情勢しかほとんど
扱われませんが、場所によってはとてもいい所
なんだそうです。
ちなみに旅行交通手段は車。
ここからだったら、朝早く出て運転しっぱなしで
同日夜中には着くんだとか(どんだけ「しっぱなし」かは
わかりませんが)。

いただいたお土産はこちら。
e0066474_19304758.jpg


手前のお菓子は甘いんですが、嫌な甘さではなく
疲れているときに一つ食べたくなります。
見た目大福ですが、食感はハイチュー。

後ろの瓶は、オリーブと蜂蜜。
本館にこの辺りの人は蜂蜜にこだわりがあるという話や、
我が家でも自家製蜂蜜を採るという話を書いたことがありますが、
「本物の蜂蜜」というものにとてもこだわります。
「これは純粋100%の良質蜂蜜」と、やはりこだわりの場所から
入手してきてくれたので、大事にいただこうと思います。


さて、後ろの一斗缶。
これには何が入っているでしょー。
ヒントは手前の瓶、オリーブなんですが、
入っているのは、オリーブ油。
一斗、つまり約18リットルのオリーブ油が入っています。

オリーブ油というと、イタリア~ンな感じがしますが、
オリーブ油使用はこのあたりもかなり多い。
普通のスーパーの油売り場は、普通の油と同等、
もしくはそれ以上に場所がとられて置かれています。

ゴタゴタの情勢だけが伝わるパレスチナですが、
オリーブ油の名産地。
我が家では毎年パレスチナからのおじさんが
売りに来るので、それを買っているんですが、
そろそろ終わりそうだな~と思っていたところに
タイミングよくお土産でいただきました。

でも、たった二人の住人に、一斗のオイルって。
おじさんから買うオリーブ油もなぜかいつも一斗缶で、
「できればもーちっと小分けで売ってくれるとありがたいんだけど」と
思っていたんですが、お土産も一斗缶。これって規格なのか?
デカ鍋同様、市場野菜同様、なんでも「ドカ」売りです。

これだけあるので、我が家はなんでもオリーブ油。
炒め物も、ドレッシングも、サラダに混ぜるのももちろんですが、
揚げ物もオリーブ油。最初はもったいなくてちょっと
躊躇しちゃいましたが、どんどん使わないと古くなるので
今では大胆に使ってます。

それでも使い切れないので、
deliciousniceさんのブログで拝見してから
色んな香辛料を入れて色々な味のオリーブ油を作っています。
幸い香辛料がとてもお手軽価格で手に入るのがうれしい。
パスタや炒め物、サラダにはもってこいのお味。
油が終わったら継ぎ足していけばいいので
お手軽さが私向きです。
e0066474_2031771.jpg



さらにそれでも使い切れず、ちょっと古くなった感のある
オリーブ油は、別瓶にとっておいて、
何に使うかといいますと、
相方さまの白い服、カンドゥーラの汚れ落としに使います。
本館で、しょっちゅう謎の汚れをつけてくるという
書いたことがありますが、
その大半が、車のどこかを触ってついた油汚れ。

色々試してみたけれど、どーしても落ちない。
と、以前車をいじって真っ黒にしたカンドゥーラに
「油には油だよ」とガソリンをつけて汚れ落としに挑戦していたのを
思い出し(この作戦は失敗だったんですが)、ちょっと古くなった
オリーブ油をつけてこすってみたら、あらー。
とっても綺麗に落ちました。

我が家では大変重宝しているオリーブ油です。



それから、もう一ついただいたお土産がこちら。
e0066474_2034562.jpg


ラバーバ(日本語表記だと「ラバーブ」のほうが一般的のようですが)という
遊牧民の弦楽器。「骨董物だよ」と買ってきてくれたんですが、
初めて見るものなのでどの程度の骨董なのかはちょっと
よくわかりません。けっこーつくりは荒いところがあったり、
それほど古いものじゃないなと思う箇所はありますが、
音はそれなりにしっかり出てとても素敵。
木の枠に、羊の皮を張って、弦は馬の尻尾を使っているそうで、
なんとも幻想的な音を出すんですが、
タイムスリップするというよりも、私はドバイにある博物館に
場所スリップ(?)しちゃいます(博物館でずっと流れている音なので)。


クブズに弾いて聞かせる相方さま。
ちなみに、相方さまは音痴の代名詞(?)ジャイアンも
びっくりの音痴です。
クブズが怒り出すんじゃないかと思ったら、
どーいうわけかうっとり。
恋の唄を唄い始めたクブズさんでした。

e0066474_2018224.jpg

by hanamomoact | 2009-08-31 20:26 | UAE生活


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

その他のジャンル

ブログパーツ