人気ブログランキング |

本がでました。(多分その1)

e0066474_1411745.jpg


いや、もう聞いたし!ってツッコミ入りそうですが、
前回は、「本を出す事になりました。」と、発売予告(?)でして、
その後自分の手元に出来上がった本が着いた日に
「本が出ました!」と、ちょっとテンション高めに、改めて本について
詳しく書く気まんまんだったんです。

なんですが、郵送トラブルがあったりして、結局本が届いたのは
発売日よりもずっとおくれた数日前。でも、それよりもタッチの差(?)で、
ドバイにある紀伊國屋書店さんに本が入荷され、発売が始まったので、
結局、ドバイ紀伊國屋さんで自分の本を初めて見、そして、さらには
購入をして、自分の本を初めて手に入れるという、
長いことわが家のブログを見て下さっている方なら
きっとニヤニヤしちゃうような、なんともわが家らしい展開でした。

なので、あんまり実感のないまま、本を手に入れる前に
感動のピークを過ぎちゃったもんですから、
「本が出ました!」ではなくて、「本が出ました」というタイトルに
なりました。

(前置きその1おしまい)




そんなわけでして、本が入荷しましたと連絡をいただいたので、
ドバイ紀伊国屋さんにおじゃましてきました。
e0066474_1453319.jpg

e0066474_1465949.jpg


今回、本の件では、ドバイ紀伊国屋さんの書店員さんに
大変お世話になっているんですが、お話いろいろさせていただいて、
私、書店員さんへのイメージかなり変わりました。
なんていうか、熱い!いい本を、沢山の人に手に取って欲しいと
いろいろ考えて、工夫して、試行錯誤しながらお仕事されている姿に、
書店員さんって、探している本を案内してくれる人というイメージで、
本屋さんでの存在を、今までそれほど考えた事なかったな〜と(スミマセン)。
今思いついたんですが、漠然と本を読みたい時に本屋さんへいって、
書店員さんに相談するのもアリなのかも。ソムリエみたいに。

話、かなり横道行きましたが、ドバイ紀伊国屋さんは
沢山の本を置いてくださっていまして、日本書籍のところはもちろん、
地元の人が興味を持つ本を集めているところにも、陳列していただきました。
e0066474_1482985.jpg

e0066474_1492049.jpg


(書かせていただいた色紙。沢山仕入れていただいてこれくらいしかできない
ってのもなんですが、その分気合い入れて書いてみました)
e0066474_1512861.jpg



また作って下さったポップが、ツッコミどころ色々な
熱いポップ。ありがとうございます。
e0066474_154834.jpg


他にもこんなところにも。
e0066474_1562844.jpg

e0066474_155654.jpg



こちらは、アラビア語の棚。
ドバイ紀伊国屋さんて、店舗めちゃくちゃ大きいんですが、
店舗の真ん中あたりに、モール内の他の階につながっている
エレベーターがあります。
そのド真ん前。

さて、どれでしょう〜。
e0066474_1585241.jpg


ここでした〜(本に帯って日本特有の文化なんでしょうか)。
写真を使ってのポップは、日本の編集プロダクションの方が
作ってくれたもので、そこにアラビア語を追加。
e0066474_1581692.jpg


ドバイ紀伊国屋さんの中にある喫茶店で、相方さまが
追加の即席アラビア語ポップ作り。
e0066474_21955.jpg


「あ、ちょっとおかしな文かも。ま、いっか」って、
まいっかでいいのかいな。
e0066474_21429.jpg



ドバイ紀伊国屋書店さんの熱いポップに書かれたように
新名物かどうかはわかりませんが(明らかに違う)、
もしドバイ紀伊国屋さんに寄る機会のある方は
ご覧になってみてくださいませ。


(前置きその2おしまい)



そんなこんなで、わが家にやってきた、「砂漠のわが家」。
一番見せたかった、サーメルやダマーニは見せる事
叶いませんでしたが、とりあえず、ガゼルチームに見ていただくことに。

が、みんな「?!」の反応で、遠巻きに見て、なかなか近くに寄らず。
ダマーニだったら、すぐに見に来てくれただろうなぁと思っていたら、
マラークが覗きにやってきました。
e0066474_1253113.jpg


