人気ブログランキング |

お父さんの顔。

1週間ほど前からクブズさん「ねーコドモ作ろうよ〜」モード全開で、
妻の私をストーカーのごとくいつも以上に激しく追い回し始めました。

トイレに行けばドアの前で激しく呼ばれ、
ドア締めて「昼寝withネコ」すれば、出てくるまでドアをがんがん蹴られ、
部屋移動で歩けばモーレツな勢いで怒りながら着いて廻り、
全然自由になれない私はクブズのしつこさにキレかかって
毎日夫婦の間に不穏な空気流れていたんですが、
(一応改めて書いておきますが、クブズさんとのお話です)
ここ数日、ようやくちょっとストーカー熱がおさまってきて、なんだか
そわそわ巣を行ったり来たりするようになり
これは、もしや、クブズ的に計算ではそろそろコドモが
生まれるハズなのか?と以前のできごとを思い出しました。

前みたいに卵どこかに落ちてないかな〜と言ったら
相方さま「木の上にある巣、覗いてみたら?」って、
(→「違うよ『木の枝振ってみたら』って言ったんだよ」と訂正されました。
まぁ主旨は一緒だけど)
いくら私が子を産めないからと言って、子泥棒はダメでしょ。
(ですから、クブズさんとのお話です)

で、フト思い出したのが、1週間程前ににわとりの卵を集めてたら
見つけた小さいにわとりの卵。
そういや、冷蔵庫にあったはず〜と探したら、ありましたありました。
e0066474_2164739.jpg


外出から戻って来たクブズさん、しばし卵を見て考えているので
アレ、まだ時期的に早かったのかな。。と思ったら、
e0066474_2172791.jpg


お、
e0066474_2175933.jpg


おお〜、
e0066474_2173629.jpg


入れた。
e0066474_21102581.jpg

e0066474_2181674.jpg


アラ、なんだかしっくり?
e0066474_2111624.jpg



この抱卵モードに入るとクブズさん、
私が巣のところへ戻ってくるまで、ご飯も食べなきゃ
水も飲まず、ずーっと卵を抱いています。
私が帰ってくると、「ハイ、交代〜」と飛んで行き、
「育児」から離れて羽根を伸ばし、毛繕いしたり
ご飯食べたり。
e0066474_21111246.jpg



なので長いこと席を離れているわけに行かず、
ちょこちょこ巣の所に戻って交代しなければなりません。
(って言ったって、私は卵の上には座らないし温めないけど
私が卵の側にいればいいらしい)

で、ほどなくして戻って来て、
ク「はい、たまご〜(子の名前(仮))ただいま〜、父さん帰って来たよ」
e0066474_21122151.jpg


ク「こっちへおいで」
e0066474_2113447.jpg

e0066474_21155758.jpg

e0066474_21153298.jpg



はー、どっこいしょ。
e0066474_2116560.jpg



クブズ父さんは、コドモいるのだから家もしっかりしないと!と
思ったらしく、私が交代で卵温めてる間(イヤ温めてないけど)、
せっせと家補修材料集め。
e0066474_21172736.jpg


でも、この材料じゃどー考えても自然界だったら
家作るにはこころもとなく、頼りになるようなならないような
クブズとーちゃん。

ちなみに、家作り材料は、今なら外に行かなくても家の中で調達できます。

なぜなら、
e0066474_21173262.jpg


ちょびさん、穴拡大工事再熱中だから。


お仕事から戻って来たクブズ父さん、
ク「どう?大丈夫?それじゃちゃんと温まらないんじゃないの?」
e0066474_2120071.jpg


あ、すみません。さぼってました。
ク「あーあー、大丈夫かな〜」
e0066474_21194498.jpg


ク「もういいよ、やるから。こっちにかして」
e0066474_21212312.jpg


e0066474_2122398.jpg

e0066474_21231219.jpg

e0066474_21237100.jpg


ク「まったく、ダメなおかあちゃんですね〜」
e0066474_21243331.jpg


ク「お父ちゃん来たからもう大丈夫でちゅよ〜」
e0066474_21251789.jpg


す、スミマセンねっ。

ナニ、その優しい顔!
e0066474_2125581.jpg


いつものクブズはどこへ〜っ。
e0066474_21262858.jpg



そんな妻の動揺はおかまいなし。
育児に忙しい父ちゃんはそれどころでなく、抱卵しながら睡眠確保。
e0066474_21274068.jpg


夢中でお父ちゃん業しているクブズさんですが、
どこかで現実に目覚めてもらわなくてはならず、
前回は事故で卵割れちゃったけど、今回はさていつどうするかな〜。
e0066474_2128174.jpg



