人気ブログランキング |

<   2013年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

夫婦のいとなみ。

「アラ、はなももさんそんなことブログで暴露しちゃうの」と
思った大人なみなさん、そして検索ワードでひっかかって
来ちゃったイロんなみなさん、申し訳ありません。
そんなこったろうと思ったと思う人が大半かと思いますが(「思」てんこ盛り)
夫婦といっても、こっちとの夫婦の話です。
夫婦のいとなみ。_e0066474_14101239.jpg



私のだんなさまは、家作りシーズン到来らしく
只今材料運びに、せっせと勤しんでいます。
夫婦のいとなみ。_e0066474_14411433.jpg

夫婦のいとなみ。_e0066474_14404617.jpg




なんですが、ここ最近チョビさんの穴開け工事熱がすっかり冷めたため
廃材(?)出ないし、
箱開いたスパゲティーもないし、家の中ぐるっと廻って
材料集めに窮したクブズさん、ついに自分の落とした羽根を
もってきたりしてたので、
夫婦のいとなみ。_e0066474_14434775.jpg

夫婦のいとなみ。_e0066474_14423945.jpg



オットが材料探しに困らないようにと、献身的かつ協力な妻(私)、
クブズが材料探しに離れている間に、既に巣に集められたもろもろを
また巣から出して、適当なところに置いておいたら、

それ持ってきた。
夫婦のいとなみ。_e0066474_14432785.jpg


ク「コレさっき持って来たような気がするんだけど・・」
キノセイキノセイ!
夫婦のいとなみ。_e0066474_257819.jpg

オット持って来ては、ツマそれを出すのエンドレス。



この材料運びやるにおいて、夫婦(クブズと私)の約束事があります。
オットが材料を運んで来たらその度、ツマの私が
「ありがとうありがとう〜」と撫で、時にはチューっとやり、
夫婦のいとなみ。_e0066474_13244370.jpg



でもって、今度はオットがツマにくすぐったいくらい
やさしくチューチューキス返し。
夫婦のいとなみ。_e0066474_13271816.jpg

夫婦のいとなみ。_e0066474_13273541.jpg


で、満足したところで、また出勤。
夫婦のいとなみ。_e0066474_13273595.jpg



お仕事終えた後は、ツマに「ごくろうさまでした〜」と
撫でられながら、ウーウーと愛のささやきをしながら休憩します。
夫婦のいとなみ。_e0066474_1349434.jpg




この愛のささやきウーウーは、私がPCをいじってる時は
その横にある「愛の巣」の中で座りながら、
もしくは、巣の中でなくても、ツマが撫でたり、
手で体や頭を覆ったりすると聞かせてくれるんですが、
夫婦のいとなみ。_e0066474_13503920.jpg




相方さま、近くにいたクブズを見てニヤリ。
ガシっとつかまえて、手で覆い
「はい、うーうーうー」。って愛のささやきを強要。
夫婦のいとなみ。_e0066474_13361797.jpg


「そんなもんできるかーい!!」と足バタバタさせて
中でもがいているクブズさん。
夫婦のいとなみ。_e0066474_1337489.jpg



めっさお怒りでした。
夫婦のいとなみ。_e0066474_13372437.jpg



ちなみに、私の手と相方さまの手の区別がつくらしく、
私が顔を覆ってウーウー愛の唄歌っている間
そ〜っと相方さまと手を入れ替えると、感触?匂い?第六感?
しばらくして、ピタッと唄を止め、「ハナセハナセ〜!」と
足バタバタやって怒ります。


(おまけ)
外見たら、番(だと思われる)ホオジロヒヨドリ(だと思わる)がいて、
夫婦のいとなみ。_e0066474_13585677.jpg


「ここ?ここ気持ちいい?」
夫婦のいとなみ。_e0066474_1358293.jpg



「うん、ありがと。ハイ、お返し」
夫婦のいとなみ。_e0066474_1403388.jpg



言うなら今でしょの「倍返し♡」
夫婦のいとなみ。_e0066474_1411745.jpg

夫婦のいとなみ。_e0066474_142990.jpg



って微笑ましい事やってました。
夫婦じゃなくてきょうだいだったりして。
ま、ほほえましいことにかわりないけど。
夫婦のいとなみ。_e0066474_14245551.jpg

by hanamomoact | 2013-09-28 14:22 | クブズ | Comments(20)

