ドバイ博物館行ってきました。

車でも行けるけど、せっかくなので
クリーク(運河)をこの舟(アブラ)で渡って、
向こう岸にある博物館へ。

e0066474_21194490.jpg

e0066474_2119463.jpg



定員いっぱいになったら出発。
船頭さんがお金回収。1人25円弱。
e0066474_21194954.jpg





e0066474_21195226.jpg





作り笑いに失敗したふたり。
真ん中、こっち向いてるおじさんが、船頭さん。
e0066474_21195596.jpg



船頭さんは、舟の真ん中にある穴に入って舵とり。
e0066474_2119567.jpg




ちなみに、向かいの舟はエアコン付き。
e0066474_21195843.jpg


でもたかだか5分少々の乗船。
時に途中でエンジン止まっちゃった時は、
他の舟に飛び移らないといけないとか、
舟着く時、ガコガコあっちこっちぶつけながら止まるとか、
完全止まってないうちから、みんな飛び降りるとか、
こっちの方がワクワク感アリでお得。
e0066474_2120084.jpg




舟から降りたら、こういう所を通りながら、しばし歩き、
e0066474_2120118.jpg



博物館に着きました。
e0066474_2120362.jpg

e0066474_2120450.jpg



相方さまが話に花を咲かせている相手は、どちらも人形。
e0066474_2120525.jpg

e0066474_2120769.jpg



中暗いし、人形もよくできてるし、
あんまり地元の人博物館にいないしで、
以前一度、展示物見ていた相方さま、
人形と間違えられて写真撮られそうになったことありました。




昔の学校。って言っても、相方さま世代はまさにこれ。
悪ガキだったので、先生の持ってるムチで、
ビシビシ叩かれたんだとか。
e0066474_2120857.jpg



隣にいたヨーロッパ人の女性が、
「この時代、学校がなかったのね。可哀想に」と
言ってるの聞いて苦笑い。
「いや、すごくいい時代だったけどな〜」と相方さま。
違う文化を見る時の目線を自分文化基準にしてしまうと
みえなくなっちゃうものいっぱいあるだろうなと学んだ瞬間。



今ではすっかり衰退してしまった、天然真珠産業の様子。
e0066474_21201138.jpg

e0066474_21201380.jpg

e0066474_21201412.jpg



発掘された、土器や石器。
我が家の裏の砂漠には、ベドウィン(遊牧民)が住んでたと思われ、
ときどきどきが出たりするので、中には貴重なもんもあるんじゃないかと、これ見て絵柄とか覚えてみる。
e0066474_21201572.jpg

e0066474_21201671.jpg



そんなこんなの博物館見学。
ちなみに、やはりこのコースで来るなら夏場はオススメしません。
船着場から汗だくで歩いて駐車場に着いたら、
e0066474_21201740.jpg


見にくい写真デスが、気温計49℃。撮る直前は50℃。
少年は暑さにギブアップで、船着場で車廻して来るまで待つことに。
相方さまは、頭に水かけながら歩きました。
by hanamomoact | 2013-08-31 17:08 | UAE生活


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る
通知を受け取る

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

その他のジャンル

ブログパーツ