こんなクブズの姿を見て「やっぱりハトの♀連れて来てやるか〜」と
相方さま。
えー、だって卵どんどん生まれちゃったらどうするの?って言ったら
「食べる」

・・・で、できねーっ。

だってニワトリの卵食べるじゃんと言われ、まぁ確かにそうなんだが。
且つて「レストランなんかで、もしガゼルのお肉が出されたら食べられない」と
言っていた相方さま(私はデキル)。
ほんとにできるの?ほんとに?と問いつめたら苦笑いしてました。
動物と生活って葛藤イロイロナノダ。
by hanamomoact | 2013-06-04 21:38 | クブズ | Comments(16)
Commented by ワン at 2013-06-04 22:47 x
こんばんは。はじめましてーかな?
毎回ブログを読んで感動感激してます。写真も素晴らしくて更新が待ち遠しいくらいです。
動物は、ほんとにまっすぐですよね。動物と暮らすと日々こちらが成長させて頂いてる感じです。いろんな意味で最近殺生を避ける暮らしに傾いてます。とは言え、たまにはお肉もお魚もいただくのですがいろいろ考えてしまいますよね。せめて丁寧に調理し、美味しくありがたく食しようかと・・・やはり矛盾しますかね〜。
Commented by ぱる at 2013-06-05 00:11 x
あっはっは!!
クブズさん、面白すぎです。
本気ではなももさんが「妻」なんですね。
自分を人間だと思っているのかと思いきや
はなももさんが鳩なのか…。
それ、卵が孵らずにそのままだったら
自然界同様に諦められたりするんでしょうか。
もう不思議さ満載で楽しすぎです。

葛藤かぁ…私も馬肉は無理(>_<)って思って
ましたけど、もうすでに食材として目の前に
あるのなら、むしろそれは食べてあげなきゃ
失礼ってもんじゃなかろうか?と思ったり。
でもそれこそ葛藤しそうなので、馬肉が有名な
産地には行かないようにします。
Commented by hanamomoact at 2013-06-05 01:22
ワンさん、はじめましてーかと思われます〜。うれしいお言葉ありがとうございます。動物はずるがしこかったりすることもあるのに、それすらまっすぐに思えるのは、多分、彼らは自分自身には絶対ウソつかないからなのかなと。ホント勉強させられますデス。

肉も魚も食べる体にできているのだから、それは自然の事、時に必要な事なんじゃないかと私は思います。でも生きる物を「生きる為に必要」以上に殺生したり操作する事は、自然とは離れ、きっとそのしっぺ返しは色んな形になって起こっているんだろうな〜と。

山羊や羊が身近にいるんですが、基本オットのお母さんが面倒を見ています。私はちらちら遊びに行くだけ。感情移入しちゃったら大変な事になりそうなので 笑。でも、お母さんは自分で育てた羊を捌く為に選びそれで料理をします。私もおいしくいただきます。自分で育てたらムリだけど、距離があればおいしくいただける、鶏も然り。ここでの生活はそういうものと向き合わなくてはならず、でも、世の中ってそういう矛盾とか理不尽な事とかグレーなことっていっぱいあって、考えながら自分なりの答えを見つけながらいかなくちゃいけないんだなと、そんなことを思うようになりました。
Commented by hanamomoact at 2013-06-05 01:31
ぱるさん、もうね、クブズさんのストーカーっぷりすごかったです。
時にあまりにあちこちうろうろする私が許せなくて、飛んで来てガブッと
首咬んだりして、DVです、DV!

自分の事なんだと思っているんでしょうね〜。人間でもハトでもない
なんか特別なもんだと思ってるかも。
だって、外でハトにあったら逃げるし 笑
私も卵ずーっとおいておいたらどうするんだろうと興味あるんですが、
ご飯あんまり食べないし、なんかずーっと巣に座ってるし、
若干の罪悪感もあって(笑)、卵は今寝ている間に撤去することにしました。
今日なんどか巣から出してみたんですが、巣の前でぼーぜんとしてたので、
なんだかいたたまれなくてまた戻したりしてました 笑
明日の朝、どんな顔するんだろうな〜。

生きて来た道、その過程で出会ったできごと、それぞれでそれぞれの価値観あって
おかしくないんじゃないかなと思うんです。
ただその向こうに尊い命があることは大前提で忘れちゃいけないなと。
Commented by huurinlikesweet at 2013-06-05 06:29
おはようございます♪