朝食なう。

気持ちのいい朝。
遠くに、放牧におでかけのラクダちん。
朝食なう。_e0066474_12313076.jpg


朝食なう。_e0066474_12313273.jpg

by hanamomoact | 2013-09-27 12:25 | 砂漠 | Comments(10)

今日の空、


青かった〜。
今日の空、_e0066474_2361165.jpg

by hanamomoact | 2013-09-26 02:36 | サーメル一家 | Comments(4)

ばーちゃんの一風変わったクセ。



朝玄関から出て、何か感じる・・と思って上振り返ったら。
ばーちゃんの一風変わったクセ。_e0066474_21545426.jpg


さばちゃん、どこで寝てもいいですが、落ちないでくださいよ〜。
ばーちゃんの一風変わったクセ。_e0066474_22275058.jpg




こちらは別の日。
ばーちゃんの一風変わったクセ。_e0066474_211235.jpg




ばーちゃんは、ちょっと変わったクセを持っています。
名前を呼ばれると、周りに何があろうとも、
どうしてもコロンと転がりたくなるスイッチが
どこかに付いているらしい。
小さい頃はすぐ側にデイツの若い葉があって、
デイツの葉って、危ない程にとがっていて刺さると痛いんですが、
ばーちゃん転がった場所が悪く、背中にブスリとやったことも
ありました。




ばーちゃ〜んと呼ばれると目をつぶり、
ばーちゃんの一風変わったクセ。_e0066474_23295868.jpg


んわ〜とか、ん゛〜とか表記し難い声を出しながら
ばーちゃんの一風変わったクセ。_e0066474_23303535.jpg


転がる。
ばーちゃんの一風変わったクセ。_e0066474_223485.jpg



しかも、ドテっという擬音がぴったりなくらい
勢い良く転がる。
ばーちゃんの一風変わったクセ。_e0066474_221896.jpg



ばーちゃんの一風変わったクセ。_e0066474_23191.jpg



こんな調子でコロコロ転がっちゃうので、遠くにばーちゃんを
見つけた時は、できるだけ名前呼ばないで待ちます。
なぜなら、転がってばっかりでなかなか到着しないから。
ばーちゃんの一風変わったクセ。_e0066474_234456.jpg



先日は屋根の上から下を覗いているばーちゃんに会った相方さま、
思わず「ばーちゃ〜ん」と呼んじゃんって、
コロンと転がったのであやうく落ちそうになり焦ったとかで、
高いところに居る時は無視することに決めたとか。
ばーちゃんの一風変わったクセ。_e0066474_252924.jpg


落ちるって〜。
ばーちゃんの一風変わったクセ。_e0066474_253681.jpg



さすがにそんなアホじゃないだろうと思ったんですが、
それを聞いた数日後、差し掛けの上で転がったばーちゃん、
勢い余って、開いている隙間から落ちました。



この時も、思わず「おはよ〜ばーちゃん〜」と
言っちゃったもんだから・・

ばーちゃんの一風変わったクセ。_e0066474_261887.jpg




いつか何かやらかすんじゃないかと、そんな気がするばーちゃんです。
ばーちゃんの一風変わったクセ。_e0066474_2272011.jpg

ばーちゃんの一風変わったクセ。_e0066474_2283299.jpg

ばーちゃんの一風変わったクセ。_e0066474_2275997.jpg





(おまけ)
また増える予感(予感?)・・。
ばーちゃんの一風変わったクセ。_e0066474_221955.jpg

ばーちゃんの一風変わったクセ。_e0066474_2203035.jpg

by hanamomoact | 2013-09-26 02:31 | | Comments(20)

今年冬の我が家の一大(?)プロジェクト。

我が家のガゼルチームの生活範囲は、
家族が大きくなる度広げて行ったので、あちこちに
ドアがついて若干ややこしくできてはいますが、
サーメルとダマーニだけだった頃に比べると
ガゼルたちが自由に行き来できるスペースは随分
大きくなりました。
なんですが、もうちょっと広げたいな〜と思っていた私たち。

この国、もしくは砂漠に住む場合の土地所有制度は
どうなっているのかという話をし出すと大変ややこしいので
がっさり省きますが、とりあえず、コノ地図でいうと、
青い印が我が家母屋のある所で、黄色くぐるっと囲んだところは
家を盛大に建てたりすることはできませんが、
一応の私有地として今のところ使う事ができます。
(ぐーぐるまっぷさんより拝借)
今年冬の我が家の一大(?)プロジェクト。_e0066474_2048934.jpg