とりあえず、葉っぱに興味をあるフリをして
視界ではしっかりキャッチして様子見。
e0066474_1255261.jpg


「フリ」はいらないらしいと悟り、ちょっと顔をあげて
しばし様子をみてみるマラーク。
e0066474_126289.jpg

e0066474_127636.jpg


できるだけ首をのばして体は遠くで覗いてみる。
e0066474_1261996.jpg



マ「ふーん。ナニコレ」
e0066474_1262997.jpg


不肖ワタクシ、この度本を出させていただきましたんデス。
マラークの写真もあるんだよ。
e0066474_1265592.jpg


マ「私、けっこうクールで無表情なこと多いじゃん」
いやいや、いい顔の写真、選んでもらったよ。
e0066474_1272917.jpg




マ「ふーん。。」
e0066474_1275342.jpg








イヌズやら、ネコズやら、ウシズやら、ラクダズやら
もろもろみんなに見せに廻りたかったけど(みんなにしたら
いい迷惑ということは気づかないことにして)、
それは、おいおいということで、とりあえずタイトルに合った
場所で撮ってみました。

「砂漠のわが家」砂漠に立つ。みたいな。
e0066474_1213652.jpg



そしたら、さんちゃんやってきた。
e0066474_1234113.jpg




さんちゃんも、写真あるんだよ。
e0066474_1394536.jpg



いや、どんだけ近くで見つめても、本というのは、開かないと
見れないんだけれどもね。
e0066474_1245627.jpg



クブズは、チラ見。
もしかしたら、クブズさん、一番出番多いかもよ。
e0066474_125812.jpg


なにやらしばし考えて、その後飛び立ち、
e0066474_1243536.jpg


ぐるーっと飛んで戻ってきました。
ク「なんで、表紙がガゼルとネコなのー!」
e0066474_125578.jpg





ブログ、ツイッター、レビューサイト、などなど、
本の感想をありがとうございました。
いただく感想の中で、「癒されます」というものが多分
一番多かったと思います。
わが家のブログを見つけ出し、本を作りませんかと声をかけてくださった、
編集プロダクションの方や、一か八かで出版を決めて下さった幻冬舎さんの
編集の方などの思う本の向かう所も、直接そう言われたかどうかは忘れて
しまいましたが、「読んで癒されるもの」だったと思います。

なんですが、しょーじきなところを言ってしまうと、私の中では、
本をつくっている最中、「これを読んで癒されて下さい。。」という思いは、
まったくもってありませんでした(こんなこと書いたら怒られるのかナ)。

私の撮る写真は、例えば、動物のかわいい場面を撮ろうとか、おもしろい
写真を撮ろうとか、そういう意図で撮った物はほとんどなくて、自分にしてみれば、
なんてことのない日常の中で、家族がやらかすできごとを、あぁこの場面を
とっておきたい(「撮って」おきたいではなくて、「取って置きたい」)なと思った時に
撮ったものが溜まったものです。

旅行へ行った時に写真を撮るのと、意味合いはまったく一緒で、
その「取って置きたい」場面を撮れたとき、
それを紹介する形でブログをやってきました。

なので、本を出すというお話をいただいた時は,うれしいという気持ちも
もちろんありましたが、本当に、個人のこんな日常が本になっておもしろいもんなんだろうか
という不安の方が大きくて、本を作っている最中も、何回か編集プロダクションの方に
その不安を吐露したこともありました。

それは大丈夫と背中を押してもらい、途中からは余計な事を考えないで、
ウソ偽りなく、でもって、盛る事も無く、そのまんまをぶつけてしまえという
気持ちに切り替えていきました(時々ゆらゆらはしましたが)。

なので、今回写真それぞれに、すこしずつ言葉を加えていますが、
ドラマチックに仕立てたり、詩的に仕立てたりしないよう、
自分が写真を撮った時に感じた事から離れてしまうことのないよう、
それは気をつけて書きました。

サーメルと子すずめが向き合っている写真がありますが、そこには
「大事な事は言わなくてもわかる」というような内容を書きましたが、それも、
かっこいいこと言い過ぎていないか?とちょっと考えました。
でも、同じ言葉をもたず、大きさもこんなに違い、この時はじめて出会ったのに
サーメルはちいさいものが背中に乗っている事を許し、子すずめは、
まったくこわがることなくサーメルを見て、本に載せた写真の後も、
移動して行くサーメルの背中にしばらく乗っていたことを思い出し、
この言葉にうそや上乗せはないなと思い、
あの言葉になりました。
e0066474_18456.jpg

e0066474_173279.jpg




つまり、もちろん以前書いたように、思いのギュッとつまった本ではあるんですが、
でも、自分の中では「癒し」とは、かなりかけ離れたところの「思い」でして、
「これが、私(たち)が大事にしているものです」というものをお披露目するという
なんていうか、ひとりよがりのものといいますか。