これは
鳩研の方たちからしたら 学会発表ものではないのですか? 笑

クブズさんからしたら はなももさんが 育児放棄していて さとそうとしている行為なのでしょうか 

もし
メスの鳩ちゃん来た所で 果たして はなももさんを 妻として 想いをはせているクブズさんは 目移りしていただけるのでしょうか(笑)
ぜひ 試してほしいような、このまま 二人の愛を 貫いてほしいような・・・

しかしクブズさんの子供と思うと
わたしも・・・で、できねーっデス。。。
Commented by paprica at 2013-06-05 14:12 x
クブズぅ〜〜、ただ気位が高いだけ(ごめんっ)の鳩ぽっぽだと思っていたけど、こういうスイートな一面も持ち合わせていたんだっ。見直したー!
ほんっと、面白いねぇ〜。ハナモモさんたちと暮らしていて、知恵も蓄えて、ずいぶん「鳩離れ」している気がしていたけど、本能なんだねぇ。感動しちゃったよ。本当に「おとうちゃんがきたからだいじょうぶでちゅよー」って言ってそうで。。。笑えた。
奥さんよりも、ここいらで卵と「ヒナ」をすりかえちゃったらどう?すっごい子煩悩だと思うなぁ。
Commented by metothemoon at 2013-06-05 16:38
Www「食べる」www
そうきたかぁ~すごいな~日本人は確かに鳩食べないからその発想ないもんな~
直球で投げられた感じwww

はなももさんもめんどくさいことに付き合ってますねwww
鳥ってかなり情熱的というか、ヒツコイので鳥知らない人はビックリしますよね。
生態のわかるいいサンプル写真ですよ!
それにしても優しいな~ちゃんと抱卵の気遣いして(⌒‐⌒)
あ!ご主人はなももさんをクブズに取られるから女の子鳩の話したのかな?www
面白い家族だな~

最初ここを訪れたとき、まだガゼルはサーメルとダマーニしかいなくて、まだかわいこちゃんで、タイニーとティニーはいた。 クブズもいた。全部で5匹だったのに、あれよあれよ言う間に大家族になって、いろんなことがおきだして、どんどんはなももさん忙しくなって、どんどん楽しい生活になって逞しくなっていった気がします。
気持ちの電池ギレここしばらく聞いてないもの(⌒‐⌒)
お世話は大変だけど前より楽しそう
今回も楽しいクブズをありがとう(^-^)/
Commented by はとぽっけ at 2013-06-05 21:14 x
 鶏もそうだけど、抱卵作業はほんわか眠くなるそうです。
 はなももさんも眠くなりましたか?(笑)
Commented by よしあ at 2013-06-06 10:59 x
ハトの父性本能…。ちゃんとあるんですねぇ。母性でなく父性というのがなんともすごい。誰かに教えて貰ったわけでもないのに。
うーん、カッコーの托卵のよう(はなももさんがカッコーで)。托卵された親鳥でも違うと気が付くと、卵を排除するらしいです。が、クブズさんはそれはもうはなももさんを愛していますから。
いっそのこと、ニワトリの有精卵温めさせて孵化させたらどうなるか??
夫婦どちらにも似てない子が生まれても気にしないのかな。早生性なので餌は自力で取れるから(でもはなももさんの気苦労が増える)…ともーそーしました。
「みにくいアヒルの子」は、昔だれかが実験したんじゃないかとにらんでいます。

本物のタマゴは…、無精卵をトリ肌で何日も温めた中身はかな~りいっちゃいますねー。割れないままずーっと置くと水分が飛んで、振るとカラカラと小さな何かが残った状態でスカスカのピンポンボール状になりました。
Commented by hanamomoact at 2013-06-16 05:32
huurinlikesweetさん、こんにちはー。

鳩研w 漫研とか落研みたい〜。どこかにあるのかなー鳩券(変換これででました 笑)。

ああ!諭していたんでしょうか。気がつかなかったダメ妻!
「あぁそうなの、私じゃだめなの、じゃ、あとよろしく」くらいな感じで卵託してました 笑。

鳩って、とても一途なんだそうです。浮気はめったにしないそうなので、目移りしないんじゃないかと、
ダメ妻は自信をもっているんですが、どうでしょう。
やってみたいような、心移りされたらそれはそれでショックのような 笑。

なんかね、デキネーって思っちゃいますよね 笑。
鶏の卵と何が違うんだって言われると困るんだけど、
それはそれ、これはこれ!としか説明できないのだ!
Commented by hanamomoact at 2013-06-16 06:07
papricaさん、卵生まれる(?)直前のストーカーっぷりに
本気でキレまくっていた私ですが、こんなスイートな(笑)ところ見せられちゃって、
「あぁ、なんて私は心の狭い妻なんだ」と悪妻、えらく反省デス。
でもこれが初めての事じゃないので、多分前回も同じようにキレて、
同じように反省したに違いなく(忘れちゃったけど)、
きっとまたやらかすに違いありませんw。