でも、これ全部ぐるっと柵を廻すのはけっこー大事で、
ならば、今の遊び場をもうすこし広げようかということになりました。
広場の中には3つ砂丘があるんですが、人工的に作った砂丘は
しょせん人工で、風が吹く度削れてしまうため、
小石を上から被せて形が変わらないようにしてあります。
そんな砂丘じゃなくて、ほんものの砂丘を歩かせてあげたくて
仕方のなかった私。

ようやくそれが叶う事になり、いよいよ明日柵を作るとなって
最終確認でどこに柵を廻すか砂漠を歩きながら確認していると、
ふと「せっかくだから、全部やっちゃう?」と相方さま。
イヤイヤイヤ、大変でしょ〜。柵廻すのも大事だし、
ガゼルたちがこの広さでバラバラになっちゃったら、みんなを
集める時どえらく大変だし、誰かひとりいないってなったら、
今だってけっこう探しまわったりするのに、この中から
探さないといけないわけでしょ〜。と完全及び腰の私だったんですが、
一晩考えて、どーせならやっちゃうか。後はなんとかなるかと
思い直し、結局黄色い範囲全部をガゼルたちが行き来できるように
柵をぐるっと廻す事になりました。


職人さん6人掛かり、3日かけてその作業終了。
強度などを確認の相方さま。
今年冬の我が家の一大(?)プロジェクト。_e0066474_4244072.jpg


ーと、アビ。
今年冬の我が家の一大(?)プロジェクト。_e0066474_4252723.jpg


いつもの散歩コースかと思って付いて来たらえらくぐるっと廻ったので
後半はもうお疲れでダラダラ歩き。
今年冬の我が家の一大(?)プロジェクト。_e0066474_42643.jpg




しかし、柵を廻すにあたって問題が。
中から外に出られないようにするということは、
外から中にも入れないわけです(当たり前だが)。
となると、いままで自由に行き来していたハリネズミや
野生のガゼルたちが来れなくなる。
それはちょっとなーということで、
柵の下はハリネズミが通れるくらいのスペースを開け、
廻した柵の5カ所程を開放して、外からガゼルが入って来れるように
してみました。
さて、どうなるかな〜と思ったところ、今朝はどちらの足跡も発見
(それが前記事の、ガゼルとハリネズミの並んだ足跡)。

ハリネズミはともかく、ガゼルも落ち着いた足取りで
出口をみつけて出て行った様子の足跡でした。

ただこの開放したところを開放しっぱなしだと、
我が家のガゼルも野生ガゼルになっちゃうので、
まー、それでも幸せにやってくれるならヨシでもあるんですが、
なかなかその辺りの踏ん切りはつきませんで、
開放したところにはドアをつけ、夜はドアは開放(野生ガゼルは
夜しか来ないので)。
我が家のガゼルチームが広場に出る時はドアを閉めるということになり、
そのドアがあと数日できる予定。


ガゼルチームみんなの「出てもいいの?いいの?」という
驚いた顔を見るのが楽しみでもあるんですが、
実はこのプロジェクト(?)、早く完成させたく少し焦っています。

というのも、8月に入り、急激に、歳取ったのか?と思う様子が
見られるようになったダマーニさん。
お、元気だな。よかった、安心安心と思う日があるかと思うと、
今日もそうだったんですが、1日中心配な時もあったり。
そのためここ最近は私も気持ちがあがったりさがったり。
とにかくダマーニが元気に砂漠を楽しめる間に完成させたくて、
なんだか気持ちが焦るわけです。
今年冬の我が家の一大(?)プロジェクト。_e0066474_4364427.jpg




勘のいいダマーニさん、「明日から柵を廻す作業を始める」という日、
砂漠につながるドアの前に立っていたら着いて来て
「ドア開けて」と要求されびっくり。
「あと2週間まってねダマーニ」と約束しちゃったので
残りはあと数日。
ダマーニのためなら〜えんやーこ〜ら。
明日は砂漠に舞うゴミ拾い、ワタクシ、せっせとがんばらせて
いただきますっ。
今年冬の我が家の一大(?)プロジェクト。_e0066474_4594648.jpg

by hanamomoact | 2013-09-25 05:03 | サーメル一家 | Comments(21)

