旅立つ日。

はじめて手に乗ったときは、緊張しておちつかなかった
こすずめちゃんですが、
今では、私の口から物を食べたり昼寝をしたり。
e0066474_15544519.jpg
口の周りにいっぱいつけて。

手に乗ってしばらくすると、うとうとし始めます。
e0066474_15551214.jpg


時には羽づくろいをしたり、のびをしたり、あくびをしたり
ため息ついたり。
たってうつらうつらすることもありますが、
e0066474_15554894.jpg


馴れた今では乗ってしばらくするとぺたんと座ります。
e0066474_15561778.jpg


そのぽかぽかしたからだと、心を許した時に指にかかる
小さい体の重みがたまらないのです。
e0066474_15564853.jpg
ちーちゃんと重なるのよ。>家族へ私信。

日に日に飛距離が長く高くなります。
もうすぐ旅たち(・・・のはず)。
「さみしくなるね~」と相方さま。
一日に何度も顔を見に行くのが習慣になっているいるので
飛んでいってしまったら、ちょっと物足りない気持ちにはなるかもなと、
ドアを開けるたび少しドキドキしますが、
でも、元気に飛び立っていくこういう別れは
ちっとも悲しくも寂しくも辛くもないんだと
去年よく知りました。


さて、もっかの心配は、まさか居心地よくって
このまま居つくなんてことはないだろうねぇ。ということ。
私はうれしいけどさ~、でもやっぱり飛んでくれよ~。
それまでは、もうちょっとこうして遊んでね。
e0066474_15574677.jpg


・・・
と、書いた次の日の今日5月31日、無事に飛び立って行きました。
もう飛んでもいいんじゃないのかなぁ・・とは思っていましたが
高いところにおいても、下を覗いくばっかりで
なかなか飛ぶ勇気のなかったこすずめちゃん。

でも朝、手にこすずめちゃんを乗せドアの敷居に腰掛、
朝日と風に当たっていると、今までとは少し様子の違う
しきりに足をふんばって「飛んでみようかなぁ」という
しぐさをみせたので、しばしそのまま見守っておりました。
踏ん張ること数回。
「おおお~っ」
距離にして3メートル、高さ2メートル半ほどのところまで
ついに飛んでいきました。ようはきっかけだったのね。

さて、それからどうするんだろう、だめそうだったら
また連れて帰るか、、と思案しましたが、
なんてことはない、そんなことは人間様の余計なおせっかいでして、
あちこちからすずめたちが寄ってきて、励ましているのか
ひとり立ちを一緒に喜んでいるのか、ぴーちくぱーちく。

そのうち父鳥がそばまできて、こすずめちゃんが
お父さんをみつけたのを確認すると、
こっちだ、こっちだとゆっくり歩いて(跳ねて?)誘います。
それにこすずめちゃんも、
歩きにくいところを危うい足取りでふらふらしながら
一生懸命ついて歩き。
いくらか進んだ後、父鳥は2メートルほど離れた木へ飛んで見せ、
それを追って、こすずめちゃんも無事に木へ飛び移りました。
歩いて誘った方角はちゃんと木に向かっておりまして、
お父ちゃん、考えてるね~。
お父ちゃん鳥は、そのあと行ったり来たりして
食べ物を運んでおりました。
子育てにまめなとーちゃんです。

出勤途中の相方さまに電話、様子を話すと
「もう大丈夫だよ、よかったね~。でもついに行っちゃったかー。」
まぁ、おんなじような感想ですな。

ものの30分もしないうちに、また様子を見に行きましたが、
同じ木の上にはもういませんでした。
周りを見渡しても姿はみえず。
子供っていうのは、人間もそうだけど、
一度自信をもったら成長が早いのぉ~。

実は今日、こすずめちゃんの部屋(?)に本格的に職人さんの手が入ることに
なっていたので、さて、どうしたものかと
そんな話をしていたところでした。
計ったように飛び立ったなぁ。

いっぱい楽しみありがとー。
幼い毛のあのふわふわ加減
指の上で座ったあのぽかぽか具合
寝付いたときのちっちゃい体がもつあの重さは
しばらく忘れられそうにありませぬ。
e0066474_1558669.jpg

猫にたべられんなよ~。
e0066474_15582090.jpg


         ・・・・あ、そうそう、葛篭(つづら)は大きい方でよろしく。
by hanamomoact | 2006-06-08 15:59 | UAE生活


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る
通知を受け取る

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

その他のジャンル

ブログパーツ