以前私が単に動物好きと勘違いしたオットの甥っ子が、鳥の巣からヒナを私にプレゼントと持って来た事があって、
いや、別にそういう意味で好きなわけじゃないから!と、巣に返させたんですが、
返すその前にクブズに見せたら、えらい戦闘態勢に入ったことがあり、
こういうのは受け入れられないんだね〜と思いました。
でも今書きながらよくよく考えたら、時期がそういう時期じゃなかったのか。
抱卵時期の後だったら、以外と子育てとかしちゃったりして。
見たいような、それはそれで困るような 笑。

鳩って生後しばらく、両親からミルクもらうんですよね。
ピジョンミルク。そういうのが自然と出るようになるのかな〜
(クブズだけの話だけど!私からは多分出ないと思うけど!)。
Commented by hanamomoact at 2013-06-16 06:28
寧々子さん、言われた時は、えー!って 笑。んじゃ、ダマーニの仔食べられる〜?って言ったらそれは別問題!って言われ、
鶏の卵は食べるじゃん!って言われたから、それは別問題!って私。何がどう別問題なのかはお互いぜんぜんわからないんですけど 笑。

その情熱、ヤケドするんじゃないかってくらい熱いです。イヤ暑苦しいですw。今、雀の巣の一つでどうやら小鳥が巣立ちの時期を迎えたようで、父母が、かわりばんこに子供に巣から出るように
説得に来てるんですが、まーにぎやか!そして激しくアツイ!
雀のケンカもすごいですしねー。鶏が鳩を集団で攻撃して殺してしまったり。私もこの生活で知りましたが、鳥の世界って想像よりも激しいもんありますです。

いや、オットは努力の報われないクブズがなんだか不憫に思えるみたいですよ。でもメス飼うなら家じゃなく鳩用の小屋作ってクブズはそこに♀と住む事になるので、いざ「じゃぁメス飼う?」っていうと、ごにょごにょするんですが 笑

ほんと、サーメルだけだった頃なんてなんだか信じられません。家の周りの環境もその頃と随分変わって、今じゃ、サーメルと自由に砂漠を散歩できたなんてちょっと夢みたいだなーって思います。
Commented by hanamomoact at 2013-06-16 20:11
はとぽっけさん、赤ちゃんを寝かしつけていると
一緒に眠くなってしまうのと同じでしょうかね。
Commented by hanamomoact at 2013-06-16 20:32
よしあさん、「育ててもらう」ということがなくても、親の顔を覚えていなくても(多分)、この世に送り出してくれた両親からちゃんと受け継がれていて、その両親だってまたその両親から
受け継がれてきたんだと思うと、ちょっとしたロマンでもありますです。

何をもって「違う」と思うんでしょうね。今回は小さめの鶏の卵、前回は鳩の卵を置いたらすっかり我が子と思ったようですが、もしこれが、普通サイズの鶏の卵だったらどうだったんだろう〜。次回はそれでやってみようかな〜。でも、卵とりあげたら、なんだかえらくショックだったみたいで、2日程様子がおかしかったので、ちょっと躊躇しちゃいますが。。。と言いながら、興味は尽きず 笑。ヒヨコが孵ったらどうなるんだろう〜。や、やってみたい〜ウズウズ 笑。みにくいアヒルの子、確かにそうかもしれないですね〜。

温めていたクブズさんのお子はオットに撤去したよと言われたんですが、先日棚をイロイロ片付けていたら、そこに見た事ある卵が!笑 クブズの目に触れないようにそこにどうやら置いたようなんですが、この季節に温められて放置された卵、まだカラカラになる前だったようで、誤って割れなくてよかったですっ。
Commented by norikorokorov at 2013-06-17 01:07
クブズさんの父性!!
表情が違いすぎて感動です。
動物の本能ってすごい・・・。
父性って(母性も?)本能だったのか・・と改めて思いました。
うーん感動!!
Commented by hanamomoact at 2013-06-18 04:19
norikorokorovさん、父ちゃん期間、ずっとほんやり顔だったのに、
えらそう顔にすっかり戻ってしまいました〜。
猫ってどうなんでしょうね。我が家の場合は父たちは皆
風来坊なので(笑)、専念は子づくりのみで子育てには
まったく興味がないようですが、もし限られた空間だったら
どんな反応なんでしょうね〜。
サーメルは、子育てはしなかったですが、赤ちゃんガゼルが
特別な存在ということは思っていたようでした。


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

その他のジャンル

ブログパーツ