砂漠に龍と華。


砂漠散歩してたら、お、龍だ。
砂漠に龍と華。_e0066474_22463127.jpg


砂漠に龍と華。_e0066474_22461933.jpg



ナニがどうやって砂漠に龍を連れて来たかなと思いながら見ていたら、

あぁっ、ばーちゃんっ。
砂漠に龍と華。_e0066474_22471842.jpg


と思ったけど、ギリ、大丈夫でした。
さすが(ってナニがかわからないけど、なんか徳アリそうで)
砂漠に龍と華。_e0066474_22484110.jpg



こちらは大輪の華。
砂漠に龍と華。_e0066474_22513267.jpg


花、とうより華、な感じ。
砂漠に龍と華。_e0066474_22514160.jpg


こちらもギリセーフ。
砂漠に龍と華。_e0066474_22522697.jpg



以前載せた砂漠の芸術家たちの作品、
かわいい「花」やカリグラフィーは、 こちら
by hanamomoact | 2013-09-24 22:57 | 砂漠 | Comments(2)

ネコA。

先日手をがっつり怪我してしばらく不自由な生活を
していたんですが、
その加害者は、コレでした。

ネコA。
(未成年であり,被害届も取り下げられたので目は伏せておきます)
ネコA。_e0066474_192025.jpg



このネコA、アビ、外面と内面が別ネコか?と思う程違い、
家の中に居る時は、なんつーかわいさと思うような声を出し
ちょびちょびみたいに常にフンガフンガ怒るわけでもなく、
平素は(一部除いて)難しいところないお気楽ネコなんですが、
ネコA。_e0066474_1965629.jpg


ネコA。_e0066474_1975046.jpg

ネコA。_e0066474_19152198.jpg


ネコA。_e0066474_20293148.jpg







ナゼか外へ出ると誰も彼もを追いかけ回してケンカを売る
かなりの問題児。
どの仔もマジゲンカしていても、名前を呼んでポンポンっと
手を叩くと、とりあえずフンガフンガしながらも
側にいくと立った毛も落ち着いて撫でているうちに落ち着くんですが、
唯一アビだけは、ケンカモードにスイッチが入ると
完全に我を失い、どーにもこーにも手がつけられなくなります。

そういうわけで、過去にケンカモード最中に止めに入った私
えらい目にあったことがあり、そう言う時は絶対に
手を出しちゃダメと相方さまから念を押されていたんですが、
今回、ターゲットの相手が逃げた方向と違う方へアビを追いやろうと
手を近づけた学習能力のないワタクシ、
6キロのアビさんが一瞬ぶらさがって浮いたか?と思う程
がっつり、骨までいったなこりゃという勢いで噛まれマシタ。

すぐに応急処置したんですが、夜になってあまりの痛さに眠れず。
破傷風のこともあるしということで、次の日に病院へ行ったと
いうわけです。

チョビと違わず、友達作りがめちゃくちゃヘタクソなアビ。
家の中っ仔がそろいもそろってこうだと
原因は育て方か?育て方なのか??と凹むわけですが、
チョビほどの不器用ではなく、アビさんには多少気の合う
友達もいます。

これはつーちゃん。
つーちゃん三兄弟とは(そのうちひーちゃんはいなくなっちゃったけど)、
ちょうど同じくらいのお年頃で小さい時からじゃれていた幼なじみ。
そのため割とお友達(へんな日本語だけど)。
ネコA。_e0066474_19315337.jpg

ネコA。_e0066474_19322793.jpg


でも、しつこいので結局この後怒られる。
ネコA。_e0066474_19313083.jpg

ネコA。_e0066474_1932428.jpg



ばーちゃんは、新入りの頃からなぜかみんなに受け入れられる性格で、
どのテリトリーへ行ってもなんだかんだとうまくやれる。
たぶん、周りの顔色見てびくびくしたりしない、もっそいマイペースな
逞しさがあるからなんじゃないかと思うんですが。
(あ、ひとりいた。ばーちゃんのこと受け入れられないモノが。
ちょび。一度小さいばーちゃんに意味なく追いかけられて以来、
ばーちゃんがえらくキライ。)

