人気ブログランキング |

気が合うね。

朝、屋根上で朝食を食べながらクブズが空飛ぶのを見るのが
最近の日課(朝は、熱の篭った家の中より外のほうが気持ちがいいので)。
e0066474_2173393.jpg


今日はなんだか随分遠くまで飛んでいったクブズを見ながら
「ねぇ、もしクブズみたいに飛べたらまずなにする?」と相方さまに聞いてみました。

「はなももを抱きかかえて一緒に飛ぶ」

・・・ろまんちっくだね。
いや、でも聞きたいことはそーいうことじゃなくって、
空飛べたらどこへ行く?

・・・この辺をぐるっと廻った後に、
砂漠に出て、アミールのようすを見に行くかなぁ。


やっぱり?
私もそうだなぁ。
e0066474_218590.jpg





そういや、こんなことも言ってました。
「『花より男子』の映画見るために、空飛んで日本に行こうかな」


・・・それはないな。
e0066474_2182382.jpg

by hanamomoact | 2008-06-21 02:19 | クブズ | Comments(8)
Commented by ターメイヤ at 2008-06-21 12:56 x
知らないうちに再開、更新してたんですねえ。あれ?テンプレートも同じだっ!って思ったら・・・・・うふふ。私もそういう数字は苦手です。

相方様がね、ガゼルの群れの足跡の中からアミールのを見分けられるっていうから、驚いたんですが、逆に、「えっ、自分の子供の足跡みわけられないの!!!」と驚かれてしまって・・・・・・・でも、裸足の子供たちがたくさん砂漠を歩いた足跡なんて、同じですよね~?
それなのに、
「ぼくは奥さんの足跡はわかる!!!」って自慢気でした~。
らぶらぶ~!
お姫様だっこして空飛ぶ姿、想像できますですよ。
Commented by hanamomoact at 2008-06-21 22:22
ターメイヤさん、そうなんです。そーいうわけで再開いたしました~。
思い込みとはおそろしいものです・・。

アミールの足跡の話、正確には、見分けられ「た」だと思います。
砂漠と我が家を3度ほどいったりきたりしたアミールですが、
そのたびアミールの足跡を追っていきました。
さらに正確にいうと、「足跡」を見分けたというよりは、アミールの行動を
見分けた・・といったほうが正しいかも。ま、その話はのちほど。

オットよりもすごいのは、オットの父で、家出したらくだの足跡を
砂漠の中からみつけだして、家出ラクダを探し出します。
そういう父にくっついて歩いたオットなので、生活の中で自然と足跡を見分けることが自然とみについたんじゃないかと。オットの父は、その昔わんさかいた自分の子のそれぞれの足跡を見分けられたんだそうです。まー常に裸足で砂漠ですから、日常で、特に特別なことじゃなかったのかもしれません。

お姫様だっこ・・力はない人なのでいっしょに墜落しそうです。
Commented by kaz-n21 at 2008-06-22 01:29
あ~巣立って行ったんですよね・・・元気かなぁ・・・。
クブズ、飛び回ってるんですね・・・当たり前か^^;
でも帰ってくるんですもんねぇ。
空飛べたら・・・落ちるの怖いから、遠慮しておきますw
それよりどこでもドアが欲しいです。
Commented by hanamomoact at 2008-06-23 00:03
kaz-n21さん、できることならアミールに「困ったことがあったら連絡するんだよ」と携帯を持たせたかったです(笑)。

クブズ、飛びまくりです。今日もオットの目でも、カメラでもとても見えないところまで飛んで行っちゃいました。なぜか帰って来るんですが。でも面倒なことに、ドア開けて「いってらっしゃーい」とやっても出て行きません。いっしょに外にいかないと。なのに、飛んで戻ってくると、腕の上で「くっくるくっくー」となにやらお怒り。鳩の心はなにやら複雑のようで。

空飛べたらな~って思います。落ちる(ダイビング)んじゃなくて。どこでもドアいいですよねー。ドラえもんの道具の中でも、(航空会社経営者以外の)世の人にこれほど焦がれられているものはないんじゃないかと思います。あったらなー。
Commented by chihi-trip at 2008-06-23 01:20
本当に鳩っていうくらいの姿ですね~^^
知らなかったら「鷹」かと思っちゃいますね。

飛べる羽根があったらヒョウヒョウと高くとんであちこち見て
回りたいです。
面白い本があって実際には無いもの売ってる商店の本で
そこには「左うちわ」とか「鬼に金棒」とか売ってます。
右ページにその「商品」のいわれと使用方法とかが書いてあって
左ページにはもうそれは凝った美しいその物の挿絵が載ってます。

みんな欲しくなりますよ~~~(笑)
Commented by hanamomoact at 2008-06-23 23:20
chihi-tripさん、鳩にしてはちょっと肥満体型なクブズは、スマートに飛ぶ他の鳩たちに混じって飛ぶと、良く言えば「妙に迫力がある」飛び方でして(笑)。でも「クブズちょっと鷹に見える説」は、鷹に一目おくオットに「どう頑張ってみても、クブズは鷹とはぜんぜん違うよっ」と一蹴されます 笑。

空、飛んでみたいですよね~。でも「人間として」空飛ぶんじゃなくって、空飛ぶ生物(?)として飛びたいです。私も墜落はいやなので(笑)。

本、ちょっと気になって調べてみたんですが、「ないもの、あります」っていう本なんですね。これ、おもしろそ~!!
Commented by gangneko at 2008-06-25 14:07 x
ん?え?アミール君は砂漠に帰ったのですか?
時系列に読んでないから、ちと不明なり・・・。
しかし、クブズさんは写真の撮り方なのか、いやにたくましいですな。
すっかり、一員なんですね。
Commented by hanamomoact at 2008-06-25 14:10
gangnekoさん、そうなんですよ。アミールの話はまだ具体的にはブログに載せていません。なにせ長いお話なので。またいずれじっくりと書きたいと思っています。

クブズ、たくましいだすよ。たくましいっていうか、ちょっとそれは鳩としていいのか?と思う感じで。他の鳩に紛れて飛んでも大概見分けがつきます。でも時々、クブズかと思って目で追っていたら、当の本人は後ろから突然現れたりすることもあるんですが(笑)。


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

その他のジャンル

ブログパーツ