それを、こうして「癒された」と感想いただいて、
仕上げて下さったデザイナーさんのお力などももちろんありますが、
笑わそうとか、癒そうとか、そんなことこれっぽっちも思っていなくて、
自分にただただ正直に生きている姿が、そのまんま誰かの心に響くのだから、
動物たちよ、キミタチすごいなーと。

すごーくがんばって、客観的に見た時に、たしかに、ガゼルの仔って
かわいいなーとか、ペティなんだかどえらくかわいかったのねとか、
ネコたちのそれぞれの写真もかわいいなーとか、「かわいい」的要素
いっぱいあるのかもなと思いますが、
もし伝えることができるのならば。。と思っていたことは、
生きるって、深いしでも浅いし、複雑のようでほんとうは実はすごく単純で
とにかくスゴいことナノダ、という、
私が普段みんなから教えてもらっていることでした。

この限られたページの中で、さすがに私の写真の力では、
そこまでに至る事はできなかったのが残念なんですが。

ってなことを、本を何度もみながら、ぐるぐる考えていたんですが、
でもよく考えたら、本が誰かの手に届いたら、もう後は読み手のみなさんのモノで、
かわいいと楽しんでいただくのも、癒されたと思っていただくのも、
そこに別の何かを感じていただくことも、何も感じない事も、自由なんだよな〜と。
それぞれに楽しんでもらったら、それでいいじゃない、アッハーみたいな結論に
至りました。

余談ですが、こういうね、割と一度はまるとややこしいことを
考える性格なので、本作りの最中、そのややこしい私とつきあわなくては
ならなかった、編集や構成を担当して下さった方は、ほんと
大変だったと思います。

ただひとつだけ、これら写真で、もし伝わってくれたらいいなと
思う事がありまして、それは、新しいメンバーが加わるたび、
私がそのつど気づかされている
「性格もそれぞれで、それぞれに考えて、感じて、
その時の気持ちが、見てよくわかるくらい表情に出すのは、
鳥もガゼルもウサギもみんな一緒なんだなー」
ということ。
クブズらしいなーとか、サーメルらしいなーとか、まさにペティだな
という写真を撮ってきたつもりなので、それが伝わっていたら
とてもうれしいです。


もうちょっと本の裏話的なこと書こうと思ったら長くなっちゃったので、
(多分)その2へ続きます。多分。。
by hanamomoact | 2014-10-18 01:58 | 家族 | Comments(24)
Commented by HAL at 2014-10-18 07:03 x
おめでとうございます~♪
短期日本支部宣伝部長としては、ドバイ紀伊國屋書店にも並んだ写真を見て感慨深い想いでありまする。
こちらで書店を見るとチェックを入れておりますよ。
すでに8冊友人に配布しましたですが、いずれも興味津々、えーっ!わーっ!きゃーっ!という反応に、むひひひ・・・
あと2週間の宣伝部長ですが、頑張りまっせ。
Commented by tiger-hawk at 2014-10-18 07:43
面白いなあー、楽しそうだなあー、と軽薄に見ていました。
癒し? とか、可愛い? とかは全く感じませんでした。
だから、さんちゃんも好きです。砂漠も好きです。
こんな軽薄なファンもいます。ほとんどいないか、許してくださいねー 虎の図象、褒めてくれてありがとう。でもあれ、天国の白川静先生からのパクリです。先生、許してね。 ヤバい ! 逃げろ~~ 中東に平和が訪れますように・・・中国イスラームの武術をやっているのもあります・・・
Commented by mackworld at 2014-10-18 11:30
■ペコティンさんのご紹介で訪問致しますた。 なかなかにユーモア溢れる文体で、心地よい空間でありまする。
Commented by suusuu at 2014-10-18 17:24 x
はなももさんのブログは長く訪問してますが、癒されるとともに
なんかみんなへの愛情にみちみちているのが伝わってきて、つられて(?)じーんとなってしまいます。すごい技(?)だと思います。最初から見てきてるほかの方もずっとずっと、これからも〜inshallaって思うのかもですね。

日本でも買いましたが、ドバイのきのくにやさんでもぜひGETします!ダンナの家族にも見せます!