そんなばーちゃんなので、アビは最初っからすんなりお友達。
ネコA。_e0066474_19525981.jpg

ネコA。_e0066474_1954049.jpg



なんですが、このつーちゃんきょうだいとばーちゃん以外、
他のにーさんねーさんとは、アビはなぜか常にけんか腰。

自分より小さい仔と遊ぶのもヘタクソで、いきなりデカイ体で
すごい勢いで走り寄って行くもんだから、みんなびびって逃げて走り、
でもってそれをさらに走って追いかけ、びびったチビ達は
この世の終わりのすごい声で応戦するもんだから、逆切れのアビさん
次会うと今度は最初からケンカモードで迫って行くという
どーしょもない悪循環を繰り返し、コノ界隈の嫌われ者になっています。

ネコA。_e0066474_19425881.jpg

ネコA。_e0066474_1943474.jpg

ネコA。_e0066474_1943196.jpg

ネコA。_e0066474_19425016.jpg

ネコA。_e0066474_19432541.jpg



で、でも、芯からの乱暴者じゃぁないんですっ。
(「家の子に限って!」のアホ親みたいですけれど)

こちら、芯からの乱暴者疑いアリのクブズさん。
(ってやっぱり育て方に問題アリなのか・・)
ネコA。_e0066474_20112385.jpg



なぜも、こうふくれっつらなのかと言いますと、

暇を持て余したアビさんが、からかいに来たから。
ネコA。_e0066474_20121858.jpg


わざと、じーっと見つめてクブズを挑発。
ネコA。_e0066474_20134794.jpg


で、わざと大きな動きでさらに挑発。
まんまとノセラレているクブズさん。
ネコA。_e0066474_20141265.jpg



ク「おい、ヒトのテリトリーに入って来て、黙って出て行くつもりか?!」
ネコA。_e0066474_2016117.jpg


ア「あーハイハイ、おじゃましました、すみませんね〜」
ネコA。_e0066474_20161410.jpg



クブズさん、この世で3本の指に入る嫌いなものの一つが
「適当にあしらわれること」。
ちなみに、あとのふたつは、キノコと幼鳥。


怒り心頭のクブズさん、もぐって足を噛む。
ネコA。_e0066474_20203769.jpg


後ろだけじゃなくて、前も噛む。
ネコA。_e0066474_20211198.jpg


痛点あるピンポイントをつまむので、けっこーイタイ。
ネコA。_e0066474_20225259.jpg



ア「あーわかったわかった、すみませんでした」
ネコA。_e0066474_20225318.jpg


って、火に油をそそぐ。
ネコA。_e0066474_20241935.jpg



ク「なんだその態度は、コノやロ、コノやロ!」
ネコA。_e0066474_20244835.jpg



ア「ハイハイ、ごめんなさい〜」
ネコA。_e0066474_20254957.jpg



ク「ハイは一回!!」
ネコA。_e0066474_20263729.jpg



こういうのもアビだったらクブズを傷つけないって
絶対の安心で観戦できるのです。
ネコA。_e0066474_1944976.jpg


こんな感じで外でも友達作ってくれたらいいのになぁ。


以前、外からフラッと来たネコがこれまた喧嘩っ早く、
さんちゃん始めつぎつぎと猫ズが大怪我を負った事がありました。
あまりに続いたので、ネコのケンカの声がすると、
夜中でもガバッと起きて止めにいったので、私は寝不足の毎日。
相方さまは一度寝たらよほどのことがないと起きないんですが、
さんちゃんが大けがをしたもんだからぶち切れて、
相変わらず外屋根裏上寝室(?)で寝ている相方さまなんですが、
枕元に水の入ったペットボトルを準備。夜ケンカの声が聞こえると
ガバッと起きて、半寝ぼけのままペットボトルを掴むと、
声のする方にガンガン投げたりしてました。

