自家製。


以前、我が家では養蜂(といっても、蜂の箱をただ
置いてあるだけ)していて、時々蜂蜜を
いただいている話を書いたことがあります。

その後、蜂は蜂箱から脱出。
庭のあちこちに巣を作り、今3個ほどの
蜂の巣が我が家にはあります。
そのうちの一つが採り時ということで
採取することになりました。
e0066474_2301589.jpg


以前は、相方さまの弟が宇宙服を着て、
シュコシュコ煙を出す容器(?)も使い、
それ以外の人(私・相方さま)は離れたところで
見学。蜂が来ると、ワーワー言って走って逃げたり
したんですが、
最近我が家で働き始めた職人さんは、
ものすごい手慣れていて
e0066474_2304369.jpg


普段着(?)に素手。ナイフでざっくり、
蜂の巣を切りました。
e0066474_2314763.jpg


私達も、最近はすっかり慣れて、巣の真下で見学できるように
なりましたが、素手でナイフはかなりびっくり。
かっこいいよねーと相方さまと感心しきり。

蜜は、巣の真ん中辺りに一番溜まっているので、
真ん中だけもらって、残りはまた近くの枝に
掛けておきます。
そうすると、またその蜂が巣を作るんだそうです。
e0066474_234273.jpg


じゃーん。
e0066474_234238.jpg


真ん中あたりの黄色いのは花粉でしょうか。
e0066474_235097.jpg


この詰まってる辺り、これがおいしいんだそうで。
e0066474_2374223.jpg


芸術だな~。
e0066474_238766.jpg


この同じ大きさの6角形の美しい並び。
共同作業でこれだけ規則正しいものが作れる蜂の社会
ーおみごと。
e0066474_2392798.jpg


蜂は砂漠に巣を作ることもあります。
一見砂漠に花なんてなさそうなんですが、
砂漠にはこんな風な草が生えていて
e0066474_2521341.jpg


よーく見ると、黄色い小さい花をつけています。
e0066474_2525112.jpg


ちょっとわかりにくい写真ですが、
足にいっぱい花粉をつけた蜂。
e0066474_254180.jpg


そんな蜂が時間をかけて作った芸術作品を
ざっくり切っていただいちゃう私達。
庭で採れた本日採りのライムと
職人さんが朝焼いてくれたパンと
蜂蜜と。
なんだか一気に健康になれそうな気分です。
蜂さん、ごちそーさまでしたー。
e0066474_2425438.jpg


(おまけ)
職人さんが素手で取ったあと
「ねー、『相方さまが』素手で採りました、かっこいーって
ブログに書いてよ」って言うので、
そんな裏話と写真を載せておきます。
e0066474_2561576.jpg

by hanamomoact | 2009-09-22 03:00 | UAE生活


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

その他のジャンル

ブログパーツ