今回のEidにドバイにいけなくなって残念だったのですが、反対に良かったのかも。Eid中じゃきのくにやさんに本まだなかったんですものね(*^^*)はなももさんとおっと様のpop見に行きますね。
Commented by じーまー at 2014-10-18 19:15 x
本、買いました。
本屋さんで見つけた時は、「とても可愛らしいな
」と思い、読んだあとは「やっぱり可愛らしい!」がわたしの感想です。

そのままの、それぞれの可愛らしさが、そのまま伝わる とても可愛い本でした。
Commented by 紅お蝶 at 2014-10-18 23:31 x
相方様、達筆ですね!\(◎o◎)/!
サーメルさんは、大きな黒いお目目がと-っても優しい子ですね♪
(^-^)
自分よりも小さな仔スズメを思いやる気持ちを持っているなんて・・・
人間と何ら、変わりがないのですね❤ 感動です!
Commented by hanamomoact at 2014-10-19 03:29
HALさん、ありがとうございます〜。
このありがとうございますは、おめでとうございますへの返事でも
ありますが、それ以上に、宣伝部長のどえらい活躍に感謝でございまして、
オットも「何かお礼しないと」と申しておりましたです。
ほんと、ありがとうございます。
残り少なくなって来た日本滞在、どうぞ楽しんで来て下さいませ〜。
Commented by hanamomoact at 2014-10-19 03:33
tiger-hawkさん、軽薄なんてとんでもないです!!
めっちゃうれしい感想です。
面白くって、楽しそう、それが伝わったのなら、
ほんとうれしいです。
あのT-シャツ、欲しい人、いっぱいいそうですよね〜。
Commented by HAL at 2014-10-19 07:43 x
お礼なんてとんでもございません!
「トモダチが本を出したの」と自慢して相手の反応を楽しむ、というまことに勝手なことをして喜んでいるだけなんですよん。
お気遣いなく。
さて、今日はどこの書店を覗こうか(笑)
Commented by ブーとマー at 2014-10-19 10:31 x
はじめまして。
私は別のところでブログを書いていますが、私のお友達(peko-tin)がこちらでブログを書いていまして、そちらから、知りました。今日、本も見ました!?猫と砂漠なんて初めて見たので感激しました!!!!!
早速、購入して見てみたいと思います。
Commented by takusukila at 2014-10-19 11:12
すごぉおおおおい!!! 超超超ご無沙汰してます!(笑)
ニューヨークの雅子です~。 お元気ですか? いや、お元気そうで何よりです。 そして本ご出版、おめでとうございます~! ドバイに紀伊国屋があるのにも、すっごい驚きを感じている私です。はい。 田舎もんです。。。 何だか、殆どブログの更新も交流もしなくなってる今日この頃ですが、こうやってお元気そうにされてるのを見ると、嬉しいです!
Commented by yukari at 2014-10-19 14:09 x
書店で探しているのですが、見つけられず(どこのコーナーだ!?写真集?ライフスタイル?趣味?旅行記??)昨日、ついにamazonをポチりました(笑)
明日には届くから楽しみです~~~!
Commented by hanamomoact at 2014-10-19 21:00
mackworldさん、はじめまして〜。ペコティンさんのところから
ようこそ。お褒めいただき光栄です。ありがとうございます。
「心地よい空間」、とてもうれしいです〜。
Commented by hanamomoact at 2014-10-19 21:00
suusuuさん、技 笑。
愛情か〜。でも、実は。。の話をしてしまうと、
その愛情、ほんものかなーと思う時があります。
みんなとこうして生活しているのは、
自分が後悔したくないからとか、自分を後で責めたくないからとか、
なんかそういうところが根本にあるような気がして。
だから、純粋な愛情とは違うんじゃないかとね。
だから、よく「お母さん」と言われるのが、めっちゃ苦手です。
動物病院で「お母さんが見てるからがんばろう〜」みたいなことを言われて、もーれつな違和感。
お母さんの愛情って、もっとホンモノで、私がおかーさんなんてとんでもないっすー!みたいな 笑。

おお、紀伊国屋さんに行く機会ありそうですか。
あの、でも、かなり割高ですので〜(笑)。
Commented by kimagure-dog at 2014-10-23 14:18
こんにちは
この本、とても自然な動物達の写真だと思います。
ごくごく普通に生活している瞬間
それを見て、優しい気持ちになったり、ニンマリしたりしています。
ブログの写真がいつも手元にあるって、感じです。
なんど見ても飽きない動物達
きっとはなももさんの愛情がいっぱいだから、そのお裾分けを頂いていると思います。
そして動物達とこんな風に暮らせたらいいなぁ~と憧れています。