もしアビが風来坊ネコだったら、まちがいなく、ペットボトル攻撃を
受けていたんじゃないかと思います・・。


アナタダレデス?
ネコA。_e0066474_2037373.jpg




(おまけ)
アビさん、なにやらじーっと見つめているので何してんだ?と
思って近づいてみたら、
ネコA。_e0066474_2055439.jpg


フンコロガシさんがフン埋める為の穴掘ってるところでした。
ネコA。_e0066474_2057308.jpg



じーっとおとなしく観察してるな〜と思ってたら、
ネコA。_e0066474_20571424.jpg



穴に戻って行くフンコロガシさんを見て、
ネコA。_e0066474_20582892.jpg


あぁ、やっぱりっ。
ネコA。_e0066474_20585412.jpg


でも、ちょこんと触っただけだったので、
フンコロガシさん、そのまま作業続行。
ネコA。_e0066474_210668.jpg


がしかし、また戻って行く道中で、
ネコA。_e0066474_20593495.jpg


あぁっ。
ネコA。_e0066474_2111937.jpg


アビなりに優しく触ったつもりだったけど、
ネコA。_e0066474_2114971.jpg


所詮、砂上の楼閣ならぬ、砂下の穴。
フンコロガシさん一生懸命作ったのに、ずずずずっと穴崩壊。
ネコA。_e0066474_2161636.jpg



アビさん、フンコロガシさん待ちだけど、
おそらくショックに打ちひしがれているフンコロガシさん、
中で放心状態と思われ、出てこず。
ネコA。_e0066474_2172696.jpg



待ちくたびれたアビさんが去ると、そこへささっとばーちゃんやってきて、
ネコA。_e0066474_2185722.jpg



ガシガシ穴埋めて去って行きました・・。
ナイスアシスト?
ネコA。_e0066474_219146.jpg




す、すんません、フンコロガシさんっ。


お詫びと言ってはなんですが、フンコロガシさんの
美しい職人の仕事をひとつ。
ネコA。_e0066474_21121011.jpg


めっちゃニアピン。
by hanamomoact | 2013-09-24 21:20 | アビアビ | Comments(8)

今シーズン初。


霧が出ました。
今シーズン初。_e0066474_14363658.jpg

今シーズン初。_e0066474_14364224.jpg




季節が変わるこの時期、かならず出るはずの霧を
まったく見る事なく、おかしいなぁと思っていたら
12月に入ってもなかなか気温下がらずの
なんだかイヤ〜な気候が続いたので、
やっぱりあるべきものがナイって言うのは
何かのサインなんだなーなどと思った去年。
今年はどうなんだろうと気になっていましたが、
例年通りの9月のこの時期に濃い霧が出てちょっとホっ。
今シーズン初。_e0066474_14461469.jpg




多分、私よりもずっともっとホッとしているに違いない。
今シーズン初。_e0066474_14461456.jpg

今シーズン初。_e0066474_1441137.jpg



どこそこキラッキラしてました。
今シーズン初。_e0066474_1446519.jpg

今シーズン初。_e0066474_14473569.jpg

今シーズン初。_e0066474_14482783.jpg



なんども書いてきましたが、こんなキラキラしてますが、
今シーズン初。_e0066474_14482079.jpg


実際はとても小さい。
今シーズン初。_e0066474_1449773.jpg


今シーズン初。_e0066474_14493699.jpg

今シーズン初。_e0066474_1449579.jpg



でも、これがここに棲む生き物全ての源です。
今シーズン初。_e0066474_14512614.jpg



てなことを考えていたら、ぐんぐん陽が昇って来て
霧が埃を拭っていった空は青。
今シーズン初。_e0066474_14562255.jpg



朝早く暗いうちからでかけ、砂漠で一人遊んでいたチョビ。
ネコズは大概みんな個人行動でばらばらなんだけど、
そのキャラ故、なぜか孤独感そそるチョビさん。
今シーズン初。_e0066474_1554288.jpg



しかし、ひとり大好きなので朝からテンションは高い!
今シーズン初。_e0066474_15104951.jpg

今シーズン初。_e0066474_1510124.jpg

今シーズン初。_e0066474_14583891.jpg





(おまけ)
途中出会った、まだ霧の出る前に通った足跡。
今シーズン初。_e0066474_14582661.jpg


右はガゼル、左はハリネズミ。
今シーズン初。_e0066474_14595425.jpg


もし一緒に歩いていたとしたらなんだかかわいいな〜。


こちらは孤独が似合うチョビさんの足跡。
今シーズン初。_e0066474_1504843.jpg

by hanamomoact | 2013-09-24 15:12 | 砂漠 | Comments(8)

今週中には、


両手でキーボード打てるようになりそうです。
ご心配ありがとうございました。
お返事等々おまたせしてすんませんです。
まもなくすっきり通常営業に戻れそうです。
今週中には、_e0066474_13542820.jpg



昨日から急激に気候がよくなり、
今朝は朝8時までエアコンなしの記録。
夏のピーク越えが8月頭、夏の終盤スタートが9月の頭、
あと1ヶ月もすれば多少暑さ残るけど、砂漠楽しめる季節がやってきます。
みんな今年の夏もよくがんばったねー。
今週中には、_e0066474_13543642.jpg

by hanamomoact | 2013-09-11 14:04 | チョビチョビ | Comments(10)

かなりの軽快なう。

かなりの軽快なう。_e0066474_1543395.jpg



現代医学とアラブ古典医学の融合で、
かなり指先動くようになってきたのねん。
かなりの軽快なう。_e0066474_1544339.jpg



でもそんなことどうでもいいから
撫でて欲しいのねん。
かなりの軽快なう。_e0066474_1544936.jpg



かなりの軽快なう。_e0066474_154578.jpg



もっと。
かなりの軽快なう。_e0066474_155439.jpg



・・・
かなりの軽快なう。_e0066474_1551084.jpg



・・・
かなりの軽快なう。_e0066474_1551864.jpg




どうしたんですか?
遠慮なく撫でるのねん。
かなりの軽快なう。_e0066474_1552342.jpg




そこそこそこなのね〜ん。
かなりの軽快なう。_e0066474_1554158.jpg



気持ちいいからこのまま寝ちゃうのねん〜。
かなりの軽快なう。_e0066474_1561345.jpg

かなりの軽快なう。_e0066474_157419.jpg

by hanamomoact | 2013-09-08 14:20 | | Comments(22)


UAEでの生活。家族はガゼル・犬・鳩・馬・猫・ラクダ・牛・山羊・・・+オットの相方さま。


by はなもも

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

以前の記事

2020年 08月
2020年 07月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 10月
2005年 09月

本館など。

はなももの目線から


サーメル(一家)のひとりごと。


(ももの別館)
****************

毎回、うわ~と感激しながら読んでいます。
トルコ子育て生活


がっつり読み応えあります。
ドバイ日和
イスラマ日和
カフェ★イスラマバード


日本画家のお友達。
彼女の包み込まれるような絵がとても好きです。
竹林柚宇子website


ドイツの
溢れる美しさの写真、
深い思い、
ぜひ本館もご一読を。
黒い森の白いくまさん


やさしさと夢が
いっぱいつまった
お友達のイラストレーター
Ukacoさんのサイト


カタールに住むTakeC
さんの真剣に真摯に
生きる姿勢とそれを映す
魅力的な写真の数々
遊牧民的人生


理科の先生の、
好奇心探究心がたくさん
詰まってます。
Go! Joppari


世界中のどこにいても
どんな些細なことにも
感謝と感激、
幸せでいっぱい。
世界のあっちこっちで・暮らし中の小さな幸せ♪


お馬さんへの愛に笑ったり、ほろっときたり、勉強になったり。馬たちのイラストが愛しいほどにかわいい。
おがわじゅりの馬房



肩に力がはいってしんどい時は、ニュージーランドで馬に囲まれて生活する不二子さんのブログを訪ねたくなります。
ニュージーランド馬物語



だんなさまと二人、猫・犬・山羊の家族と伴に夢に向かって進む姿は、着実で、自然で、そして穏やかにエネルギッシュ。
山と海とつながっていくこころ



とにかくその目で確かめてみてください。お友達の動物彫刻家「はしもとみお」さんのサイト。ブログもあります。
はしもとみおホームページ



沢山の愛しい動物達とNYの山の中、絵本の中で生活しているみたいなNahokoさん。
まきばの詩ーFarm Nature Love-



たいへん美人さんの白ねこレイアさんと表情がなんともかわいい黒ねこルークくん。ふたりの性格がよーくわかる写真がとても好き。陰陽マークの完成が待ち通しい。
しろねこくろねこ



色も模様もとても魅力的なトルコの装飾タイル。それをトルコのイスタンブルで制作している日本の方がいたとは。素敵な作品の数々、タイルの知識、トルコの魅力、イロイロ満載です。
-イスタンブル発-トルコタイル通信



どの写真も「こんな風に撮れたらなぁ」って憧れです。
さぬき写真工房


手にとると、ただかわいいだけじゃない、丁寧に思いがいっぱいつめられていることがわかります。
needle work glimmer




≪動物園チーム(勝手に命名)≫

動物への深い深い愛が
ぎっしりつまってます。
動物園でお散歩


どの写真も動物の魅力
120%!
rio's story


牛はちょっとトラウマがあるけれど、馬はじめ、鳥、犬、動物・動物園が大好きなぱるさん。
Zoo~っと行こう♪

その他のジャンル

ブログパーツ