ドバイの紀伊国屋に行って、何箇所に置いてあるか確かめたくなりました。笑
Commented by 鈴空 at 2014-10-23 22:04 x
初めまして!Twitterで拝見してから、毎日写真を楽しみにしています。砂漠に猫がいるのに最初はすごくビックリしました。
今日やっと本を手に入れました!ガゼルの優しい瞳が大好きです。にゃんこ達もイキイキとしていて良いなぁ、すごく好きな写真やなぁと思いながら見させていただきました。最後にそれぞれのコ達の来し方が載っていたのも、知らない事が多かったので私は嬉しかったです。

94ページからのあとがきは読んでいて自然と涙が出てしまいました。私にも何故かはわかりませんが、、(^×^;特に最後の一文がとても好きです。

これからもTwitterで拝見出来る事を楽しみにしています。本を買って本当に良かったです(*^^*)
Commented by hanamomoact at 2014-10-25 20:56
じーまーさん、ありがとうございます〜。
可愛らしさのオンパレード 笑。
とってもうれしいです。
クブズの怒っている顔も含め、まったくも〜、かわいいなぁと思っても(笑)、
どこまでが家族の贔屓目なのか、よくわかっていないので
そんな風に言っていただけると、うれしいです。
ありがとうございます。
Commented by hanamomoact at 2014-10-25 20:59
紅お蝶さん、達筆なのかどうか、アラビア語なので、いまひとつよくわからず。
ほら、草書なんかも、分からない人が見たら、みんな達筆に見えちゃうみたいな 笑。

サーメルは、小さいものは傷つきやすいから、やさしく触れないといけないということがよくわかっていました。
クブズなんて、サーメルの食べている所にいって、プンスカ怒ってサーメルをつついたんですけど、
けっこう我慢してました。最後は一応角で抵抗してみせたりはしてましたけど 笑。

Commented by hanamomoact at 2014-10-25 21:01
HALさん、自慢できるような本になっていたということで
よろしいでしょうか 笑。
Commented by hanamomoact at 2014-10-25 21:13
ブーとマーさん、はじめまして。
ペコティンさんのところからいらしてくださったんですね。
ありがとうございます。
今となっては、わが家で一番多く占めるのは、砂漠と猫、もしくはラクダみたいな生活ですが(笑)。
本、楽しんでいただけるようなものになっていますように。
Commented by hanamomoact at 2014-10-25 21:20
雅子さん、大変お久しぶりでございます〜。
お元気ですか。元気です 笑。

ありがとうございます。そーなのです。ドバイにはどでかい紀伊国屋書店があります。
日本書籍もけっこう置いてあるんですが、OTAKUという棚もあって、アニメとか、フィギュアとかあったりします。
最近はなんでも手に入るようになって、便利だけど、便利すぎるとちょっとした不便も楽しいもんだよなと思ってみたり 笑。

尋ねて下さってありがとうございます。
あ、私ヨガをはじめました。はじめましたっていうか、まだ一回しかやってないんですけど 笑。
ちょっとはまりそうです。


Commented by hanamomoact at 2014-10-25 21:25
yukariさん、探して下さってありがとうございます〜。
みつからなくて、申し訳ないでございます!
書店によって、コーナーは違うみたいですが、
とある書店では、「アイドル写真集」の棚にあったとか 笑

「楽しみ」を裏切らない本になっていますように〜!
Commented by hanamomoact at 2014-10-25 23:36
めぐままさん、なんだかうれしい〜。
「癒されるような本を」と言われても、いまひとつよくわからなかった私ですが、
まんま自然のわが家が伝わって、それがこんな風に思っていただけるものになっていたとしたら、
ほんと嬉しいです。

紀伊国屋さん、なんかもう、ホントにいいんでしょうかってくらい
並べていただいてしまいました 笑。
Commented by hanamomoact at 2014-10-25 23:51
鈴空さん、はじめまして。
ツイッターからいらしてくださったんですね〜。
朝の散歩は携帯もって歩くのが楽で、そのままどんどん
ツイッターに載せているので、ネコ話多いですもんね 笑。
でも、それがきっかけで本を手に取って下さったのに、
ガゼルたちの瞳に気づいて下さったのがとてもうれしいです。

最後の15ページも丁寧に読んで下さって、ありがとうございました。
楽しんで下さったこと、とてもうれしいです。
この本でほんとうにいいのか、途中葛藤もありました。
でも、こうして感想をいただいて、本という「形」になった
よころびをじわじわと感じることができています。
ありがとうございました!


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

その他のジャンル

ブログパーツ